« 鏡よ鏡 | トップページ | 最近読んだ本あれこれ »

2006年11月 1日 (水)

梔子と沈丁花

うさみは花の香りが好きで、このブログでも使っている香水を紹介したことがありますが、手に入りにくいが故になお恋しい香り、というのものがあります(*^^*)

シャネルの「ガーデニア」という香水で、世界のシャネル・ブティックのうち限られた店舗にしか売っていない限定品らしいです(どこなら売っているのか確かめたことはないですが、少なくとも日本には売っていません
(^^ゞ。

ガーデニア"
Gardenia"という名前の通り、梔子(クチナシ)の花の香りが優しく甘く上品です。
シャネルの
No.5を作り出したエルネスト・ボーという調香師が1925年に発表したものの復刻版だそうで、なるほど昔のハリウッド映画の女優さんのような奥ゆかしさを感じます。

最初に手にしたのは、何かのキャンペーンで東京のデパートで限定数を売り出した時、偶然にでした。
一度ですっかりファンになり、少しずつ使い、中身がなくなってもボトルを捨てられずに取ってありました。

最近は通販で日本未発売の化粧品も簡単に入手出来るようになりましたが、ガーデニアは品切れのことが多く、あってもお高め。
先日、たまたまキャンペーン期間で割引で出ているのを見かけ、即購入しました
(^^)

クチナシと並んでうさみの大好きなお花は金木犀沈丁花です。

金木犀の香りはよくありますが(人によってはキンモクセイってトイレの芳香剤を思い出してお嫌いらしいですね・・・芳香剤の人工的な香りと本物のお花は違うのに(T_T)、沈丁花の香水、というのはまだ見かけたことがありません。

↑キンモクセイの香りが入っている香水


最初にツンと鼻にきて、そのあとふわっと甘酸っぱさが広がる、春一番に咲く小さいお花、沈丁花・・・香水の本場、ヨーロッパなどにはないお花だから香水が作られていないのかしら?どこかにないかなあ、と探しています。

|

« 鏡よ鏡 | トップページ | 最近読んだ本あれこれ »

コメント

こんばんは(^_^)
うさみさん、ご紹介の香水!
どれも素敵な感じですね。
私は、香水をつけていないのですが
読んでいて、素敵~と
とても惹かれて、きました。

沈丁花の香水、どこかにあると
いいですね。

投稿: りる | 2006年11月 2日 (木) 22時02分

>りるさん
香水はボトルが綺麗なので、並べて見ているだけでも楽しいですね~。

投稿: うさみ | 2006年11月 3日 (金) 15時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135432/12517265

この記事へのトラックバック一覧です: 梔子と沈丁花:

» シャネル バッグ選びのポイント [シャネル バッグ バック選びの方法 シャネル編]
バッグ選びのポイント、基本はどの洋服にも合う色、持って歩く量により大きさを決める、物入れかおしゃれ用か、旅行かなどの目的別に決めるのが大切です。 ・・・ [続きを読む]

受信: 2006年11月 4日 (土) 10時30分

» シャネル(Chanel)の化粧品 優雅な魅力 [シャネル(Chanel)の化粧品 優雅な魅力]
シャネルは、「どうして女は窮屈な服装に耐えなければならないのか」という積年の疑問への回答として、素材を女性服に応用し、スポーティでデザインのシャネル・スーツを生み出した。この姿勢は、シャネルの後を引継いだ、カール・ラガーフェルドにも引き継がれている。 [続きを読む]

受信: 2006年11月25日 (土) 23時30分

« 鏡よ鏡 | トップページ | 最近読んだ本あれこれ »