« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年12月31日 (土)

2005年を振り返る

大晦日です。

うさみにとっての2005年を振り返ってみますと、まずは「色彩の勉強」に明け暮れた年でした。6月、11月、12月に検定試験、その間にパーソナルカラーの課題やプレゼンテーションがあり、忙しくも充実して楽しい1年でした。

仕事面では、平地あり谷あり谷底あり(山=良い時がない・・・(>_<)という感じの年でしたが、とにかく1年を終えられたということで良しとしましょう(*^_^*)。

そして2005年はこのブログを始めた年でもありました。見に来て下さる有難い方々のおかげで、毎日続けてこられました。

ありがとうございました。 m(__)m m(__)m m(__)m

来年もよろしくお願い致します。

みなさま、お体にお気をつけて良いお年をお迎え下さい。(@^^)/~~~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年12月30日 (金)

仕事納めと「容疑者Xの献身」

本日無事今年の仕事納めをして参りました。

仕事納めの日はお仕事は半ドン、納会でちょっとした食べ物とビールがふるまわれて、みんな三々五々に家路に着きますが、今日のうさみは居残り係でした。
うさみのチームで使っているシステムの締め時間が5時半過ぎと決まっていて、誰かがそれを締めないと帰れないのです。

仕事はとっくに終わっているので
5時半までどこかで遊んできてもいいようなものですが、一度会社のビルを出たらもう戻って来たくなくなるのは人情です。上司が買ってきてくれたおやつのケーキを食べながら、ぼーっと本を読んですごしました。

ひとりでぼーっとするのは好きですが、まわりの人たちが「今年はお世話になりました。良いお年を」とご挨拶してひとりひとり減っていき、窓の外も日が暮れて暗くなってくると、何だか「学校で悪いことをして居残りを命じられたけど、先生が忘れて帰ってしまってどうしよう!?」というような気持ちになりました(^_^;)。

待ち時間で読みきった本は、今年のミステリベスト10に必ず顔を出している東野圭吾さんの「
容疑者Xの献身」でした。

続きを読む "仕事納めと「容疑者Xの献身」"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005年12月29日 (木)

年忘れディナー

昨日は今年の最後を飾るグランドディナー(^_^;)として、話題のフレンチレストラン「ブノワに行って来ました。うさみに美味しいものをご馳走してあげようという奇特な方はいまのところいないので、自腹です。

以前、血液型がA型のお友達と会って何を食べるかの相談になったとき、「うさみちゃんってO型でしょう?何でもいいから早く空腹を満たしたい、って手近なものを食べるのがO型で、空腹を我慢しても自分が食べたいものが見つかるまで探すのがA型なんだよね~。」と言われました。
ハイ、確かにうさみは
O型で、お腹がすいているときは、空腹を満たす方が先になると言えるでしょう・・・。コンビニ弁当でもファーストフードでも十分美味しいと思って食べますし。

でもいいレストランできちんとお食事するのも好きなんです。その時は手近な店を選ぶのではなく、ちゃんと調べて予約して出かけます。よく言えば食生活にメリハリがある、となるでしょうか。

続きを読む "年忘れディナー"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年12月28日 (水)

こんな本を読みました~人は見た目が9割

パーソナルカラー(色でその人の外見イメージを変える)勉強中のうさみは、この本のタイトルが気になって読んでみました。



人は見た目が9割」というのは、人が他人から受け取る情報の割合が↓このようになるという調査結果から来ています。

見た目・みだしなみ・仕草・表情によるもの・・・55%
声の質・大きさ・テンポ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・38%
話す言葉の内容・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・7%

言葉以外の
ノンバーバル・コミュニケーションから得ている情報が9割なんですね。


著者は演劇の演出をする方なので、俳優さんのしぐさや話し方で、その役の性格や状態を観客に伝えるという話が興味深かったです。
まばたきや高い声、早口は「緊張」を、上着を脱ぐのは「緊張が解けた状態」、腕組みは「相手の意見を受け入れない態度」を表すのだそうです。
確かにそうしたノンバーバルなメッセージを受け取って正しく解釈しているのに、そのことにうさみも含めみんなあまり気付いていないのですね。

続きを読む "こんな本を読みました~人は見た目が9割"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年12月27日 (火)

年末人事考課

うさみの「気乗り度」レベルで仕事を並べたとき、間違いなく常時下から3番目までの中に入っているのが「年末の人事考課」です(^_^;)。

勤め人も長いことやっていれば、考課のハウツーはある程度身につきます。何を書いて何を書くべきでないか、どう書くべきか、といったことですね。ただ、ちょっと現実を美化しなければいけないことに、小心者のうさみは心が痛むのです。

