« ほかほかの肉まん | トップページ | クリスマスリース »

2005年11月28日 (月)

記憶スペース

頭の中にある記憶スペースを、PCの中のファイルを整理をするように、整理出来たらいいなあと思いませんか?いらないデータを削除して、普段使わないデータをZipする・・・そんな風に。

ここのところ、カラーの検定のための勉強をしていて、覚えなければいけないことがたくさんあるのに、なかなか覚えられません。それなのに、頭の中には忘れても全然かまわない情報がたくさんあるのです。

会社で使う勘定科目番号、レポート番号、共通コード、エトセトラ・・・仕事で毎日使っていて、覚える気がなくても覚えてしまったもの。覚えていれば、仕事がほんのちょっとスムーズに進んだりするのですが、覚えていなくてもどうってことはありません。それにもう使わなくなった情報もたくさんあります。

「NTTの銘柄コードは9432」、このデータを1個頭の中から削除すれば、代わりに「PCCSのRed2番はマンセル4R」、というのが保存出来そうなのに・・・(>_<)

|

« ほかほかの肉まん | トップページ | クリスマスリース »

コメント

ホント、そのとおりです!!
私も常々そうできたらと感じていました。でも、そう考える時にいつも思い出すのは”メモリーフル”というあの情けないエラーメッセージ!!
例え、いらない情報をデリートしてもハードディスクの絶対容量が小さいくてセーブしきれないのよねぇ、私の場合・・・。

投稿: kay | 2005年11月29日 (火) 10時42分

>Kayさん
人間の脳はご自宅のPCより容量が大きいはずですよん。普段眠っている部分もあるそうですし、使いようですよ~、きっと。

投稿: うさみ | 2005年11月29日 (火) 20時51分

曰く、人間の脳細胞は何歳になっても進化する。曰く、老齢になっても記憶力は向上する。。。ほっとする言葉です。
うさみさん、Red2番はマンセル4Rってどういうきまりなのですか?PCCSって?なんだか暗号みたいで面白いですね。

投稿: pino | 2005年11月30日 (水) 21時04分

>pinoさん
年をとっても覚えよう、思い出そうとする努力が大切ならしいですね。
PCCSとマンセルはどちらも色を系統だてて表そうとしたシステムで、マンセルはアメリカが元で主に産業界で使われているそうです。PCCSは日本で配色のために考え出されたもので、同じ色を表すシステムでも分類の仕方が違うんです。それぞれの対応色番号を覚えないと試験が解けません~

投稿: うさみ | 2005年12月 1日 (木) 23時00分

説明してくださってありがとう。それは、とても大変そう。一つに統一されるといいのにね。

投稿: pino | 2005年12月 2日 (金) 00時07分

以前は3年前くらいのことだったら、記憶をたどれたのに、今は全くだめです。。。とほほ。

投稿: アラベスク | 2005年12月 5日 (月) 20時46分

>アラベスクさん
年を取ると蓄積していく記憶も多くなるから、取り出しにも時間がかかったり忘れちゃったりするんですね。やっぱりファイル整理したいですね。

投稿: うさみ | 2005年12月 5日 (月) 20時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135432/7348639

この記事へのトラックバック一覧です: 記憶スペース:

« ほかほかの肉まん | トップページ | クリスマスリース »