« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月31日 (木)

バナナは腐りかけがお好き?

先日会社でちょっと盛り上がったバナナスタンドに関する記事を、Excite Bit コネタで見つけたのでトラックバックです。

先日の会社での話題は・・・
バナナ好きの同僚 「昨日、バナナスタンド買ったの(*^_^*)。ちょっと無駄遣いかな~?でも、うちはバナナ常備しているから、ちゃんと使うし、いいよね~。」
バナナを食べない同僚 「バナナスタンドって何??」
「え?知らないの?バナナが長持ちするように、ひっかけて吊るしておくスタンドだよ。」
「見たことない、どんな形?」

こんな形です(^◇^)

続きを読む "バナナは腐りかけがお好き?"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年8月30日 (水)

半休の午後~近代洋画と酸素バーに第九

勤め人としては、一日まるまる有給休暇を取って休むのもいいですが、半休を取って明るいうちにオフィスを出るのも嬉しいものです。

今日のうさみは所用があって午後休、そのついでにあれこれセットして、めいっぱい午後の時間を使って来ました(^◇^)。

まずは、泉屋博古館分館(せんおくはくこかん)で開かれている「近代洋画の巨匠たち 浅井忠 岸田劉生 そしてモネ」を見に行きました。
実はこの美術館はうさみが働いている場所に超近く、いつもお能の衣装やお茶道具などの興味深い展覧会をやっていているのですが、一度も行ったことがありませんでした。なぜなら、住友財閥さまのコレクションを庶民にも見せて下さるという趣旨のせいか、開館時間が10時から16時半という殿様タイムだから・・・(^_^;) 昼休みに鑑賞するのは気が急いて嫌ですし、かといって休みの日に会社のそばまで来るのはちょっと勘弁、なのです。

ということで初めて入った泉屋博古館分館ですが、展示室2室の小さなギャラリーながら、コインロッカーや椅子の配置など、入館者が使いやすくわかりやすい建物で、なかなかよかったです。
兼ねてからの疑問、①泉屋って何?②分館ってことは本館はどこ?というのもわかりました。・・・答え①江戸時代の住友の屋号 ②京都、鹿ケ谷

展示されていた明治から昭和の洋画でうさみが気に入ったのは、浅井忠の水彩画「秋林」「海辺漁夫」と、渡辺興平の「ネルのきもの」でした。どれもポストカードになっていなかったので、あまり評価されていないのでしょうか(T_T)?

さて、もしもこれを読んで泉屋博古館に行ってみようとお思いになった方には、老婆心ながら申し上げますが、場所がわかりにくいのでお気をつけ下さい<m(__)m>。うさみの前にチケットを買っていたおじ様も「いや~、ここわかりにくいですね~。」とボヤイていらっしゃいましたし、会社付近で道を聞かれることもあります。
地下鉄駅からエスカレーターをあがっていけば建物はあるのですが、1階建てで正面が駅と反対を向いているため、見過ごしがちなのです。エスカレーターに気付かず、隣のエレベーターに乗ってしまうと全然違うビルに入ってしまいますし(>_<)。

続きを読む "半休の午後~近代洋画と酸素バーに第九"

| | コメント (10) | トラックバック (1)

2006年8月29日 (火)

秋コスメ

最近、少し気温が下がって来たので、メイクに手をかけよう、という気がむくむくとわいて来ました(暑いと、メイクをしているわずかな間すら汗をかいてのりが悪くなるし、せっかくのメイクがすぐ落ちてしまうので、メイク意欲に欠けるのです・・・(-_-;)

ちょうどデパートでも秋のコスメフェスティバルが始まり、うさみの購買意欲を刺激してくれたので、気になった秋の新製品をゲットして来ました。


まずは前に書いたヴィヴィアンのVivian1

本物も美しい色だったのでネイルも一緒にお買いVivian2_1上げ~♪  緑色のリップは、塗っても魔女のようにはならず、唇の赤い色が抑えられてマットでちょっとモードな感じになりました(*^_^*)。
緑の口紅が欲しい方は多かったようで、3種類のリップのうち、既に2種類が売り切れでした。