それなら謙虚に正直に書けばいいじゃないか、とおっしゃる向きもあるでしょう(^_^;)。ヴァーチャル空間にいる理想の上司と働く場合はそれでもいいかもしれませんが、実在の上司はたいてい部下がどんな仕事をしているか全部は把握していません
「今年はこんなこともやりました、あんなこともやりました、これはこういう大変なことがありましたが、無事やりとげました」という風に底上げして書いて、ようやく現状まで辿り着けるか着けないか、なのではないでしょうか。

続きを読む "年末人事考課"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005年12月26日 (月)

SUICAとICOCA

関東在住のうさみは、JR東日本のICカード、SUICAを使っています。

キャラクターに使われている、さかざきちはるさんイラストのペンギンが可愛くて、キャンペーンポスターもチェックしていますし、キャラクターグッズのペンも持っています(#^.^#)。




以前関西に行った時、JR西日本版のSUICAの名前がICOCAだと知りました。
「イコカ?あっ!『ほな、行こか?』の『いこか』かあ!さすが関西、すごいネーミングだなあ」と楽しくなりました。

ICOCAのキャラクターは、カモノハシのイコちゃんだそうです。イコちゃんのキャラクターグッズが欲しくて、先日京都駅売店で探しましたが、見つかりませんでした(-_-;)。(恥ずかしいので、お店の人に「イコちゃんグッズは売っていないんですか?」とは聞けなかった小心者です。)

続きを読む "SUICAとICOCA"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005年12月25日 (日)

年末の締めはこれです~第九

年末恒例、ベートーヴェンの第九演奏会に行って来ました。オーケストラは日本フィルハーモニー、指揮はコバケンこと小林研一郎さんでした。

年末に第九を聴きに行くのは、学生の頃からの年中行事になっています。オーケストラと合唱のハーモニーを楽しみながら、今年の出来事や感じたことを思い返したり、来年やりたいことに思いをはせたりします。これが終わると一年を無事締めくくれる気がして、一種ゲンかつぎのような存在でしょうか(^_^;)

今日の指揮者、日フィルの音楽監督小林研一郎さんはエネルギッシュでパワフル、それでいて親しみやすい、色で言えば暖色系を感じる方です。ステージから音楽の火花が飛び散って、聴いているこちらもエネルギー充填されるような気がします。

それに対して、うさみのとても好きな指揮者で小林研一郎さんの師にもあたる、故・渡邊暁生さんは、ノーブルな静けさと落ち着きを感じる寒色系でした。いつもお召しになっていたミッドナイトブルーの燕尾服(普通、指揮者さんは黒い燕尾服ですね。)の印象もあるのかもしれませんが、涼風がそよぐ森の中や湖のようなイメージでした。

来年は日フィル創立50周年なのだそうです。終演後、楽団員のみなさんがロビーに出て記念イベントの為の募金を集めていらっしゃいました。
うさみは大金持ちになったら、ロンドンのナショナルギャラリーと日フィルに大口寄付をする、と決めているのですが、今年は年末ジャンボも買い忘れてしまったし、玉の輿にのれる予定もないので、こっそり小口紙幣を入れて来ました(^_^;)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年12月24日 (土)

うさみ家に戻る

うさみ京都より無事家に戻って参りました。帰りの新幹線も雪の影響が心配されたものの、約10分の遅れですみほっとしました(^_^;)

今日の京都は、が降ったり晴れて明るくなってみたりで、が冷たく安定しないお天気でした。普段でも傘は出来るだけ持たない主義(?)のうさみが旅行に傘を持参しているはずはなく、横なぐりの雪にも真知子巻きのパシュミナで対抗しました(*^^)v


20051224_P1000896 ← 通称「猫寺」称念寺のパンフレットと「猫守り」「犬守り」です。ご住職への猫の恩返し話が有名になり「猫寺」と呼ばれるようになったという古いお寺で、最近ではペットのご供養もしていただけるそうです。

愛犬おうじの健康長寿祈願とこのお守りをいただいくために、雪の中、西陣のあたりを迷いながらお寺を探しました(^_^;) ちゃんとHPのかなり丁寧な地図をプリントして行ったのですが、一度曲がるところを間違えたら、とことんわからなくなってしまいました(>_<) 何とか無事たどり着けたのは、お猫様のお導きかしら!?小さいけれど落ち着いたお寺でした。


