« うさみ、メンズのファッション誌に驚く | トップページ | こんな本を読みました~「沼地のある森を抜けて」 »

2006年3月 7日 (火)

こんなものを買いました~押し絵のピルケース

うさみの御用達ネットショップに「おはりばこ」さんがあります。

京都の西陣にあるお店で、和の古布を使って愛らしい小さなものを作って販売しています。町家を改造された素敵なリアルショップにも伺ってみたいのですが、残念ながらまだ機会がありません。

1つ1つのお値段はそんなに張らないので、ちまちまといろんなものを買っています。

うさぎがしおりになったブックカバーも愛用していますし、ストラップや根付は逆さ干支(自分の干支とちょうど反対の干支を一緒に身につけると厄除けになるんだそうです。)を始め、千鳥やら猫やらいろいろ持ってます。


抜き兎のブックカバー


逆さ干支ストラップ

袋物もいくつあっても柄違いで欲しくなるし、季節に合わせた新作がどんどん出てきて、小物好きの心を捉えて放さないお店なのです。

今回購入したのは「押し絵のピルケース」、丸いピルケースのふたに古布の押し絵がほどこされたものです。古布を使っているので、ひとつひとつ出てくる柄が違って味があります。お薬を入れるのもありですが、うさみはマッサージや温泉に行ってアクセサリーをはずして入れる時に使おうと思っています。


古布の押し絵つきピルケース

布を持ち込むとオーダーメイドにも応じてもらえるので、そのうちいい布が見つかったら袋物を作ってもらいたいともくろんでいます。

|

« うさみ、メンズのファッション誌に驚く | トップページ | こんな本を読みました~「沼地のある森を抜けて」 »

コメント

私も京都に行った時、逆さ干支ストラップおみやげに買いました。
この手の布小物には弱いのよね。

投稿: tama | 2006年3月 8日 (水) 01時06分

現在中学校の美術の授業で「日本の伝統模様」を扱っているところです。京都の袋物にもいろいろ使われていますね。また地元ですので探してみようと思います。ちなみに写真で使われているのは青海波(せいがいは)と紗綾形(さやがた)ですね。伝統模様も結構面白いものです。
ウサギの小物は見たことがありますよ。

投稿: Mayusan | 2006年3月 8日 (水) 22時32分

>tamaちゃん
逆さ干支ストラップ、可愛いですよね。厄除けって言われるとさらに心ひかれるし。

>Mayusanさん
古い着物の柄や色には、とてもキッチュで思いもかけない取り合わせのものがありますよね。そしてちゃんと意味があったりするので、見れば見るほど楽しく面白いです。京都、地元でいらっしゃるんですものね、いいな~、弘法さんの骨董市を見に行きたいです。

投稿: うさみ | 2006年3月 8日 (水) 22時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135432/8989498

この記事へのトラックバック一覧です: こんなものを買いました~押し絵のピルケース:

« うさみ、メンズのファッション誌に驚く | トップページ | こんな本を読みました~「沼地のある森を抜けて」 »