« 眠れぬ夜 | トップページ | 歌舞伎ミステリ »

2007年6月26日 (火)

プチプチ

通信販売でお買物をすると、壊れないよう商品を包んでくれる、透明なポリエチレンの緩衝材、気泡シート、うさみ家では「プチプチ」と呼んでいましたが、正式商品名も「プチプチ」だったんですね(^○^)。商標登録までしてあるそうです。
もらったシートをためておいて、自分が何か送るとき再利用はしていますが、わざわざ買ったことはないので、今まで正式名を知りませんでした。
英語ではBubble Wrapというらしいです。言葉の感じはプチプチと似ている、かも。

プチプチの凸凹、どちらが表なのか、どっちを外側にして包むといいのか、というかねてよりの疑問にも、プチプチメーカーさんのHPが答えてくれました(^○^)。

凹凸のあるものを包む場合は、プチ(凸)が内側だとひっかかって破損する恐れがあるので、プチを外側に、梱包後ダンボールに縦に入れていく場合は、プチが外側だと摩擦で作業能率が悪くなるので、内側にする、など、包むものによって表裏を考えればいいそうです。
どちらを表にしても、衝撃に対する緩衝性は変わらないのだそうです。うさみはあの出っ張っている部分が衝撃を吸収しているのかと思っていました(^_^;)。

プチプチの丸、1万個につき1個、ハートが混じっているそうですが、どなたか見つけた方はいらっしゃるでしょうか?
「コアラのマーチ」のまゆげコアラとどっちが出現率が高いでしょう?
見つけると幸せになれるという都市伝説があるらしいです。

ハートがどうしても見たければ、全部の粒がハートで出来ている「はぁとぷち」を文房具屋さんでチェックです(^◇^)、これは可愛すぎて使うのがもったいない感じですね。

まるいボタンのようなでっぱりをぷちんとつぶす時の、あの空気が抜けてへこむ感触が楽しくて、全部つぶすまで止まらなくなりますよね。
子供の頃は、クッキーの缶の底に入っていたぷちぷちシートを妹と取りあっていました。昔はそんなにあちこちにあるものでもなかったような気がします。

今度バンダイから、ぷちぷちの触感と音をそのまま再現したキーチェーン型玩具が発売されるそうです。
名前は「∞(むげん)プチプチ」、つぶしてもつぶしてもなくならない、何度でも無限につぶせるプチプチ、という意味のようですね(^○^)。

ひたすらぷちぷちつぶす以外は、たまに妙な音が出るだけの単純なおもちゃですが、面倒なことを考えずにヒマをつぶすには最適ですね。
ぷちぷちつぶしは、指先を使うのでお年寄の痴呆防止にも役立っているということですから、広範囲の年齢層に受けるかもしれません。

ボディはホワイト、ブルー、ピンク、オレンジ、ブラックの5色、本物っぽいのはホワイトですが、色味が強くて可愛いのはオレンジかな(*^。^*)。

|

« 眠れぬ夜 | トップページ | 歌舞伎ミステリ »

コメント

おはようございます。
プチプチですか!
私はずっと"エアー・キャップ"と呼んでました。"air cup"かな?
どこで覚えたのかしら??
プチプチの語感、モロにあの感触ですね。
手にするとどうしてもプチプチとつぶしたいという誘惑に駆られます。
あのつるつるしたで凸面のカーブ、つぶそうとすると指先から逃げようと空気が気持ち移動する感じ・・・
うまくはじけたときのわけもない快感・・・
これって何なんでしょう?

投稿: aosta | 2007年6月27日 (水) 08時07分

>aostaさん
「エアーキャップ」も他メーカーが同じ種類のものにつけている登録商標名だそうです。
何も知らない子供やチンパンジーまで、渡されるとついつぶしてしまうそうですから、プチプチつぶしの快感、恐るべし、ですね。

投稿: うさみ | 2007年6月27日 (水) 21時09分

大分前ですが、つぶすことを目的にしたプチプチが販売されているとテレビで見たことがあります。それだけ皆が楽しめる、不思議ですね~。
昔2メートルくらいの幅があるプチプチのロールをせっせと切ったことがあります。会議室に一人こもって大変でした~(^^;

投稿: ofuu | 2007年6月28日 (木) 20時49分

>ofuuさん
プチプチって何故か見るとつぶしたくなるし、つぶし始めると止まらないんですよね~。
プチプチはデコボコしているから切るの大変ですよね!お疲れさまでした

投稿: うさみ | 2007年6月29日 (金) 21時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135432/15564719

この記事へのトラックバック一覧です: プチプチ:

« 眠れぬ夜 | トップページ | 歌舞伎ミステリ »