« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005年10月31日 (月)

クリスマスキャンペーン

クリスマスキャンペーンDMが舞い込む季節になりました。

美しく撮影されたクリスマスグッズやプレゼントのパンフレットを見ているだけで、何となくワクワクして、祝祭気分が盛り上がります。
クリスマスも文化祭も、長い準備期間が楽しくて、いざ当日になってしまうと、「もう終わっちゃうんだなあ」という物悲しさにおそわれたものです。

大人になってからは、クリスマスツリーも飾らないし、せいぜいクリスマスケーキを食べるくらいしかイベントはないのですが、街全体のうきうきした雰囲気やイルミネーションは好きです。

続きを読む "クリスマスキャンペーン"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年10月30日 (日)

睫毛

まばたきしたらバサバサと音のしそうな睫毛に憧れていました。

海外化粧品のポスターによくあるような、美しい曲線にカーブしてまぶたを飾ってくれる長い睫毛・・・自分の睫毛は短くてまばらで、ビューラーはあてにくいし、マスカラも塗りがいがない
(>_<)と思っていました。

ところが最近、うさみの睫毛は短くはないことが判明しました
(@_@;) 
化粧品カウンターで美容部員のお姉さまに「お客さま、睫毛が長いですね」と言われたときは、100%お世辞だと思って気に留めませんでした。
でもメイクレッスンの先生の「あなた
睫毛長いわよ」のコメントは、それ以外のパーツについて気になるところをズバズバ厳しく指摘された後だったので、
「へ?そうですか!?」
「みんな自分のことなのに、いいところがよくわかっていないのよね。」

続きを読む "睫毛"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年10月29日 (土)

在宅勤務

自宅のパソコンを会社のサーバーにつなぎたければ申請するように、というお触れが回ってきました。
うさみは謹んできっぱりとお断りです。自腹で買って自腹でインターネットにつないでいる
PCを、会社用に使う義理はございませんから(^_^;)

それに今の会社のシステムは、ソフトもハードもかなりいただけないレベルなので、うっかりサーバーにつないだりしたらどんな悪影響が出るか恐ろしくて出来ません。仕事の内容的にも、完全在宅勤務に出来る種類のものではないので、家からオンラインにするメリットはほとんどありません。

それはそれとして、もし
在宅でも働ける環境だったとしたら、うさみは在宅にしたいかなあと考えてみました。

会社のボスvs大ボス戦争やら噂話合戦@トイレに巻き込まれなくて済むのはほっとしそうですが、ずーっと家にいると外からの刺激がなくて退屈するのではないかと思います。満員電車は大変でも、吊り広告チェックやマンウォッチングは楽しいし、毎日家にいたら自堕落な格好&食生活でひどいことになりそうです。

会社は好きではないけれど、会社で働くことは嫌いじゃない、といったところなのかなあ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年10月28日 (金)

幸四郎さん

うさみが日本の俳優さんでご贔屓なのは、松本幸四郎さんです。

彼が「市川染五郎」名だった頃から大好きです。出演されるお芝居は、現代劇・歌舞伎を問わず出来るだけ観に行くようにしています。

テレビでは「王様のレストラン」以降コミカルな役が多いですが、生真面目で優しすぎる人間の哀しさ・苦しみ・愛おしさを演じても、とても素晴らしいのです。
たとえば、大河ドラマ「
山河燃ゆ」(1984年)で演じた日系アメリカ人2世の役・・・山崎豊子さんの「二つの祖国」が原作のこの大河ドラマは、確か初めての現代史(昭和以降)ものだったせいか、人気はいまひとつだったようですが、うさみはとても好きでした。
2次世界大戦中、アメリカに住む日系人が二つの祖国(アメリカと日本)の間でどのように揺れ動いてそれぞれの決断を迫られていったか・・・どちらか一方を取れずに苦悩する幸四郎さんの姿に涙したものでした。

続きを読む "幸四郎さん"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月27日 (木)

