« 携帯色イロ | トップページ | 昼休みの癒し処 »

2006年2月28日 (火)

この映画を見ました~「フライトプラン」

フライトプラン」の予告編は映画館とテレビで嫌というほど見て、映画の半分くらい見たような気になっていましたが、やはり本編も見たい、ということで行って来ました。

ジョディ・フォスターは、ご存命の女優さんではうさみの一のお気に入りなのです。
他界された女優さんでは、グレース・ケリーが大好きなので、うさみはクールで知的、品のある女性に弱いみたいです(*^_^*)。
あと、声と話し方が美しい人が男女問わず好きで、ジョディ・フォスターはその意味でもうさみのツボど真ん中です。

「フライトプラン」はジョディ・フォスターがモルグ(死体置き場)に旦那様の死体を引き取りにいく場面から始まります。雪のベルリン、人気の無い地下鉄・・・「何かがあるぞ」と期待させる始まり方でした。flight

旦那様の棺を貨物室に乗せたNY行きの飛行機に乗り込んだ時には確かに一緒だった6歳の娘が、うたた寝のすきにいなくなり、周りの乗客も乗務員もまるで娘を見ていないという・・・一体何故!?

続きはネタバレしています。

どうしても娘を探してくれ、と機長に食い下がり、乗客から白い目で見られても機内を駆け回っていた彼女が、「娘も夫と一緒に亡くなった」という嘘の情報を聞かされて、「娘と一緒だったと思ったのは幻だったのか」と危うく信じかけて、涙を流す。ふと暗い窓の外を眺めると、自分の息が窓にかかり、娘が機内にいた証拠を見つける・・・このへんの心の動きがとてもうまかったです。

ストーリー上で「あら?」「こんなのあるかな~」という揚げ足取りをする場所は結構あるのですが、何故娘が連れ去られたのか、という理由が面白く、飛行機内の臨場感がすごかったです。

娘役の女の子、ジョディ・フォスターと並んでアップになると、けぶる青の瞳の色が同じでした。そして睫毛が、量はうさみの3倍、長さは2倍は優にあるばさばさ睫毛で、額から鼻にかけてだけ見ていると子供とは思えない美しいシルエットでした(#^.^#)

|

« 携帯色イロ | トップページ | 昼休みの癒し処 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135432/8882701

この記事へのトラックバック一覧です: この映画を見ました~「フライトプラン」:

« 携帯色イロ | トップページ | 昼休みの癒し処 »