迷っている途中で、前から行ってみたかった「京のてんてん」という手ぬぐいのお店を偶然見つけました。築120年の町家を使った店構えもとっても気に入りましたし、手ぬぐいも味のある色柄のものばかりで「迷ってよかった~」と思いました。干支柄、犬の手ぬぐいで作った巾着を買いました(*^_^*)


20051224_P1000870 → その後、「そーだ、ここからなら割と近いし、雪の金閣寺を見に行こう!」と思い立ち、十数年ぶりに金閣寺に行って来ました。

いかがでしょう?ちょうど雪があがって晴れ間がのぞいた時だったので、絵葉書に使えそうな金閣寺の雪景色が撮れました。屋根の半分は金が見え、半分は雪に覆われているのがわかるでしょうか?手前の池の白っぽい部分は氷が張っているところです。


20051224_P1000880 ← 今日のお昼です。冷え切ったので暖かいおうどんをいただきました。
ニューヨークにも支店があるという「おめん」の「鯖寿司セット」です\(^o^)/ 
あったかいゆでうどんと、お野菜たっぷりにごまをだしの中にいれてかき混ぜていただくのだそうです。東京ではこういうの見かけたことがなくて珍しかったし、とっても美味でした~。鯖寿司も油がのって、おいしかった~(#^.^#)   

続きを読む "うさみ家に戻る"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年12月23日 (金)

うさみの京都便り

うさみin京都です。

朝からからっと晴れていいお天気\(^o^)/ 風は冷たいけれど、ホテルそばのコンビニでホッカイロと2枚重ね用のストッキングをゲットして来ましたので、心も体もぽかぽかです(*^。^*)。うさみの京都便りをよりすぐり(!?)画像でお送りします。


kyotoasa ← 朝の鴨川です。まだ雪が残っています。日中暖かかったので、夕方にはほとんど溶けていました。


yukidaruma

→ 街中で見かけた雪だるま。デニムで出来た帽子にボタンの目が可愛いです。お昼過ぎだったので、体部分がちょっと溶けて小さくなっているみたいです(*^_^*)

komai ← 北白川にある「駒井家住宅」。
京都大学で生物学を研究していらした駒井教授が昭和期にお住まいだった洋館です。ヴォリーズの設計した、アメリカンスパニッシュ様式。
うさみは洋館を見るのが好きで、バスに乗り、雪を踏みしめて尋ねてみました(すこし北で住宅地なので、洛中より雪が多かったです)。外観も美しい家ですが、中もほぼ当時のままに復元されていてとても素敵です。
特に面白かったのが、1Fに1室だけある和室の扉が、内側からみると襖戸で、外(廊下)側からは木のドアだったことかな。
春だと、右端に写っている藤が紫と白の花を咲かせて、さぞうすピンクの壁に似合うことでしょう(*^_^*)

gin
→ 「銀月アパートメント」。駒井家のすぐそばです。
一見ぼろアパート(失礼!)のようで、とてもディテールに凝った建築なのがわかります。昔は集合住宅でもこういう画一化されていないものが作られていたんですね。

続きを読む "うさみの京都便り"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年12月22日 (木)

うさみようやく京都に着く(>_<)

今夜は新幹線の中で夜明かしか!?と思っていましたが、ようやく京都に着き、無事ホテルでPCもつなげて落ち着いているところです(^_^;)

20051222_P1000822 ←京都駅のクリスマスイルミネーション♪

のほほんなうさみは、東京駅の新幹線ホームに着くまで、今日の大雪の影響で自分の乗る新幹線が遅れているかも、とは考えてもいませんでした。行き先の京都の天気予報はチェックし、「雪だるまは1個でお昼にしかついてないから大丈夫だ~(*^_^*)」と思っていました・・・東京の次が京都じゃないんですよね・・・その間の地域が大雪なのでした(>_<)(>_<)

名古屋までは15分程度の遅れだったので安心していたら、名古屋を過ぎてから豪雪地帯(!?)に入り、窓の外は大吹雪だし、相当積もっているし、当然新幹線も減速運転、止まっては動く、を繰り返しました。

うさみの心の中・・・こんなのろのろで今日中に京都に着くのかなあ?それに京都もこんなだったら旅行中どこもいけない(T_T)し、ど~しよう・・・そう言えば去年の12月に京都に行った日も、季節はずれの台風で地元駅の電車が止まってて、あわててバスで他の路線の駅まで行ってようやく新幹線に間に合ったけど、着いた京都は大雨だったっけ・・・

続きを読む "うさみようやく京都に着く(>_<)"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005年12月21日 (水)

うさみ京都に行く

明日の夜から、うさみは京都に行って参ります (^.^)/~~~

クリスマスを京都で、ということに意味は無く、12月で予定があいている週末がここしかなかっただけなのです(-_-;)。

さて、ここで問題です。
12月限定でうさみが京都に行きたい理由は何でしょうか??