シャネルのピンクラメ


このパレットの色の配置、まるでシャネルスーツのようじゃありませんか?ピンクにゴールド・シルバー・グレイが混じっているのです。ひょっとして自分に似合わない色かも、という懸念は後回しにして、色にひかれて即買いしてしまいました。

続きを読む "秋コスメ"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年8月28日 (月)

パントーン・ユニバースシリーズ

子供の頃は、新学期が近付くと新しいノートや鉛筆が欲しくなったものですが(^_^;)、9月を前にノートを探していて、こんなものを見つけました。

サンスター文具さんから出ているパントーン・ユニバース・ステーショナリーシリーズのノートです。




色を扱う方にはあまりにもおなじみのアメリカのカラーシステム、パントーン
Pantone
このシリーズは、”
Do you speak Color?"をテーマにパントーン色票の色を再現したもので、ノートだけでなく、文具小物や筆記具なども出ているそうです。

続きを読む "パントーン・ユニバースシリーズ"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年8月27日 (日)

消える三信ビル

うさみがとても好きだった、東京日比谷のビルが消えようとしています(T_T)。

三信ビル、日比谷交差点の角に昭和の香りを残すオフィスビルです。
昭和5年竣工、松井貴太郎氏設計だそうです。

Sanshin1 Sanshin2
オフィスビルとしての使用に耐えなくなってしまったため、解体が決まりました。
たくさん入っていたテナントさんも少しずつ出て行ってしまい、地下鉄とつながっていた地下出入り口は封鎖されてしまいました。



解体される前に記念に、と写真を撮って来ました。

Sanshin4  Sanshin5
Sanshin7








窓や扉の意匠、吹き抜けの天井、カーブを描くエレベーターホール、どれも素晴らしく、最近の建物にはないものだと思います。
そして古い建物独特のひんやりした空気と、積もったほこりやお掃除の油やいろんなものが混じったような香り、階段のすりへった手すりすら愛おしくてとても好きなビルでした。

三信ビルを何とか他の形で保存できないか、という「三信ビル保存プロジェクト」の存在を今日初めて知りました。今の時点ではなかなか難しいようですが、少しでも残すことが出来ればと思い、署名してみました。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年8月26日 (土)

この映画を見ました~「幸せのポートレート」

前売り券を持っているのにずっと忘れていて、ふと気づいたら昨日で上映終了、慌てて見に行って来ました。

幸せのポートレート」、原題の”The Family Stone”(ストーン家の人々、という感じかな?)と全然違って何か曖昧なタイトル、と思っていましたが、後半で出てくる「肖像写真」(ポートレート)がカギになるからなのですね。Stone

ダイアン・キートンはうさみの好きな女優さんなので期待大でした。彼女のようにみずみずしさがあり、かつ年齢を重ねた落ち着きと知性を感じるおばさまになりたいものです(#^.^#)。


~この先ネタバレありです。~

続きを読む "この映画を見ました~「幸せのポートレート」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月25日 (金)

ネイルアート

先日、待ち合わせをしていたお友達と会うなり、彼女の両手に目が釘付けになってしまいました。

爪の先部分にネイルアートで模様を描いてあるのですが、数色をモザイク調に組み合わせ、間に黒い線をひいて強調しているのが、まるでカンディンスキーの抽象画のように美しく、彼女の細長く白い指とクールで知的な雰囲気にもとても合っていました。

デコラティブで可愛いかったり、セクシーで女らしかったり、というネイルアートはよく見かけますが、色模様にアーティスティックなセンスを感じたのは初めてでした。どこのネイルサロンか教えてもらい、うさみも早速予約して行って来ました\
(^o^)/。

手と一緒に足もお願いしたのですが、たまたま他のお客さんがいない時間だったせいもあり、両手両足それぞれに、総員4人がかりでケアしてくれ、何だかどこかの国の女王様になったような面映い気がしました(*^_^*)。

お手入れとカラリングの後は、お目当てのネイルアートです。(手足、それぞれこんな色↓を塗ってもらいました。やっぱりサロンネイルはOPIが多いですね。)

続きを読む "ネイルアート"

| | コメント (7) | トラックバック (1)

2006年8月24日 (木)

韓国語の響き

マック(関西風に言えばマクド(^^)で、うさみがポテトをかじりながら本を読んでいると、少しはなれた席から女性の携帯の会話が耳に入ってきました。

あ、韓国語だ~、海外にもかけられる携帯なのかな?

