« トリノと言えば・・・? 王様と女王様 | トップページ | チューリップ好き(*^_^*) »

2006年2月17日 (金)

この映画を見ました~「オリバー・ツイスト」

イギリス好きとしてはずせないロマン・ポランスキー監督の「オリバー・ツイスト」を見て来ました。

チャールズ・ディケンズの小説なら、「ディヴィッド・コパフィールド」か「ピクウィック・クラブ」の方がうさみは好きだったのですが、今回はポランスキー監督が自分の子供たちのために撮った1本なのだそうです。確かに子供が見て一番素直に面白いのは「オリバー・ツイスト」ですものね。



19世紀ロンドン
の街並みが素晴らしいセットに再現されていました。
oliver炉の煙突から出たススで街全体がスモッギーで、人々の洋服もそれに似つかわしいグレイッシュな感じ。
フェイギンの隠れ家がある下町の猥雑さと、キングスストリートの高級でしゃれたたたずまい、明暗併せ持つところがロンドンらしいなあと思いました。

オリバー役のバーニー・クラークは良かったですね~(*^。^*)。瞳がとても澄んで綺麗で、どんな汚れた格好をしていても、この子は本当はどこかのおぼっちゃまで何かの陰謀で孤児になってしまったのでは、と思わされます。
パンフレットに「英国伝統の美青年俳優の系譜に10年後には確実に加わるだろう」と書いてありましたが、確かに整ったお顔の正統派ハンサムでした。先が楽しみです。

他の子供たちもうまかったです。昔のミュージカル「オリバー!」でジャック・ワイルドが演じていたドジャー役の子も光ってました。

そして何と言ってもベン・キングズレーのフェイギンは見物でした(*^^)v フェイギンが悪役でも、好々爺でもない、複雑でどこか人好きのする味が出てこその「オリバー・ツイスト」ですよね。
本人はどんな顔だったっけ?と思うほどのメイクもすごかったですが、演技も素晴らしかったです。ラスト、監獄のシーンは泣けました(;O;)

|

« トリノと言えば・・・? 王様と女王様 | トップページ | チューリップ好き(*^_^*) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135432/8706983

この記事へのトラックバック一覧です: この映画を見ました~「オリバー・ツイスト」:

» もうひとりのドジャー、ジャック・ワイルドが亡くなってしまいました・・・。 [映画『オリバー・ツイスト』ブログ 〜ロンドンまで70マイル〜]
今日は悲しいニュースを聞いてしまいました。 1968年に製作されたキャロル・リード監督のミュージカル版『オリバー!』で アートフル・ドジャー役をやっていたジャック・ワイルドが3月1日に亡くなったそうです。 まだ53才。亡くなる年齢ではありません。口腔ガンだったとのこと。 (*写真は..... [続きを読む]

受信: 2006年3月 4日 (土) 03時42分

« トリノと言えば・・・? 王様と女王様 | トップページ | チューリップ好き(*^_^*) »