・・・・正解は「
顔見世」です(*^_^*)。京都の歳末の風物詩にもなっている、南座の顔見世歌舞伎を見に行きます。
歌舞伎にご興味の無い方のためにひとことご説明しますと、昔は歌舞伎役者さんと劇場の契約は1年更新だったので、年末に「来年、うちの小屋はこんな役者たちが出ますよ」というのをご見物衆にご披露するために「顔見世興行」というのを年末にかけたのだそうです。

続きを読む "うさみ京都に行く"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月20日 (火)

展示会

うさみの大好きなお洋服ブランドの、春夏もののスペシャル展示会が上野・国立博物館の展示室で行われたので、うさみも見て来ました。

たいてい展示会というと宴会場や会議室のような場所で行われるのに、今回は特別に国立博物館を借りられたようです。クラシックで重厚なイメージの国立博物館で、どんな風にお洋服を展示するのか楽しみでした。

中では撮影禁止だったので、残念ながら展示室内の画像はありません。うさみのつたない言葉による説明でご想像下さいm(__)m。

展示室は2フロア分ぶち抜きの高い天井で、窓はないものの、たての広がりで、落ち着いた明るさを感じました。

続きを読む "展示会"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月19日 (月)

カードキー

朝出社した時から、夜会社を出るまでずっと身に着けている大切な(?)ものがカードキーです。

何しろこれがないと、隣の部署にも入れなければ、お化粧室にも行けない(^_^;)ので、会社にいる間の必携アイテムです。ケースに入れて、ホルダーで首からかけています。ランチタイムで外に出るときも首からさげたままです。オフィス街のランチタイムは、ほとんどがカードキー族なので、目立つこともありません。
はずすのは、社用で外出するときくらいです。たまに帰りがけにそのまま会社を出てしまうことがあり、「おっと、まずいまずい(^_^;)、はずさなきゃ~」とあせります。

肩こりうさみは、首に重いものをかけていると肩がこってしまうので、出来れば首からさげたくないのですが、手で持っていると必ずもれなくどこかに忘れます(>_<)。
コピー機の上、書類を届けた誰かの机の上、ファイルをしまったキャビネットの中、給湯室・・・自分で気づく前に、たいがい親切なよその部署の方やお掃除の方が拾ってくれて、恥ずかしい思いをすることになるのです。

続きを読む "カードキー"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2005年12月18日 (日)

終わったあ!

本日無事色彩検定が終わりましたあ!

天気予報通りの冷たい北風がビュービュー吹き荒れるなか、ホッカイロをもみもみしつつ家を出ました。うさみはウルトラスペシャル方向音痴なので、拡大版の地図を持ち、早めに駅に着いたものの、やっぱり迷いました(>_<) 行くべき場所はわかっていても、自分が今地図のどこにいるかがわからず、四つ角を曲がるべきところ直進していました(;_:)(;_:) 

幸いお仲間(同じ検定を受ける)らしき人を見かけたので、その方の後をついて行って無事会場に到着出来ました(^_^;) 

試験の出来はともかく、ここ数ヶ月心に重くのしかかっていたものが終了したので、開放感いっぱいです(*^_^*) 「試験が終わったらやりたいことリスト」が山のようにあるので(主に娯楽関係)、ひとつずつクリアしていこうっと。まず最初に、帰り道で本屋さんに寄ってミステリ本を買って来ました。今まで通勤途中は本を読まないで、テキスト暗記しなきゃ、と自戒していたので・・・結局持ち歩いているだけで安心して、あんまり勉強はしなかったんですけど・・・

試験とは関係ないのですが、会場になった大学のお手洗いが和式ばかりだったので、ちょっと驚きました。うさみのいた学校は(うさみの在学当時って結構昔ですが)全部洋式だったので、大学ってそういうものかと思っていました。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2005年12月17日 (土)

うさみ御用達ポテチ

チョコレートと並んでうさみに無くてはならないお菓子は、ポテトチップスです(*^_^*)
うさみがイギリス好きなのは、チョコとポテチが美味しい国だからかも、と思うこともあります。

チョコレートはどこのものでも好きですが、ポテチにはうさみ御用達ブランド(^_^;)があります。ポテチはCalbee、と決めているうさみです。揚げ具合とじゃがいもの厚さ、味のバラエティが抜群なのです(*^_^*)
自分で買うときは、Calbee以外買いません。たまに会社の打ち上げなどで他のメーカーさんのポテチを食べると、油っぽかったり、1枚が厚すぎたりして、「う~ん、やっぱりポテチはCalbeeなんだな」と自分の趣味(味覚?)を再確認します。

それから、ポテチは賞味期限の短いお菓子なので、商品回転率の悪そうなお店の棚の奥にあるようなものは買いません。いくらCalbeeといえど、1年前製造の商品とかでは、油がういて美味しくないです。(ちょっとエラそうですね・・・(^_^;) ポテチ評論家!?)

数年前北海道に旅行した際、偶然Calbeeの工場を見かけました。願わくば工場見学をさせていただいて、出来立てのポテチを食べさせていただきたいところでしたが、時間もなく、飛び込みで行っても無理だろうと思ってあきらめました。
今度機会があればぜひチャレンジしてみたいです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005年12月16日 (金)

大人の塗り絵

最近本屋さんで「大人の塗り絵」本をたくさん見かけます。
無心で色を塗っていると、心が癒されて人気なのだそうです。

うさみも、色の勉強にも役立ちそうな1冊を買ってみました。



思えばうさみは子供の頃、とてもぬり絵が好きでした。

たしか袋に入って駄菓子屋さんで売っていた「きいちのぬり絵」をたくさんやりました。
最近レトロブームなのか、また蔦谷喜一さんが流行っているようで、本やグッズを見かけて懐かしいです。3頭身で、ペコちゃんのように真んまるい顔の女の子の絵がとても好きでした。当時(うさみが子供の頃)はまだ、女の子の着物姿がそれほど特別なものではなかったのですね、たくさん着物姿の絵があります。

続きを読む "大人の塗り絵"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年12月15日 (木)

エルメスのディスプレイ

買い物好きうさみは、有名ブランド店のウィンドーディスプレイを見て歩くのが好きです(*^_^*)。
いいお店のウィンドーディスプレイは、見ているだけで美しくて楽しいし、飾られた商品を「もし”あげる”って言われたらこっちよりあっちかな。」などと考えるのもちょっとハッピーです。

先日銀座のエルメスのウィンドーが、とても個性的な色使いで、「おお、こういうのもありなんだ~、すごい~」と感心しました。
壁と床が明るいブルーグリーンのバスルームに、脱ぎ散らかしたように真っ赤なケリーバッグやオレンジのベルトや小物が置かれていました。
真っ赤なバッグを目立たせたいと思ったら、せいぜいうさみが考え付く壁の色は黒かオフホワイト、じゃないかなあ?
ブルーグリーン自体がとても目立つ色で、一歩間違うと派手なだけでセンスの悪い配色になりそうなところ、上手にお互いを引き立てあっていました。

デジカメで写真を撮りたかったのですが、ウィンドー横の入り口にはドアマンさんがでーんと控えていらっしゃるので、小心者うさみはカメラを向けらず(>_<)、正面からではなく横から急いで1枚撮って逃げるように去って来ました(怪しいなあ~(-_-;)。
撮れた画像はガラスが邪魔で中がよく見えず失敗でした・・・

うさみに
デジカメ撮影法を一から教授してくれる方募集中です・・・(^_^;) 

代わりに、すぐそばの観光名所、SONYビルのCHANELクリスマスツリーの画像でもアップしてみます。20051211_P1000789

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年12月14日 (水)

音もれ

混んだ満員電車で、隣の人のI-Podから音がもれ聞こえてくるのはあまり楽しいものではありません(-_-;)。

特にうさみは朝はぼーっと寝ていたいので、元気の良すぎる音が聞こえてくるとちょっと疲れます。たいがいもれてくるのは単調なドラムスの繰り返しとかヴォーカルの一番高いところだけで、「音楽」全部は聞き取れないので、余計雑音になってしまうのでしょうね。

今朝の通勤電車で、座席をゲットして爆睡状態に入ろうとしたうさみの耳に入ってきたのは、ベートーヴェンの第九交響曲最終楽章でした(^○^)。

続きを読む "音もれ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年12月13日 (火)

たかが糊、されど糊

今週末の検定に向け、ちまちま(←あまり身が入っていないことを示す言葉!?)勉強中のうさみです。

今度の試験は、問題の指示に合致する色を200色近くあるカードの束から選んで切って貼る、というものです。もちろん問題を理解して正しい色を選べることが第1ですが、少ない時間で問題をこなすには、ちゃきちゃきカードを切って貼ることが出来るか、というのも重要なポイントになってきます。