うさみは韓国語をきちんと勉強したことはないのですが、韓国ドラマにはまって字幕付でだいぶ見たので、すこし言葉を覚えました。
先ほどの電話の会話だと、「こんにちは、お姉さんいますか~?」「ありがとう。じゃあまたね。」というのがわかるくらいですが・・・ 

続きを読む "韓国語の響き"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年8月23日 (水)

この本を読みました~「弁慶のカーテンコール」

うさみが大ファンの歌舞伎役者、松本幸四郎さんが今まで書かれたエッセイをまとめたご本の文庫版です。



出演された歌舞伎やミュージカル作品、テレビドラマなどについて、ご家族について、俳優としての心構え、話題は多岐にわたって、とても興味深かったです。
自筆のスケッチと書ものっていて、多芸ぶりをご披露されています。(ファンの贔屓目だけではありませんよ・・・)

うさみがとても感銘を受けた一文です・・・


若い頃は、体力や気力が充実し、若さ以外に何も束縛がなくて、不自由さもない。美しさも勢いもある。でも、自由に思い切りできるということは、未熟につながる。それが、だんだん年をとっていくと、声もでなくなる。容貌も衰えてくる。体も固くなって動かなくなる。そうなると役者というのは、経験や力で、それを別の美しさに変えていくことができる。「掠れ」とか「滲み」になって、その味わいがでてくるものなんです。

歌舞伎役者さんの「芸」と「美」は、年齢を超越しているといつも思います。「掠れ」や「滲み」を愛でる感覚は日本人独特かもしれませんね。

続きを読む "この本を読みました~「弁慶のカーテンコール」"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月22日 (火)

ひおうぎ

先日江戸絵画展で夏の花鳥図に描かれていた黄赤のお花の名前が思い出せず、解説にも書いていなくて、喉にお魚の骨がつまったような気がしていましたが、偶然テレビの紀行番組で見かけました\(^o^)/。

←これは北斎の「桧扇」

Hiougi2
お花の画像は「季節の花300」さんからお借りしています。





檜扇(ひおうぎ)
、アヤメ科の花で、いけばなの夏の花材によく使いました。
剣状の葉っぱの並びが、檜扇(檜の板を重ねて糸を通した扇、お雛様も持っていますよね。)を開いたところに似ているから、という名前の通り、葉が重なって丸くなっているのを、こすったりひっぱったり丸めたりして思うような形に作っていました。

豪勢な葉っぱの割にはお花は小さめでかわいらしく、夏の暑さに負けずに精一杯頑張っている感じがします。

 ←これが檜扇

続きを読む "ひおうぎ"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年8月21日 (月)

方向音痴

うさみは自分で情けなくなるほどの方向音痴です。

この週末も、遠方からいらしたお友達に東京下町をご案内したのですが、何度も行ったこともある場所で、地図も持っていたというのに、駅から歩くうちに予定とは違う場所に出てしまいました(T_T)。暑い日だったので、街並みを見ながら歩こうなどと思わず、最初からタクシーに乗ればよかったと後悔しました(;O;)。

一般的に方向音痴の理由としては、地図を一次元でしか捉えられないので頭の中に自分でイメージマップが描けない目印をあいまいなものや時間で変わってしまうものにしている、右脳と左脳の情報伝達がうまくない、などがあげられているようです。

確かにうさみは現実と同じ向きに地図がないと、方向がよくわかりません(T_T)。
携帯のGPS機能もそれで使いこなせませんでした(自分のいる場所はわかっても、行きたい場所が地図のどちら側なのかわからない)。いつも使っている駅のいつもと違う改札からホームに下りたのに、「改札から向かって右の電車に乗る」と無意識に考えていて反対方向の電車に乗ってしまうのも、そのせいかと思います。

続きを読む "方向音痴"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年8月20日 (日)

