« 季節の色とイメージ | トップページ | こんな漫画を読みました~「雨柳堂夜咄」  »

2006年3月27日 (月)

職場の行事

ぽかぽかのお花見日和、会社にいるのがもったいない一日でした。

今日の新聞にのっていた統計によると、職場でのお花見に賛成の人は全体で43.6%、反対の28%をかなり上回っているそうです。
それも年代別の結果だと、賛成派は
20代が一番多く49.2%にもなっています。最近の若者は、厳しい就職戦線を勝ち抜いた連帯感から団結力が強いのだそうです。

うさみは職場でお花見したことはないですねえ、職場の有志で行った事なら何度かありますが、行事として場所取りから始まるような本格的なものにあたったことはありません。
お花の下で本を読んだりお昼寝したり、での~んびりと午後を過ごせたら素敵だったのになあ、新人の頃やりたかったです。もしこれから職場でお花見に行くことがあったとしても、おばさんうさみには場所取り役は回ってこないでしょう(-_-;)

豪華お花見弁当

同じ記事で、お花見以外に開催してもいい会社の行事は、歓迎会送別会忘年会・新年会慰労会・打ち上げ宿泊を伴う旅行、宿泊を伴わない旅行、運動会の順でした。

宿泊を伴う旅行(社員旅行)は景気が悪くなって以降、企画が持ち上がらないようです、会社から補助も出ませんし。
昔行った社員旅行で良かったのは、鬼怒川温泉の出来たばかりのホテルに泊まった時かなあ。東京ディズニーランドも楽しかったです。

運動会を開く会社にあたったことが無いのは、運動音痴のうさみにはラッキーでした(^^)。野球大会の応援、ならありましたが、スポーツも見るだけなら好きなのでOKです。

学生時代にアルバイトをした職場で、「暑気払い」の宴会があり、「ショキバライって何ですか?」と思わず聞いてしまいました。
ちょっと風流な感じですよね?宴会自体は風流なところはなくて、普通の飲み会でしたが。

|

« 季節の色とイメージ | トップページ | こんな漫画を読みました~「雨柳堂夜咄」  »

コメント

日本のコンサバ企業に勤務していた新入社員の頃、部長はお父さん、課長はおかあさん、先輩はお兄さんやお姉さんと、全く大家族のような雰囲気の課にいました。総勢40人くらいでバスに乗って出かける近場の温泉への車内旅行、バスの後ろは宴会用の大道具小道具が山と積まれていました。東急ハンズのない時代、(あったかもしれないが)どれも手作りの、大五郎が乗る乳母車、ネコダンス用の尻尾、ダンボール製の猟銃等々後ろの車の人は「なんだろう」と思ったことでしょう。私は赤頭巾に出てくる猟師の役で、口の周りにうんと濃いファンデーションで「カール」のおじさんのような口ひげを塗りたくられました。隣のチームの小柄な係長がご主人労作のちょんまげの鬘で乳母車に乗って登場した時は失礼と思いながら噴き出してしまいました。旅館の仲居さんたちも宴会場に集まってきて一緒に大喜びしていたこの夜と、その翌日、老いも若きも童心に返って真剣に取り組んだフィールドアスレチックの楽しさは今でも忘れがたい思い出です。

投稿: ぴの | 2006年4月 5日 (水) 13時51分

>ぴのさん
うーん、いかにも絵に描いたような典型的社員旅行ですね!そういう遊び心のある会社っていいですね、何でも義務だと思うんじゃなくて楽しまないといけませんよね。

投稿: うさみ | 2006年4月 6日 (木) 00時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135432/9288184

この記事へのトラックバック一覧です: 職場の行事:

« 季節の色とイメージ | トップページ | こんな漫画を読みました~「雨柳堂夜咄」  »