« 羽織もの | トップページ | ドラマ化される漫画 »

2007年7月16日 (月)

この映画を見ました~「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」

ここ何か月か、映画館の空調に負けそうで、見たい映画はたくさんあるのに映画館から足が遠ざかっていました(>_<)。
でも、これだけは映画館でどうしても見たいし、早く見たい、という気持ちが強く、一般公開に先駆けた特別上映の前売りを席を吟味した上でゲットし、完全防備で映画館に向かいました。

Harryハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」 Harry Potter and the Order of the Phoenix、ハリー・ポッターの5番目の映画です。

原作本ではかなり泣かされましたが(;O;)、シリーズを通して大きく話が動く巻でもあり、印象は強く、どんな風に映像化されるのか楽しみにしていました。

~以下、激しくネタバレしています。これから映画をご覧になる方は回れ右して下さい。~ 

ぶ厚い原作をどうやって2時間半に収めるのかと思っていましたが、細かい説明はせず、主要な部分をスピーディーにつないで突っ走ってあっという間でした。

見た後では、不死鳥の騎士団メンバーの紹介がなかったし(お互いの名前を呼んでいるのでどれが誰かはわかりました)、ダーズリー家のそばに住むMrs.Figgがなぜ魔法界に通じているのかも説明されなかったし、LunaのパパのことやOWL試験にはほんのちょっとしか触れられない、ネヴィルとの因縁についても話していない、などいろいろ思うのですが、見ている間は気にならずにとにかく話の次へ、次へ、という感じでした。
余裕があれば、前作までのあらすじと登場人物をおさらいしてから見に行くと、なお楽しめると思います。

Harry3 ハリポタシリーズの登場人物の中で、うさみが主人公ハリーの次に好きなのが、ハリーの名付け親シリウス・ブラック(Sirius Black)です。ゲイリー・オールドマンが素敵に演じてます。
Animagus(動物に魔法で変化する姿)がなのも、好きな理由のひとつ(^○^)、Padfoot(肉球足?)というあだ名もいいですよねえ~。
この「不死鳥の騎士団」はシリウスファンにとって、シリウスの実家が出て来るので楽しくもあり、ラストで待ち構える悲しい戦いを思うと辛くて見たくない気持ちもあり、複雑でした。
最後の運命は変えようもありませんが、シリウスとハリーのつかの間の幸せなシーンを見られて嬉しかった・・・ハリーと黒犬姿のシリウスが嬉しそうに歩くシーンも微笑ましかったです(*^_^*)。

このお話のキーになる悪役、ドロレス・アンブリッジ(Dolores Umbridge)をイメルダ・スタントンがほんっと~に嫌らしく演じていました(^◇^)。Harry2
ピンクの服に少女趣味の部屋で、紅茶に何杯もお砂糖を入れる、どこにでもいる害のないおばさんのように見せかけて、偏見にこりかたまった権力志向の邪悪さが笑顔の底からのぞいている・・・うまいです!
着ている服はいつもピンクですが、最初はパステル調だったのが、本性を現すにつれ、だんだん色濃くどぎついピンクになっていくのも面白いです。

今作から登場するもう一人の悪女、ベラトリックス・レストレンジ(Bellatrix Lestrange)はヘレナ・ボナム・カーターがエキセントリックに演じています。
うさみは本のイメージで、ベラトリックスはもっと年上の魔女を想像していたので、ちょっと意外でした。

ハリーの周りの女性陣では、ルーナ・ラブグッド(Luna Lovegood)役の子はオーディションで選ばれた新人なのだそうですが、不思議ちゃんなイメージにぴったり!声としゃべり方まで、Lunaっぽくて良かった~。
トンクス(Tonks)も好きな魔女。髪の色がくるくる変わるところ、もっと見せて欲しかったな。

シリウスの場面以外で気に入ったシーンは、騎士団メンバーとハリーがロンドンの夜空を箒で飛んで行くところとDAの練習シーンかな。スペクタクルでカッコいい!という映像が多かったです。
最後の魔法省の闘いのシーンは、辛いシーンながらも美しく出来上がっていたと思います。

原作は、シリウスの死からハリーも読者であるうさみも立ち直れないまま終わりましたが、映画ではもう少し明るく「これからも大変だけど、みんながいるから負けないぞ」という夏休み前の駅舎シーンがラストでした。

|

« 羽織もの | トップページ | ドラマ化される漫画 »

コメント

そうですか、、
このシリーズ、原作はおろか、映画も一つも見ていないんですが。
、、面白いのでしょうか?
WOWOWで見てみようかな?

投稿: ふくやぎ | 2007年7月16日 (月) 20時32分

うさみさん、こんにちは。

ハリー・ポッターシリーズ、子供が小さいころは家族の一大イベントでした。
本も誰から先に読むか毎回大騒ぎしていたことを思い出します。
最近は、こどもに見放され
一人で見に行くのもなんだかな・・・という感じです。

ゲーリー・オールドマン。
何とも魅力的な俳優さんですね。
首をキコキコさせる麻薬中毒の麻薬捜査官(!)、天下のベートーヴェンさま、遡ればドラキュラに至るまで・・・

シリウス・ブラック役もどんぴしゃり!
これは一人でも見に行かねばなりません。
ヘレン・ボナム・カーターも好きな女優さんなので。
って、やっぱりいそいそ見に出かけるんでしょうね、私。(笑)

投稿: aosta | 2007年7月17日 (火) 11時17分

もちろん、見に行きます!来週・・・と言いたいところですが、さてどうなることか。
Gary Oldmanのイメージがasotaさんと同じで、ヤク中の捜査官(Leon)や、Lee H. Oswald (JFK)であまりよくないのです・・・
Willem Deforoe だって最初の印象はよくなかったけど(Street of the Fire)今はおいしい役いっぱいやってるし(Platoon)・・・と考えれば多少は印象変わるかなぁ。

投稿: アラベスク | 2007年7月17日 (火) 15時39分

>ふくやぎさん
ファンタジー好き、イギリス好きのどちらかなら楽しめると思うのですが、もしかしてどちらもあんまりお好きでないといまひとつかもしれません・・・私は両方好きなのでかなりはまっております。

>aostaさん
そう!ハリポタでのゲイリー・オールドマンは今回が最高のご活躍ですので、ぜひご覧下さい!ヘレナ・ボナム・カーターは今回はちょっとしか出ませんが、ポスターには大きく出てますね。

>アラベスクさん
ああ、彼がシリウスに決まった時は、あの悪役さんが大丈夫~?と思いましたもんね。シリウスはいい魔法使い側とはいえ、汚名を着せられて表に出られない身の上なところが、合ってるというか、うまく演じてると思います。ウィレム・デフォー好き~!!「ミシシッピー・バーニング」がすごく好きです。

投稿: うさみ | 2007年7月17日 (火) 19時48分

本日観て参りました!
長〜いストーリーをうまくまとめたな、とおもいます。けれど省略のしすぎ(?)でトレローニ先生の占いのことや、ケンタウロス、ブラック家の屋敷しもべの「裏切り」(?)など説明されていないので、ちょっと唐突な展開になっちゃったかな・・・
ルーピン先生の出番が少なかったのはザンネンだし、ジェームズ・ポッターとリリーの出会いとかもう少し詳しく触れてもよかったかな、と思います。

投稿: アラベスク | 2007年7月25日 (水) 23時37分

>アラベスクさん
レディースデー混んでませんでしたか~?お疲れさまでした~。
そーですね、あの予言は誰がどういう状況でしたのか、という説明がなかったですね。ブラック家のKreacherはいちおうチラっと出ただけでしたねえ、この後結構重要な役ので出さないわけにはいかないけど、説明する暇はなかった、ってとこかしら。ジェームズの若い頃が、ちょっと老けすぎに見えたんですけど・・・?スネイプの昔は今に比べれば可愛かった・・・今が怖すぎかな(^○^)。

投稿: うさみ | 2007年7月26日 (木) 20時36分

うさみさん、こんにちは♪

映画は7/21に観てきていたのですが、今日やっと記事にしたのでTBさせていただきました。
映画を観終えてからうさみさんの記事を初めて読ませていただきましたが、「うーん、なるほど…」と思う事頻りで、段々と原作を読んでみたくなってしまいました…><
(でもここまで来たので折角だから読まずに、映画をまず楽しもうかとも思うのですが…)
でも今回も楽しかったです。
次回作が待ち切れませんね!

そして、ハリポタ最終巻読了お疲れ様でした。
映画の最終話は2011年ですか~。こちらも待ち遠しいです(^^;

投稿: 眞子 | 2007年8月 2日 (木) 13時22分

>眞子さん
コメント&TBありがとうございます。
そうですね、映画だけでも十二分に楽しめる出来になっていると思います。多分原作者さんがきびしく脚本などをチェックしているのかも。
最終巻を読み終わって、あらためて映画が見たい気分ですが、冷房が怖いので、DVDが出るのを待つことにします(^^ゞ。

投稿: うさみ | 2007年8月 2日 (木) 20時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135432/15734267

この記事へのトラックバック一覧です: この映画を見ました~「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」:

» 映画観てきた♪ ハリーポッターと不死鳥の騎士団 [子育て主婦のEnglish Time ]
作品名:ハリーポッターと不死鳥の騎士団 観賞日:7月15日 ホグワーツ魔法魔術学校の夏休み。いつものようにダドリー家に帰省していたハリー(ダニエル・ラドクリフ)の心は、これまで感じたことがないほど強烈な孤独感... [続きを読む]

受信: 2007年7月16日 (月) 21時55分

» Harry Potter AND THE ORDER OF THE PHOENIX [浅葱と薄浅葱]
ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 監督 David Yates 主演 Daniel Radcliffe Rupert Grint Emma Watson Evanna Lynch Gary Oldman Imelda Staunton (2007英・米/138分) もう、最初の「ヘドウィグのテーマ」が流れると パブロフの犬のようにゾクゾクっ...... [続きを読む]

受信: 2007年8月 2日 (木) 13時02分

« 羽織もの | トップページ | ドラマ化される漫画 »