六本木ドンキの絶叫マシン

最近うさみのいるオフィスから見えるビルの屋上らしき場所に、何だかヘンな黄色の巨大な蟹のハサミのようなものが設置されました。同僚達と「あれは何だろうね?見たことない形だけど、建築機械?」と話していましたが、今日正体が判明しました。

何とドンキホーテ六本木店の屋上に作られた
絶叫マシンなんだそーです!
http://www.asahi.com/national/update/1024/TKY200510240100.html


驚きです~。六本木のドンキといえば、うさみもたま~に輸入菓子や化粧品を買いに立ち寄る場所ですが、車通りも人通りも多いところ・・・もともとうるさい場所とは言え、お客さんの歓声がこだましたら、どうなんでしょう?そんなに大きなビルでもないのに、よく場所があったなあとも思います。

地元商店街が反対請願を議会に出し、予定通り
12月オープン出来るかわからないそうです。どっちみちうさみは絶叫系乗り物は苦手なので、乗りに行くことはありませんが・・・ちょっと行方が気になります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年10月26日 (水)

こんな本読みました~「私は猫ストーカー」

うさみは常々「わんこストーカー」(お散歩中の可愛い・カッコいい犬と出会うとつい後について行ってしまう(^_^;)を自認していたので、この本のタイトルを見て、「犬と猫の違いはあるとはいえ、同じようなことをする人がいるのね~」と思い、読んでみました。

続きを読む "こんな本読みました~「私は猫ストーカー」"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005年10月25日 (火)

嬉しい賞品

「今までで当たって嬉しかった懸賞の賞品は何ですか?」というアンケートがありました。

答えを考えていて、うさみって
娯楽系しか当てていないということに気付きました。家電とか食べ物系も応募してはいるんですが・・・?そういえば、モニターでビールとかアイスならもらったことがありましたっけ。でも缶ビールが2本なら自分でもすぐ買えるのであまり有難みがないのですね、いただいておいて申し訳ないけれど。

当たって嬉しかったのはこんなもので~す。

○ 幼稚園の頃、おもちゃ屋さんのくじ引きで当たった
スカーレットちゃんのお人形
豪華なウエディングドレスヴァージョンのお人形がとても嬉しく、ずっと大切に持っていました。(もちろんリカちゃんとリカちゃんハウスも愛用してましたよ~)

続きを読む "嬉しい賞品"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年10月24日 (月)

メイクボックス

メイクボックスを買い替えました。

今まで使っていたのは
10年以上前に買ったプラスチックのケースで、汚れてきた上に留め金が壊れて久しく、かわりのメイクボックスを探していました。

メイクボックスとして売っているものが少なく、あっても少ししか入らなかったり、派手なパッケージが気に入らなかったりで、今回ようやくこれならいいか、と思うものを見つけました。収納場所がたくさんあり、三面鏡がたたんでしまえるようになっている木製のものです。

続きを読む "メイクボックス"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年10月23日 (日)

秋もよう

今朝、駅まで自転車を飛ばしている途中に、街路樹の下で何かを探しているご婦人をお見かけしました。片手に持ったビニール袋には収穫物が入っているようで、「こんなところに何があるんだろう?」といぶかしく思いつつ通り過ぎたら、独特のにおいで気付きました。街路樹はいちょうで、銀杏がたくさん落ちていたのです。

ついこの間まで暑くて半袖を着ていたと思うのに、もう銀杏が実るような季節になったのですね。
帰りには、たわわに実ったお庭の
を収穫しているお宅も見かけました。秋本番です。

銀杏は炒って食べたり、茶碗蒸しに入れたりするととても美味しいですが、あの皮(?)のくささには参ります。そこを取っても殻が固くて割るのが大変だし、食べてしまうとほんの一口なのに手間のかかる食べ物ですね。
昔、祖父母の家に大きないちょうの木があり、季節になるとたくさん銀杏が送られて来たのを思い出しました。祖父母はもう何年も前に他界し、いちょうの木も今はありません。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年10月22日 (土)