日本画の光と影~「若冲と江戸絵画展」

先日オフィシャルブログを紹介した、東京国立博物館で開催中の「プライスコレクション 若と江戸絵画展」をようやく見てきました。

今週末で会期終了のため、大変な混雑が予想されましたが、見ていらした方の評判がどれもとても良かったので、暑い中フーフー言いつつ足を運びました。

最近美術展に行く度思うのですが、大きな美術館の引越展で貴重な作品群を見られるのもいいけれど、あるコンセプトやテイストに従って集められたコレクションをコレクターの思いを感じながら見るのがとても興味深く楽しいです。
うさみにもし資金と場所があったら、どんな作品を集めるかな、などと考えてみたりもします。

続きを読む "日本画の光と影~「若冲と江戸絵画展」"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年8月19日 (土)

コスメ好き犬

人間の靴やスリッパが大好きで、こっそり盗んでかじって楽しむわんこの話はよく聞きます。飼い主さんの匂いがついているし、皮やゴム底がかみがいがあって楽しいのでしょうね。

うさみ家の愛犬おうじは、靴は盗りませんが、コスメ泥棒です(^_^;)

うさみが朝急いでメイクして出かけた後を探って、うっかりローテーブルや床に出しっぱなしにしてしまったコスメアイテムを盗んで行きます
(-_-;)

たとえば、リップグロスOjigloss_1

買ったばかりのファンデーションOjifandation_1

シートパックOjipack1_1                       

続きを読む "コスメ好き犬"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年8月18日 (金)

懐かしアニメDVD

最近昔のアニメ番組DVD化されてボックスで発売されています。
あ~、これ大好きだったなあ~、という作品を見かけると、懐かしいのともう一度見たいので、つい欲しくなっちゃいます。
昔は今ほど作品数がなかったせいか、同じ作品の再放送を何度も見ました。
今でもテーマソングが歌えるほどです(^^)

そんなうさみの懐かしアニメベスト
10にランクインする作品が、この冬、ファンの要望に答えてようやくDVDで発売されるそうです。



魔法使いサリー」、これが東映初の少女向けアニメだったのだそうです。
女の子、しかも外人が主人公、というのがとても強烈な印象でした。大きなお屋敷に住んで、可愛い真っ赤な洋服を着て、天然パーマの巻き髪で魔法が使える!
このシリーズの後始まった「ひみつのアッコちゃん」が同じ魔法系でも、鏡のおかげで魔法が使えるだけの日本人の普通の女の子ということで親近感があったのに比べると、サリーちゃんは自分たちとは別のところにいる憧れのお姉さん、のようでした。



テクマクマヤコンごっこ(おもちゃのキラキラコンパクトに向かって「○○にな~れ!」という遊び)はかなりやりましたが、サリーちゃんの真似をして魔法の杖を振る遊びはやらなかった気がします
(^_^;)

続きを読む "懐かしアニメDVD"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年8月17日 (木)

オーラを変える?

新しいファンデーションを買いました。
オーラ(印象)を変える、と盛んに宣伝中のレイシャス オーラチェンジファンデーションです。


メイクでイメージを変えられるのは納得ですが、ファンデーションだけで変わるのかなあ?ファンデはその人の肌に近い自然な色を選んで、それ以外の「色モノ」で遊ぶ、のがメイクの基本かと思っていましたが・・・
宣伝パンフの
5パターンを見ると、確かに同じ女優さんが別人のように見えます。でもダイエット食品の使用前使用後写真を見ても思うのですが、洋服が違うだけで人って全く違って見えるので、同じ服・髪型・ポーズで勝負したところを見せてくれ、という感じです(^_^;)

とにかく物は試しです、買ってみました。「上品でやわらかな印象」のエレガンスラベンダーです。「気品のあるゴージャスな印象」のセレブプラチナもどうかな、と思ったのですが、たまたまプラチナが品切れだったのでラベンダーで。

後から
HPの人気投票をチェックしたところ、

1位  エレガンスラベンダー、
2位  セレブプラチナ、
3位  「セクシーでグラマラスな印象」のヌーディブロンズ でした。意外です、女の子は「元気でキュートな印象」のスイートピンクが好きかと思っていました。

同じ
HPのあなたにぴったりの印象を診断する、という性格チェックでは、うさみは「知的でシャープな印象」のスタイリッシュターコイズになりました。本性がのほほ~んだからこそ、きりっとして見える方を選んだ方が良かったのかも(-_-;)
でもこのチェックをする前にラベンダーをゲットしてしまったので、ラベンダーに挑戦です!

