« お気に入りチョコ~花日和 | トップページ | オフィスの必需品 »

2005年10月21日 (金)

漫画でワイン~「神の雫」

秋はワインが美味しい季節ですね。ワイングラスを傾けて味わう以外に、漫画でワインを楽しむ、というのもなかなかおつなものです。

ワインが題材の漫画といえば、テレビドラマにもなった「ソムリエ」が人気でしたが、今モーニング連載中の「
神の雫」も面白いです。
ワイン評論家の息子で、子供の頃からワインを味わうための特訓をやらされてワインが嫌いになった主人公が、父の死をきっかけにワインの魅力に目覚めていくお話です。

この特訓が生半可ではありません。ティスティングの表現に使う果物から皮から土からあらゆるものの香りをかいで覚えさせられたり、お父さんが飲むワインのデキャンタージュをやらされたり、ワインに必要な教養として音楽や絵画を勉強させられたり、大変です。

おかげで彼は一度もワインを飲んだことがなくても(特訓はすれど、子供なので現物は飲ませてもらえなかった(-_-;)、あらゆる香り・味をかぎわける鼻と舌、芸術的なまでのデキャンタージュ技術を持っています。
主人公と一緒に、ひとつひとつワインを覚えていく楽しみがあります。有名ワイン評論家(若手でイケメン)との、お父さんが遺したワインをめぐる戦いも見もの。うさみは主人公雫を応援中です。

美味しい食事とワインの話で笑いたいなら、佐々木倫子さんの「Heaven?」もおススメです。腕がいいのに何故か店をつぶしてばかりのシェフ、資格オタクの元銀行マンソムリエ、美味しいものに目がない飲んべの売れない小説家のオーナーなど、一筋縄ではいかない登場人物たちが、墓地の真ん中というすごい立地のフレンチレストランを舞台に楽しませてくれます。

|

« お気に入りチョコ~花日和 | トップページ | オフィスの必需品 »

コメント

ワインはとても好きなのにぜんぜん強くないわたし、白飲んで軽い赤飲んでヘビィな赤を飲んで・・という飲み方をしたいのですが、二杯目を飲み終わる頃には許容量満杯に近しのサインがでてしまいます。せめてマンガを読んであれこれ味わった気分になりたいもの、お奨めの二冊を読んでみます。

投稿: pino | 2005年10月22日 (土) 22時33分

>pinoさん
好きなのに量を飲めない方って結構いらっしゃいますね。でもすこしでも飲めればよいですよ。全くお酒が飲めなかったら、かなり人生はつまらなかっただろうと思います。
私は弱い方ではないのですが、ワイン会に行って10杯以上飲むとさすがに最後のほうは味がわからなくなってきます(^_^;)

投稿: うさみ | 2005年10月23日 (日) 21時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135432/6506196

この記事へのトラックバック一覧です: 漫画でワイン~「神の雫」:

« お気に入りチョコ~花日和 | トップページ | オフィスの必需品 »