オフィスの必需品

予定の有休はどんどん取りたいけれど、できるだけ病気では会社を休みたくないうさみです。いちおう社会人として体調管理には気をつけているつもりです。

そんなうさみのオフィスの必需品をご紹介します。


加湿器 
オフィス内は恐ろしいほど乾燥しているので、これがないと肌も髪もばりばり、のどはひりひりです。
この加湿器はうさみがネットで機能&値段を比較検討して購入したスグレモノです。場所をとらないわりに性能が高く、お値段もお手ごろでした。
朝から夕方までで1リットル弱を蒸気で放出してくれています。

続きを読む "オフィスの必需品"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年10月21日 (金)

漫画でワイン~「神の雫」

秋はワインが美味しい季節ですね。ワイングラスを傾けて味わう以外に、漫画でワインを楽しむ、というのもなかなかおつなものです。

ワインが題材の漫画といえば、テレビドラマにもなった「ソムリエ」が人気でしたが、今モーニング連載中の「
神の雫」も面白いです。
ワイン評論家の息子で、子供の頃からワインを味わうための特訓をやらされてワインが嫌いになった主人公が、父の死をきっかけにワインの魅力に目覚めていくお話です。

この特訓が生半可ではありません。ティスティングの表現に使う果物から皮から土からあらゆるものの香りをかいで覚えさせられたり、お父さんが飲むワインのデキャンタージュをやらされたり、ワインに必要な教養として音楽や絵画を勉強させられたり、大変です。

続きを読む "漫画でワイン~「神の雫」"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年10月20日 (木)

お気に入りチョコ~花日和

うさみはチョコレート好きです(*^o^*) 

一時期ダイエットのため自らに禁チョコ令を課していたこともありますが、「チョコレートダイエット」というダイエット法が出てきたことだし、少し食べて血糖値を上げるのはいいんじゃないかな~と思っています。

有名ブランドショコラティエの「ショコラ」より、コンビニで買える「チョコレート」の方が好きかもしれません。
chocolate
子供の頃、駅向こうにあった塾の帰りに駅のキオスクで「
ストロベリーチョコレート」を買うのを楽しみにしていました。当時の定価がたしか150円で、うさみのお小遣いを考えると決して安いものではなかったのですが、毎週必ず食べていました。薄い板チョコと、チョコを割るとぶにゅっと出てくる苺クリームのあまずっぱさのコンビネーションがとても好きでした。最近は大きなスーパーでないと見かけないのが悲しいです。

続きを読む "お気に入りチョコ~花日和"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年10月19日 (水)

今年見た映画

今年見た映画のなかで、これまで記事を書いた以外で、ひと言述べたいものをピックアップしてみました。
ちなみに鑑賞した順です。


○ ネヴァーランド 
背景もストーリーも美しくて泣けました。そしてわんこがラブリー!


○ ロングエンゲージメント 
推理
+恋愛のストーリーも俳優陣もでしたが、「好き」と言い切れないのはフランス人との感性の差?

○ シャルウイーダンス? 
リチャード・ギアは「愛と青春の旅立ち」の頃のギラギラしたイメージより、最近の少し枯れた方が好きです。原作と違う奥さん役、スーザン・サランドンがよかったです。

○ レモニースニケットの世にも不幸な物語 
衣装もセットもゴシック美。子供が主役なので、大物俳優が脇で楽しそうに出ていました。

続きを読む "今年見た映画"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005年10月18日 (火)

秋の日のヴァイオリン

週末、ヴァイオリンのコンサートを聴きに川崎まで行って来ました。

ミューザ川崎」という初めて行くコンサートホールです。本当はコンサートならサントリーホールが好きなのですが、今回は日程の都合がつかず、頑張って川崎まで行くことになりました。駅のまん前で非常にわかりやすくて助かりました。音も綺麗でした。ただ、ホールの形が変形のせいか、客席の思わぬ位置に段差があったのはあまりいただけませんでした。最近の建築はバリアフリーを心がけているはずなのに・・・?

