« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月31日 (水)

ヴァレンタイン2007

地元スーパーにも、今日からヴァレンタイン特設売り場が出来ていました。
14日までに週末はあと2回ですから、ヴァレンタイン商戦本番ですね。

最近はヴァレンタインで自分用にチョコレートを買う女性が多くなったので、見かけより味重視の品が増えてきているそうです。
そうですね~、プレゼントなら豪華に高価に見えることも重要ですが、自分で食べるならパッケージの美しさもさることながら、やはり美味しいチョコが欲しいですものね(^○^)。

うさみは毎年会社用の義理チョコをデパートに滑り込みで買いに行っていましたが、今年はヴァレンタイン特設会場で人ごみにもまれるガッツがないので、ネットでゲットしようかと思っています。
自分も食べたいものを選んで、ひとつ多めに頼んでしまいましょう~。

アニヴェルセルのこのチョコケーキにとても惹かれましたが、義理チョコはお手ごろ価格なもの人数分か、お値段がはっても個人に分けられるものでないといけませんよね。
ケーキは切る手間もかかりますし、お皿やフォークも用意しなくてはですし、お持ち帰り出来ないので却下。自分で食べるには、これはちょっと大きすぎですね(T_T)。



ダマスクローズ
の花びらが入っているル・ショコラティエ・タカギのホワイトガナッシュはお洒落だし美味しそう~(*^。^*)。自分チョコ候補ナンバーワン!

ストロベリーレモンのトリュフのヘフティも自分チョコにはいいですね~、イタリア・タソッティ社のオリジナルプリントボックスも美しいですし。

続きを読む "ヴァレンタイン2007"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年1月30日 (火)

室内犬おうじ

うさみ家は週明けから病んでいました(;_:)。

妹すまっぺは風邪で鼻水咳下痢、うさみは激しい胃痛でダウン・・・会社に病欠の連絡をしたら、うさみの向かいの席の同僚も同じような症状でお休みだったそうで、「ノロウィルスじゃない!?あっちからこの方向に蔓延してるのよ~!」とミニ恐慌状態だったらしいです。
おかげさまでノロではなかったようで、何とか快方に向かっています。

愛犬おうじだけが元気いっぱいで、寝込んでいるうさみとすまっぺの部屋を巡回していました。
看病はしてくれませんが、添い寝はしてくれます(-_-;)。
ただ、人間の腕に頭をのっけて休むのが好きなので、長時間やられると、いくら総重量2キロちょっとでも腕が重くなります。


せっかくの暖かいお散歩日和でしたが、おうじは外に連れ出せない飼い主ズに文句を言うこともなく、一番日当たりのいい窓際で、カーテンとガラス窓の間に入って日向ぼっこしていました。

続きを読む "室内犬おうじ"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年1月29日 (月)

安眠枕(-_-)zzz

前から気になっていた低反発枕、テンピュールを購入しました(^◇^)。

うさみは枕の高さ固さにはちょっとこだわりがあります(^_^;)。
低くて適度に柔らかい枕が好きなのです。
肩こり性なせいと、夜中に寝返りをうって体の向きを変えることが多いからなのかなと思います。

昔ながらのソバガラ枕のような固い枕や、パンパンに中身が詰まって高い枕だと落ち着いて眠れません。
宿泊した旅館でそういう枕にあたってしまうと、座布団にタオルを巻いて代用するか、枕なしで寝るか、ちょっと悲しいことになってしまいます(;O;)。

家ではずっと羽根枕を愛用して来ましたが、お友達の家でためさせてもらったテンピュール枕の、首から頭がぽすんと沈んではまる感じが快適で、自分も欲しくなりました。

NASAが開発した技術で、温度と湿度にあわせて素材が変化して、枕にかかる体圧を均等なレベルで保つ、のだそうです。
うさみが買ったモデルは、特に仰向けでも横向きでも、肩から首がフィットして疲れないデザインだそうで、肩こり頭痛もちには良さそうです。



これで寒くて凍える夜も、暑くて寝苦しい夜も快適に安眠できるといいなあ~。

| | コメント (5) | トラックバック (2)

2007年1月28日 (日)

アルガンオイルでマッサージ

最近うさみが凝っているのが、このマッサージオイルです。
20070127_p1020854
モロッコのアルガンオイルというオイルをメインにイランイランジャスミンのエッセンシャルオイルが入っている、とても香りのいいオイル
(^^)

アラビアンナイトに出てきそうなボトルのデザインも凝っていて素敵ですが、中ぶたがついていないので、手に取り出す量の調節が出来ないあたり、フランス製っぽいというか、日本のメーカーだったらこうじゃないだろうな、というか(^_^;)

アルガンオイルというのは、モロッコのサハラ砂漠にしか存在しないアルガンツリーという乾燥に強い木の果実から取れ、サハラ砂漠の遊牧民の間で食用・薬用として使われてきたものだそうです。



うさみは知りませんでしたが、最近、ビタミン
Eを多く含むスローフードとしても注目されているそうです。7年間雨が降らなくても枯れないという強靭な生命力は、日本の植物では考えられないですね~。

続きを読む "アルガンオイルでマッサージ"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年1月27日 (土)

コンビニでコレクション

うさみはよくコンビニに行きます(^^ゞ。

オフィスから歩ける範囲に、どのコンビニがあってどのくらいの品揃えかということはだいたい頭に入っています。お弁当の品数が豊富なところ、おやつがたくさんあるところ、肉まんが美味しいところ、バナナがおいてあるところ、などなど・・・。
いい年して中高生みたいなことをやるな、とは言わないで下さいませ(-_-;)、お昼の食糧にバラエティを持たせる為には結構重要な情報なんです。