続きを読む "オーラを変える?"

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2006年8月16日 (水)

パースニップ

"最近高級スーパーで目にするようになった珍しい野菜"という新聞の紹介記事で、「パースニップparsnipを見かけました。



別名白ニンジン、アメリカボウフウ、オランダボウフウ、見かけは確かにニンジンの皮からオレンジ色を抜いたみたいですね。


以前うさみは、イギリスのレストランでアミューズに、ポテトフライのような薄切りの揚げ物をいただきました。
甘くほくほくしているからサツマイモだよ、いや、白いからジャガイモ?でも味はジャガイモじゃないね、ゴボウっぽい匂いもするよ、と友達と食べながら頭をひねりました。
次のお皿をサーブしてくれたお兄さんに、「今のとっても美味しかったけど、何ですか?」と聞いて、パースニップという名前を教えてもらいました。

続きを読む "パースニップ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月15日 (火)

ヴィヴィアンの緑

秋のコスメ新色をチェックすべく、コスメ雑誌を買いました。
各ブランドの秋らしいレッドゴールドの新色ラインナップに嬉しくなりながら、ページをめくりましたが、うさみの心を最も捉えたのは、ヴィヴィアン・ウエストウッドの「グリーン」でした。

深い針葉樹の緑「ヴェルダッチオ」と、柔らかい森の緑「ウォームヴェルダッチオ」、何て美しい緑色でしょう!\(^o^)/

アイシャドウやネイルのグリーンは珍しくありませんが、リップスティックも同じ色というのはなかなかありません。このラインがまとめて欲し~い!!

・・・これこれ、うさみさんや、緑の口紅を塗ってどこへ行くつもり?(自問自答)・・・

やっぱり塗ったら緑になるのかな?

・・・なるようです(^_^;)。

パリコレのランウエイではヴィヴィアンのドレスとマッチしていたグリーンのリップですが、普通に街で着けるにはどうすれば?

続きを読む "ヴィヴィアンの緑"

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2006年8月14日 (月)

停電

月曜の朝、お盆の間はバスが休日ダイヤになるため、いつもより早く家を出たうさみは、乗換駅でのほほんと地下鉄を待っていました。

するといきなり、駅構内の
照明がバチンっと消え、ホームの冷房装置も止まってしまいました。よくSF映画で見る、超能力者のひと睨みで電源が吹っ飛んでしまったような感じでした(^_^;)
メインの照明が消えても、緑の非常灯が点いているため、構内は真っ暗ではなく、十分回りは見渡せるくらいの薄暗さです。

   何?何?故障停電?お盆だからって電力供給がパンクしちゃったのかな!?


「東京電力からの
送電が全線で止まっております。詳細がわかりましたらお知らせします。ホームが暗いので足元お気をつけ下さい。」という駅員さんのアナウンスが入りました。


   そっか、全線ってことは停電はこの駅だけじゃないのね。
   電車に乗っている時でなくて良かった~(^^)
   暗いところに閉じ込められたら怖いもんね~。
   復旧に時間がかかるのかな?
   ここからなら会社までもうそんなに遠くないから、タクシーで行こうかな・・・ 


と、地上に様子を見に行こうかと思い始めた頃、また突然にぱちんっと電気が戻って来ました。

うさみは
5分程度待っただけで、復旧した地下鉄に乗ることが出来、たどり着いた会社ビルにも何の問題もなく通常業務が始まりました。

それにしてもまわりのお客さんたちはとても
冷静でした。あせったり怒ったりしてもしょうがないと都会の通勤客はわかっているのでしょうか。
後から考えると、時節柄、テロという可能性もあったわけですよね・・・官公庁街やアメリカ大使館にも近い場所ですし・・・冷や汗物の朝でした。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年8月13日 (日)

