« クールビズ2007 | トップページ | はなしょうぶ »

2007年6月15日 (金)

アーサー・ランサムの世界

子供の頃、最初にこの人の本は面白い、と著者にこだわって読むことを始めたのは、アストリッド・リンドグレーン(今年が生誕100周年)だったと思います。
長くつ下のピッピシリーズ、やかまし村シリーズ、カッレくんシリーズなど当時手に入る本は全部読みました。



そして最初に「はまった」シリーズが、アーサー・ランサムの「ツバメ号とアマゾン号」シリーズと言えるでしょう。



岩波書店からハードカヴァーで出ていた「アーサー・ランサム全集」12冊、当時うさみのおこづかいでは高嶺の花で、図書館で繰り返し借りては、気に入った箇所や挿絵を写したりしていました。
学生の頃、やっとペーパーバックの原書を揃えることが出来ましたが、絶版と復刊を繰り返している日本語版への思いが残っていました。
社会人になってから、復刊になった装丁も同じ全集を箱入りセットで、大人でヨカッタ!と思いつつ手に入れました(^○^)。

今年はその岩波のシリーズが刊行されてから40周年、著者ランサムが没してからも40年という記念の年なのだそうです。
20070615_p1040552 銀座の本屋さんで、40年記念の「アーサー・ランサムの世界展」がひっそりと開かれていました。20070615_p1040549

舞台となったイギリスの湖水地方の写真や地図、記念の品々などが展示されていました。
湖水地方を訪れて、ここがあのツバメ号とアマゾン号の湖か~!!と感動したのを思い出しました。

20070615_p1040551 このシリーズは、イギリス湖水地方の舟遊びがもとになったという、こどもたちが主役の冒険小説です。

登場人物たちと同じ年頃だったうさみには、自分達だけでキャンプをしたり、帆船をあやつったり出来る彼らがとても自由でうらやましく思えました。
自分のいる場所から世界は広くつながっているということ、空想と実現の楽しみを教えてもらいました。20070615_p1040550

このシリーズがきっかけでヨット乗りになった人は多いそうですが、船酔いはしないもののアウトドアが苦手なうさみはそっち方面には行きませんでした(-_-;)。
このシリーズに登場するフリント船長(スティーブンソンの「宝島」からこどもたちがつけたあだ名で、ナンシーとペギー姉妹のおじさん)のような、こどもと一緒になって「ごっこ遊び」の世界に浸れる大人になりたいと思っていましたが、うーん、どうかな(^_^;)。

アマゾンの女海賊ばりのお転婆娘ナンシーの口癖、「驚き桃の木山椒の木!」(原語では"Shiver my timbers!")が大好きで、自分でも使ってみたいと密かに思っていましたが、なかなか使えるシチュエーションを見つけられませんでした。

|

« クールビズ2007 | トップページ | はなしょうぶ »

コメント

アーサー・ランサム、懐かしいです!
ヨットの操縦やそのときに使われる言葉などしっかり覚えてしまいました。

自転車で下り坂を下るときブレーキを全開にして思いっきり風を切りながらヨットに乗っているつもり(笑)

リンドグレーンもずいぶん読みました。
ラスムス君シリーズがすきでした。

>自分のいる場所から世界は広くつながっているということ、空想と実現の楽しみを教えてもらいました

素敵な言葉ですね!
本を読む喜びってまさにこのひとことに尽きる気がします。
久しぶりにランサムを読み直してみたくなりました。

投稿: aosta | 2007年6月16日 (土) 07時58分

>aostaさん
aostaさんもランサムやリンドグレーンがお好きでしたか!嬉しいです~!!
そう、船の用語が難しくて必死で覚えましたね。今読んでもちっとも古臭くないと思うので、こどもたちに読んで欲しいです。この展示をやっていた本屋さんでは、隣に全集や関連のヨットや冒険に関する本を売っていましたが、1冊目の「ツバメ号とアマゾン号」だけが売り切れでした。みんなまず最初のを読むんですね(^◇^)。

投稿: うさみ | 2007年6月16日 (土) 21時16分

ランサムは呼んでいませんが、「やかまし村」はたぶん全部読みました。
ムーミンもトーベ・ヤンソンの原作で先に読みました。
小・中学校のころに読んだ本って今読んでも、共感できるものがかなりありますよね。
これから、「ナルニア」をもう一度読み直そうかなぁ。

投稿: アラベスク | 2007年6月18日 (月) 16時03分

>アラベスクさん
そうそう、ナルニアもムーミンもこの頃読みました。ほんと今読んでも全く古く感じないのが名作たるゆえんなのでしょうね。
ランサムも面白いので、機会があれば1冊読んでみてくださいませ。

投稿: うさみ | 2007年6月18日 (月) 20時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135432/15442681

この記事へのトラックバック一覧です: アーサー・ランサムの世界:

« クールビズ2007 | トップページ | はなしょうぶ »