« ヴァンクリーフ&アーペル 永遠の煌き展 | トップページ | 花のぬりえ »

2007年3月29日 (木)

春の口紅

春めいた口紅を求めて、某デパートの広いコスメフロアを2周してみました(^^ゞ。20070329_p1030192

どこのお店も明るい春の色でカウンターが飾られていて、目移りしましたが、最後には新しい香水(チャンスオーフレッシュ)キャンペーンの若草色に魅かれてシャネルカウンターに落ち着きました。

↑これはオリジナルの「チャンス」、黄色です(^○^)。

チャンスの夏ヴァージョン、“joie de vivre (生きる歓び)”にあふれるフレグランスだそうで、爽やかな柑橘系に甘みが加わったような香り、かな?
うさみの趣味とはちょっと違う香りだったのですが、香水の薄緑色が、涼やかな気持ちよさを運んで来てくれるような気がしました。

口紅自体は春の新作ではなく、前からあった色番で春っぽいベージュピンクを買いました。

昔お化粧を始めた頃は、香りのついた口紅が苦手で洋物はダメだと思っていましたが、いつの間にか平気になって、口紅は外国メーカーのものがほとんどです。
でもどうも最近、香りと油分が強い口紅は手に取る気にならず、香りがなくてさらっとした付け心地を求めてしまいます。かといって発色が悪いものはつまりません。

今持っている中では、シャネルのルージュアリュールが一番その条件に合っているような気がしますし、カチッとクリックする開け方も気に入っているのです(^○^)。

カウンターでBAさんにお化粧直ししてもらうと、自分でメイクした時より綺麗に見えるのは、テクニックの違いなのか、照明の違いなのか、その両方の因子が混じっているのか、どうなのでしょう?

選んだ口紅をつけて、新作のホワイトニングファンデーション「ブランエサンシエル」をちょいとはたいてもらったら、疲れ放題の顔が何だか明るく見えて来ました(^_^;)。
その策略にうかうかとのせられて、ファンデーションも買ってしまいました(^^ゞ。
パフでなくブラシでつけるとより粒子がお肌に浸透すると言われましたが、本当に付け心地が軽く、肌も一皮向けて春になった感じがしました(*^^)v。
シャネルというと黒いパッケージ、なのに、これは美白ラインだからか白いパッケージでちょっと珍しい感じです。

新しいコスメでメイクすると、気分も変わるし、季節感も味わえるのは女性ならではの楽しみと言えますね\(^o^)/。
おまけにいただいた来月発売のウォータープルーフマスカラのサンプルがなかなか良かったので、今度は夏に向けての1品を買うことになりそうです(*^^)v。

|

« ヴァンクリーフ&アーペル 永遠の煌き展 | トップページ | 花のぬりえ »

コメント

私はこの間ファンデーションのリフィルを買いに行き、つい口紅も買ってしまいました。笑
春だし新作を見せてもらったけどなんかしっくりこなく、アリュールの25にしました。
落ち着いたピンクでいい感じです♪
うさみさんのに近いです!たぶんそれと迷いましたから。

投稿: ロータス★ | 2007年4月 1日 (日) 22時31分

>ロータス★さん
今私の口紅をチェックしてみましたら、同じ25番でした!お揃いですね(^◇^)何だか嬉しいです~。
私も新作よりアリュールがいいと思いました。使いやすいし、色もいいですよね。

投稿: うさみ | 2007年4月 2日 (月) 20時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135432/14446898

この記事へのトラックバック一覧です: 春の口紅:

» シャネルの化粧品 [シャネルの化粧品]
 永遠の憧れシャネル! バッグは買えないけど化粧品は買える! そんなアナタにシャネル化粧品をご紹介! [続きを読む]

受信: 2007年3月30日 (金) 22時32分

» シャネル 財布の豆知識と シャネル 財布情報 [シャネル 財布の豆知識と シャネル 財布情報]
シャネル 関連TBをさせていただきありがとうございます。「シャネル 財布の豆知識と シャネル 財布情報」WEBに関連情報特集をつくりました。何卒これからもよろしくお願い致します。 [続きを読む]

受信: 2007年3月31日 (土) 19時35分

» シャネル化粧品 [シャネル化粧品]
シャネルの化粧品関連の記事を書いています。通販やファンデーションなどの基礎化粧品として有名なシャネルですが、新作の激安や格安の価格のものを探してみてはどうでしょうか。会社として求人もあるようです。 [続きを読む]

受信: 2007年4月 2日 (月) 15時25分

« ヴァンクリーフ&アーペル 永遠の煌き展 | トップページ | 花のぬりえ »