« 紅茶のペットボトルとリーフティ | トップページ | 花柄・花模様好き »

2007年6月19日 (火)

野の花

最近うさみの気にかかっているお花が、これ、ネジバナ(捩花)です。

20070616_p1040580 ふと気付いたら、道端にたくさん咲いていました。

ちいさくてさりげない様子は、見落としてしまいがちですが、膝を折って近くでよくよく見てみると、釣鐘型のピンクと白の花が、見事な螺旋を描いているのがわかります。
こんなにちいさいのに良く出来たものだなあと、何だか胸があったかくなるのです。

別名はモジズリ(捩摺)、百人一首「みちのくの しのぶも20070616_p1040582 じずり誰ゆえに 乱れそめにし 我ならなくに」のモジズリ?と思いましたが、この歌に出て来るモジズリは草花を捩じり摺りつけて染めた布のことで、お花のことではないらしいです。

可憐な姿をずっと眺めていたいと、摘んで帰ろうかなとも思いますが、摘んだらすぐ枯れてしまうかも、「やはり野に置け」だよね、と手をひっこめています。

野の花は野にあるからこそ美しい、という意味の俳句を、芭蕉の
  「山路来て なにやらゆかし すみれ草
と混同して山スミレのことのように思っていましたが、正しくは
  「手に取るな やはり野に置け 蓮華草」(滝野瓢水)  でした。

レンゲ草も野原に咲き乱れているのが似つかわしいですね。うさみが出没する都内エリアでは見かけることが出来なくて寂しいです(T_T)。

子供の頃、ヒメジョオンが好きでよく摘んで帰りましたが、草地では元気にはびこっていた花も、手折るとすぐにしおれてしまい、がっかりしたものでした。

20070616_p1040632 長じて、野の花は野にあるがまま、庭の花も庭で咲いているままに愛しみたいと思うようになって来たのは、年を経ると花のはかなさがせつなく感じられてくるのかな、などと思います。

いけばなにしても、フラワーアレンジメントにしても、せっかく綺麗に咲いている花の首を落とさなくてはいけないことが多いので、ただ咲いているだけで綺麗なものを、と思わずにいられません。

先日マミフラワーデザイン展を見た時も、お花をいかに美しく見せるか、ではなくて、この美しいお花を通して何を表現するか、というのが「フラワーデザイン」「フラワーアート」なんだなあと思いました。

それはそれで見ごたえのある美しいものですが、野の花はいわば神様のアート、それを見る時とは自ずと心構えも変わってくる気がします。

|

« 紅茶のペットボトルとリーフティ | トップページ | 花柄・花模様好き »

コメント

ネジバナ、私も始めて見つけたときはびっくり!
なんだか作り物のように綺麗な上昇螺旋。
少し青みがかったピンク色の花。
造形の妙、とは本当によく言ったものだと思います。

気をつけていなければ見過ごしてしまう、こんな小さな花にまで美しさは宿っているのですね。

投稿: aosta | 2007年6月20日 (水) 17時07分

おおっと、ネジバナかぶりました!やはり季節の花ですね(*^o^*)
私が見に行った場所はまだ少ししか咲いていませんでしたが、こちらはお花一杯で素敵ですね~。お花が増えた頃また見に行きたくなりました♪
「みちのくの・・」の歌のモジズリは違うのですね。ネジバナのことかと思っていました(^^;ゞ
レンゲソウ、道端などでは見ませんね~。最近は休耕田に植えている場所も増えているらしいのですが・・。「やはり野に置け蓮華草」はさだまさしさんの歌詞に出てきます(汗)が元の句は知りませんでした~。色々と勉強になります。
ヒメジョオン綺麗ですよね。季節的にはハルジオンからヒメジョオンへ移り変わる頃かな~と思い時々観察しています。
野の花は神様のアート、確かにそうですね!!

投稿: ofuu | 2007年6月20日 (水) 17時08分

>aostaさん
本当によ~く見ないと螺旋には気付きませんよね。どうしたらこんなに綺麗に巻けるんだろうと感心してしまいます。右巻きと左巻きがあるそうですが・・・
造形の妙、まさにそうですね!

>ofuuさん
かぶりましたね~。ofuuさんのほど綺麗にアップが撮れなくて、いまひとつねじれ具合がわからない写真なのですが・・・たくさん咲いてはいました。日に日にそれも増えているようなので楽しみにしています。
ハルジオンとヒメジョオンの見分け方がよくわかりません(T_T)。写真のはヒメジョオンでよかったんでしょうか?

投稿: うさみ | 2007年6月20日 (水) 21時20分

ハルジオンとヒメジョオン、私も迷ってばかりです(汗)
分かりやすいのは、蕾が下向きなのがハルジオンで、ヒメジョオンは上向きらしいです。でも載せてらっしゃる写真は殆ど咲いているので判別が難しいのですが・・私の勝手なイメージではヒメジョオンかなと思います(^^;ゞ
ご参考までに、こんなサイトもあります。
http://www.hana300.com/himejo.html

投稿: ofuu | 2007年6月22日 (金) 16時41分

>ofuuさん
ありがとうございます
「季節の花300」さんはよく拝見させていただいてます。見分け方、文章ではわかってもやっぱり難しいですね~。

投稿: うさみ | 2007年6月22日 (金) 20時46分

はじめまして!
マミフラワーの田中と申します。

作品展にお越しいただきまして、ありがとうございました。
作品を見て色々と感じていただいたようで、嬉しく思います。

年に一度しかないのが残念なのですが、イベント情報などをHPやメルマガでご案内していますので、お時間がありましたらご覧ください。
http://www.mamifds.co.jp/mailmagazine.php

投稿: マミフラワー田中 | 2011年6月15日 (水) 14時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135432/15488892

この記事へのトラックバック一覧です: 野の花:

« 紅茶のペットボトルとリーフティ | トップページ | 花柄・花模様好き »