« 薔薇バラばら | トップページ | パリとバリ »

2006年10月 3日 (火)

太陽の塔とスラムダンク

日本のメディア芸術100」という文化庁が募集していたアンケート結果が発表になっていました。
1950年代から現在までの日本を代表するメディア作品を、アート・エンターテインメント・アニメーション・マンガ4部門に分けて一般・専門家の投票により決定したそうです。

それぞれの部門の
1位は以下の通りでした。

アート部門 : 太陽の塔 
エンターテインメント部門 : やわらか戦車 
アニメーション部門 : 新世紀エヴァンゲリオン 
マンガ部門 : スラムダンク

太陽の塔は、うさみだけでなく大阪万博(1970年)を知る世代には強烈な印象が残っているようですね(^^)。最近のファンは「芸術は爆発だ!」のCMはご存知ないでしょう(^_^;)。あの頃は「変わったおじさん~」、と思っていましたが、今作品を見るとパワーに圧倒されます。

アニメーション部門の1位がエヴァとは、ちょっと意外かな~?
アニメを見たことのある人の数で比べたら、
2位の「風の谷のナウシカ」の方が多いのではないでしょうか?うさみは好みで行けばナウシカですが、エヴァも強烈な印象がありました、全部見ても何だかよくわからないのが気になったし・・・(^^ゞ。



マンガ部門1位
スラムダンクなのは、大ファンとして嬉しいですね~。
スラムダンクの面白さについて語りだすと止まらないのでやめておきますが・・・日本の文化として世界に紹介して恥ずかしくない、時代や場所を問わずに感動を呼ぶ作品ですよね
(*^^*)

マンガ部門も
2位が「ジョジョの奇妙な冒険」ってシブイというか、ちょっとマニアックですね(^^)。人気がないとすぐ打ち切られるという少年ジャンプで長期連載していたので、コアなファンがいるとみえます、来年アニメ映画化だそうです。



ベスト
10少女マンガが入っていないのは寂しいです・・・回答者に男性が多かったのかな~?ベスト20には、「のだめカンタービレ」「動物のお医者さん」が入っていました。

|

« 薔薇バラばら | トップページ | パリとバリ »

コメント

こんばんは(^_^)
日本のメディア芸術100選そのような事が
あったのですね。
あぁ~残念、知りませんでした。
私は、「芸術は爆発だ!」は、知っています
実は、私も「変わったおじさん~」と、思ってました。
ホント!
すごいパワーですよね\(◎o◎)/!
そして、スラムダンク!
ぐいぐいと、ひき込まれましたね。
同じく、少女マンガが入っていないのが
寂しいと思いました。

投稿: りる | 2006年10月 7日 (土) 01時00分

>りるさん
私も投票募集をしていたのは知らなくて、結果発表だけ見ました。投票できたとしたら、モー様に1票、かな~?

投稿: うさみ | 2006年10月 8日 (日) 10時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135432/12149717

この記事へのトラックバック一覧です: 太陽の塔とスラムダンク:

» 日本のメディア芸術100選 やわらか戦車 [流行通信★ハヤリものはコレだ!情報市場]
文化庁主体のアートからエンターテインメントまで横断する「日本のメディア芸術」を体系化する試み。 アート、エンタテイメント、アニメーション、漫画の4部門 太陽の塔、ピタゴラスイッチ、mixi、スラムダンク、新世紀エヴァンゲリオン、鋼の錬金術師などが選ばれた。 特筆すべきは、「やわらか戦車」も選ばれていること。 ... [続きを読む]

受信: 2006年10月 5日 (木) 11時46分

» やわらか戦車 (日本のメディア芸術100選より)  [瞬★旬!キーワード〜このヒトだあれ?]
その名の通り、「柔らかい戦車」。 他の追随を許さぬ弱さを誇る兵器です。 14歳のわけがないラレコさんが作ったFLASHの作品の中のキャラクターです。 文化庁主体のアートからエンターテインメントまで横断する「日本のメディア芸術」を体系化する試みである日本のメディア芸術100選に選出されました。 ... [続きを読む]

受信: 2006年10月 7日 (土) 22時25分

« 薔薇バラばら | トップページ | パリとバリ »