« この本を読みました~「ダ・ヴィンチ・コード」 | トップページ | 地元で癒し~タイ古式マッサージ »

2006年5月 4日 (木)

この映画を見ました~「プロデューサーズ」

プロデューサーズ」を見て来ました。ミュージカル映画は「オペラ座の怪人」以来です。

ブロードウェイミュージカルの映画化版だということは知っていましたが、そのミュージカルがコメディ映画をもとにして作られたというのは、パンフレットを読んで初めて知りました。映画→ミュージカル→ミュージカル映画という経歴なのですね。Producers_1

ミュージカル映画としての作りはとてもオーソドックスだと思いましたが、内容はちょっとひねったユーモアがてんこ盛りです(^◇^) 何と言っても脚本と製作にメル・ブルックスが名を連ねていますから。
メル・ブルックスがお好きな方は笑えます。ミュージカル好き、特に昔のMGMミュージカルがお好きな方も気に入ると思います。そうでない方には笑いのツボがわからなくて、昔っぽく感じられるかも・・・?

主役のお二人(プロデューサー役)は、舞台オリジナルキャストのネイサン・レインマシュー・ブロデリックという最高のコンビでした。
うさみはマシュー・ブロデリックというと、「ウォー・ゲーム」や「レディホーク」「トーチソングトリロジー」で映画俳優というイメージだったのですが、舞台での経歴も素晴らしいものがあったのですね。

マシュー・ブロデリックの恋人役、英語がよくわからない女優の卵のスウェーデン娘という設定がユマ・サーマン。彼よりもかなり背が高く、ぎゅっと抱きしめると豊かな胸に顔をうずめる形になるのが、いかにも北欧の女性っぽい感じでした(#^.^#) 歌もかなりうまくて、吹き替えかと思っていたら自前だったので、驚きました。

ゲイの演出家チーム(演出家もその助手も面白くてすごくうまい!)の衣装もお部屋のクッションも紫系、ネイサン・レインが資金集めの為スポンサーを口説きに行く一張羅の勝負服スーツが、小心者のマシュー・ブロデリックが手から放せない安心毛布の色が・・・それぞれの色の誰もが共有しているイメージがこれなんだなあと思いました。

|

« この本を読みました~「ダ・ヴィンチ・コード」 | トップページ | 地元で癒し~タイ古式マッサージ »

コメント

私も見ましたよ!
マシュー・ブロデリックは、ニール・サイモンの秘蔵っ子と言われて彼の作品には多く出演していますが、ミュージカルもOKだとは知りませんでした。
そういえば、それぞれのイメージに合わせて色があったのですね、見ていたときは気づきませんでした。ユマ・サーマンのイメージは「白」だったのでしょうね。オフィスまで真っ白にしちゃったし。

投稿: アラベスク | 2006年5月 4日 (木) 23時16分

メル・ブルックスファンなので、めずらしく前売券を買って観に行きました。
確かに、彼のファンやミュージカルファンでない方にはちょっと古い笑いかな、、、と思ったけど、メル・ブルックスもミュージカルも好きな私にはとても楽しめました。
映画版も観たいけど、中古ビデオもとても高くてまだ入手できません(;_;)

投稿: tama | 2006年5月 5日 (金) 09時32分

>アラベスクさん
マシュー・ブロデリック、歌も踊りもうまくて、いい役者だなあ~と思いましたね。ユマ・サーマンはちょっと頭の軽そうな美人をうまく演じてましたね(#^.^#)

>tamaちゃん
オリジナルの映画が公開になったの大分前ですものね、高いかもね。今回のミュージカル映画化でついでにDVDで格安に出してくれればいいのにね。

投稿: うさみ | 2006年5月 5日 (金) 20時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135432/9900600

この記事へのトラックバック一覧です: この映画を見ました~「プロデューサーズ」:

» 20 プロデューサーズ [毎週水曜日にMOVIE!]
またしても一週間遅れの更新。。 これもいつものように、ひとりで観にいってきましたが、失敗。 こういう映画は誰かと共に行き、共に笑えばよかった。後悔。 ひとりで泣くのは良いんだけど、ひとりで笑うのは結構恥ずかしい。 何度も書いておりますが、きっと前世はアメリカ人。 ミュージカルものは大好きです。(サウンド・オブ・ミュージックしかり、ウエスト・サイドしかり、グリースなんて人生のベスト5に入っちゃうしね) 久しぶりにやってきた本場物。 ブロードウェイに行ったことの無い私をはじめとする日本... [続きを読む]

受信: 2006年5月10日 (水) 09時17分

» プロデューサーズ  〜このユダヤねたは最高だ!! [シカゴ発 映画の精神医学]
 二人のプロデューサー、マックス・ビアリーストック(Bialystock)とレオ・ブルーム。この名前を聞いただけで、二人がユダヤ人であるというこに気付かないと、この映画のおもしろさは半減する。 [続きを読む]

受信: 2006年5月10日 (水) 14時51分

» ミュージカル「プロディーサーズ」 [お台場を遊ぼう!ふとんちっとのお気に入り]
ブロードウェイのミュージカルが完全映画化です。ショービジネスを批判しながらちゃんと笑わせてくれます。ゲイやナチズムと言ったデリケートなネタもちゃかしちゃってます。前半がなかなか話が進まないと思いましたが、脚本が決まってからは面白くなってきました。登場人...... [続きを読む]

受信: 2006年5月13日 (土) 22時33分

« この本を読みました~「ダ・ヴィンチ・コード」 | トップページ | 地元で癒し~タイ古式マッサージ »