コンサートはストラディヴァリウスのヴァイオリンとチェロをコレクターから借りてきて、ベルリンフィル奏者たちが演奏する「
ストラディヴァリウス・サミット・コンサート2005」というものでした。コントラバスはアマティで、ハープシコードが18世紀の楽器の複製だそうで、「今日の楽器の中で一番安いのはハープシコード!」との紹介がありました(*^。^*)。

続きを読む "秋の日のヴァイオリン"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005年10月17日 (月)

ふしぎランチ

お昼時に会社のそばを歩いていると、え~、ここでぇ~?」と思うような場所でお弁当を広げている方々に出会うことがあります。

ランチタイムくらい会社から出たい、という気持ちはよくわかります。特にお天気のいい寒くも暑くもない日だったら、
緑でも見ながらぼーっとご飯を食べられたら気持ちがいいですよね。
そんな日は、うさみが働いているビルの横階段はお弁当族が三々五々に散らばっています。風の通り道で、ほこりをかぶりそうなのでうさみはご遠慮させていただきますが、気持ちはいいところです。
それから、植え込みがあるコンクリの端っこに無理やり座っている人もよく見かけます。幅が狭くてお尻が痛そうな場所なんですけどね。

まあそのへんならまだ想定内なのですが、さすがに今日見かけた光景には驚きました。

続きを読む "ふしぎランチ"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年10月16日 (日)

く~ちゃん

おうじはロングコートチワワという犬種です。

おうじが我が家に来た当時は、この犬種はあまり世間で知られていなくて、よく「なんていう犬(種)ですか?」とか「チワワって毛の長いのもいたんですね(スムースコートの方が知られていた)」とか言われました。それが今や知らない人のない有名人気犬種。

若い方は浜崎あゆみさんが飼っているというので知ったのも多いと思いますが、老若男女に知れ渡ったのはなんと言っても○イフルのCM犬、く~ちゃんのおかげです。あのCM以後は、「チワワだ」「く~ちゃんだ」と声をかけられるようになりました。

続きを読む "く~ちゃん"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年10月15日 (土)

ファンデーションの色

電車の中や街中で女性のコーディネイトやメイクを眺めては、パーソナルカラーの参考にさせていただいています。素敵な装いだなと思う方の色使いは、そのまま眼の奥のカメラで撮影保存です。

街角ウォッチングはいい意味で勉強になることが多いのですが、たま~に「そのファンデーションの色はいかがなものでしょう!?」と感じる方がいらっしゃいます。

ファンデーションをつけたお顔と、首(ご自分のもとの肌)の色が違っている方です。最近の化粧品カウンターは、肌の色みや明るさをはかってくれる機械もありますし、美容部員さんもたいていはお似合いの色をすすめてくれると思うのですが・・・ 

続きを読む "ファンデーションの色"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年10月14日 (金)

山手線占い

山手線占いというのが流行っているという記事を見て、どんな占いなのか興味がわいてチェックしてみました。

うさみはそれほど占いを信じているわけではなく雑誌の星占いなどは読んでも右から左に忘れてしまうのですが、動物占いのように自分の性格が何かの事物にあてはめて出てくるのが何だか面白くて好きです。

そして話題の山手線占いとは、中国やインドの占いをベースに、鉄道研究会の協力(!)で
28タイプの性格を山手線の各駅に割り当てたのだそうです。

続きを読む "山手線占い"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005年10月13日 (木)

お気に入りの映画~2005年編

今年(2005)映画館で見た映画から、お気に入りを選んでみました。

「SW3(スターウォーズ エピソード3)」が入っていないのは、1作だけ見たのでは面白さ半減だと思うので・・・見るなら6作通しで見ないと、です。

サイドウェイ

ワインおたくの中年教師が女たらしの友人とカリフォルニアワイナリーツアーに出るロードムービー。中年以降のワイン好きには自信を持っておススメできる映画です。ワインを人生にたとえる台詞の数々が珠玉です。

いくつになっても頑張ろうと思える度 ☆☆☆

アメリカ人の酒量に驚く度 ☆☆
あのシュヴァル・ブランは本物だったのかが気になる度 ☆





続きを読む "お気に入りの映画~2005年編"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年10月12日 (水)

食欲魔人

おうじは食欲魔人(犬?)です。20051011_p1000697 食べても食べても常に「もっと欲しい」状態です。

「ぼくは何ももらってなくて、とってもひもじい
(T_T)」という人の同情をひく可哀想顔が得意なので、すまっぺの留守中に帰宅したうさみを騙して夕食を2度ゲットしたこともあります。

わんこは満腹中枢が発達していないので、おなかがいっぱいだという胃腸の情報がうまく脳に伝わらず、いつでも頭ではおなかがすいているらしいです。野生で暮らしていたご先祖様の、いつ食事できるかわからなかった遠い記憶が受け継がれているのでしょうか?

