« はなしょうぶ | トップページ | 紅茶のペットボトルとリーフティ »

2007年6月17日 (日)

歌舞伎座での楽しみ

久しぶりに歌舞伎を見て来ました。歌舞伎座の六月大歌舞伎昼の部です。20070617_p1040642

何度もしつこく書いていますが、うさみは松本幸四郎さんが大好きなのです(*^。^*)。
今月は幸四郎さんが好きな演目に出演なさるし、お孫さん(染五郎さんの長男)の初お目見得もあるというので切符を取ってみました。

最初の演目、「妹背山女庭訓(いもせやまおんなていきん)」の「吉野川」という場が好きです。
仮花道がかけられ、劇場内に通る左右2本の花道が、舞台上の屋敷に続く川の堤、花道の間の客席は吉野川である、という見立てが面白いです。

20070617_p1040641 内容は日本版ロミオとジュリエット、と言われる悲恋物語です。
ロミオとジュリエットでは、若い恋人達を引き裂く運命のすれ違いが胸をうちますが、妹背山女庭訓では、恋人たちの親(娘の母と若者の父)の苦しみ、哀しみに涙を搾り取られます。
可愛い子供の幸せ、主家への義理、権力者の陰謀から家を守ること、武家としての誇り、子供が愛する人の命・・・それらをすべて秤にかけて思い悩み、結果的に自ら子供の命を奪わなくてはいけなくなった親の心・・・幸四郎さんと坂田藤十郎さんの演技にひたすら泣けました(;O;)。

最後の演目「侠客春雨傘」で、2歳の高麗屋の跡継ぎが初お目見得でした(芸名を名乗る前に初めて舞台に上がるのが初お目見得、芸名をもらって初めて出る舞台が初舞台、というのだそうです)。
弁慶の飛び六方の真似事をするおちびさんに、幸四郎さんが「この子が弁慶を演じられるのはまだ20年か30年先のことになると思いますが、お客様もぜひ長生きなさって弁慶を見てやって下さい。」とご挨拶されていました。
歌舞伎の楽しみのひとつが、そうやって芸が受け継がれていくのを見守ることですからね~、うさみも頑張って21世紀生まれの高麗屋弁慶を拝見したいものだと思います。

歌舞伎公演は長丁場なので、途中幕間の飲食もお楽しみのひとつです。20070617_p1040640
お食事は外で何か買って来たほうが安いかもしれませんが、どのお弁当にしようかふらふら売店を見て歩くのが楽しいので、うさみはたいてい劇場内で買います。今日は吉野川という演目に合わせて、奈良の柿の葉寿司にしました(^◇^)。

歌舞伎座には、オペラ劇場の天井桟敷のような、「一幕見席(いちまくみせき)」というお席があります。
歌舞伎座の公演はだいたい昼夜、3から4幕の演目で構成されているので、そのうち1幕だけ格安(演目によってお値段が決まっていて800円前後)で見られる入替制のお席です。

初めての方はまずこの席へ、とよくガイドブックなどに書いてありますが、この席は、専用の出入り口から直に出入りするようになっていて、劇場内部とつながっていません。舞台しか見えず、歌舞伎座の独特な雰囲気を味わうことが出来ないので、初めてのご見物なら、3階B席という2500円のお席の方がいいかも。
全幕見られ、入り口は同じで食堂や売店も入れますし、他のご見物衆のお着物を拝見して楽しんだりも出来ます。
3階上部だと舞台が見えにくいのはしょうがないところですが・・・。

20070617_p1040644 あと、歌舞伎座にいらしたら、ぜひ無料でもらえる薄いパンフレット「歌舞伎座掌本」をゲットして下さい。
以前は部数が少なくて、欲しい人は開場と同時に走って行って奪い合っていましたが、最近はたくさん置く様にしたみたいです(^^ゞ。正面入り口を入って右側の1階売店前の柱のところに、チラシと一緒に置いてあります。
有料の筋書き(パンフレット)に比べると、写真は白黒ですが、演目と出演者はわかりますし、続き物の記事や投稿なども結構面白いです。いいおみやげになると思います(*^。^*)。

|

« はなしょうぶ | トップページ | 紅茶のペットボトルとリーフティ »

コメント

うさみさん、こんばんは!
恥ずかしながら、歌舞伎未体験の大川です。

どうせ観るならいい席で観たい、でもいいお席は高い・・・
そんなことを、ここ何年も考えています。
バカですねー。

デビューの際には、パンフレットをゲットしたいと思います。
情報ありがとうございます。

投稿: 大川 | 2007年6月18日 (月) 00時06分

>大川さん
そうですね。どうせならいいお席で、というのはありますよね。花道の見える1階まんなかあたりがベストかな~、と思うとやっぱり15000円しちゃいますね(-_-;)。たまに歌舞伎座の株主さんが無料招待券をチケットショップに出していらっしゃるので、ご予定があえばお安くゲット出来るかもしれません。日本の色、を見るにはとてもいい機会になると思いますので、ぜひ一度おいで下さい。

投稿: うさみ | 2007年6月18日 (月) 20時23分

 いい芝居を いいところでみることができますね。私も 演劇好きです。
 博多座で何回かみました。
 昔はデパートの積み立てのご褒美が歌舞伎でした。今は一月分のお金になりました。
 田舎に引っ込んでこまるのは、時間ができた 芝居でも見ようかという わけにいかなくなったことです。
 おべんとうは、一番たかいのを買ってました。すいているからです。
 このお話は みたことがないので 一度みたいです。

投稿: 水戸小紋 | 2007年6月18日 (月) 21時50分

>水戸小紋さん
水戸小紋さんもお芝居好きでいらっしゃいましたか、嬉しいです。
お芝居はどこでも気軽に見られるわけではないのがちょっと悲しいですよね。やはりテレビとは違いますし・・・
「吉野川」は主役2人と恋人たちで、4人のいい役者をそろえる必要があるので、あまり頻繁にはかからないそうですが、機会がありましたらぜひご覧下さい。

投稿: うさみ | 2007年6月19日 (火) 20時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135432/15467868

この記事へのトラックバック一覧です: 歌舞伎座での楽しみ:

» またまた東京旅行 [晩ごはんにっき ■簡単レシピご紹介■]
ゴールデンウィークに引き続き、 土日の連休で東京に行って参りました。 今回行ったのは、前回行きそこなった『歌舞伎座』。 [:パソコン:] 歌舞伎座ホームページ 歌舞伎座って銀座にあるんです。 新宿の歌舞伎町じゃないんですよ。知ってました???? マヌケな私と母は(主に私)歌舞伎座は歌舞伎町にある!と思い込み、 たどり着くまで2日間かかってしまいました。。 銀座の歌舞伎座です。 「一幕見席」という当日買うことのできる一幕700円のチケットで入りました。 そのかわ... [続きを読む]

受信: 2007年6月28日 (木) 13時30分

« はなしょうぶ | トップページ | 紅茶のペットボトルとリーフティ »