« ヴィヴィアン・ウエストウッド展 | トップページ | 編み物 »

2006年1月 5日 (木)

おうじの夜襲

昨夜はひさびさにおうじの夜襲がありました(>_<)。sleep

おうじの夜襲・・・それは夜中におうじに寝込みを襲われる!?ことです。
おうじのねぐらは妹すまっぺの部屋で、夏は部屋のすみにあるひえひえシートで一人寝、冬はすまっぺのベッドにもぐりこんで一緒に寝ています。

ところがうさみの方がすまっぺより先に休んでいると、人間の暖を求めてうさみの部屋に襲撃をかけてくることがあります(^_^;)。目が覚めている間ならいいのですが、寝入っている時にいきなり体の上にビョンっと乗ってこられると、かなり驚きます(小型犬でもベッドの高さくらいのジャンプ力はあるのです)。

なので寒さが厳しくなってからは、部屋の入り口に襲撃防止のバリケード(雑誌や本の山)を築いてありました。うさみ自身もエイヤっとまたがないと通れないくらいの高さです(^_^;)。昨日はバリケードの中に見たい本があったので、バリケードを崩してうっかりそのままにしてしまったところを、早速襲撃されたと言うわけです。

そんなことをしなくても部屋の扉を閉めればいいのでは、とお思いになるかもしれませんね。

が、そこがおうじの思考回路の不可思議なところ・・・

扉が閉まっている→自分ではノブを開けられない→うさみが開けてくれるはずだ→うさみが気付いて開けるまで鳴き続けてやる(`´)。キューキューぷーぷー哀れを誘うように鳴いていられると非常に安眠妨害なので、しょうがなく開けるはめになります。

ところがバリケードだと・・・山がある→この山は高くて超えるのは危ない→危ないことはしない→自分のねぐらに帰ろう\(-o-)/。本当にこのように考えているのかどうかはわかりませんが、現象としてはそんな感じです。

おうじがくっついていると天然湯たんぽ効果でとても暖かいのですが(●^o^●)、場所や態勢を変えようとしてもぞもぞしたり、変な時間に自分の部屋に帰ろうとしたりして起こされてしまうので、今夜は忘れずにバリケードを築かなくては。

|

« ヴィヴィアン・ウエストウッド展 | トップページ | 編み物 »

コメント

うぷぷ。わかるよー。
ラムラも寝てるとき動くと3猫に怒られちゃうんだ。だから冬は肩こりの毎日だよ。

投稿: ラムラ | 2006年1月 5日 (木) 23時17分

>ラムラさん
う~ん、3猫さんに乗られては相当重くて肩がこりそうです(^_^;) でも肩こりすらも愛おしい、って感じでしょうか?

投稿: うさみ | 2006年1月 6日 (金) 23時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135432/8018305

この記事へのトラックバック一覧です: おうじの夜襲:

« ヴィヴィアン・ウエストウッド展 | トップページ | 編み物 »