« この映画を見ました~「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」 | トップページ | 切手 »

2007年7月17日 (火)

ドラマ化される漫画

最近は本屋さんに行くと、「テレビドラマ・アニメ化原作コミック」という平台が設けられています。

漫画→アニメーション、という流れは昔からよくありましたが、最近とみに漫画→テレビドラマ、という作品が増えて来たと思います。
好きな漫画を3次元で見たい、というファンの要望から出ているならいいのですが、いいネタを見つけられず人気漫画の尻馬にのろうというドラマ側の怠慢もあるように漫画好きには思われるのですが・・・(^_^;)。

うさみはあまりテレビは見ませんが、今でも漫画は読むので、今シーズンのドラマ原作も結構知っています。

探偵学園Q」は探偵を養成する子供向けの学校、と言う設定が面白かったです。「ホタルノヒカリ」は「干物女」ホタルちゃんを応援しつつ、「素敵女子」優華ちゃんも憎めず可愛いく描けているところがいいですね~。「山田太郎ものがたり」は連載されてたのずいぶん前ですが、台湾で人気があったそうですね。子沢山の貧乏ぶりに笑えました(^◇^)。



これからうさみがドラマに限らず映像化して欲しいと思う漫画って、あるかなあと考えてみました。

八雲立つ
樹なつみさんの講談社漫画賞を取った漫画で、帯のあおり文句は「スーパーヒロイックファンタジー」だったでしょうか。現代日本と古代日本を行き来しつつ、最後の究極の戦いへとつながる物語が大好きです。アニメにはなりましたが、出雲ロケをまじえ、SFXたっぷりの実写にしたら面白いと思うのですが・・・

舞姫 テレプシコーラ
第1部が昨年終了し、第2部連載開始が待たれる山岸涼子さんのバレエ漫画。山岸涼子さんの漫画の世界は、とても繊細で独特なせいか、今までどの作品もアニメ化もドラマ化もされたことがないようですね。「日出処の天子」なんて、大河ドラマで見たい気もしますが、ちょっと難しいかなあ・・・。大好きな「アラベスク」はロシアの実力あるダンサーが演じてくれるならいいですが、これも難しいと思うので、現代日本のバレリーナを夢見る少女が主人公の「舞姫」なら出来るんじゃないでしょうか?

いつもポケットにショパン
今は音楽漫画なら「のだめカンタービレ」か「ピアノの森」でしょうけれど、うさみにはくらもちふさこさんの「いつもポケットにショパン」に出て来た等身大のピアニスト麻子ちゃんがとても新鮮でした。誌面から透明なピアノの音が聴こえる気がした漫画・・・今さら無理だろうとは思いますが、音付の映像で見てみたいです。

神の雫」はあれだけ大人気なので、遠からずドラマ化されそうですね。「築地魚河岸三代目」もドラマ化して、映像で珍しいお魚や調理法を見せてほしいです(^◇^)。

そして、漫画の世界だけで完結して、映像化して欲しくない作品が「ポーの一族」!
モー様の漫画では、「11人いる!」「イグアナの娘」はアニメ映画とドラマになりましたね。「スターレッド」「バルバラ異界」なども素晴らしいSF映画になると思いますが、「ポーの一族」だけは見たくないのです。今の漫画好きさんにも読んで欲しい漫画ですが、映像化はして欲しくない、ちょっと特別な位置にあるのでした(#^.^#)。

|

« この映画を見ました~「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」 | トップページ | 切手 »

コメント

漫画がドラマになったり、映画になった話は聞いておりますが、なにせ~漫画を読まないものですから、その世界のことは全く分りません。
うさみさんは枚挙に暇がないくらいに、ご存知でいらっしゃる。もう~脱帽です。
いつも~凄いなと思いながら読ませて頂いております。

新しい世界を垣間見たようで、楽しく読ませて頂いております。

投稿: ぷりちゃん | 2007年7月17日 (火) 20時37分

>ぷりちゃんさん
いえいえ、いい年をしてただの漫画好きです(^_^;)。

投稿: うさみ | 2007年7月18日 (水) 21時13分

最近の漫画では「のだめ」と「ピアノ」くらいしか読んでません。「のだめ」のドラマは割と良い出来だったと思います(^^)。「ピアノ」もアニメになるみたいですが声優がちょっと(^^;ゞ。アニメ化やドラマ化は配役などイメージが違うとガッカリですよね。
「神の雫」は本の貸し借りをしている友人が買ったそうなので、近々読めそうです♪

投稿: ofuu | 2007年7月18日 (水) 21時22分

青池保子の「エル・アルコン」宝塚で舞台化されるそうですね。
「エロイカ・・」の舞台/ドラマ化/アニメ化って実現しないんですかね。。。(笑)そうすると大佐は誰なのかなぁ。

投稿: アラベスク | 2007年7月19日 (木) 16時20分

>ofuuさん
昔に比べると漫画も数が増えていて、自分の趣味に合うものを見つけるのも大変ですよね。「ピアノの森」のアニメ化は、音楽がアシュケナージというビッグネームが参加しているので、それは楽しみですが、声はいまいちかもしれませんね。「神の雫」はお勧めですよ~。

>アラベスクさん
「エル・アルコン」は舞台栄えしそうですね。「エロイカ」は登場人物が多いので難しそうですね。人間が演じるなら、本人と国籍そろえて欲しいし(^◇^)

投稿: うさみ | 2007年7月19日 (木) 20時34分

こんばんは(^-^)
今クールの夏ドラマも、いろいろと
スタートしましたね。
うさみさんが言われるように
漫画が原作のドラマ、多いですよね。
「ホタルノヒカリ」は、知らなかったのですが、結構周りで見てるという人が居て
面白そうという事で、2話目から録画して
います。
「山田太郎ものがたり」は
以前に「山田一家ものがたりゴージャス」を
購入して、面白い~と思いました。
これは台湾版のドラマDVDが一話付いているのでお得でした。
台湾版「山田太郎ものがたり」
面白かったですよ。主人公の太郎役は
まさに、この人だなって思う可愛い
太郎くんでした。
いつか台湾版のドラマを全部、見たいと
思ってます。
「山田太郎ものがたり」は、月刊Asuka9月号(7/24発売)から連載開始だそうですよ。

「八雲立つ」は、はじめ
ラジオドラマで、知りました。
とても、ドキドキする展開で
原作は、いまだに最初の方で止まっているのですが、全19巻ですよね。
確かに、実写にしたらどうなるのか
興味ありますね。
実写といえば、これから公開でいえば
吉田秋生の「吉祥天女」が鈴木杏ちゃんで
映画化されましたね。30日から、公開のようです。
それと、くらもちふさこの「天然コケッコー」も、映画化されましたね。
こちらは、ちょと気になってます。
「いつもポケットにショパン」は
私も、読んでいましたよ。
うさみさんの言われるように、ほんとに
誌面から音が聴こえてくる感じでしたね♪

投稿: りる | 2007年7月23日 (月) 00時24分

そういえば。。。
樹なつみさんの「獣王星」は
アニメ化されましたよね。
見てました。

「イグアナの娘」は
ドラマ化されたの見てましたが
何だか懐かしいです。

投稿: りる | 2007年7月23日 (月) 00時28分

>りるさん
「山田太郎ものがたり」の台湾版、気になってます。レンタルであるかしら?
吉田秋生さんの漫画は、独特のアンニュイ感というんでしょうか、すごく好きとはいえないのですが、とても気になる漫画家さんです。
「獣王星」のアニメは声がよくないという話を聞いて、まだ見ていません。好きな話なので、やはりいい声優さんにやってほしかったな。

投稿: うさみ | 2007年7月23日 (月) 20時45分

こんばんは(^-^)
「山田太郎ものがたり」は
レンタルされていますよ。
タイトルは「山田太郎ものがたり~貧窮貴公子~」です。
内容は、どうこうといのではなく
主人公のキラキラと可愛い雰囲気と
ワハハッと笑って楽しむ感じで
気軽に見るのに良いと思います。
でも、カットされているらしいので
私としては、いつかDVDBOXを購入して
見てみたいと思っています。
ちょっと、お値段が。。。なので
なかなか、すぐに購入出来ないのですが(+_+)

投稿: りる | 2007年7月23日 (月) 23時11分

>りるさん
レンタルに出ているのですね、教えていただいてありがとうございます。今度見てみます。海外のドラマって、カットされているのが多くて残念ですよね。好きなものはノーカットオリジナルで見たいですよね。

投稿: うさみ | 2007年7月24日 (火) 20時54分

こんばは(^-^)
この間、メンテナンス中という事を
すっかり忘れていて、コメントが
消えてしまったので。。。
(こちらに書いたコメントではないのですが
再び書かせて頂きますね)
ずいぶん前の事に、コメントですみません。
うさみさんの言われるように
>吉田秋生さんの漫画は、独特のアンニュイ感というんでしょうか
。。。私も、そんな思いです。
何だか気になる漫画家さんですよね。
その吉田秋生さんの漫画を「王様のブランチ」で、取りあげていたので紹介しますね。

(王様のブランチより)
蝉時雨のやむ頃 1
吉田秋生(小学館) 530円
映画化された『吉祥天女』、『桜の園』や『BANANA FISH』、
『YASHA(夜叉)』などの傑作を発表してきた吉田秋生さんの
待望の最新作『海街Diary1 蝉時雨のやむ頃』。舞台は海辺の街鎌倉。
古い家に暮らす三姉妹、幸、佳乃、千佳のもとに、15年前に
別れた父親の死が伝えられる。その葬式で出会った、母親の
違う妹すずも、鎌倉に越してくる。四姉妹の生き方と恋愛と
家族の絆を、海辺の街の風景の中で鮮やかに描いた新シリーズ。

(オススメしている松田氏のコメントより)
少女漫画界の巨匠・吉田秋生さんの最新作です。
これまでにも、鎌倉を舞台にした吉田さんの作品はありましたが、
この古都でもあり、潮の香りのする街の雰囲気がコマの間から
匂い立ってくるようです。真面目一辺倒の長女・幸、だらしないようで
締めるところはしっかり締める次女・佳乃、そしてふらふらして
いるけど気のいい三女・千佳、さらにはけなげに気張って生きている
母親の違う妹・すず……この四姉妹はじめ、登場してくる人たちの
キャラクターがそれぞれ個性的で魅力的で、彼女たちが生きて、
考えて、恋している姿には、感動を覚えます。主役はもちろん、
脇役から子役まで最高の芸達者を集め、極上のシナリオと手練れ
のカメラマンを擁して巨匠が満を持して撮った人情ドラマといった
味わいで、小津安二郎の映画のようなテイストを感じました。

ちょっと気になったので。。。
では~(^o^)丿

投稿: りる | 2007年8月11日 (土) 02時11分

>りるさん
メンテナンスの節はご迷惑をおかけしました。
吉田さんの新シリーズ、ご紹介ありがとうございます。気になりますね~。今度読んでみます。

投稿: うさみ | 2007年8月11日 (土) 20時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135432/15789645

この記事へのトラックバック一覧です: ドラマ化される漫画:

» SF映画が凄いです [SF映画で眠れない]
SF映画が凄いです。音楽も進化!傑作作品も続々と!日本のSFも今や負けていません!ベストなDVDで今夜も眠れません。 [続きを読む]

受信: 2007年7月18日 (水) 22時35分

« この映画を見ました~「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」 | トップページ | 切手 »