« 上を向いて歩こう♪ | トップページ | うさみのラグジュアリー »

2006年11月20日 (月)

こんな漫画を読みました~「チャングム」

韓国ドラマとしては珍しく男性にもファンの多い「宮廷女官チャングムの誓い」の漫画化作品を読みました。




絵柄があまり好きではないかもと、買うのを思いとどまっていたのですが、ドラマ放送は飛び飛びに見ていてストーリーの詳細がわからないところがあったので、おさらいのつもりで漫画全3巻を揃えてみました。

うさみはこのドラマを見るまで、恥ずかしながら韓国の李氏朝鮮王朝に関する知識は全くありませんでした(^_^;)。
なのでチャングムが成長していくストーリーと共に、当時の慣習や文化を知ることが出来てとても面白かったです。
漫画本にも、チャングムに出てくる用語解説がのっていて、復習させてもらいました(^◇^)。

医師たちが直接、位の高い皇后を触診することが出来ないので、医女という存在があるのは何となく理解できていましたが、それが元は儒教思想によるものだとは驚きでした。庶民の間でも女性は男性医師に診てもらうのを嫌がって、病気を悪化させてしまう者が多かったため、医女という制度が作られたのだそうです。
チャングムや済州島の医女チャンドックの活躍ぶりを見ていると、韓方医学ってすごいなあと思いますが、人の体に触れる職業は下賤とされ、宮中の女官よりずっと下の立場だったというのも、今の感覚からすると意外です。

うさみはハン尚官様(チャングムの料理の師匠、亡くなったお母さんの親友)が一番好きなキャラクターでしたが、韓国でもとても人気があり、視聴者からの要請でもっと短いはずだったスラッカン時代の話が長くなったのだそうです。

漫画は全54回のドラマを3巻にまとめてあるので、メインの筋のみを辿っています。あらためてドラマをいちから見直したくなりましたが、20回のドラマでも大変なのに、チャングムは長すぎます(^^ゞ。

今度韓国に行く時は、ぜひ「大長今テーマパーク」を訪れ、韓服の女官ルックをしてみたいです(*^_^*)

|

« 上を向いて歩こう♪ | トップページ | うさみのラグジュアリー »

コメント

チャングム漫画化されているのですね。
おさらいには、良さそうですね。

ほぉ~韓国には、大長今テーマパークというのがあるのですか。
女官ルックになれるなんて
いいですね。

投稿: りる | 2006年11月21日 (火) 23時16分

>りるさん
テーマパークはソウルから1時間くらいのところにあり、ロケに使った建物をまわったり、登場人物たちと同じ格好をして写真を撮ったりできるそうです。ドラマ好きにはこたえられませんね。

投稿: うさみ | 2006年11月22日 (水) 18時26分

それまでは冬ソナがベストと思っていましたが、チャングムが始まると毎回その知恵や思慮深さに惹かれました。BSでやっていたときに録画して何度も観ました。アニメは1度観ましたが子ども向けにも良くできていると思います。まじめに賢く生きることのすばらしさを今の子どもたちにも伝えたいといつも思わせてくれました。

投稿: Mayusan | 2006年11月22日 (水) 23時10分

>Mayusanさん
親を敬愛し、友達を大切にする・・・最近子供の悲しい事件が多いけれど、チャングムをみて少しでも何か感じる人がいるといいなあと思います。

投稿: うさみ | 2006年11月23日 (木) 21時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135432/12771874

この記事へのトラックバック一覧です: こんな漫画を読みました~「チャングム」:

» チャングムの誓い [今、話題のキーワード]
nhk チャングムの誓い あらすじ dvd 宮廷女官 チャングムの誓い 最終回 再放送 韓国ドラマ キャスト 視聴率 nhk総合 動画 主題歌 nhkドラマ cd ネタバレ ミンジョンホ ドラマ 画像 壁紙 クミョン ラベル 感想 登場人物 ヨンセン ステラ 河北新報 携帯 54話 ツアー シンビ [続きを読む]

受信: 2006年11月24日 (金) 15時13分

« 上を向いて歩こう♪ | トップページ | うさみのラグジュアリー »