« SUICAとICOCA | トップページ | こんな本を読みました~人は見た目が9割 »

2005年12月27日 (火)

年末人事考課

うさみの「気乗り度」レベルで仕事を並べたとき、間違いなく常時下から3番目までの中に入っているのが「年末の人事考課」です(^_^;)。

勤め人も長いことやっていれば、考課のハウツーはある程度身につきます。何を書いて何を書くべきでないか、どう書くべきか、といったことですね。ただ、ちょっと現実を美化しなければいけないことに、小心者のうさみは心が痛むのです。

それなら謙虚に正直に書けばいいじゃないか、とおっしゃる向きもあるでしょう(^_^;)。ヴァーチャル空間にいる理想の上司と働く場合はそれでもいいかもしれませんが、実在の上司はたいてい部下がどんな仕事をしているか全部は把握していません
「今年はこんなこともやりました、あんなこともやりました、これはこういう大変なことがありましたが、無事やりとげました」という風に底上げして書いて、ようやく現状まで辿り着けるか着けないか、なのではないでしょうか。

うさみはおばさんとして、チームの若者の考課を上司にまわす前にコメントを書くこともお仕事のうちだったりします。人の書類を添削していると、まるで学校の先生になったような気がします(-_-;)。

年末考課の書き方についておばさんから一般的アドバイスをするとしたら・・・ 

○ まずは体裁を整えましょう。
上司は何十人もの考査をやります。読みにくい書類はそれだけで印象を下げます。項目ごとに段落わけする、適度に改行を入れる、などで見やすくわかりやすく仕上げて下さいね(*^_^*)。

○ 提出前に読み返しましょう。
「これ何を言いたかったの?」と本人に聞かないと意味不明な文章や誤字脱字は、知的レベルを疑われます(>_<)。反対に難しく書こうとして、使ったことの無い言葉を辞書やビジネス本から捜してきて無理やり入れても、不自然で意味が通らなかったりするのでやめた方がよいです(-_-;)。

年末考課がうまく書けたからといってボーナスが増えるとか、昇進できるとかいうことはないのですが、自分の仕事を正当に評価してもらいたいという気持ちがあるのなら、考課の書類はきちんと書けた方がよいと思います。
まあうさみはもう開き直りの境地なので、自分の考課にはあまり力を入れていないんですけどね・・・

|

« SUICAとICOCA | トップページ | こんな本を読みました~人は見た目が9割 »

コメント

わが社では今年から本社のシステム導入とかで、人事評価のやり方が変わりました。
まず1年の初めに目標をたて、1年に2回その目標に対して成果が上がっているかを、上司があらかじめ本人が決めたステークホルダー(同僚、部下、カウンターパートで意見の提供者)から率直な意見をもらい、フィードバックします。その評価が100%考課につながるわえkではないのですが、ある程度反映されるようです。
営業なら、目標売り上げいくら!とかって書いて具体的な数値目標が出せるし、研究開発なら、いつまでにこれこれの開発の目処をつけるとかって目標を立てられますが、セクレタリーってどうすりゃいいのよ。。。数値で表せない仕事の目標を立てるのってホント難しいです・・・

投稿: アラベスク | 2005年12月28日 (水) 09時07分

>アラベスクさん
数字に表せない仕事の方がごまかしやすい、とも言えますよ(^_^;) 

投稿: うさみ | 2005年12月28日 (水) 23時45分

う~ん、、、私も数字に表せない仕事してるから、わかるなあ。
確かに、ごまかし易いと言えるかもしれないけど、それには表現力が必要なのでいす!
私のように表現力に欠ける者にはやはり難しいっす。

投稿: tama | 2005年12月29日 (木) 01時27分

上司の評価より、自己評価の方が高いのが勤め人の常らしいですが、これは、性格も影響しますよね。ちょっとした仕事を、堂々と大げさに書ける人もいれば、同じことをしても「大したことではないから」とあえて喧伝しない人もいるし。着実に仕事をしている人が正当に評価されるというのが、いい職場の条件だと思うのですが。人が人を評する以上、だれもが納得できるしくみを作るのは至難の技ですね。評価が不当、と上司に不満をいだいていて、ライバル会社に転職した同僚がいました。部下を自分の裁量でやとっていい、という条件だったようで、その後営業部隊の数人が彼に引き抜かれてしまい、これが原因かどうかわかりませんが、当の上司はその後レイオフの対象となってしまいました。このとき、レイオフの大鉈をふるった人事責任者もその後会社を去ったのですが、「いかにクビをきるか」という本を書いてたくさん売ったようです。すごい錬金術師です。。。

投稿: pino | 2005年12月29日 (木) 11時42分

>tamaちゃん
表現力、それはこの場合「はったり」とも言えるかもしれません(-_-;)

>pinoさん
確かに若者たちが書いたものを読んでいると、上手にかさ上げして書いている人もいれば、あまりに過小評価になっている人もいますね。あとは真面目に書いているか、適当に書いたかも割とわかっちゃいます(^_^;)

投稿: うさみ | 2005年12月29日 (木) 23時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135432/7865831

この記事へのトラックバック一覧です: 年末人事考課:

« SUICAとICOCA | トップページ | こんな本を読みました~人は見た目が9割 »