« 紅茶は赤い? | トップページ | 田んぼアート »

2006年9月25日 (月)

ディオールの赤

秋のコスメキャンペーンで一番うさみが目をひかれたのが、モニカ・ベルッチのアップと真っ赤な口紅が黒い背景に浮かび上がる、妖艶でミステリアスなポスターでした。

  ←モニカ・ベルッチの出ている映画

パルファン・クリスチャン・ディオールの新しい口紅、ルージュ・ディオールのポスターです。これぞ赤、というリップスティックの真紅、ケースはメタリックなブルーシルバーのカナージュ(網目模様)、「イタリアの宝石」モニカ・ベルッチの完璧な美貌がベストマッチ(^^)。クラシックなようで、モダンでもあり、タメ息が出るほど綺麗なのです~。

本物もこんなに綺麗な赤なのか、チェックした~い!とディオールのカウンターに行って来ました。

ほあ~、現物もすっごく美しい赤~。
「シネマの撮影で使用する光を集めてスターを美しく輝かせるアンブレラからインスピレーションを受けた、シネマライトマジック効果。光をあやつり、ピュアに輝くルミナスな発色と、鮮やかに輝くサテンの仕上がりを実現。」 だそうです。

お色のラインナップは19色、
「おつけになってみませんか~?」と
BAさんに誘われ、
「ポスターの色はこれですよね?」
「そうです、
752番のプレミエールレッドです。お隣の863セレブリティレッドはもう少し深い赤。人気があるのはこちらのコーラルピンクベージュですね。」



・・・あら?モニカの赤が一番人気かと思ったら、そうじゃないのね、目はひかれるけれど自分でつける気にはならないってことかしら~?それならばなお、チャレンジしてみなくては!(^O^)/
2色を順につけてもらいました。唇にのせても発色がよくて、赤い口が相当目立ちました。ここまで本気で真っ赤になるリップは珍しい・・・買ってみようっと~(*^。^*)。他の色と混ぜたらどうなるのか面白そうだし、うさみ的にこの秋冬のキーカラーはと思っていたので。

「繊細に輝くカラーを持続させます」との宣伝に偽りなし、でとても持ちがよく、いつもならお食事すると口紅の跡形もなくなる唇に、長時間赤が残っていました。

夏の真っ赤はちょっと暑苦しい気がしますが、秋の赤は温まって落ち着くようです(
*^_^*

|

« 紅茶は赤い? | トップページ | 田んぼアート »

コメント

私はうさみに診てもらうまで、よくレッド系をつけていたけど、ディオールでこんなはっきりした赤ってめずらしいね。
最近、以前からある赤は、うさみのブログで知ったグリーンのリップと重ね塗りしています。レッドだけどちょっとパープルっぽいというか深いフューシャみたいになって、秋っぽくて気に入ってます。しかし、私もそろそろ新しいリップが欲しいなあ。

投稿: tama | 2006年9月26日 (火) 08時53分

あらでクリスチャンなどを食事するみたい。

投稿: BlogPetの白うさ | 2006年9月26日 (火) 13時22分

>tamaちゃん
すごく綺麗な赤ですよね~。まあ誰もがモニカ・ベルッチほど似合うとは思いませんけど・・・気分は変わると思います。涼しくなると新しいリップ欲しいですよね。

>白うさ
クリスチャンと食事する、ならよかったのにねえ~・・・

投稿: うさみ | 2006年9月26日 (火) 22時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135432/12037574

この記事へのトラックバック一覧です: ディオールの赤:

» 素敵な香水のつけ方 [フェロモン香水]
香水の素敵なつけ方は、とにかく、つけすぎないこと。 パルファン(香水)は5〜7時間、オー・ド・パルファンは約5時間、オー・ド・トワレは3〜4時間、オー・デ・コロンは1〜2時間 香りが持続するといわれているんです。  そして、時間の経過とともに、トップ、ミドル、ラストと微妙に香りが変わってくるものですね。 ... [続きを読む]

受信: 2006年10月 1日 (日) 18時30分

« 紅茶は赤い? | トップページ | 田んぼアート »