« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月30日 (日)

この映画を見ました~「ナルニア国物語」

Narnia_1 もう上映期間もそろそろ終わり、という頃になってようやく見てきました、「ナルニア国物語 第1章ライオンと魔女」。

原作のナルニア国年代記シリーズは子供の頃うさみの大好きなお話で、映画化製作開始を聞いた時からとても楽しみにしていたのに、何やかやで見に行くのが遅くなってしまいました。

でも映画館で見ておいて良かった~(#^.^#)。 見た方のレビューはわりと辛口批評が多いようだったので、どうなのかな~と思っていましたが、うさみは気に入りました。



この先ちょっとネタバレありです。

続きを読む "この映画を見ました~「ナルニア国物語」"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月29日 (土)

新聞広告でスパイ募集

うさみの好きな佐々木倫子さんの漫画に「ペパミント・スパイ」というおとぼけスパイものがあり、「あなたがスパイになりたいと思ったらどうしますか?スパイは新聞広告で募集していません。」というような始まりでした。

スパイの候補者を新聞などで公に募集するというのは、笑い話だったのですが、最近では違うようです。
イギリスのSISイギリス情報局秘密情報部、もとMI6と呼ばれていて、007のジェームスボンドで有名)が27日の新聞タイムズ紙別冊版に工作員の募集広告を載せたという記事を読みました。

国際テロに対抗して人員増強に迫られ、多様な人材を確保すべくとのことですが、タイムズを読むような知識層だったら国家のために自分の才能を使おうという方がたくさんいるのかもしれませんね。作戦要員ではなく、事務・分析官・語学専門家あたりの職種なら、普通の公務員感覚なのかもしれませんし・・・。

続きを読む "新聞広告でスパイ募集"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年4月28日 (金)

「うちら」って誰?

先日社外セミナーに参加した会社の同僚が、「隣に座った他社のOLさんたちが、”うちらが・・・””うちらは・・・”って話している”うちら”という言葉が耳についたんだけど、”うちら”って”私達”って意味でいいの?」と不思議がっていました。

ここ数年でしょうか、東京で若い女の子たちが、方言ではない「うち」「うちら」という一人称で話しているのをよく耳にします。
始まりは、銚子の方言が広まったという説や、アニメ「おジャ魔女どれみ」の主人公の話し方を真似たという説、などあるようです。



アニメでしたら、高橋留美子さんの「
うる星やつら」のラムちゃんも自分のことを「うち」と言ってましたね、懐かしい~。



ラムちゃんの「うち」は”う”にアクセントがある関西弁風でしたが、最近の「うち」はフラットなんですよね。
相手のことを「おたく」と呼ぶのがオタク族だそうですが、「うち」は何族なのでしょう?

新しい言葉がうまれたり、今まであった言葉が違う意味で使われるようになったりするのは抗えない時の流れ、おばさんうさみとしては、なかなか新しい言葉にはついていけなくても、今まである美しい言葉を忘れないように使って行きたいなあと思います。
うさみが美しいと思う言葉は、「木漏れ日」「病葉」「衣擦れ」・・・こんな繊細な事象を表す言葉がある日本語って素晴らしい\(^o^)/。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年4月27日 (木)

チワワの人気度

人気者チワワのくぅ~ちゃんCMに出演していた某消費者金融会社の問題が発覚してから、ペットショップでチワワの人気が急降下中だそうです(>_<)

チワワは、CMが始まった数年前一気に人気犬種No1に躍り出て、お値段も急上昇でした。最近は供給過剰気味でお値段も下がり始め、過剰人気も少し落ち着いたかな~という時期に不祥事発覚で、人気者の座から滑り落ちてしまったようです。

チワワには何の罪もないのに、何だかな~という感じです
(^_^;)

うさみ家では、我が家の愛犬が人気犬種でなくても全然構いません。
たぶん今チワワと暮らしていらっしゃる方は、みなさん同じかと思います。どこのお家でも「
我が家の愛犬がいちばん!」と思ってらっしゃるはずですものね(*^_^*)、流行や人気は関係なく。