うさみも、ネットに先輩方が書き込んでくれているおススメを参考にいろんなを買って試してみました。(ハサミは雑誌の切り抜きに便利な、刃の長いやつが使いやすくてお気に入りです(*^_^*)
nori
う~ん、最近は糊と一口に言ってもさまざまな形状のがあるんですね~。普段は切手を貼るのにごく普通のスティック糊を使うくらいですもんね。確かにどの糊を使うかで、早く綺麗に貼れるかが違ってきます。試行錯誤の結果、ほそみタイプと、ロール糊の2本立てで行こうかなーと思っています。

うさみの解答用紙は、カードは曲がって切れている、糊ははみ出て固まっている、貼ったカードの端っこがめくれあがっている、等等、ガサツな性格が丸見えで、試験官の先生に笑われるかもしれません(^_^;) 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年12月12日 (月)

有休休暇

去年の有休休暇取得率は全国平均46.6%、取得日数は平均8.4日、というニュースを見ました。

うさみの今年の取得率を計算してみたところ、
65.2%でした。日本の勤め人としては、まあまあ休みやすい恵まれた環境にいるということになるのでしょうか。

ただ今年はシステムのテストで休日出勤が多かったので(数えたら
18ありました(>_<)。その数字を見て何だかドッと疲れが出てきました。休日出勤なんて本来ゼロでいいのに~!)、代休を消化できなかった休日出勤を入れて計算しなおすと、53.5%になりました。

続きを読む "有休休暇"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005年12月11日 (日)

寒がり犬

おうじは寒がり犬です。
雨や強風、寒波の厳しい日には外に出たがりませんし、連れて行ってもすぐ帰りたがります。以前雪の日に、雪を体験させてみようと連れ出したら、うす雪の地面で固まって動けなくなってしまいました(-_-;)。

今日も、近くのコンビニまでちょっと買物に出ようとしたうさみに、「連れてって攻撃」をかけて無理やりついてきたくせに、一歩外に出たら外気の冷たさに驚いて震えだしてしまいました(^_^;) 自分では歩こうとしないので、しょうがなく自転車のかごにキャリーバッグごと入れて走り出すと、バッグの中から外を眺めるのは楽しいらしく、頭をのり出していました。

代わりに好きなのがひなたぼっこのようで、天気のいい日の朝から昼過ぎにかけては、よく一番陽のあたる部屋の窓際に座っています(右画像のような感じ・・・後姿だけ見ると何か哀愁が漂っていますね(^_^;) 20051210_P1000786
この窓のすぐ外はベランダなので、外の景色はおうじの目線からは見えないと思われるのですが、ぽかぽかしつつ外を見ているのが好きなようです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年12月10日 (土)

夏の夜の夢

RSC(Royal Shakespeare Company)の来日公演、「夏の夜の夢」を見て来ました。
titania_dixon
シェイクスピアが好きだというと、何だかとても高尚な趣味のように思われることがあって困ります(^_^;) 史劇だと、登場人物の関係や歴史背景を理解していないとわからなかったりしますが、悲劇や喜劇はテーマや筋はシンプルで、演出や演技次第のところが面白いんじゃないかなあと思っています。歌舞伎もそうなのですが、同じテキストを元に演出家や俳優さんたちがどんな違った世界を見せてくれるのか、がうさみには楽しいです。

「夏の夜の夢」は、妖精たちの登場部分は想像力がかきたてられるし、恋人たちの追いかけっこ部分は思い切り笑えるし、うさみの大好きなお話です。

続きを読む "夏の夜の夢"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年12月 9日 (金)

来年のカレンダー

人ごみに負けそうになりながら、来年のカレンダーを買って来ました。

昔景気の良かった頃は、年末になると取引先や出入りの業者さんからカレンダーや手帳をたくさんいただいて、好きなものを選んで持ち帰ったものでした。段々いただける数も減ってくるし、カレンダーにしても12枚ものがなくなって来て、それなら、と毎年自分で好きなものを選んで買うようになりました。

会社用は毎年同じものを使っています。Dilbertの日めくりカレンダーと、オールドローズの写真カレンダーで後から写真部分をポストカードとして使えるもの。

家用は毎年悩んで選んでいます。
今年は輸入ものの「Green」という、緑色のもの(小物だったり、葉っぱだったり)を撮った写真カレンダーを一番目立つところにかけていました。結構心がなごみました(*^_^*) 来年用も同じタイトルのカレンダーを見つけたのですが、12枚のうち2枚がそれぞれきれいな緑色のヘビと蛙の写真でした(-_-;)。ヘビと蛙・・・大嫌いというわけではありませんが、どちらかというと見てなごむより、げげっとする方なので、やめておきました。