続きを読む "食欲魔人"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005年10月11日 (火)

勤め人と忘れ物

うさみはよく忘れ物をします。通勤に使うバッグを替えるとテキメンに何かがもれます。

よくする忘れ物ベスト
3は、

1.携帯電話 
充電器に挿したまま忘れて出勤。そういう日に限って人と約束していたりします。
  

2.定期券 
定期券だけはすぐ取り出しやすい場所に入れてあるので、バッグを替えるとき忘れる確率大です。泣く泣く切符を買って電車に乗ります。 


3.会社のカードキー 
これを忘れると、化粧室に行くのも誰かのお情けにすがらないといけません。総務で仮キーを貸してくれるのですが、申請書を記入するのが面倒で借りずにすませてしまいます。

続きを読む "勤め人と忘れ物"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年10月10日 (月)

こんな本読みました~「誰か」

宮部みゆきさんは何を舞台に書かれても、ストーリーテラーですね。
すっとその世界に引き込んでくれます。



続きを読む "こんな本読みました~「誰か」"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年10月 9日 (日)

この映画を見ました~クレールの刺繍

クレールの刺繍

この映画は予告編を見て、「刺繍シーンだけでも見に行く価値がある!」と思って楽しみにしていたのでした。20051009_P1000690

ちょっとネタばれありです。


刺繍といっても、キットを買ってきてクッションを作るような素人レベルではありません。有名メゾンがコレクションに出すドレスにほどこされている、ビーズやカラーストーンをふんだんに使って布に描きだした絵画のような、そんな刺繍です。
刺繍シーンは本当に繊細で美しく、見ごたえがありました!(ちゃんとフランスの有名刺繍工房に作成してもらったそうです)師匠のマダム・メリキアンが刺していた夜の星空のようなチュールレースも素敵でしたし、主人公クレールがマダムにプレゼントしたうさぎの毛やチェーンや金具がついたショールもアンバランスな美しさがあって良かったし、クレールとマダムが並んで刺していた花のモチーフが流れるようなラインを描き出していた作品もため息が出るほどでした。

続きを読む "この映画を見ました~クレールの刺繍"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005年10月 8日 (土)

今週のパーソナルカラーのクラスはメイクのレッスンでした。プロのメイクの先生が、印象の要になるアイメイクの重要なポイント、を中心にレッスンして下さいました。

理想的な眉パーツの位置(眉頭、眉山、眉尻)と色の選び方などについての講義の後、クラスのひとりひとりの眉メイクを実際に指導していただきました。あるべき位置より眉尻が短かったり、眉頭がなかったり、眉が細すぎたり、眉の色とヘアカラーが合っていなかったり。すこし眉を直してもらっただけで、かなり印象が変わるのはさすがプロです。

自分ではつい正面顔しか気にしませんが、人から見られる顔は横顔の方が多かったりするので、ちゃんと横からもメイクをチェックしなくてはいけないそうです。昔ながらの三面鏡はその点、両方の横顔が見えてメイク向きだそうです。うさみ母も三面鏡を持っていましたが、真ん中ばかり見ていたような気がします・・・横の鏡はおまけじゃなくて、ちゃんと使い道があったのですね(^_^;) 

続きを読む "眉"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年10月 7日 (金)

ナルシストおうじ

おうじはナルシスト犬です。
ojimaru
だいぶ早い時期に「可愛い」という言葉を覚えました。 人間がこの言葉を放つときは、自分をほめ称えてくれていると思っているようです。「可愛い」「ほめられた」「何かいいものをもらえる」という思考回路かもしれません。