ただ、新しく産まれてくるチワワたちが、そうした人間の勝手で価値が下がって評価されるのは、何だかとても悲しく寂しく感じます。

チワワは小さいので
お散歩もシャンプーも楽ですし、ご飯もそんなにたくさん食べないのでご飯代はそれほどかかりませんし、不審者と力で対決は出来ませんが、吠えてお知らせするのは上手です。寒い時は一緒に寝ると、ちょうど足元やおなかあたりで湯たんぽ代わりになってくれます。

いい所ばかり書くと、欠陥住宅のセールスマンのようですので、欠点もあげるべきでしょうか(^^ゞ。

続きを読む "チワワの人気度"

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2006年4月26日 (水)

電車でメイク

朝の地下鉄で、うさみの向かい側に座った若い女性がおもむろに大きな鏡を取り出してお化粧を始めました。

それを見て、ついこの間雑誌で読んだアンケートを思い出しました。
何の雑誌だったか覚えていないので、実物がなく、あいまいな情報で申し訳ないのですが・・・ 「人前でお化粧する人が気になりますか?」というアンケートを血液型別に集計したものでした。

気にならない、と答えた割合が一番多いのがAだったのが、うさみには意外でした。
一番神経質で細かいご性格かと思っていましたので・・・記事の中では、A型は「赤信号みんなで渡れば怖くない」という気質があるので、みんながやっているんだからいいじゃない、という感覚なのだろうと説明されていました。
マイペースの
Bは、人が何をしようと気にならないのでやはり気にしない割合が高い。
そして「人が化粧するのを気にしない」割合と、「自分も人前で化粧したことがある」という割合はほぼ比例していました。

続きを読む "電車でメイク "

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2006年4月25日 (火)

この映画を見ました~「名探偵コナン 探偵たちの鎮魂歌」

名探偵コナン」のシリーズは、ビデオにせよ映画館にせよ今まで全部見ています。



原作の漫画本も読んでいます。ミステリ好きで漫画好きのうさみにぴったりの漫画と言えましょう、謎もそれ程難解ではないですし(^^ゞ。

主人公のコナン君は見かけは子供ですが、中身は高校生なので(悪者に飲まされた薬で体が縮んでしまったのです。)、アニメと言えどもそれほど小さいお子様向きではありません。
Conan
今回の映画は、
10作目記念という記念碑的な意味が大きかったようで、オールスターキャスト、その分サスペンス度と推理の密度が薄くなったような気もします。
まあそれはそれでいろんなキャラクターが登場して面白かったので、
OKです。

続きを読む "この映画を見ました~「名探偵コナン 探偵たちの鎮魂歌」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月24日 (月)

マウスとマウスカバー

最近、会社で使っているPCのマウスが不調です(>_<)

すべりが悪く、マウスパッドの上ですぐつっかえてしまいます。
ボールを出して中をお掃除してあげても、もうあまり効かないみたいです。そもそもイマドキ
光学式じゃないマウスってどうなのよ?って感じですよね。
高いものでもないのに、ケチケチな会社です(T_T)。

こっそり家からマイマウスを持ってきて交換したいものですが、勝手に自分のものを使っていると、何かエラーが起きた時にガッツリ怒られそうなので、今のところ我慢しています。

家ではノートPCですが、うさみはあのフラットポイントというのがうまく使えないので、ノートでもマウスをつけています。
1つは
PCと一緒に買った色気の無いマウスですが、もう一つはこれ、フィンランドのテキスタイルブランド、マリメッコのデザインで、「プリマヴェーラ(春)」という名前の可愛いマウスちゃんです(^^)

続きを読む "マウスとマウスカバー"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年4月23日 (日)

ライラック

週末、通勤時は通らない道を歩いたら、よそのお庭の薄紫のライラックの花が満開でした。



ライラックもうさみの大好きなお花です(#^.^#)
小さな花が固まって三角錐になっている姿が可憐で、甘い香りも素晴らしく、ハート型の葉っぱまで可愛らしいですね。
普通は花びらは4枚ですが、まれに5枚のお花があり、それを見つけると幸せが訪れるとか・・・

続きを読む "ライラック"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年4月22日 (土)