結局「Garden Bouquets」というお花の写真カレンダーと、ネパールの手漉き紙を使った何とも素朴なイラストのカレンダーを選んできました。 calendar

カレンダーを選ぶとき、12枚全ての写真・絵が気に入る、というものはなかなかありませんよね。そうなると自分の誕生月が好きな写真かどうか、で決めたりします。今日購入したブーケのカレンダーのうさみ誕生月は、ライラック、うさみの大好きな花の写真でした(*^。^*)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年12月 8日 (木)

キアロスクーロ展

国立西洋美術館で開かれている「キアロスクーロ ルネサンスとバロックの多色木版画」を見てきました。

かなり地味な展覧会ですが、どうしても見たくて会期が終わるぎりぎりに駆け込みで行って来ました。何故見たかったかというと、色の勉強で「キアロスクーロ・・・明暗画法」というのが出てきて、その言葉になじみがあったからです。テキストには代表例としてレンブラントの「夜警」がのっていましたが、木版画だとどういう風に表現するのか興味がありました。

kiaro
光と影、ものの形を2色から多くても4色で表現する繊細な技法が素晴らしいと思いました。ろうそくの灯りしかなかった時代には「光」の持つ意味が今とは全く違っていたのでしょうね。

マティスのようなあざやかな色が氾濫する絵も好きですが、穏やかな色のグラデーションで表現される絵も好きです。

画像はウーゴ・ダ・カルビの「ディオゲネス」という木版画です。

16世紀の光の世界を堪能して美術館を出てきたら、ロダンの彫刻が飾られた庭がクリスマス用に青1色のイルミネーションでライトアップされていて、21世紀の科学技術が生んだ光を堪能させてもらいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 7日 (水)

プロジェクトXとベルばら

うさみは必ず決まって見る好きなテレビ番組というのはないのですが、NHKの「プロジェクトX」は好きです。何かを達成しようと力を合わせる人々の姿にいつも涙してしまいます(;_:)。

昨日の「プロジェクトX」はうさみにもちょっとおなじみの宝塚のベルばらの話題でした。
最近はなかなか切符が取れない人気の宝塚劇団にも、お客さんが来なくて閑古鳥が鳴いていた時期があったんですね~。その窮状を救ったのが「
ベルサイユのばら」。

でも幕が開くまでは「オスカル様命」の漫画ファンから大変なブーイングで、山のようにかみそりの入った手紙が送られてきたそうです。そう言えば原作大ファンのうさみも当時、「オスカルさまを人間が演じるなんてヤダ!アニメ化だって繊細な絵が再現できないから許せないのに~」と思っていましたっけ(^_^;)(だからってカミソリは送ってないですよ!)。

続きを読む "プロジェクトXとベルばら"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005年12月 6日 (火)

記念品

うさみの隣の部署で、今月末で早めの定年退職をなさる方がいらっしゃり、送別会の案内が回って来ました。

会費から
記念のプレゼントを差し上げるということで、何がいいか幹事さんたちが検討中です。今のところ、ご旅行好きな方なので旅行券という案が第1候補のようです。うさみはありきたりながら、置き時計をご提案してみました。

うさみが「もの」に執着する性格のせいか、大切な記念なら
後に残る「もの」の方がいいのではないかと思ってしまいます。転職による退職ではなく、もうこれからお仕事をなさらない最後の「今までお疲れ様でした」退職なので、第2の人生でたまに眺めては会社時代のことなど思い出していただけるような何かがいいんじゃないかな~と。ひょっとしてもうお仕事のことなど思い出したくもないかもしれませんけど、たいがい過ぎてしまえばいい思い出になるものですし・・・ 
かといって趣味に合わない邪魔なだけのものはお贈りしたくないし、難しいところですね。

うさみは何度か転職していて、ありがたくもその度プレゼントやお花をいただいてます。
最初の転職のときに、「これどこでも売れるから、困った時には換金して」といただいた金のコインを加工したペンダントヘッドは、おかげさまで売らなければならない破目に陥ることなく、今でも使わせていただいてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 5日 (月)

富士は日本一の山♪

今朝は、会社の窓から真っ白の富士山がとても綺麗に望めました。
真冬の朝の特典ですね(*^_^*) 富士山が見えると何か嬉しくなってしまうのは、日本人としてのDNAなのでしょうか。