こんなDVDを見ました~「ドッジボール」

公開時に興味があったものの見に行く機会を逸していた映画、「ドッジボール」のDVDを見ました。



さびれたスポーツクラブを買収から救うための資金稼ぎに、ドッジボール国際大会優勝を目指すクラブの常連たちのスポーツコメディです。

うさみからすると「このネタではキツすぎて笑えないなあ(^_^;)」というシーンが多かったのですが、ついこの映画を手に取ったのは、「ドッジボール」という球技への郷愁に尽きるでしょう(^◇^)。

続きを読む "こんなDVDを見ました~「ドッジボール」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年8月12日 (土)

モモカンと好物

子供の頃、風邪をひくと食べさせられたもの(=特別な時でないと食べさせてもらえなかったもの)に、うさみの世代は「モモカン白桃の缶詰、がありました(^◇^)。



りんごをすりおろしたもの」というのもちょっと似ていますが、こちらは季節モノですし、どちらかというと、母の愛情を懐かしむ食べ物、でしょうか?
モモカンは、風邪をひいて熱を出し学校をお休みして寝ていなくてはいけない、という嫌なことオンパレードの中の「ご褒美」のようなものだった気がします。

うさみも特別モモカンが好きなわけではありませんが、食欲がないときは缶詰された果物の甘みとつるんと口当たりのいい柔らかさが恋しくなります。

続きを読む "モモカンと好物"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月11日 (金)

課題図書

夏休みというと、読書感想文課題図書、というのがうさみの記憶にあります。
毎年夏休みは課題図書を読んで読書感想文を書かなくてはいけない、というのが、子供の頃から本好きなうさみなのに、あまり楽しくないイベントでした。

なぜ楽しくないかというと、子供の年齢にあわせて選ばれたその年の「課題図書」がたいていどれもうさみの趣味に合わなかったからです(^_^;)。

うさみの趣味が取り立てて変わっていた訳ではなく、ごく普通の童話や漫画好きの子供(^_^;)だったと思うのですが、うさみが見るラインナップはいつも「辛気臭~い、大人は何でこういう本が好きなんだろ~?」と感じるようなものでした。
その証拠(!?)に、だいぶ読んだはずの課題図書のうち、タイトルや内容を覚えているものは一つもありません(^^ゞ。

続きを読む "課題図書"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年8月10日 (木)

うちわ

この夏、うちわを買いました。

←これは朝顔の柄

竹の骨に和紙を張ったもので、表面は鉄線の花がすかし模様のようになっている昔ながらのうちわです。
これであおぐと、まろやかで優しい風が来る気がします。

今までは、うちわと言えば何かのキャンペーンでいただいた、プラスチック骨にコーティング紙のものを使っていましたが、それだと強くても直線的な風しか作れていない気がします。

竹の曲がり方のせいなのでしょうか?
昭和の映画やテレビドラマには、うちわで風を送ってくれるお母さんの姿がよく登場していましたね。優しくゆっくりと右左にうちわを動かして、疲れないのかなあと心配になるくらい、ずっと扇いでくれる「母」のイメージと、うちわの丸いイメージが重なります。

うさみ家はあまり冷房を入れないので(もともとリビングにしかクーラーがついていないし)、夜はうちわでパタパタ扇いでいます。ちょっとだけエコな暮らしかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 9日 (水)

フリーアドレス制とクラッチバッグ

今日の新聞記事で、フリーアドレス制のおかげで、男性のクラッチバッグ(持ち手のないビジネスバッグ)が復活、というのを読みました。

最近男性ビジネスマンが小脇にバッグを抱える姿ってあまり見なくなっていましたね。
うさみはクラッチバッグって、酒屋さんの集金袋のイメージがあって(サザエさんに出てくるサブちゃんがよく持っていたような(^^)、ブリーフケースの方がたくましいイメージでいいんじゃないか、と思ったりしていました。

それよりも、バッグの売り上げを左右するほどフリーアドレス制が浸透して来た、という方が驚きでした。

フリーアドレス制・・・会社で各々の席を決めずに、社員を移動させて、スペースの効率化と社員のコミュニケーションアップをはかる、というやつですね。

外回りの多い営業部門などでは有効かな、と思っていましたが、
IT系の企業などでも導入が進んでいるようです。

うさみは
自分の居場所を作らないと落ち着かないので(今のデスクはマイ文房具、おうじの写真、カレンダーでかなりうさみ色になっています)、毎日違う机に移動させられたら、新鮮かもしれませんが落ち着かないと思います。それに資料や書類がたくさんあるので、毎日これを持って移動すると思うとぞっとします。

