« モモカンと好物 | トップページ | 停電 »

2006年8月13日 (日)

こんなDVDを見ました~「ドッジボール」

公開時に興味があったものの見に行く機会を逸していた映画、「ドッジボール」のDVDを見ました。



さびれたスポーツクラブを買収から救うための資金稼ぎに、ドッジボール国際大会優勝を目指すクラブの常連たちのスポーツコメディです。

うさみからすると「このネタではキツすぎて笑えないなあ(^_^;)」というシーンが多かったのですが、ついこの映画を手に取ったのは、「ドッジボール」という球技への郷愁に尽きるでしょう(^◇^)。

最近の小学校でどのくらい「ドッジボール」をさせているのか知りませんが、うさみの小学生時代は体育の授業も休み時間もドッジボール全盛でした。

うさみはドラえもんに出てくるのび太なみの鈍さなので、チームの中で、守備にも攻撃にも役立てない困ったちゃんでした(T_T)。
ボールに当たると痛くて怖い、でもトロいので逃げかわすことも出来ない、自分が投げるボールはヒョロヒョロで敵に当たらない(女の子でも”円盤投げ”が出来る子もいたのに、うさみは届くかどうかが問題レベル)・・・ひたすらこの時間が早く終わればいいのに~と暗く思っている子でした(^^ゞ。


映画のドッジボールのルールは、日本の小学生用とは違い、かなり攻撃的でスピーディーなものでした。
何しろボールが1つではなく6個もあると、いつどこから球が来るかわかったものではありませんよね。
それから、敵方の投げたボールをノーバウンドでキャッチ出来ると、投げた相手がアウトになり、さらに味方でアウトになった人をひとり生き返らせることが出来る、というルールはなかったと思います。1球で試合展開がガラッと変わって面白くなっていました。

映画の試合場面をそれなりに楽しみましたが、もう一度ドッジボールをやってみたいとは決して思わなかったうさみでした(^_^;)。

|

« モモカンと好物 | トップページ | 停電 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135432/11418756

この記事へのトラックバック一覧です: こんなDVDを見ました~「ドッジボール」:

» 痛快至極!その上色っぽい!心強し! [輝ける映画のときめき]
アンディ&ラリー・ウォシャウスキー兄弟の処女作にして最高作!鐔▲丱Ε鵐撫州のブリリアント・ムービー宝庫入り。主演女優二人がいいね。 [続きを読む]

受信: 2006年9月 8日 (金) 01時13分

« モモカンと好物 | トップページ | 停電 »