« 入谷朝顔市 | トップページ | 野菜スイーツ »

2007年7月 8日 (日)

エクス・リブリス

先日、デパートでとても気に入った柄のTシャツを見つけました(*^。^*)。

20070708_p1040776 ちょうどセール中だし、色もいい感じ、と手に持っていましたら、セールの応援部隊らしき店員さんに声をかけられました。

   「その柄いいですよね~、アジアっぽくて。」

・・・アジアっぽい?うさみはアール・ヌーヴォーミュシャ風だと思っていたのですが、お若い方にはこれがアジア風なのかしら・・・?

それはまあいいとして、うさみがこのTシャツを気に入ったのは、首元に「EX LIBRIS」と入っていて、全体が1枚のエクス・リブリスのように出来上がっているところでした。

エクス・リブリス、日本語では蔵書票、ですね。

自分の蔵書だということを示すために、本に貼った小さな紙片のことで、名前とイラストを組み合わせた凝ったデザインが多く、これ自体を収集している人もいるそうです。
(新潟県弥彦にエクス・リブリスを集めた博物館が出来ていたんです、全然知りませんでした~。)



ハンコの文化がある日本ですと、蔵書印に比べれば、蔵書票は少ないようですね。
古本屋さんで手に入れた本の見返しに、美しい蔵書印が押してあったことがありました。
きっと持ち主の方は大切にされていたんだろうなあ、どんな方だったのかなあ、と印のお名前を見ながら想像するのも楽しいものでした。

でも、愛書家の憧れですよね~、蔵書票!!

蔵書をきちんと分類整理して、作り付けの天井まである棚に並べ、蔵書票を綺麗に貼り付けて管理する・・・うさみの昔からの見果てぬ夢です。

せめてちゃんと蔵書の管理くらいはしよう、買った本の記録をつけよう、などと考えたこともあったのですが、買って来た本に読み止しの本、古本屋に売る本が常時ごっちゃになって、あちこちの隙間に何とか突っ込んでいるうさみには無理で20070708_p1040777した(T_T)。

昔イギリスに旅行した時に見つけて、大切な本にだけ貼ろうと求めて来た不思議の国の アリスのイラストがついた蔵書票も1枚も使わないままです(-_-;)。

今はデザインさえ出来あがれば、プリンターで簡単に綺麗なラベルが作れますね。
いつか、うさみオリジナルのエクス・リブリスを作って好きな本に貼れたらなあ、と思っています。

|

« 入谷朝顔市 | トップページ | 野菜スイーツ »

コメント

私も一時期蔵書票に凝っていたことがあります。輸入品を伊東屋さんで購入し、気に入った本に貼ってましたっけ。
ロズ・キングの「謎の蔵書票(Ex Libris)」という歴史ミステリーもなかなか面白かったです。あまりに謎めいていて、結末がちっとも思い出せないのですが。。。
書店主が主人公のミステリーだとジョン・ダニングの「死の蔵書」が面白かったですね。

投稿: アラベスク | 2007年7月 9日 (月) 09時10分

エクス・リブリス、私もあこがれたことがありました。
いわゆる「愛書家」「蔵書家」という言葉がありますが、確かに本には所有しているだけで幸せな気持ちにさせてくれる力があります。あまり物に固執しない私ですが、本だけは自分で買いたい。そして手元に置いておきたいのです。図書館で借りて読んでも、なぜか読んだ気がしません。

中学生のころ、お小遣いをためては岩波の文庫本を買いためていたことがありました。
★ひとつが50円の時代です。(笑)
買った本の後付には必ず買った日と自分の名前を書き込みました。

>蔵書をきちんと分類整理して、作り付けの天井まである棚に並べ、蔵書票を綺麗に貼り付けて管理する・・・

同じ夢。同じ憧れ。
映画などで、古い書斎で長梯子を使って高いところの本を探すシーンなど、見るだけでドキドキしてしまいます。

アラベスクさんご推薦のロズ・キング、読んで見ます。蔵書票が絡んだ歴史ミステリー、、聞いただけで本の虫が・・・

投稿: aosta | 2007年7月 9日 (月) 09時58分

リブのはなし?

投稿: BlogPetの白うさ | 2007年7月 9日 (月) 12時42分

蔵書票、素敵ですよね~。本が貴重品だった頃の時間もお金も余裕のある貴族の文化かと思ってましたが、イギリスでは今でも蔵書票を売っているのですね!感動~。
弥彦にある蔵書票の美術館、何年も前に行きましたよ(^^)。学生時代の友人が久しぶりに会ったとき運転手になってくれた人が知っていたのです。丁度その頃、古本屋さんでバイトしていて蔵書票なるものがあると知った時で興味深く観てきました♪

投稿: ofuu | 2007年7月 9日 (月) 17時31分

>アラベスクさん
蔵書票お使いでしたか~。いざ貼ろうと思うとどの本に貼ればいいか、悩んじゃいそうですね。
「謎の蔵書票」読みたいと思ってたんですよ~。ダニングは面白かったですね!こういう舞台もミステリになるんだと驚きました。

>aostaさん
やはり好きな本は手元に置きたいものですよね。装丁が変わるとまた欲しくなったりして・・・
私は「本を汚してはいけない」と言われて育ったので、かなり大きくなるまで本に書き込みというものが出来ませんでした(^_^;)。今でもしおり代わりにページの端を折るのには抵抗があります。

>ofuuさん
弥彦の美術館、いらしたことがおありなんですね!弥彦って子供の頃はよく行きましたが、見るものと言えば鹿くらいかと思っていましたが、こんな素敵な美術館が出来るとは侮りがたし!

投稿: うさみ | 2007年7月 9日 (月) 20時41分

>白うさ
「リブリス」でひとつの言葉なんですよ。リブ、っていう言葉もあるけどね。

投稿: うさみ | 2007年7月 9日 (月) 20時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135432/15694180

この記事へのトラックバック一覧です: エクス・リブリス:

« 入谷朝顔市 | トップページ | 野菜スイーツ »