« 初詣☆2006 | トップページ | おうじの夜襲 »

2006年1月 4日 (水)

ヴィヴィアン・ウエストウッド展

森アーツセンターで開かれている「ヴィヴィアン・ウエストウッド展」を見て来ました。
ロンドンのV&A(ヴィクトリア&アルバート美術館)で開かれて大好評だった展覧会の世界巡回展です。
vivienne
ヴィヴィアンのお洋服って、可愛くかつセクシーで、デザインもとても凝っていて、いつもショップのお洋服をうっとりと眺めています。
でも、「うさみの体型じゃ着こなせないよなあ?それに着て行く場所が限られるよなあ・・・」と二の足を踏んで、一度もお洋服を買ったことはありません(-_-;) 傘とかハンカチとか小物どまり・・・

初期のパンクファッションのファンキーな可愛さもいいですが、イギリスの伝統的ファブリック(タータンやツイード)を使ったエレガントでモダンなデザインにとても魅かれました。画像の左上のスーツの滑らかで複雑なライン、惚れ惚れします~(#^.^#)(*^_^*)

そして会場に飾られていたヴィヴィアンの

You have a much better life if you wear impressive clothes. 
印象的な服を着れば、もっといい人生が開ける。

という言葉に共感を覚えました。

現代社会に生きる人間の装いは、望むと望まないとに係わらず「他人」を意識したものであるはずです。服の印象で、他人との関係を良好にすることが出来るならば、それがより良い人生につながると言えるのではないでしょうか?
もちろん、どんな服が「印象的」かは人によって違うので、難しいところですよね(^_^;)

|

« 初詣☆2006 | トップページ | おうじの夜襲 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135432/8001524

この記事へのトラックバック一覧です: ヴィヴィアン・ウエストウッド展:

« 初詣☆2006 | トップページ | おうじの夜襲 »