うさみやすまっぺがテレビを見て、「これ可愛いねー」などと話していると、必ず自分が話題になっているものと思って飛んできます。「おうじのことじゃないよ」と言われると、「それなら用はない」とばかりに去って行きます。

続きを読む "ナルシストおうじ"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005年10月 6日 (木)

顔と名前

うさみは人の顔と名前を覚えるのが苦手です。

年を取って物覚えが悪くなったわけではなく
(^_^;)、昔から苦手でした。高校時代、教科書を忘れてよそのクラスに借りに行き、「××の教科書貸してくれない?」と頼んだ相手がたまたまそこに遊びに来ていたうさみと同じクラスの子だったという恥ずかしい思い出があります。

うさみは何度か転職しているので、ある会社での顔見知りの方(隣の部署でたまにすれ違うとか、研修で一緒だったとかのお知り合い。直接の上司同僚はさすがに覚えてます)と会社を変わった後によその場所でバッタリお会いすると、お顔は覚えていても、果たしてどこの会社でいつご一緒していたのか、ましてやお名前などは必死で頭をたたいてもなかなか思い出せません(>_<)

続きを読む "顔と名前"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年10月 5日 (水)

秘密の花園

バーネットの「秘密の花園」は「小公女」と並んで子供時代のうさみのお気に入りでした。高い塀の向こうに誰も知らない美しい花園が広がっている、という「自分だけのひみつ基地」感覚が子供にはたまらなかったのだと思います。大人になった今でも花好きですが、人が活けた花より、地に咲く花の方が美しく思えるのは、この物語の影響もあるのかもしれません。



都会のビル群のまっただ中にひっそりと存在し、現代版「秘密の花園」とうさみが思っているお庭があります。東京は赤坂アークヒルズ、サントリーホールの真上にある普段は非公開のアークヒルズ・ルーフガーデンです。

続きを読む "秘密の花園"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年10月 4日 (火)

虹の色

通勤の地下鉄でぼ~っと車内吊り広告を見ていて、何となく違和感を感じたポスターがありました。

缶コーヒーの広告で、商品名に「レインボー」が入っているのにひっかけて、大人と子供が両端からペンキを塗っているような後姿でした。「あれ?」と思った理由は、眠い目を見開いてみたらわかりました。画面の半分を占める虹が、うさみの思っているのとは違う色の並び方をしていたからです。

続きを読む "虹の色"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年10月 3日 (月)

この映画を見ました~チャーリーとチョコレート工場

チャーリーとチョコレート工場」を見て来ました。

原作を子供のときに読んだ記憶だけがあり、ぼんやりと残っているのは、偏屈なおじいさんと子供とチョコレートのイメージです。原作がどうあれ、ティム・バートンとジョニー・デップのコンビなら、普通の子供映画ではない何かがあるだろうと期待して行ってきました。

~この後多少ネタバレありなので、これから見に行く方はご注意~

続きを読む "この映画を見ました~チャーリーとチョコレート工場"

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2005年10月 2日 (日)

お気に入りの漫画~ディルバート

アメリカの3コマ漫画、Dilbertが好きで、会社の日めくりカレンダーは毎年これにしています。

本国アメリカを含め、かなり有名な漫画だと思うのですが、日本での知名度はいまひとつのようです。エンジニアのディルバートとその上司・同僚のかわす会話や行動が、「こういう困ったちゃん、いる、いる!」「こういうこと言うんだよねー、上のヒトって」とアメリカと日本の違いを超えて笑わせてくれます。

続きを読む "お気に入りの漫画~ディルバート"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年10月 1日 (土)

SNOOPYのスープ皿

SNOOPYのキャンペーンスープ皿がようやく届きました\(^o^)/ 
某コンビニの商品についている点数シールを集めるともらえるもので、うさみと妹すまっぺは頑張ってコ20051001_p1000660ンビニ売り上げに貢献し、お皿4枚分のシールを集めました。締切日ぎりぎりまで集めていたので、申し込んだ時点では品物が在庫切れで、今日ようやくブツが届きました~。

続きを読む "SNOOPYのスープ皿"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »