« マイPC | トップページ | 本屋さん »

2007年2月24日 (土)

この本を読みました~「接待の一流 おもてなしは技術です」

「接待の一流 おもてなしは技術です」、世界のソムリエ、田崎真也さんが、今まで見ていらした接待やデートの席での失敗例・成功例をあげて、接待=おもてなしのテクニックについて述べられた本です。



うさみは仕事で接待をしたり、されたりという立場にはないのですが、レストランでのふるまいについて興味があって読んでみました。

いちいちごもっとも!でもそれが出来ていない日本のオヤジが多すぎる~、みんなこれを読んで!という感じです
(^^ゞ。

接待をする側(ホスト)が、お店(サービススタッフ)と一緒にゲストをもてなす、という意識がなく、お店のスタッフに頼りすぎ。自分で一度も行った事の無いお店に連れて行くのは、もてなしとして言語道断。お金をかければ(高いお店の高い料理)いいだろうという考えは安直。自社の女性をお酌係にしない、などなどなど・・・

お店の選び方、予約の仕方から始まって、細かく指南されています。
外でのおもてなしに自信のない方も、おもてなしを受ける方にも、実際に役立つあれこれがいっぱいです。

デートも接待も、相手をもてなして楽しんでもらい、いい関係を築くという目的は同じ、「今日は美味しかった」というのはお店への賛辞、「今日は楽しかった」と言われてこそ、成功したもてなしと言える、と書かれています。

レストランで、相手やまわりのお客さんへの気遣いが足りないのでは、という人に何度か遭遇していますが、どうも男性の方が多いようです。
田崎さんは、日本では男の子は小さい頃から常に「もてなされる側」にいるからでは、とおっしゃっています(^_^;)

うさみが今までで一番頭に来たのは、体にいいお料理を出してくれる全席禁煙のフレンチレストランで、パン皿を灰皿にして煙草を吸っていた壮年男性!
そもそもお食事中に煙草を吸うことからして、マナー違反だと思いますが、さっきまでパンがのっていたお皿に灰をのっけて平気な神経はどうなっているんでしょう(@_@)
。某有名企業の会食のようでしたが・・・ 

あと、眼を疑ったのは、連れの女性がまだデザートを食べているのに、その目の前でお会計していたお兄さん!
いくら慣れきった恋人同士のデートだとしてもあんまりだ、とうさみおばさんは思いましたが、携帯世代の若者は気にしないのでしょうか?

|

« マイPC | トップページ | 本屋さん »

コメント

さすがにサービスを追求してきた人ならではの指摘ですね。ソムリエって、お店側と、お客側の中間点にいるようなところがあるから、両方がよく見えるのでしょうね。サービスをしてくれる方に対して、敬意を払えないお客はいやだなと思います。
レストランは、美味しいものを食べにゆくところですが、また勉強の場でもある、と思います。子供のころ、外食は年に数回の特別な機会でしたが、「行儀よく振舞わなければ」と結構緊張していました。現代の子供たちは、ファミレスやファーストフード店で食事をする機会が多いので、我が家のダイニングと同じようになってしまって、一種の緊張感のなかで「どうふるまうべきか」学ぶ機会も少なくなってしまったのでは、と思います。

投稿: ぴの | 2007年2月26日 (月) 08時51分

なるほど~と納得する記述ですね。
お皿を灰皿にするなんて・・・もってのほかです。唖然としてしまって、次の言葉が出てきません。
そんな輩に注意したところで、暖簾に腕押しのような気がします。マナー以前の問題です。

投稿: ぷりちゃん | 2007年2月26日 (月) 10時35分

プライベートで「接待」したり、されたり・・・という機会はたぶんこれからもなさそうですが、上司の会食の予約は頻繁にやっています。ほとんどはUS本社のビジターとの会食なので内輪気分で、予約も楽なのですが、たまに社外の方との会食があります。
場所はいくつか候補を挙げて上司が最終決定をしますが、「一流」といわれるレストランでは予約するときに「接待」かどうかを聞かれます。
「接待」の場合は、ホスト側とお客様の席の位置や、メニューが違うようなのですね(お客様には値段の入ったメニューはお見せしないってことですね)
たまには「おもてなし」される身分になってみたい・・・です。

投稿: アラベスク | 2007年2月26日 (月) 11時01分

>ぴのさん
ハレとケの区別を知らないのは良くないですね~。大人になるまでに、家庭でが無理なら学校でも機会があればいいのに、と思います。

>ぷりちゃんさん
結構いらっしゃるんですね~、大きな会社で偉いポストについていても、あれ?っという行為をなさる方が(T_T)。困ったものです。

>アラベスクさん
田崎さんによると、接待の予約時は何人がゲストで何人がホスト側かを知らせて席のセッティングをお願いし、上席がわかりにくかったら、着席時にわざとサービススタッフに「こちらが上席ですよね」と確認してお客様に座っていただく、だそうです。
私、数少ない接待の経験がありますが、いいお店に連れて行っていただいても気を使わなくちゃいけないので、それほど楽しくはございませんでした(^_^;)。

投稿: うさみ | 2007年2月26日 (月) 20時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135432/14044945

この記事へのトラックバック一覧です: この本を読みました~「接待の一流 おもてなしは技術です」 :

« マイPC | トップページ | 本屋さん »