急いでいる時や、雨の日は必然的に会社から一番近いお店に行きますが、余裕のある時は何かを求めて少し遠くのお店まで行ったりします。

今月のうさみは、サークル
K・サンクスチェーンに必死で通っていました(^^ゞ。20070127_p1020853
今月いっぱいの「ムーミンキャンペーン」で、商品についているシールを集めると、ムーミンのイラストがついたスープマグカップをもらえたからです。

そういうオマケに弱いのは、母譲り(うさみ母はヤマザキパンの白い皿コレクター)・・・
いらないものをわざわざオマケのために買うことはありませんが、どうせ買うものなら可愛いオマケがもらえる店で買いたいじゃありませんか
(^^)

続きを読む "コンビニでコレクション"

| | コメント (7) | トラックバック (1)

2007年1月26日 (金)

冷暖バトル

うさみが働いているオフィスでは、夏は冷房の温度設定をめぐって激しいバトルが繰り広げられていましたが、は冬で厳しい戦いが続いています。

冬の方が戦術(?)はより複雑です。
なぜなら、温度に加えて暖房冷房という選択があるからです
(-_-;)

冬に何故冷房?と思われるかもしれませんが、冬でも暑いところは暑いのです
(>_<)

ビルの全館暖房や日光とガラス窓の金魚鉢効果による温度上昇を局部冷房で無理やり下げようとする人がいれば、冷気に直撃される席の人が設定温度を上げに行き、すると室温上昇に気付いた暑がり族が空調をオフにし、切れた空調で息苦しくなった人が暖房をつける、というように、一日で
温度が不自然に乱高下しています。

窓を開けて換気が出来れば何とかなりそうですが、はめ殺しで開きません。
温度も湿度も調節は機械に頼るしかなく、電気を食うばかりです。

世間はウォームビズで室温
20度にしましょうというお上からのお達しに沿っているというのに、こんなことでいいんでしょうか(>_<)

冷え性うさみの体にもすこぶる良くない環境です・・・暖房がききすぎると頭がのぼせて痛くなるし、冷房を強くされると足元ばかりが冷えますし、温度はいいかなと思っても湿度が高くもあ~っとしているとまた不快ですし・・・

最先端のはずのオフィスで、冬に
うちわで必死に風を送っている空しさよ
(T_T)

20070126_p1020850仕事が終わってエレベーターホールに出ると、寒いよりも涼しく感じて息がつける日々でしたが、今日は会社ビルのすぐそばで
紅梅がほころび始めたのを見つけました。

暖房がいらなくなるまであと少し、かな~(*^^)v

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年1月25日 (木)

レンタルブックと「舞姫10巻」

うさみが会員になっている大手DVDCDレンタルショップのTSUTAYAで、漫画本のレンタル始まるそうです。

CDDVDのレンタルと同じように、著作権者にきちんと貸与料が支払われる仕組みが出来、2月から正式運用が始まるので、他にもレンタルブックを始めるお店が増える見込みだそうです。


うさみが高校生くらいまでは、近所に貸し本屋さんがあって、よくコミックスや週刊漫画誌、図書館だとなかなか順番が回ってこない文芸本新刊などを借りていました。
週刊誌は古くなると格安で売り出していたので、表紙のカラーページが欲しくて買ったりもしていました。
その後景気がいい時代には、貸し本ははやらなかったようで、いつの間にかなくなっていました。

おばさんになったうさみは、漫画本なら「大人買い」が出来るようになり(と言っても一度に買ったことがあるのは最高
10冊くらいかな。それ以上は重くて持てないし、漫画の早読みが自慢!?のうさみでも一気に読み切れません(^_^;)、反対に本屋さんで漫画の立ち読みをするのが気恥ずかしくなって、気になった漫画はとりあえず買ってしまいます。
漫画本にビニールカバーをかけない本屋さんが減ったので、立ち読み自体しづらくなっていますけどね
(^_^;)

続きを読む "レンタルブックと「舞姫10巻」"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年1月24日 (水)

猫系?わんこ

うさみが会社に向かうお日様がまだ上がりきらない早朝も、会社帰りのすっかり日暮れた夜も、冷たい雨がザーザー降っている日も、街角でお散歩している飼い主さんとわんこを見かけます。
嬉しそうに走っていくわんこのピンと立ったしっぽとプリプリ揺れるお尻を見ていると、元気の素をもらって嬉しくなります
(^^)

よそのわんこから分けてもらわなくても、自宅のわんこで元気になればいいようなものですが、うちにいるわんこは時々わんこじゃなくて
にゃんこなんじゃないだろうか、と思ってしまうほどわんこらしさに欠けている気がします
(>_<)

とにかく寒がり
年齢と共に冷え性が高じるのは人間と同じなのでしょうか、今月無事
8の誕生日を迎えたおうじですが、子犬の時より寒がり度が増した気がします。

Ojiwarm 冬は洋服
2枚重ね着がマストです。半纏やセーター、フリースのような地厚のものを着ないと冷えておなかを壊したりします(T_T)
←フリース+半纏でぬくぬくお休み中のおうじ(^^ゞ


風の強い日、雨の日は決して散歩に出ようとせず、無理やり連れ出しても固まって歩きません。Ojikatamari ↓公園の真ん中で固まって動こうとしないおうじの図(-_-;)


そしてわんこは人間に
愛想がいい、誰にでもしっぽを振る、というイメージがありますが、おうじは人間の選り好みをし、気に入らない人には近寄りません。人見知りというのとも違うようです。


唯一犬らしいと思うのは、食い意地が張っているところですね
(^^)
↓ご飯皿を前に「お預け」しているおうじ・・・少しでも早くもらおうと「くれくれビーム」を出しています(^◇^)
Ojieat

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年1月23日 (火)

PASMOとプリペイドカード

電車内や駅で、「318PASMOスタート」という、可愛いロボットのキャラクターがついたポスターを見かけるようになりました。

1枚で関東地方の私鉄各社とバスに乗ることが出来、JRとも乗り入れ可能、電子マネーとしても使えるという非接触型ICカードだそうです。
今は通勤定期券と
SuicaJR東日本のICカード)、パスネット(関東私鉄各社のカード)、バス共通カードが入っている定期入れがPASMO一枚で済むようになるということですね。



パスネットの
PASともっと(MORE)MOで「PASMO」、「ぱすも」という語感がもっちりころりんとして可愛らしいですね(^^)

乗車カードの愛称は、カタカナにすると
3文字で、表示はアルファベットというものが多いのは、今のはやりなのでしょうか?
SuicaJR東日本)、ICOCA(JR西日本)、TOICAJR
東海)、PiTaPa(関西私鉄各社)、IruCa(高松琴平電鉄)、LuLuCa(静岡鉄道)、RapiCa(鹿児島市)・・・何を縮めた名前でどこで使えるのか、いつも使っている人でも当てるのが難しいかも(^^ゞ。

続きを読む "PASMOとプリペイドカード"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月22日 (月)

グーグル革命

昨日のNHKスペシャル、「”グーグル革命”の衝撃 あなたの人生を検索が変える」を見ました。今後のネット社会をリードする企業の話は、とても興味深かったです。

日本でも、ネットユーザーでグーグル・Googleをご存じない方はほとんどいらっしゃらないでしょう。世界中のすべての人が一日に1回は検索ワードを打ち込むといわれている巨大検索エンジン・・・うさみも平均すれば一日1回はお世話になっていると思います。

番組で描かれていたのは、主にグーグルの生まれ故郷アメリカで、普通の人々の暮らしにどれだけグーグルが食い込んでいて、グーグルがどんな新しいビジネスチャンスを生んでいるか、ということでした。

ログインしてグーグルを使っていると、過去に検索したキーワード、グーグル経由でネットショッピングした履歴、メール履歴など、その人の生活がたとえ本人が忘れていてもすべて記録・記憶され、好みや要求に合いそうな広告が表示される・・・何もかもをある企業に握られているって、便利な一方、怖いことではないかと思いました。

さらに、今テスト中の無線LAN接続システムを使うと、街中どこからでもネットにアクセスできるのは便利ですが、グーグルがその人の居場所や行動範囲を把握し、今いる場所に近いお店などの宣伝を送りつけるのだそうです。
犯罪者に仕立てられた無実の主人公が、GPSの精密版みたいなシステムに正確に居場所をつかまれて追い詰められる、というハリウッド映画を思い出してしまいました・・・(-_-;)

続きを読む "グーグル革命"

| | コメント (3) | トラックバック (7)

2007年1月21日 (日)

韓ドラの不思議

この週末で、韓国ドラマ星を射る」全16話を見終わりました。



難読症の青年が、お人よしでお金とは縁のないマネージャー兄妹と出会って、希望と愛を得て俳優への道を歩いていくというストーリーです。
(主題歌がどこかで聴いた曲で、洋楽ポップスのカヴァーかと思っていたら、チャゲ&飛鳥の On your mark でした(^^ゞ


韓国ドラマの典型にもれず、主人公はあくまで清廉でまっすぐ、悪役(芸能プロ社長と相手女優)はここまでやらなくても、と思うほど悪辣で策略家で非道でした(-_-;)。
韓国ドラマって、見ている人が期待しているパターンからはずれないことが多いので、カタルシスになるんですよね~。
登場人物たちのキャラクターやストーリーは、わかりやすいと思いますが、時々主人公たちの言動で?と思うことがあるのは、やはり韓国と日本の習慣や文化の違いのようです。

韓ドラを見て、常々うさみが不思議に思っていることを列挙してみました。
理由等、何かご存知でしたら、教えていただけると嬉しいですm(__)m。


★ 話したくない相手から携帯に電話がかかってきた時、携帯の電池を抜く


こういうシーン、いくつかのドラマで見ました。携帯の画面でかけてきた相手の名を見て、喧嘩中の恋人だったり、気まずい友人だったりすると、バキャっと携帯の電池を引っこ抜く・・・(@_@)
出ないと何度もかかってきてうっとおしい、という気持ちはわかりますが、だったら電源をオフにすればいいのに何で電池を抜くの!?何の意味が!?と思っていたら、韓国の方が答えてくれるドラマに関する質問コーナーに同じ質問がありました。お答えがこれ↓

   携帯を鳴らしても電話に出てくれないというのは相手を不愉快な気持ちにさせる事ですし失礼な事ですので、電池を取り外してしまえば電波が届かない場所にいるという事になりますから・・・(中略)・・・今は誰からも話しかけられたくないという事でしょうね

気の短い韓国の方々は、携帯ってかけたらすぐ相手が出てくれないと気分を害するのかもしれません。悠長に「メッセージ聞いたら折り返し電話ちょうだい。」などという待ちの姿勢が耐えられないのかも、と思いました。
日本にも気の短い人はいますが、街中で誰かが電池を抜いているのは見たことがないなあ・・・(^^ゞ

続きを読む "韓ドラの不思議"

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2007年1月20日 (土)

春は苺

ハウスものなら一年中が手に入る昨今ですが、あの丸くて赤い実と甘い香りは、やっぱり春のイメージとつながっています(^◇^)。

今日のうさみは、春を待ちかねて、思わずこんな苺を買ってしまいました。

苺大福、本物のイチゴの箱に見立てた箱入りです。Ichigodai1
Ichigodai2 普通の苺大福は、大福餅の中に苺が入っていますが、ここのお店のはお餅の上に苺がのっているので、赤くて綺麗な苺が目立っていて、人気ものです(*^^)v。

苺はナマで食べても美味しいですし、生クリームともばっちり合いますが餡との組み合わせもなかなかですよね~♪


こちらは苺をコーティングしたチョコレート、包み紙も苺で、入れ物(袋)も苺です。Ichigo3
子供っぽいとは思いつつ、赤と緑のポップな色使いに温かみを感じて買ってしまいました\(^o^)/。

続きを読む "春は苺"

| | コメント (6) | トラックバック (2)

2007年1月19日 (金)

ポイントを貯める

最近うさみは、ポイントサイトのミニゲームでちょっとした1日の運試しをしています。

懸賞・小遣い ちょびリッチ

もぐらたたきのネット版で、制限時間内にどれだけマウスを移動させてもぐらの頭をダブルクリック出来るか、ただしたまに出てくる違う種類のもぐらをたたいてしまうと獲得した点数からマイナスされてしまう、という簡単なゲームです。

きっと反射神経のいいゲーマーさんなら、ほとんどミスせずたたけるのだと思いますが、うさみは名うての(?)運動音痴ですので、ボヤボヤしていると数匹しかたたけないまま終わってしまいます。それならと、穴から頭を出すもぐらを総たたきにかかると、はずれのもぐらでマイナスポイントを稼ぐだけ(T_T)。

それほど真剣になることでもないのですが、へたっぴなゆえに、最低レベルの10匹でも倒せるとすごく爽快で嬉しいものです。

自分のPCに最初からインストールされている簡単なゲームも数種類あるのですが、やはり人間、たとえ小さくても何かもらえる方がやりがいが出るというものですよね(^-^)。

もぐら10匹で1ポイント・・・うさみレベルだと現金や賞品と交換出来るまでは何年もかかりそうですが、いいんです、もらえなくてもポイントがたまっていくと嬉しいから。

続きを読む "ポイントを貯める"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年1月18日 (木)

紙だらけ(T_T)

うさみのいる部署の同フロア内お引越が来月半ばに決まり、みんな普段サボっていた古い書類やファイルの整理を始めています。

ファイルを箱詰めして保存用倉庫に送る作業は、うさみの苦手で出来ればやりたくない作業トップテンに入りますので、キャビネットに隙間のある限りはファイルを縦にしたり横にしたり重ねたりして詰め込んできました
(^_^;)
このままお引越しては、キャビネットが迷宮になってしまいそうですし、ためればためるほど倉庫送りが大変になるだけ、とようやく重い腰をあげ、今週から整理と箱詰めを始めました。



それにしても、何と紙の多いことでしょうか・・・
(T_T)
コンピューター化、システム化されても、結局証拠を残したり、チェックをしたりするためには紙が必要になり、帳票やレポートは増えるばかりで減りません。
メールの添付ファイルで書類をもらっても、印刷しないと読みにくいので、受け取った人がそれぞれ印刷して紙を使ってしまいます。

地球に優しくないことをしているなあと、紙の山を見るにつけタメ息が出ます
(-_-;)

続きを読む "紙だらけ(T_T)"

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2007年1月17日 (水)

東京の街を駆け抜ける!東京マラソン

来月の18日、第1回目の東京マラソンが行われます。
今まであった「東京国際マラソン」と「東京シティロードレース」が合体し、市民参加型マラソンをめざして開かれるのだそうです。


運動音痴のうさみには何の関係もありゃしませんわね、と思っていたら、うさみの会社の大ボスが市民ランナーとして走るそうです。
よく会社の昼休みにスポーツクラブで泳いでいると聞いていますし、年齢(40代半ば)の割にはスマートだと思いますが、それにしてもフルマラソンはきっついんじゃないでしょうか?大丈夫かな(_;)  

公式サイトでコースを見たら、新宿の都庁前をスタートして、四谷・飯田橋を抜け、皇居外周をまわって日比谷通りから第一京浜を通り(このへん、新春の箱根駅伝と同じコースですね)品川まで行って折り返し、銀座・日本橋から浅草吾妻橋へ、同じ道を銀座まで戻ったら今度は晴海通りを海に向かってゴールの有明ビッグサイトまで・・・書いているだけで息が切れてきました~
(>_<)

これ、車や地下鉄で移動しても相当距離ありますよ~、・・・って距離はマラソンなんだから最初から
42.195キロに決まっているんですが、よく知っている場所でどこからどこまで、と言われるとその距離を実感します(^_^;)
うさみなんて歩きでも絶対無理!日比谷から日本橋(地下鉄で
2駅区間)くらいがリミットです・・・。

よく参加費
1万円も払ってこんな難行苦行をやろうと思う人がいるものだ、と感心していましたら、この大会、25,000人の定員に3倍以上の申込があって、抽選で出場者が決まったんだそうです。
東京都民ばかりではないんでしょうけれど、フルマラソンを走ることが出来る人が
8万人近くもいるのか~、と驚きました(^^ゞ。

続きを読む "東京の街を駆け抜ける!東京マラソン "

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年1月16日 (火)

眼鏡

新しい眼鏡を買いました(^^)

うさみはずっとハードコンタクトレンズ使用で、眼鏡はコンタクトをはずした後の補助用として持っていました。
それがここ
1年ほどはコンタクトでは眼の乾燥が激しく長時間の使用に耐えなくなってきて、主に眼鏡を使うようになりました。

毎日使っていると、ずっと同じ眼鏡はあきるなあ~、でもまだ買い換えるほどでもないし・・・と思っていましたが、お友達が最近行った眼鏡屋さんがオシャレでお値段もとてもお安かったというので、うさみも行ってみました。

フレームとレンズセットで
5,250円から、なのですが、どれもカラフルでなかなかオシャレなフレームばかり。
う~ん、これなら安い眼鏡を求めて韓国に行く必要がなくなりますね~
(^_^;)。(韓国は眼鏡の品質が高くて安く、出来上がりも早いので有名、ソウル旅行に処方箋を持って行って眼鏡を作ってくる方多いです。うさみも以前1万円で作ってもらいました。)

このお値段だったら、お洋服や気分に合わせてかけかえて楽しめそうですし
(*^^)v、最近老眼が始まってきたらしいうさみには、度を変えて遠く用と近く用を作ることも出来そうです。

店員さんも若いお兄さんお姉さんばかりで、眼鏡屋さんというより、セレクトショップのような雰囲気です。

まずはフレーム選び。
ここのお店は、お客さんが声をかけないと接客はしないポリシーらしく、心ゆくまで鏡の前で見本フレームをかけて見比べることが出来ます。

うさみの今の眼鏡はパーソナルカラーを勉強する前に作った紫色のチタンフレームなので、もう少しマイカラーに寄せた色のセルのフレームが希望です。
でもうさみは鼻ペチャなので、鼻にあたる部分が硬かったり、重いフレームだと長時間かけているのが辛くなります。鼻あてのついたものならセルでも楽ですよ、とすすめられ、セルの鼻あて付き、色は枯れ草色とでも言うような緑のフレームに決めました。
これだとあまり顔色と違和感がなくて、形もすっきり見えるような気がしたので・・・
(^_^;)。レンズの度は前の眼鏡より少しあげて、遠くを見やすくしてもらいました。
 
レンズに色を入れるかどうかでちょっと迷いましたが、それだMegane_1と同日に出来上がらないそうなのでやめておきました。

お願いしてから
45分で出来上がり、8,400の新しい眼鏡をかけて新しい気分で帰って来ました♪

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2007年1月15日 (月)

日本のおしゃれ展

20070115_p1020816 銀座松屋デパートで開かれていた「日本のおしゃれ展 池田重子コレクション」を見て来ました。

池田重子さんは着物好きなら知らない人はいない、アンティーク着物や和装小物の蒐集家・着物デザイナーで、「時代布池田」というアンティーク着物のお店のオーナーでもいらっしゃいます。
今回の「日本のおしゃれ展」は、貴重なコレクションからお正月・新春をテーマに選ばれコーディネイトされた着物・帯・小物などの展覧会でした。


会場はさまざまな年代の着物好き銀座っ子たちで大混雑でした。
今回は図録の販売がなく、場内はもちろん撮影禁止なので、一生懸命展示内容をメモする方々がいらっしゃいました。うさみは人の頭の上から何とか覗くことに精一杯で、とてもメモを取る余裕がなく、後からしまった~と思いました
(T_T)

お正月がテーマですので、お着物は晴れ着が中心で、昔の着物の染め色の美しさ柄模様の繊細さと大胆さ刺繍の豪華さに圧倒されました。20070115_p1020817_1

美術品の展覧会でしたら、それを美しいと思うかどうか、しか考えないうさみですが、こうした身につけるものの展示を見ると、美しいと感じたら次には、もし自分が見につけるならどれを選ぶか、というチェックを入れてしまいます(^^ゞ。


一度でいいから、変身舞妓ばりに、大正や昭和初期くらいの豪奢なお着物を着てみたいものです。
丈が短すぎて着られないとは思いますが・・・
(>_<)・・・昔の人は背が小さくて手も短かったのです・・・あと10cm身長が低かったら、何とかなるかもしれませんが・・・ 

続きを読む "日本のおしゃれ展"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年1月14日 (日)

この本を読みました~「ヨーロッパ犬の王国」

世界をまわって犬や猫の写真を撮っていらっしゃる新美敬子さんの新しい写真集、「ヨーロッパ犬の王国」を読みました。

わんこ好きには楽しくてたまらない写真集です(*^^)v。

飼い主さんと一緒にお散歩していたり、街角でお買物をしていたり、カフェでまったりしていたり、店番をしていたり、他の犬と遊んでいたり、と、どのわんこも自分のテリトリーでリラックスしている姿が、ヨーロッパの美しい風景をバックに撮られています。
やはりわんこはスタジオでおすましして撮るより、自分の居場所で撮った方がいきいきと愛らしく撮れるものですね~(^◇^)。

日本では見かけない犬種がたくさん登場するのも、楽しいです。
日本だとその時流行している犬種しか見かけなかったりしますが、ヨーロッパではそれぞれの嗜好や事情に合う犬種を求める気持ちが強いのでしょうか。
そのせいか、不思議とどのわんこもそこの街並みにぴったり合っているのですね。

うさみがとっても気に入った犬種は・・・

☆ ラサ・アプソ
2000年の歴史を持つチベットの「魂の宿る犬」。本当は床に着くほど長い毛だそうですが、サマーカットされた真っ黒な姿が可愛いかった!本物が見てみたい~!



☆ ポルチュギーズ・ウォーター・ドッグ
ポルトガルの漁労犬、漁場を泳いで魚を追い込んだり、潜って網を回収したり、船と船の伝達役をしたりしてきた犬種で、プードルの原種だそうです。黒に白の巻き毛ちゃん、クロールで泳ぐところ、見てみたいです~\(^o^)/。

☆ ブビエー・デ・フランドル
「フランダースの犬」のパトラッシュは本当はこの犬種だったそうです。日本でアニメ化する時にこの犬種では地味だからと、変えられたそうで・・・この子だとちょっとお子さんには怖い、かな?

続きを読む "この本を読みました~「ヨーロッパ犬の王国」"

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2007年1月13日 (土)

赤の亥年

十二支のうちは日本では猪(いのしし)のことですが、本家中国や韓国ではをあらわすのだそうです。
十二支が日本に入ってきたときに豚⇒猪という変換が行われたらしいです。

最近でこそミニ豚をおうちで飼う方が増え、豚さんのイメージも上がっているのかな、と思いますが、うさみくらいの世代には「」という動物にはあまり良いイメージはないのではないでしょうか?食べ物にいじきたないとか、清潔でないとか、太っているとか、そんなマイナスイメージ・・・
(T_T) 



うさみも映画「ベイブ」を見て初めて「豚って綺麗好きで頭もよくて可愛い動物なんだ~」と知りました。



中国や韓国では、豚は多産から金運健康とつながる、福を呼ぶ動物として愛されて来たそうです。貯金箱が豚の形なのはそういう理由なのですね
(^^)

続きを読む "赤の亥年 "

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2007年1月12日 (金)

マスク

インフルエンザが一年で最も猛威をふるう時節です(T_T)

会社でもあちらこちらで、
   コンコンゴホゴホ、
   ブシュー(ハナをかむ音)、
   ハックシュン、
   ゲホゲホ、   とにぎやかです。

本来なら全快するまでおうちで休んでいればいいのでしょうけれど、仕事の都合でそうもいかず、たくさんの「病みあがり」「病んでいる途中」の人たちがうろうろしています。

会社は密閉された乾いた空間で、菌の培養には最適な場所になっていそうです
(T_T)

人にうつすまいと、マスクをしている人もたくさん。
今日は薄暗い廊下ですれ違った他部署の女性が、ピンクや水色の花模様のついたマスクをしていたので、一瞬ギョッとしました
(^_^;)

花粉をブロックする医療用のようなマスクをかけている人を初めて見た時も、ちょっとびっくりしたものですが、模様つきマスクもなかなかインパクトがありますね
(^^)

続きを読む "マスク"

| | コメント (5) | トラックバック (2)

2007年1月11日 (木)

□い頭を○くする!

電車の吊り広告には、まじまじと近くによって読みたくなるものもたまにあります(うさみは目が悪いので、小さい字は広告のすぐそばまで行かないと見えないんです(^_^;)

いつもうさみが、あ~、もうちょっと近寄らないと小さい字の部分が読めないのに人がいて近寄れない~、次の駅で降りるのに気になる~とイライラしてしまうのが、日能研さんの
「□い頭を○くする」シリーズ
(^^)

実際に有名中学の入学試験で出題された問題と、回答の選択肢がのっていて、正解は端っこに小さく書いててあります。

これがわからないと中学生以下!?とあせりつつも、学業から離れて久しいからしょうがないよね、と自分に言い訳をし、正解をチェックして「なるほど~」とうなっています。

科目別で、国語の漢字や熟語、ことわざの問題などはわかるのですが、社会科だと怪しくなり、理科算数になると正解を見てもどうしてそうなるのかがわからないこともあります
(T_T)

続きを読む "□い頭を○くする!"

| | コメント (3) | トラックバック (3)

2007年1月10日 (水)

2007年のボトル

オーラソーマ(カラーセラピー)による、去年のうさみのテーマは「新しい時代の癒し」でした。
確かに去年のうさみは今までになく、体も心も癒しを求めていたような気がします。
自分の中である種の転換期にもなったので、「新しい時代」と言えば言えるかなと思います。



2007年うさみのテーマは、「変化」だそうです。



変化に富んだ年
、ですか~。
自分では、大きな変動のない、ひねもすのたりのたり、な
1年を望んでいたのですが、そう思うようにはいかないから注意しなさい、という警鐘なのかもしれませんね。

「多くを受け取るだけでなく多くを与えるように」「調和を重んじるあまり抑圧的にならないように」、というメッセージにはちょっとドキンとしました(^_^;)
つい自分がしたいこと・してもらいたいことにばかり目がいってしまいますが、人に与えること・してあげられることを考えないといけないなあと反省・・・。
諍いを避けようとして見ざる聞かざる言わざるになってしまう、というのも自分としてありがちなケースなので、肝に命じます。

メッセージボトルはThe Violet Robe(菫色の衣)、上下同じバイオレット、自分で選ぶ場合にはきっと手に取ることがない色というのもちょっと暗示的です。
戒めとしてこのボトルを手元に置いた方がいいかな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月 9日 (火)

新しい桜吹雪

うさみの限られた芸能ネタの仕入場所は、駅のキオスクで見かけるスポーツ新聞のトップ記事か、ネットのポータルサイトの今日のニュースコーナーです。

それも興味のある話題しか内容を読まないので、昨今話題になっていた藤原紀香さんの結婚相手は、名字だけで俳優の陣内孝則さんなんだと何の疑いも持たずに思っていました
(-_-;)
妹すまっぺが見ていたお正月のお笑い番組に、本当のお相手である陣内智則さんが出て紀香さんのことをお話していたので、えっ、この人が陣内さん!?と誤解に気付きました。そもそもこちらの陣内さんのことは、その番組を見るまで知りませんでした・・・
(-_-;)
ファンの方いらしたら、スミマセン<m(__)m>




うさみが思わず注目した、今日のスポーツ紙中開きの大きな記事は、「マツケン遠山の金さん!」でした。

今月始まるテレビ時代劇「遠山の金さん」の新しい金さん役が、松平健さんだという話題。

続きを読む "新しい桜吹雪"

| | コメント (4) | トラックバック (6)

2007年1月 8日 (月)

ランドセル選び

年があらたまると、そろそろ小学校の新入学準備を始める時期のようです。
うさみにとっては遥か昔の話ですが、ランドセル学習机選びのことは記憶に残っていますので、かなり嬉しい出来事だったのですね(^◇^)。

うさみのランドセルは、ごく普通の赤いランドセルでした。


当時は女の子は、男の子は、とほぼ決まっていましたが、1学年に一人くらいピンクのランドセルの子がいて、ひそかにうらやましく思っていました(^^ゞ。


それに比べると、最近のランドセルは色も素材も選び放題なのですね~、驚きです(^◇^)。
牛革とクラリーノは昔もありましたが、ヌメ革やコードバン(馬革)もあるし、色も赤黒以外に青ピンク茶はふつーに展開されています。

スーパーのイオンでは何と24色展開、色鉛筆みたいなバリエーションです(*^^)v 
こんなにあると、かえって選ぶのに苦労しちゃわないでしょうか?最近のお子様たちは、はっきりと嗜好が決まっているのかな?


そして昔のランドセルの付属品と言えば、雨の日のカバーくらいでしたが、最近は防犯ブザーがセットだそうです。
電車で見かける小学生ちゃんたちも必ずぶら下げていますものね・・・悲しい世の中になったものです(@_@)。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007年1月 7日 (日)

千社札で開運

新しい今年の手帳に、願いをこめて千社札を貼ってみました(^◇^)。
Senjya2

千社札は、もともとは自分の名前を書いた札を、神社仏閣に参拝したあかしとして貼るものなのですよね。
札と、名前を囲む枠の大きさも決められていて、字は墨による単色刷りが本来だそうです。
最近は、千社札お断りの神社仏閣がほとんどなので、見かけるのは昔の人が貼って行かれたものですね。

今ではゲームセンターなどで、簡単に作れる色刷りで大きさもさまざまなシールタイプの千社札が出来て、お参り以外の使い方が多くなっています。
お土産屋さんで、下の名前や苗字だけの既成のものも売っていますが、フルネームで地の色や字体なども自分好みにオーダーするのも楽しそうです。子供じゃないので、意外とどこに貼っていいか、困ったりしますが・・・(^^ゞ



うさみが貼ったのは、デパートの京都物産展で買っておいた、絵屋はSenjya1なせさん(版元 まつ九)の千社札です。四季の風情や遊び心たっぷり、判じ絵などもあってとても楽しいお札です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月 6日 (土)

初詣

うさみの初詣は浅草と決まっています。
近場で一番大きなお寺さんですし、門前の仲見世の賑わいや江戸情緒も好きだから
(^^)

今年は初出勤日の会社帰りに行ってきました。
あまり時間もなかったので、仲見世の裏を通って浅草寺に入り、お参りが済んだら人の少ない裏道経由で駅に戻りました。

遠くからいらっしゃる方々は、うさみの真似はせず、雷門風神雷神と記念写真など写し(かなり離れないと全体は写りませんよ~)、仲見世でおみやげ屋さんをひやかし、焼きたての人形焼おせんべいをぱくついたりしながら、ご本堂を目指して下さい。



お時間とご予算があれば、雷門前にたくさん客待ちしている人力車に乗るのもよろしいかと・・・丁寧に観光案内してくれるようですよ。
実はうさみも一度乗ってみたいのですが、いつも今さらどーよ?という気がして乗ったことがありません。地元民の顔をしているらしく、人力車のお兄さんからも呼び込みされないし・・・
(^_^;)

続きを読む "初詣"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年1月 5日 (金)

愛犬と一緒に

フィギュアスケートの浅田真央選手が、エキシビションで愛犬エアロちゃんと一緒に踊っている写真を見ました。
いくら名スケーターの愛犬でも、さすがに一緒に滑った経験はあまりないのか、固まっている表情が可愛かったですね
(^^)、ちょっと可哀相な気もしましたが・・・。


愛犬
といろんな体験を一緒にしたい、あちこち一緒に行きたいというのは誰しも思うことなのでしょう。
うさみ家の愛犬おうじも、小さい時からあちこち連れ出されています。

わんこと一緒に泊まれる宿は、近くは都内のフォーシーズンズホテル(一流ホテルですが、小型犬ならわんこも泊まれます。まわりにお散歩コースもあってオススメです。)から、熱海・伊豆・山中湖など、宿泊経験ありです。
車がないのでどこに行くのも公共交通機関利用、キャリーバッグの底でおとなしく運ばれています
(^_^;)

街中へのお出かけも大好きです。
表参道や銀座の大通りを我が物顔で練り歩き、まわりのお姉さんお兄さんから「可愛い~」「ちいさ~い」「眼が大きいね~」と声をかけられるのが楽しくて仕方ないナルシスト犬
(-_-;)

一度連れて行って大失敗だったのが、花火大会
(T_T)
川端で涼しくて気持ちがいいだろうと思っていたのですが、大きな音が苦手だということをすっかり忘れていて、怖い思いをさせてしまいました。

続きを読む "愛犬と一緒に"

| | コメント (3) | トラックバック (2)

2007年1月 4日 (木)

8色の墨

お正月になると、テレビで書初めの模様を見かけます。大きな紙にのびのびと今年の抱負や干支を書いているのを見ると、字がうまいっていいなあとうらやましくなります。

うさみは少女漫画っぽい丸文字しか書けないうえに、お手本と同じように書くことが苦手なのでお習字の時間が好きではありませんでした。墨をするのも大の不得意だったんですよね、いくらすっても濃くならなくて、何で墨汁というものがあるのにわざわざすらなくちゃいけないんだろう、とふでぶてしくも思っていましたっけ
(^^ゞ。

義務教育終了でもうお習字とは別れられるかと思っていたのに、高校入学時の芸術授業選択に出遅れて、余っていた書道クラスに入れられてしまい、悶々とした
1年間を過ごしました(^^)
楷書でさえ満足にバランスが取れないのに、草書だの行書が書けるわけがありません、周りの好きで書道を選んだクラスメイトたちは当然上手な人ばかりですし、
2年になったら絶対美術か音楽に変わってやるぅ~と結構ストレスでした(-_-;)

無事クラス変更できてからは、一度も筆を握ったことはありません。
ご招待いただいた結婚披露宴の受付に筆ペンしかなくて青くなり、「あ~、新郎新婦がこのひどい字の芳名帳をご覧になりませんように
(T_T)。」と思ったことはありますが・・・ 

そんなうさみもこの話題にはちょっと興味をひかれました。
”「
1分」「8色」がヒット”

続きを読む "8色の墨"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年1月 3日 (水)

年末年始で読んだ本・届いた本

今日のうさみは箱根駅伝をテレビ観戦しつつ、宅急便が届くのを待っていました。

三が日でも荷物を届けてくださる業者さんがいるのは、ありがたいことですm(__)m 
待っていたのは大晦日に注文したAmazonからの本でした。
12月いっぱいの割引クーポン券をもらっていたのを大晦日に思い出して、ギリギリで注文したのです(^^ゞ。


今日届いた本は、



ディック・フランシス
の新刊「再起」。
日本の競馬はあまり見ませんが、ディック・フランシスの競馬ものは好きです。中でも、やっぱりこの「大穴」シリーズの主人公、不屈のシッド・ハーレーがカッコいい(^◇^)。読むのが楽しみ~。

「まんが経穴入門」
ツボや東洋医学について知りたいと思って買ってみましたが、「入門」といいつつ、かなり詳しくて難しそう・・・(-_-;)。



この年末年始、今年はあまり時間がなくてうさみの「積読本リスト」は短くなりませんでした。
積読本がなくなってしまうと、「読む本が何も無い!」という激しいストレスを感じてしまうので、まあいっか~。
それでもいちおうこんな本を読みました。



「セカンドクラスの添乗員 ツアー旅行格闘記」
添乗員の実体験やエピソードをつづった人気メルマガの著者さんが語る海外ツアーの裏話。うさみは一番最初に海外に行った大学募集の研修ツアー以外、添乗員さん付のツアーに参加したことがないので、「こんなことまでやってくれるんだ~」と驚きと同情を禁じえませんでした(^◇^)。

「デセプション・ポイント」
「ダヴィンチコード」のダン・ブラウンで、ラングドン教授シリーズ以外の作品を読んだのは初めてでした。これは大統領選とNASAにからむスケールの大きな陰謀のお話。スピーディーで息もつかせぬ展開、かつメインの舞台が北極なので寒~い場面が多くてヒヤヒヤしました(^^ゞ

「お江戸ガールズライフ」
おおたうにさんの可愛らしいイラストによる、江戸時代の町娘たちの生活描写が楽しかったです。「おきゃん」とか「あだ」とか、最近は聞かない言葉ですが、いい表現だなあと思います。

今年も心躍るたくさんの本と出会えますように~。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007年1月 2日 (火)

この映画を見ました~「名犬ラッシー」

新春2日目の今日、うさみは朝から初出勤でした(;O;)。
何とか仕事は昼ごろに終わりましたので、その足で初映画を見に行って来ました。

街は初売りで大賑わい、福袋をいくつも手にした買い物客がいっぱいでした。
毎年ニュースでも見ますが、初売りの福袋ってそんなにお得なのでしょうか?

猪のぬいぐるみが可愛かったおもちゃ屋さんのウィンドーと、歌舞伎座初日の垂れ幕、お目出度い雰囲気ですね~\(^o^)/。

Inoshishi Kabukiza





見た映画は、「名犬ラッシー」です(^◇^)。

わんこがスクリーンで活躍する姿は見たくても、可哀想な目に合う所が見たくないので、映画「ハチ公物語」や「南極物語」は見に行きませんでした。
「名犬ラッシー」の予告編を見た時も、ラッシーお利口そうだし綺麗だなあ、見たいけど飼い主さんと引き離されちゃう話なんだよね
(T_T)、やめとこ、と思っていたのですが、雑誌で、原作に忠実にイギリスで製作され、俳優陣の演技が見事、コリー犬も素晴らしいとあり、見に行きたくなりました。


~以後、ネタバレありです。~

続きを読む "この映画を見ました~「名犬ラッシー」"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月 1日 (月)

こんにちは亥年

あけましておめでとうございます
このブログをご訪問くださる皆様にとって、本年が素晴らしい年になりますよう、心からお祈りしております。

飼い主の自己満足で猪の格好をさせられた、哀れな愛犬おうじからのご挨拶はこちらです(^^ゞ。↓

Shinnenoji

さて、うさみの今年の年賀状は、今まであまり活躍していなかったプリンター複合機を駆使して数種類作ってみました。

最初は猪おうじの画像をスクラップブッキング風に配置した1種類のつもりだったのですが、自分では配色にも凝って割と気に入ったそれが、妹すまっぺには「おうじの画像3つも使ってて、しつこい。」と不評だったため(T_T)、猪おうじが1つのものと、画像ナシで既成のイラストを組み合わせたものを3種類ほど作ってみました。

来年はもっと早くから構想を練って準備に取り掛かり、手作り感のある楽しい年賀状を作りたいものです・・・って毎年思っているような気がします(@_@)。

年頭にあたり、今年の抱負目標などを述べるべきかもしれませんが、有言不実行の証拠を残すことになるのが恥ずかしいので、うさみの心の中だけでこっそりと目標をたてておきます(^◇^)。

何はともあれ、本年もどうぞよろしくお願い致します<m(__)m>。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »