« 花の貴公子 | トップページ | この本を読みました~「グーグル完全活用本」 »

2006年3月21日 (火)

ピンクの胃腸薬

最近うさみは電車で見かけるある広告が気になっています。

キャッチコピーは「別腹?」(^_^;)。美味しそうな苺ショートケーキの写真と、ピンクの枠で囲まれた広告で、電車のドアの窓ガラスに貼るタイプのシール状ポスターです。

初めはグルメ情報誌の宣伝かと思いました(苺好きうさみは、この時期どこかのレストランで「ストロベリーフェア」をやってないかな(#^.^#)という期待がいつも頭にあるみたいです。)が、意外や胃腸薬の広告でした。

パッケージにもピンクが使われ、女性のイラストが描いてありました。
なるほど~、胃腸薬って爽やか系でのイメージがあるけど、女性向けだからピンクなのね~、ふう~ん。

お薬は薬剤師さんに相談してからでないと買えなかった昔は、あまりパッケージデザインと売り上げは関係なかったのかもしれませんが、最近はセルフで買えるドラッグストアの方が多いくらいなので、パッケージのインパクトも重要なのですね。

この胃腸薬は内容は同じお薬で、男性用(ブルー)女性用(ピンク)のふたつのパッケージがあるそうです。


おばさんうさみは、サラリーマン御用達の胃腸薬やスタミナドリンクを買うのも全然恥ずかしくありませんが(^_^;)、若いお嬢さまたちは、「おやじっぽい」イメージのお薬を買ったりバッグにいれて持ち歩いたりするのがお嫌なのだとか・・・。お気持ちはわかります(^^ゞ

でも、元気な時のうさみなら「ピンクで可愛い~(^◇^)」と思いますが、「胃が痛い~、気持ち悪い~(>_<)(;O;)」という時に薬局でピンクの胃腸薬を選ぶ気持ちになるかなあ??
今までのイメージが離れないせいか、やはり寒色系ですっきりしたいような気がするのですが・・・

|

« 花の貴公子 | トップページ | この本を読みました~「グーグル完全活用本」 »

コメント

むむむ!!
目的や用途を考えると混乱しますね。
どうなんでしょう?

確かに便秘の薬だったらピンク色のヒット商品がありますけど、常用してはいけない薬なのでちょっと抵抗があります…
なんか、手を伸ばしやすいというか…
でもターゲットが女性だから、納得ですかね。

話を戻すと、便秘で「胃腸薬」は買わないですよね。
私なら「整腸薬」を飲みます。

気になったので少し調べてみました。
●乳酸菌が配合されているので、便秘や整腸効果がある。
●ストレスからくる胃の痛みやもたれに。
●脂肪分の消化に重点を置いているので、甘い物や食べすぎ飲みすぎの時に飲んで欲しい。
なるほど。箱を手にとって説明まで読めば売れるかも。
三共さん側からだと、声に出しては言えないけど、ダイエット的なことに興味のある女性は欲しいかも。
私が言うのもなんだけど(笑)、ちょっと文字とか甘いですよね。全体的に淡すぎます。
あと、もう少し彩度の高い魅惑的なピンクも入ると良い気がします。(私なら即買いする)
これは教材になりますね~♪
長々とスミマセン。
おゆるしを~m(_ _)m

投稿: ロータス★ | 2006年3月22日 (水) 01時56分

うさみさんの記事を拝読しながら頭に浮かんでいたのが、♪ピンクの小粒 コ~ラック♪でした。

ロータスさんが書かれてますよね。
まさに、それ!

ロータスさんが書かれていますが、この箱、本物もこんなにアワアワ(淡淡)なんですかねえ。

私も、胃腸薬にこの色合いは???と思いますが、同じお値段ならこっちを買うかな…
理由は… こちらの方が2包多い… +女性ホルモンの分泌が促されるピンク効果を期待して…
あはは… オバサンの発想でしょ(^^ゞ

投稿: Miyabi | 2006年3月22日 (水) 07時08分

>ロータス★さん
別腹でケーキも食べたいときに飲めってことでしょうかね~?
確かに男性版に比べると彩度が低いですね。何か意味があるのかな?

>Miyabiさん
店頭で本物は見ていないのですが、確かポスターにのっていたパッケージもこのくらい淡淡でした。

投稿: うさみ | 2006年3月22日 (水) 23時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135432/9193650

この記事へのトラックバック一覧です: ピンクの胃腸薬:

« 花の貴公子 | トップページ | この本を読みました~「グーグル完全活用本」 »