« こんなものを買いました~押し絵のピルケース | トップページ | ブーツとパンプスと歩き方 »

2006年3月 8日 (水)

こんな本を読みました~「沼地のある森を抜けて」

数年前にお友達に薦められて「西の魔女が死んだ」を読んで以来、梨木香歩さんはうさみのお気に入りの作家さんです。

当たり前の日常世界がごく自然にかつ密接に”違う”世界とつながっていくファンタジーの描き方に、とても引き込まれます。

梨木さんの本は、主人公の考え方や生き方に共感できることが多いので、うさみと向いている方向が似ている方なのかなあと勝手に想像しています。

今までのベスト3は「からくりからくさ」「西の魔女は死んだ」「家守綺譚」、番外「村田エフェンディ滞土録」でしょうか。

去年の夏に出版されたこの「沼地のある森を抜けて」は、出てすぐに入手したもののずっと「未読本」箱に入っていたのを、ようやく思い出して読みました。(忘れているようじゃファンの端くれとは言えませんね・・・うさみは常時膨大な積読本を抱えています(>_<) 気になる本は買わずにいられないし、買った順には読まないから・・・(-_-;) 

主人公の年齢が近いので、いつもよりさらに親近感を覚えましたが、その分ずきーんと来る部分もありました。

未婚で子供もいない主人公が「子どもも生まずに朽ちていく」と言われて怒りと悲しみを覚える場面・・・こういう「ヒトとしての使命」のような感覚って若い頃は全くありませんでした。でも人生折り返し点(たぶん)を過ぎて、さすがののほほんうさみも、こんな思いが浮かんでちょっと落ち込むこともあるのです。

先祖伝来の「ぬかどこ」にまつわる謎が解けていって、最後は光が爆発するような明るさを感じる終わりです。

|

« こんなものを買いました~押し絵のピルケース | トップページ | ブーツとパンプスと歩き方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135432/8990103

この記事へのトラックバック一覧です: こんな本を読みました~「沼地のある森を抜けて」:

« こんなものを買いました~押し絵のピルケース | トップページ | ブーツとパンプスと歩き方 »