紙の書類が多い業種では難しいかな?それとも移動が当たり前になれば、身の回りをスリム化するようになるのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 8日 (火)

温泉パン

先日会社で「温泉パン」の話題になり、うさみも大好きなパンなのでちょっと盛り上がっておりました。

「温泉パン」の全国的知名度はどのくらいなのでしょう?

栃木県喜連川温泉の名産、知る人ぞ知る名品、とうさみは思っています(^^)

そもそも喜連川温泉って聞いたことがない、という方は、さくら市のホームページの観光案内をご覧下さい。温泉パンは、ここのパン屋さんが開発(?)したパンです。お店の
HPには、その経緯がこんな風に書いてあります。

国道4号線と東北本線からはずれてしまい、旧奥州街道の足利家縁の城下町は、明治以降急速に過疎の町へと転落しておりました。昭和56年、当時の町長が町の活性化のため温泉を湧出し、町の特産品のひとつとして加わり「温泉パン」という名前で売り出しました。

なるほど、ふるさと振興のために温泉を掘って、その続きでパンも作ってみたわけですね。温泉饅頭は全国にたくさんあるけれど、温泉のパンはどこにもないだろう、というアイデアがニクイです(^^)

続きを読む "温泉パン"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 7日 (月)

お医者さんの同情心

今日は病気の話題です。他人の病についてなんぞ読みたくないわい、という方は、回れ右して下さいね<m(__)m>

7月後半にひいた風邪、自分では治ったつもりでいましたが、どうやらまだ体の奥に潜んでいたらしく、胃腸にバックファイアして来ました(;O;)。

会社に行ったものの、仕事そっちのけでトイレの住人になってしまい、このままでは家に帰ることも出来ない~と、ヨロヨロしながら会社のビルにあるクリニックに行きました。

お医者様って大変な病気や怪我の患者さんを見慣れていらっしゃるせいか、比較的軽症の患者にはあまり同情がないんですよね・・・確かに命がどうこう言う病気じゃないのは自分でもわかっていますとも!でも今現在立ってるのもつらいし、痛いのに~(;O;)(;O;)

風邪が胃に来たんでしょう。この薬を2・3日飲んでも症状が改善しなかったらまた来てください。

・・・って、うさみは今、すぐ、劇的に、治してほしかったのに~。

それでも1回お薬を飲んで救護室で寝ていたら、大分復活したので、自力で電車に乗って家に戻って来ました。

患者さんの気持ちをいちいち慮っていたらお仕事にはならないでしょうけれど、「それはつらいですね。すぐ治りますよ。」ってひとことおっしゃっていただけるだけで、こちらは治ったような気になれることもあるのになあ・・・
今日はいつもの先生が休暇で代診の先生だったので、余計そんなことを思ってしまいました。(いつもの先生は、診察室に愛犬の写真を飾っていらっしゃるので、個人的なお話はしたことがなくても、きっといい方だろうと思っているのでした(^_^;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月 6日 (日)

ご当地モノ

地方限定、いわゆるご当地もの、がお土産として流行りだしたのは、うさみの周りだと「夕張メロンポッキー」が最初だった気がします。

北海道でしか買えない夕張メロン味のポッキーが大人気で、出張や旅行で北海道に行かれる方にお願いしたりしていました(^_^;)。

今では、ポッキーやプリッツ、コロンなどいろんなお菓子の地方限定版が登場し、旅先で探すのが楽しみになっています。
うさみは今まで試した中では「信州りんごポッキー」が好きです。


もう一つ、ご当地もので流行っているのが、ご当地マスコットですね。特にご当地キティちゃんは観光地や名所に行くと必ずあり、何百というバージョンがあるらしいです。
うさみも3-4個は持っています(*^_^*)。




ところで、今うさみがとっても気になっているご当地ものがあるのです。
それは、昨日コンビニで見つけた「47都道府県生茶パンダつながるマスコット」!