とはいえうさみは富士山の頂上まで登ったことはありません(^_^;) 5合目まで車で上がったことならありますが・・・ 

結構まわりには富士登山経験者がいて、「大変だったけど、すごく良かった」とみな口をそろえておっしゃいます。でもその昔高尾山登山ですら真ん中あたりでへばってしまい、「隣にロープーウエーが見えてるのに、自分で歩いて上る意味って何!?」とキレたうさみですので、賞金をつけると言われても今後の人生で富士山に登ることはないでしょう・・・

太宰治の「富士には月見草が似合う」だって、富士山を向かい側から眺めてのものですよね。富士山は、美しい姿を遠くから眺めている方が楽しいのです(*^_^*)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年12月 4日 (日)

手枕

ただいまPCのキーボードにのびているうさみの腕は、おうじのにされています(-_-;)

状況説明:
うさみはPCデスクの椅子に座って、PCに向かっています。
うさみの膝におうじが横を向いて座っています。うさみの腕がちょうどおうじの首の下になり、逆アームレスト状態です。

なぜこのような状態かというと、すまっぺが留守で何となく心細くなったおうじがうさみの足元に寄ってきて不安げなので、特別に膝にのせてみたら、大人しく手枕でお座りして動かなくなってしまったのです。
腕におうじをのせたままPCを打つのは結構重くてつらいので、本日はこれにて失礼させていただきますm(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 3日 (土)

お下がりとお気に入りの服

お下がり」という言葉はもう死語でしょうか?
最近は一人っ子さんが多いし、おじいちゃまおばあちゃまが競っていいものを買ってくださるそうですから、お洋服もみんなおしゃれなものを着ていますよね。

うさみは長女なのですが、まわりに年上のいとこがいたため、子供の頃はお下がりやお古がとても多かったです(-_-;)。お下がりでないとしても、母や洋裁の上手な叔母の手作りも多く、お店に連れて行って自分で着る物を選ばせてもらえるなどということはありませんでした。

うさみはたいていお下がりや母の与えてくれるものが気に入らず、お兄ちゃん(男のいとこ)のお下がりはもう着ないとか、タイツは黄色や赤じゃなくて茶色がいいとか、ああいう形のスカートを買ってくれとか、いろいろ頼んでは、「そういうのはお嬢さんになったら自分で買いなさい。」と言われていました。
早く「お嬢さん」になって、自分で好きなものを買うのがずーっと夢でした。

続きを読む "お下がりとお気に入りの服"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年12月 2日 (金)

クリスマスパーティー

そろそろクリスマスパーティー忘年会の話が出る頃になりました。

うさみの会社でもイヤーエンドパーティーというのがあります。
今年は新人ちゃんが中心になって企画し、クラブで仮装&カジノで楽しむのだそうです。うさみはたまたまその日は有休を取っているので不参加です。

どちらかというとそういうワイワイ騒ぐパーティーより、美味しい食事&お酒を楽しみながらのんびりお話する、というようなパーティーがいいなあ。できれば立食ではなく、
着席で。立食のパーティーって食べ物のお皿と飲み物のグラスを持ってうまく移動するのが難しいんですよね。マナー本だとお皿のはしっこにグラスをのせて一緒に持てと書いてあったりするけれど、そしたら食べ物が少ししかのらないじゃないですか(-_-;)。

パーティーのメニューで好きなのは
ローストビーフ(*^。^*)。たまにまずいのにあたると悲しいですが、ちゃんとしたホテルだととろけるようなレアのビーフが出てきて、ついおかわりしたくなっちゃいます。寿司バーがあればお寿司もいいですね。パスタ系は時間がたつとチーズが固まってあまりよろしくないです。お食事の締めはやはりデザート、デザートの種類が少ないとつまらないですよね。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005年12月 1日 (木)

手袋

今週からうさみの出勤スタイルに皮手袋が追加されました。

冷え性でまず手足から冷えるので(T_T)、いつもなら11月の半ばには手袋登場となります。今年は朝晩がそれほど冷え込まないので、例年より遅いご登場となりました。

すっきり手になじみ軽くて暖かいので皮の手袋が好きです。
革製品の発色といえば、やはりイタリアものに一日の長があるようです。そもそも国産の手袋は地味で暗い色が多くて、つまりません。どのコートにも合わせやすくて汚れないように、という意味なのでしょうけれど、小物だからこそ遊んだ色使いをしたほうが楽しいのになあと思います。

現在うさみの手袋は、からし色・チョコレート色にオレンジのパイピング・ダークオレンジ・うす緑のラインナップです。
トマトレッドか濃いめのターコイズ(青と緑の間の色)が欲しいのですが、あまり見かけません。フィレンツェまで手袋を買いに行きたいなあ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »