« 虹の色 | トップページ | 顔と名前 »

2005年10月 5日 (水)

秘密の花園

バーネットの「秘密の花園」は「小公女」と並んで子供時代のうさみのお気に入りでした。高い塀の向こうに誰も知らない美しい花園が広がっている、という「自分だけのひみつ基地」感覚が子供にはたまらなかったのだと思います。大人になった今でも花好きですが、人が活けた花より、地に咲く花の方が美しく思えるのは、この物語の影響もあるのかもしれません。



都会のビル群のまっただ中にひっそりと存在し、現代版「秘密の花園」とうさみが思っているお庭があります。東京は赤坂アークヒルズ、サントリーホールの真上にある普段は非公開のアークヒルズ・ルーフガーデンです。

音楽ホールの屋上にあるため、音の影響を考慮してクローズドガーデンになっていて、お手入れも演奏会やリハーサルのない日時を選んでいるのだそうです。年に23回、一般公開の日があり、多くのガーデナーや花好きが訪れます。20051003_P1000676

うさみも今年は春と秋の一般公開日に出かけてきました。春の一般公開日はあいにくの大雨だったのですが、先日の秋の公開日はまあまあのお天気で、秋のお花を楽しめました。
選りすぐり画像(カメラマンの腕はイマニですが、デジカメが高性能なので、それなりに撮れているかも!?)をマイフォトにアップしました。お花好きの方、よろしかったらお立ち寄り下さい。

屋根の上のお庭なのに、日当たりが良く大きな木も元気に育っていて、とても不思議な感じがします。屋根の上の庭と言えば、谷中の朝倉彫塑館屋上にある、オリーブの木が植えられた素敵なお庭もうさみのお気に入りです。

|

« 虹の色 | トップページ | 顔と名前 »

コメント

お花の写真、みせていただきました。ガーデンの雰囲気が、よくわかります。自然な感じを大切にして育てられているように思います。キンモクセイは、木よりさきに香りに気づいてあたりを探す、秋の風物ですね。北海道では見ることがないのでなつかしい。札幌の秋は、まずナナカマドの紅葉で始まります。赤い実をたくさんつけていて、この実は葉が全て落ちてしまった冬にも、鮮やかな紅い色をしています。いくつか固まった実の上に、白い雪が帽子のようにこんもりとのった様子はとてもかわいらしいものです。

投稿: pino | 2005年10月 6日 (木) 20時06分

>pinoさん
写真見てくださってありがとうございます。金木犀は北海道にないのですか、知りませんでした。暖かいところが好きな木なのでしょうか?お花はささやかですが、香りが何よりも存在を主張しますよね。

投稿: うさみ | 2005年10月 6日 (木) 23時07分

写真、見せていただきました。
私ってば、長いことアークで仕事をしていたくせにこんな花園があるなんてちっとも気づきませんでした。

ちんまりと、行儀良く植えてある公園と違ってのびのびとワイルドなカンジに見せているところがいいですね。それと、デジカメ、きれいに写りますね。
あっ、モチロンカメラマンの腕がいいんですよね!

投稿: kay | 2005年10月 7日 (金) 00時00分

>kayさん
そうでしょう、意外と知られていないんですよね。刈り込みすぎずお花を育てているところは、イギリスのお庭に通ずるものを感じます。
ふふふ、デジカメの性能が良いのですよ。500万画素、手ブレ防止機能つきは伊達じゃないのだ~。

投稿: うさみ | 2005年10月 7日 (金) 22時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135432/6267958

この記事へのトラックバック一覧です: 秘密の花園:

« 虹の色 | トップページ | 顔と名前 »