続きを読む "ご当地モノ"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年8月 5日 (土)

この映画を見ました~「パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト」

楽しみにしていた夏休み映画、「パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト」を見て来ました。
Pirates2
1作目の「パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち」はあまり期待せずに見に行って、予想を裏切られてとても面白かった作品でしたが、今度の2作目は、期待して行って期待を裏切られずにかなり楽しめました。

この先ネタバレありです。

続きを読む "この映画を見ました~「パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト」"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年8月 4日 (金)

おうじスムースになる

当家の愛犬おうじが、ロングコートチワワ(通称ロンチー)からスムースコートチワワ(スムチー)に変身しました(^^)

Smooth1
どうでしょう、以前の姿を知らなければ、スムチーで通るでしょうか?

普通ロングコートはトリミングの必要はなく、毛を伸ばし放題なのですが、毛ぶきのいいおうじは、夏暑くてダレ気味。Smooth2
少しは涼しくなればという飼い主心からか、お友達のロンチーのスムチー風カットが可愛かったせいかはわかりませんが、すまっぺが美容室に連れて行って、こうなりました。

顔からおなかからしっぽまで、全身を坊主刈りにされたので、見かけが
2割ほど縮んだ気がします(^^ゞ。
顔の周り、特に耳はもとの毛が短かったようで、カット前と大きさが変わらず、頭と耳が目立ちます。

続きを読む "おうじスムースになる"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年8月 3日 (木)

ハッピーアイスクリーム!

今日届いた某メルマガの編集後記に、「”ハッピーアイスクリーム”と言ったのにまわりが誰も知らなくて、悔しいから流行らせてやります。」という内容の一文がありました。

ハッピーアイスクリーム、うさみの記憶の底にも沈んでいました~、懐かしい~!
小中学生の頃でしょうか?ふたりで同時に同じ言葉を発した時に、「ハッピーアイスクリーム!」と叫んで相手の体に触れた方が勝ち(?)で、アイスをおごってもらえる・・・というような遊び(慣習?)だったと思います。
実際にアイスをおごられた記憶もおごった記憶もないので、前半部分だけいつも実行されていたのでしょうね(^^)

なぜアイスクリームなのか、
Ice cream (アイスクリーム)と I scream(叫ぶ)の発音が同じことから来る言葉遊びなのでは、という説を見かけました。そうだとすると、結構知的な遊びだったのかも(^_^;)、子供の頃は考えたこともありませんでしたが・・・ 

梅雨も明けて暑さ本番、アイスクリームの美味しい季節ですね。
うさみはアイスクリームならキャラメルストロベリーバナナバニラ味が好きです(
*^_^*)。さっぱりしたい時はアズキ味もいいですね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年8月 2日 (水)

ファイルの色

今日の新聞記事で、「今年は鮮やかなピンク色がはやる」という事務用ファイルメーカー、キングジムの決算コメントを読みました。

流行の色をチェックして製品に反映させているそうで、昨年はオレンジ色で狙いがあたり、今年はピンクが来るという狙いらしいです。
店頭で目立つ色・デザイン性を重視したファイルが女性に受けて好調、と言われると、確かにうさみも持ってました、キングジムのファイル(^^)。わずかだけれど業績に貢献させていただいたのかしら?



お店に自分で使う文房具を買いに行ったら、美しい色のものを選びますものね~、背表紙の文字や、角のまるみ・ファイル自体の重さなどもチェックポイントですが、やはり持ち歩くことの多いファイルは自分の好きな色が欲しいです。

続きを読む "ファイルの色"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年8月 1日 (火)

レモン

うさみの会社デスクに置いてある卓上カレンダー、毎月お花のイラストなのですが、8月はレモンの花と実のイラストでした。

7月の紫陽花からレモンに変えたとたん、爽やかな香気が広がった気がしました。
レモンの淡い黄色が目から入ってくるのと一緒に酸味も連想されて、ちょっと涼しい感じがするのかもしれません。



レモン・レモン色(レモンイエロー)のイメージは一般的に爽やかで若々しい、というもののようですね。

続きを読む "レモン"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »