« 芸術の秋~九月大歌舞伎 | トップページ | ディオールの赤 »

2006年9月24日 (日)

紅茶は赤い?

つけっ放しのテレビから流れて来た、あそび歌の替え歌にのせて、最後に商品にたどりつく、というCMのフレーズが耳に残りました。

・・・紅茶は赤い

紅茶のパッケージが赤いのかな?画面を見ていなかったからわからないけど・・・とCMが終わった後、しばらく真面目に考えてしまいました(^_^;)

紅茶って「紅いお茶」でしたね・・・(@_@;)
うさみは濃~く淹れた紅茶が好きなので、紅茶=という連想になってました。

←紅茶にも色のバリエーションがあるんですね(^◇^)


CMのあそび歌の元歌は・・・

♪・・・さよなら三角 また来て四角
四角は豆腐 豆腐は白い
白いはウサギ ウサギは跳ねる・・・♪

豆腐ウサギは白で誰もが納得ですよね(^◇^)。
「ウサギは跳ねる」の後は地方によっていろんなバリエーションがあるようです。うさみの知っているのは、最後が「光るはおやじのはげ頭」で終わっていました。

|

« 芸術の秋~九月大歌舞伎 | トップページ | ディオールの赤 »

コメント

私はどちらかというとコーヒー派、あまり紅茶は頂きません。飲むとしたら、濃いお茶を所望します。
CM・・・ちらっと見たのですが、たしかパッケージが赤だったような・・・。

替え歌・・・私も「光るはおやじのはげ頭」です。歳がばれますかしら?

投稿: ぷりちゃん | 2006年9月24日 (日) 22時01分

以前、紅茶を含むお茶の色名について書いた事があるのでTBさせて頂きました。

私も「光るはオヤジの…」派(!)ですね。

跳ねるは… の後から、もうすっかり忘れてしまった私ですが、最後のフレーズだけは思い出しました。

それにしても… なんだったんでしょうねえ、あの歌…。(^^♪

投稿: Miyabi | 2006年9月25日 (月) 13時35分

黒に近い紅茶!うさみさんは、かなり濃い紅茶がお好きなんですね~。
私は渋いのは少々苦手で・・^^;
最近はコーヒーに比べ紅茶を飲む回数は減りましたが美味しいケーキがあるとやはり紅茶という気分になります♪
それと、秋の夜は紅茶のイメージも・・とくに理由はないのですけど(笑)
「光るはおやじの・・」私も同じでした。懐かしいですね♪

投稿: ofuu | 2006年9月25日 (月) 18時32分

>ぷりちゃんさん
やはりパッケージも赤だったんでしょうか(^◇^)?
喫茶店の紅茶はたいてい薄すぎてあまり美味しくないですね。

>Miyabiさん
TBありがとうございます。そうですよね、お茶の色だから葉っぱの色でもよさそうなのに、淹れた液体の色を表してるんですね。
子供の遊び歌ってナンセンスなような、深い意味があるような、面白いですね。

>ofuuさん
濃い紅茶に牛乳をたぷたぷいれてミルクティーにするのが好きです(*^_^*)。確かに秋の夜は紅茶、って感じがしますよね。

投稿: うさみ | 2006年9月25日 (月) 21時53分

 その昔、評判の良かったMiyabiオリジナル(?)のミルクティの入れ方…。
 
1)紅茶葉をお鍋で、軽く、から煎り。
 この時、焦がさないようにお鍋を振り振り… 気をつけるけれど、ギリギリまでシッカリ炒ると、香ばしくなります。

2)牛乳をお鍋に入れます。 
  この時、チュン!とお鍋が鳴きます。

3)一度、ちゃんと沸騰させ、ふきこぼれる寸前に火を止めます。

 濃い目のミルクティがお好きな方はお試し下さい。

 思春期喘息で苦しんでいた高校・大学の頃、発作が出て寝られない夜は、苦しい息の元、両親を起こさないようにそ~~~っとキッチンに立ち、このミルクティを作って2階に上がり、座椅子を上げたベッドの上でふ~ふ~ゼィゼィ言いながら、飲んだものです。
 切ない思い出ですね。

投稿: Miyabi | 2006年9月25日 (月) 23時50分

>Miyabiさん
とっておきのレシピ公開、ありがとうございます 
茶葉をミルクのみで煮立てるのはやったことがありますが、葉のから煎りは初めて聞きました。香りがよくなりそうですね、今度やってみます!

投稿: うさみ | 2006年9月26日 (火) 22時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135432/12022565

この記事へのトラックバック一覧です: 紅茶は赤い?:

» お茶の色 あれこれ・・・ [色彩の広場 〜Color Park〜]
【昆布茶】 この色が付けられた色があることをご存知ですか? 私は知りませんでした。 結論から言うと、柴(ふし)と言う山野に生える雑木を煎じた汁で染めた柴色(ふしいろ)の近世の色名で、甘い感じもする明るめのくすんだ茶色です。PCCSのカラーカードで見るとg6...... [続きを読む]

受信: 2006年9月25日 (月) 00時15分

« 芸術の秋~九月大歌舞伎 | トップページ | ディオールの赤 »