うさみのコミュニケーション能力

来週はパーソナルカラーのスクールで、20名のセミナーをシミュレートしたプレゼンの授業があります。
8分強の制限時間内に、始めのご挨拶からパーソナルカラーとは何かまで、わかりやすく簡潔に興味を持ってもらえるよう、プレゼンテーションしなくてはいけません。

うさみ、プレゼンは苦手です
(>_<)
だからと言って逃げるわけにもいかないのでちまちま準備はしていますが、何が苦手かというと、実は「話すこと」が駄目なのですね。

自分のコミュニケーション能力をランク付けするとしたら、
  1位      読む 
  同率2位   聞く・書く 
  大差の4位  話す

・・・となると思います。

続きを読む "うさみのコミュニケーション能力"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年4月21日 (金)

シャネルの口紅

ココ・シャネルという女性の生き方や言葉には、綺羅星のように光るものがあって、人を惹きつけます。

うさみの心に残っているのは、こんな言葉。

   「たくさんの色を使えば使うほど、女はかえって醜くなるというのを女たちは気づかない。」
   「女はすべての色に思いを寄せるが、色がない色については考え及ばない。・・・黒と白は絶対的な美であり、完全な調和なのだ。」(「シャネル・スタイル」より)



シャネルのデザインしたお洋服のラインや質感も大好きですが、だからと言ってうさみも着てみたい、という風にはあまり思いません。

うさみがもう少し若かりし頃、会社にシャネルスーツがとてもお似合いの女性がいらっしゃいました。大人の女性の知性や落ち着きと、少女の可愛さやコケティッシュさを合わせ持った「マダム」という言葉が似つかわしい素敵な方でした。
お仕事の電話をしながら、空いた方の手でシャネルマークのイヤリングをもてあそんではぷちん、とはずしてデスクに無造作に置く仕草が何とも女らしく、シャネルとはこういう方が身につけるべきブランドなんだ、うさみのような小娘はお呼びじゃないんだ、と思ったものでした。

今や当時のその方の年齢を追い越したうさみですが、「マダム」の雰囲気はどこにもなく(「おばさん」と「マダム」の間には深くて越えられない谷があるのです(;O;)、シャネルが似合う貫禄や大人の可愛さが欲しいところです。

ということで何となく、シャネルの化粧品カウンターにも近寄り難く感じていたうさみですが、最近発売になったシャネルの新しい口紅の宣伝をあちこちの雑誌で見かけ、その美しい発色に心奪われて、実物を見に行ってみることにしました。

続きを読む "シャネルの口紅"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年4月20日 (木)

定期券

地元駅窓口に通勤定期(継続)を買いに行きました。

通勤客や学生さんで長い列が出来ていました。ボーっと見るとも無く窓口の方を向いて並んでいると、それぞれのお客さんへの請求金額が小さいボードに表示されるのが目に入ります。

8万円台、9万円台と高額な金額が続き、「ありゃ?うさみの定期は12,000円くらいなのに、どーしてそんなに高いんだろう!?遠距離通勤が流行ってるのかしら?」と不思議な気持ちになりました。
が、何のことはない、うさみはいつも
1ヶ月定期しか買わないのに対して、その方々は6ヶ月定期お求めになっていらしたのですね。
新年度なので、半年分を買われる方が多くて窓口が混んでいたようです。

続きを読む "定期券"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年4月19日 (水)

この映画を見ました~「ファイヤーウォール」

一番好きな俳優にハリソン・フォードを挙げているうさみですから、この映画「ファイヤーウォール Firewall」は大分前から楽しみにしていました。4月1日封切だったのでまだまだ余裕があると思っていたら、何と今週金曜日で上映終了、あせって見に行ってきました。

まず最初に言いたいのは、映画会社の方、宣伝が足りませ~ん!もっと宣伝してくださーい!だって3週間で封切が終わってしまうほどつまらない映画じゃないですよ~(>_<)。

そりゃあ超大型娯楽大作でCGが物凄い、というのではないですし、悪者が最後にはコテンパンにやっつけられて終わるハリウッド流ご都合主義と言えば言えますが、アクションスリラーとしてわりとよく出来ていたと思うし、俳優陣がすごく良かったのに!!
Firewall_1
ハリソン・フォードの良さについては後で述べるとして(^_^;)、敵役のポール・ベタニー(「マスター・アンド・コマンダー」すごく好き~!この夏の話題作「ダ・ヴィンチ・コード」にも出ますね。)、奥さん役のバージニア・マドセン(「サイドウェイ」のワインバーのウエイトレス役は花丸でしたねっ!)はそれぞれすごくうまくて魅力的でしたし、ハリソン・フォードの上司や同僚・部下・秘書の人たちもみんな好演だったのに~!

この後ちょっと内容ネタバレありです。ご注意を。

続きを読む "この映画を見ました~「ファイヤーウォール」"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年4月18日 (火)

この漫画を読みました~「とりぱん 1」

うさみのお気に入り漫画が単行本になりました。
タイトルの「とりぱん」って何のことかおわかりでしょうか?



パン、のことらしいです(^◇^)。

作者のとりのなん子さんは東北の某ベッドタウン在住の30代独身、♀(・・・とプロフィールに書いてあるのです。)、OL生活に見切りをつけるべく漫画賞に応募して入選したのがこの作品だそうです。

毎回ご自分のまわりのネタが描かれているのですが、「ここって同じ日本なんだ~!?」と思うほど、毎日の生活にとっても普通に自然が溶け込んでいます。

タイトルの「とりぱん」は、毎日とりのさんがパンの耳や売れ残りのパンを買ってきては、お庭の餌台で野鳥に餌付けしていることから来ています。
パンだけではなくて、果物や牛脂など、いろんなものをあげていて、そのおかげか、お庭には多くの種類の野鳥が季節を問わず飛来しています。

うさみが本物を見たことも無いアオゲラ・オナガ・シジュウカラなどの野鳥がとても身近に感じられます。
鳥以外にネコや虫、羊も登場しますし、郷土料理や方言の話題も興味深いです。

絵はほのぼの系で、鳥の描き分けや山や空の描写は細かくて素晴らしいのに、車の絵などは「あら?うさみでももう少し本物っぽく描けるかも(^O^)」というくらいで、ご本人の思い入れの度合いに絵が比例しているんだなあと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月17日 (月)

うさみとパチンコ

今までにパチンコ屋さんに足を踏み入れた経験は、お友達に連れられて遊びに行ったのが2回、アルバイト先の家主さんだったパチンコ屋さんへお遣いに行ったのを入れても3回しかありません。

子供の頃、近所のお友達のお父さんがよくパチンコで取ってきた
チョコレートをくれたので、パチンコというのはお菓子や洗剤がもらえるゲームなのだと思っていました(^_^;)。
商品交換所のシステムについては大学生の頃小説で読んで初めて知り、「パチンコってお金が稼げるんだ~!」とようやくパチンコの真の醍醐味(?)を理解しました。

ゲームは嫌いではないうさみがパチンコ屋さんに足を向けない理由は、たばこ大きな音という苦手な環境が揃っているからです。
最近は禁煙のところもあるし、女性専用でお洒落なところもあるよ、とは聞いているのですが、少なくともうさみの地元で見かけるのは昔ながらのパチンコ屋さんのようです。

そんなうさみが、今ちょっと気になっているパチンコがあります(^_^;)

ぱちんこ 冬のソナタ」、どなたかプレイされた方はいらっしゃるでしょうか?


ぱちんこ 冬のソナタ 携帯クリーナー   こんなグッズも売られています。

続きを読む "うさみとパチンコ"

| | コメント (5) | トラックバック (2)

2006年4月16日 (日)

インプラント

本日うさみはインプラント(人工歯根)手術をしてきました。Ojifront

痛いおよび他人の病気に関する話題が苦手な方は、回れ右して下さいね。

痛い話だろうがどんと来~い、という方、またはインプラントに興味がある方はこの先にお進み下さい<m(__)m>。

→うさみに寄って来たおうじのアップです。弱った家族を心配するように見せて、実は血の匂いをかぎつけて寄って来たのです(^^ゞ ちびっこいですが一応は狼が祖先の犬のはしくれなので、血が好きらしいです。

続きを読む "インプラント"

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2006年4月15日 (土)

このDVDを見ました~「バーナビー警部 審判の日」

このDVDタイトルをご覧になって、「ああ、あの」と思われる方はきっとイギリスミステリファンかまたはオーリーファンでしょう(^◇^)。(ちなみにうさみは両方です(#^.^#)

オーリー(オーランド・ブルーム)をご存じない方が万が一いらっしゃるといけませんので(^^ゞ、一応ご説明しますと、「ロード・オブ・ザ・リング」のレゴラス役で一挙に有名になり、「パイレーツ・オブ・カリビアン」でもハンサムぶりが目立っていたイギリスの俳優さんです。
若手ではうさみの一番お気に入り俳優さんなのですが、「LOTR」以前の昔の作品は見ていなかったので、何本かDVDをまとめ買いしたうちの1本がこれです。

続きを読む "このDVDを見ました~「バーナビー警部 審判の日」"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年4月14日 (金)

うさみとイースターとうさぎ

ヨーロッパアメリカでは今週末、イースターのお休みです。

Easter(復活祭)は、キリストの復活を祝う祝日ですが、「春分の日の後の、最初の満月の次の日曜日」という決め方なので毎年時期がずれています。

うさみが初めてイースターの存在を知ったのは、中学生の頃、
Peanutsの漫画からでした。




SNOOPY
がうさぎ(イースターバニー)に扮して、籠に入れた卵を配って跳ね回るというシーンがありました。
は生命や復活の、うさぎは繁栄や多産のシンボルだそうで、イースターには綺麗にペイントした卵(イースターエッグ)を庭に隠して子供に捜させたり、うさぎや卵の形のチョコレートをプレゼントしたりするのだそうです。



とても楽しそうだったので、当時のうさみもゆで卵に絵の具で絵を描いてイースターエッグを作ってみました。
パステルトーンでなかなか可愛く出来上がったという点では満足しましたが、殻から中に絵の具が浸透していそうな卵を食べる気になれなくて、「こんなに卵を無駄にして!」と母に怒られました
(>_<)

続きを読む "うさみとイースターとうさぎ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月13日 (木)

花の名前~花蘇芳

うさみはあまり物覚えがよくないので、お花の名前なども「お花屋さんで名前を聞いた」「本で見た」という記憶だけが残っていて、名前自体は思い出せないことがよくあります(>_<)

桜と同じ頃に咲くこのお花も、濃い
赤紫色が目立ってとても美しく、お花が固まって咲く様子が寒さに負けずに頑張ったよー、という感じで愛おしくて大好きなのですが、一度本で探して覚えたはずの名前を忘れてしまっていました。

Hanazu1 




 画像は季節の花300さんからお借りしています。



今朝のテレビニュースでちょうど満開のこの木が映り、テロップで名前が流れました。
ブログに書いておけば、今度は名前を忘れないに違いない!・・・という訳で、今日は「花蘇芳」(はなずおう)の話題です(^^)。 

続きを読む "花の名前~花蘇芳"

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2006年4月12日 (水)

新人研修

うさみは昨日今日と、まる二日の社内研修に参加でした。
普段あまり使わない部分の脳を使ったようで、何だか頭が疲れました(@_@)。

この時期に研修と言うと、まるで新人研修みたいですよね(#^.^#)、うさみも遠い昔、新人研修に参加した時代があったんですよね・・・

うさみの新人研修は、2泊3日で会社の研修施設に泊り込みでした。
会社の業務内容の説明などもあったはずですが、うさみが一番鮮明に覚えているのは、電話機の模型を使って電話の取り方のロールプレイング訓練をやったことですね。最終日に人事部の課長さんを相手にテスト(!?)があったので、かなり真面目に練習しました。昔は素直だったなあ(^◇^)

あと、お茶の淹れ方と出し方の練習もありましたっけ。
新人うさみがいた部署では、お客様には同じビルに入っている喫茶店からコーヒーを出前してもらっていたので(出前の人がそのままお客様に出してくれました)、あまり実践で使う機会がなくて、すっかり忘れてしまいましたね(^_^;)。

続きを読む "新人研修"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年4月11日 (火)

テレビの功罪

うさみはここ数年あまりテレビを見ません(^^ゞ。
妹すまっぺがつけたテレビを一緒に見たり、ご飯を食べる間BGMが欲しくてテレビをつけたり、という程度です。

必ず見る番組は平日出勤前の
ニュースでしょうか。
天気予報を見て服装と傘を持っていくかどうかを決め、交通情報でうさみの乗る電車に遅れがないかチェックしています。
忙しい時にCMで時間をつぶされたくないので、チャンネルは某国営放送と決まっています(^^ゞ。




必要な情報は新聞やネットで入手出来るので、あまりテレビを見なくても不便は感じないのですが、ひとつ困るのが
芸能人の名前を知らないということです(^_^;) 

続きを読む "テレビの功罪"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年4月10日 (月)

生茶パンダっち

キリン生茶のキャラクター、生茶パンダをご存知でしょうか?

うさみはあのぼけーっとしたパンダが好きで、ペットボトルの景品でついてくる携帯ストラップや、ミニお財布・ポーチなど結構集めています。

先月末に始まった新しいキャンペーンは、「生茶パンダっち」、シールをためてゲームに勝つと、生茶パンダとたまごっちのコラボアイテムがもらえるというものです。

たまごっちは、昔はやったときも、最近のリバイバル時も、あまりうさみの”可愛いさのツボ”にはまりませんでした(^_^;)
なので今回のキャンペーンも「たまごっちはいらないなあ。エコぱんだゴミ箱はちょっと可愛いけど~」と思っていたのですが、妹すまっぺがパンダっちに強い興味&執着を抱き、「生茶を飲んでシールを貯めよ!」指令が下りました(^_^;)。

続きを読む "生茶パンダっち"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年4月 9日 (日)

働くわんこ

今日地元駅前で、ロータリークラブの方々が盲導犬育成のための募金活動をしていらっしゃいました。日本盲導犬協会から、活躍中の盲導犬も来ていました。



うさみは以前から”働くわんこ”に強い尊敬と敬愛を抱いています。
人間だって「あ~、今日は会社行きたくないな~。」とか「毎日遊んで暮らせたらいいのになあ。」とか思う自分を叱咤激励して、生活のため働いているというのに、何の報酬もなく愚痴も文句も言わずに働いてくれる、盲導犬や介助犬たちの何とけなげで素晴らしいことか!(;O;)

介助犬チャリティTシャツ うさみとお揃い!

一度街中で盲導犬を見かけた時は、「偉いね!頑張ってね!!」と応援エールを送りたかったものの、お仕事中の盲導犬に触ったり声をかけたりするのはご法度(お仕事の邪魔になる)と聞いていたので、ぐっと我慢して後姿を追うだけにしました。

続きを読む "働くわんこ"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年4月 8日 (土)

お気に入りの美容院

今日は「お誕生日月割引クーポン」を使って(^_^;)美容院に行って来ました。

うさみは不器用で自分では上手にセットが出来ないので、「出来るだけ手のかからないスタイルで(^^ゞ」というのを最初にお願いして、後は美容師さんにおまかせです。

美容院は、地元で思い立った時にパッと行けるお店に10年以上通っていました。そこが予約制に変わってしまい、週末は混んで予約が取りづらいのに、せっかく予約しても同じ時間帯に複数人の予約を取っているので待たされるのに嫌気がさして、お店を変える事にしました。

そしてネットで探して見つけたのが、今通っているお店です。

広い開放感のある清潔な店内がとても落ち着ける雰囲気です。そして何故かわりと空いています(^_^;) 隣の席に他のお客様がいたことはほとんどなく、背中合わせか、いくつかあけた席にいるだけなので、ざわざわうるさいことがないのもいい感じです。

続きを読む "お気に入りの美容院"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年4月 7日 (金)

最近気になっているモノ~ロイズのポテトチップチョコ 

最近ネットで見かけてとても気になっているお菓子があります。
生チョコで有名な北海道のロイズさんが作っている「ポテトチップチョコレート」というシロモノです。

北海道のじゃがいもからつくられたポテトチップに口どけのよいチョコレートをコーティングしました。ポテトの軽快な食感を出すために、ポテトチップは薄切りにし、ポテトの香ばしさがちゃんと味わえるように、チョコレートの片面に薄付けしました。クリンクルカット(波型カット)して揚げたポテトチップには、伯方(はかた)の塩をふっています。
しょっぱいけど甘い。ポテトチップなんだけどチョコレート。ちょっと戸惑うかもしれませんが、食べてみるとパッと見の印象からは想像できない美味しさが味わえます。
クセになること間違いなし!

・・・という説明がついているのですが、果たしてこれはウマイのでしょうか!?
甘いものを食べるとしょっからいものが食べたくなり、しょっぱいものを食べると次には甘いものが欲しくなる、というお菓子好きの心をついた商品ですよね。

続きを読む "最近気になっているモノ~ロイズのポテトチップチョコ "

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年4月 6日 (木)

ペイントショー2006に行って来ました

本日こっそり(^_^;)会社を休んで、東京ビックサイトのペイントショー2006に行って来ました。

「日本最大 塗料・塗装産業の祭典」だそうです。 Painshow3
假屋崎省吾さんの製作のオブジェが入り口にでで~んと飾られていました。お花とど派手な色に塗られた枝の取り合わせに「うひゃっ!?」と思いましたが、”ペイント”ショーなんですものね、塗りモノを使って当然でしたね(^◇^)

うさみの目的は、「貴重書でたどる色彩科学史」という北畠耀先生のセミナーでした。
古代ギリシアに始まり、中世・ルネサンスを経て、色彩検定の勉強で覚えさせられたニュートン・ゲーテ・シュブルール・マンセルに続く色彩科学の歴史が、とてもわかりやすく面白く、1時間が短く感じられるお話でした。
やっぱり道を究めた方のお話は面白いなあ、学者さんってすごいなあと感心しました。

セミナーの後は、会場内を一通り回ってみました。
今までうさみはゲームショウやフードショウ、アンティークマーケットのような一般消費者向けのイベントしか行ったことがなく、入り口で名刺を出すようなビジネスショウは初めてでした。

続きを読む "ペイントショー2006に行って来ました"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年4月 5日 (水)

こんな本を読みました~「電車男スタイリング・バイブル」

去年の流行りモノの「電車男」、うさみは原作本は読んでいませんが、映画は見ました(タダ券で(^_^;)



あの映画での電車男くんのファッションが、典型的アキバオタクファッションなのだそうですね。そう言えば秋葉原電気街あたりには、ああいう感じの男の子がいっぱいいるかなあ。



この本「電車男スタイリング・バイブル」は、電車男に代表される「
アキバくん」たちのファッションを女の子にもてるようなイマドキ風に改造しよう、という内容です。

前半は全国のファッション専門学校生から公募した電車男くんに提案するファッションコーディネイトスタイル画がのっています。
なるほど、こういうのがいまどきの若者がかっこいいと思うファッションなのか~、というのが逆におばさんうさみにとっては面白かったです。

スタイル画を描いた学生さんのコメントものっているのですが、「シャツをパンツに入れないで」とか「(大きな)カバンは持っちゃダメ」「携帯の着メロはアニメ以外に」とか、うーん、そのへんが「かっこ悪い」と思われているポイントなわけですね~(^_^;)。

続きを読む "こんな本を読みました~「電車男スタイリング・バイブル」 "

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年4月 4日 (火)

紅茶はFortnum & Mason

会社でロンドン土産にFortnum & Masonのティーバッグをいただきました(*^_^*)。



ロンドン土産なら
ショートブレッドチョコレートも大好きですが、こちらはダイエットの大敵ですものね、紅茶でラッキーと思わなくてはいけません。



ピカデリーにあるFortnum & Masonティールームアフタヌーンティーをして、お土産に紅茶を買う、というのはイギリス好き・紅茶好きのちょっと贅沢な楽しみですね~。

でもうさみは紅茶なら何杯でも飲めますが、アフタヌーンティーのあの丸い3段のお皿にのってくるデザート(サンドイッチ・スコーンにジャムとクロッテッドクリーム・ケーキ)はおやつとしては量が多すぎて食べきれません(>_<)

続きを読む "紅茶はFortnum & Mason"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年4月 3日 (月)

新入社員

ぴかぴかの新入社員の群れが、地下鉄やオフィス街にあふれています。

勤め人になってうん十年たっても、新入社員の頃のことは意外と覚えていて、自分でも驚きます。(初任給がいくらだったとか、入社式はこんなだったとか、○○課長がしてくれた業務内容の説明とか・・・)。
初恋の人のことはいつまでも忘れないようなものですね(ちょっと違うか・・・(^^ゞ。

うさみが新卒で配属された部署は、「人は足りてるんだけど、新入社員はいちおう採っておこうか。」という感じだったので、半人前のさらに半人前分くらいしかうさみの仕事はありませんでした。
先輩方は決算後で忙しそうだったのに、自分だけヒマなのがとても申し訳なく、いつも「何かお手伝いできることありませんか?」と聞いている、今考えるとすごく
うっとおしい新人でした。

新人にイチから教えているくらいなら、自分でやった方がよっぽど早いんですよね。おまけに、新卒用の業務日誌というものがあり、目標やら今週やったことやら、反省やらを新人が毎週記入して先輩と上司にコメントを書いてもらい、最後に人事に提出しなくてはいけませんでした。あれは先輩にとって相当余計な手間だったと思います。

「お仕事下さい」女だったうさみも、うん十年たった今では、仕事がなければそれなりに時間をつぶしつつ、しっかり働いているように見せかける方法(!?)を会得しましたし、新人の頃自分がさんざん先輩のお世話になったご恩も忘れて、「新卒ちゃんは電話の取り方から教えないといけなくて面倒だから、中途の子がいい」などとうそぶいております(^_^;)


パディントンの通帳が欲しくて某銀行に口座を開いたのも、社会人になってわりとすぐでした・・・その銀行は合併に合併を繰り返して、いまや何の変哲もない通帳です(>_<)

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年4月 2日 (日)

ビルの色はどこまで許せる?

ファッション誌で面白い記事を見つけました。

「このビルの色は許せるか!? 「イタリア文化会館問題」がファッション・ストリートにも余波!?」というタイトルで、ファッションビルの色がどの程度ならそのブランドイメージを打ち出してお洒落だと評されるのか、まわりの景観とミスマッチだとたたかれるのか、というような内容でした。

イタリア文化会館」、九段の武道館そばにあるのは知っていましたが、新しく建て替えられて、その色が皇居周辺になじまないとして問題になっているのはこの記事で初めて知りました。
実物は見ていないのですが、記事とWebページの写真からすると、確かにかなり鮮やかな赤ですね・・・あのあたりはオフィスビルしかないので、余計目立ちそうですし、皇居が近いというのも問題を微妙にしそうです・・・

続きを読む "ビルの色はどこまで許せる?"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年4月 1日 (土)

お誕生月

4月になりました。4月は新しい学年や年度の始まり、何となく心うきうきする月ですね。

うさみにとっては4月はお誕生月でもあります(#^.^#)、パチパチ(自我自賛ならぬ、自我自祝!?) 何歳になるのかは、聞かぬが、ということでお願いします。

ある年齢を過ぎたらお誕生日なんて忘れてずっと同じ年にしておくわ、という方もいらっしゃいますね(定期券の申込書に記入する年齢が永遠に32歳だったりとかね(^_^;)。
うさみはあまり年齢にはこだわりませんが、いくつになってもお誕生日は明るく楽しい気持ちで迎えたいと思っています。

そしてお誕生月になると、いろんなお店から、お誕生月(日)特典DMがたくさん舞い込んできます。

既に、美容院と化粧品カウンターとデパートから割引とプレゼントがもらえるというDMが届いています。
割引とタダでもらえるものに弱いうさみですので、DMの特典は使い切らなくちゃ、と忙しくなるお誕生月なのでした。

続きを読む "お誕生月"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »