« 新幹線イギリスへ | トップページ | 今夏のサンダル »

2007年8月26日 (日)

しおり

20070826_p1050507本屋さんのカウンターに、お花の形の可愛いしおりが置いてありました。
1枚だけもらうつもりが、どの色も綺麗で選べなくなり、全5色もらってしまいました(^_^;)。

本好きうさみ、しおりは本屋さんでもらうもの、自分で買うもの、いずれもたくさん持っているはずなのですが、本に挟んだままになっていて、いざという時見当たらないことが多いのです(-_-;)。
取り合えず何か目印に代用出来るもの、と、身近にあるものを何でも使います。一番多いのは、レシートですが、それも見つからない時は、読みかけのページ数を覚えておいて閉じることにしています。


電車の中や喫茶店で本を読んでいる人を見ていると、屈託なく、ページの角を三角に折り込んだり(英語でdog-earっていうそうです、確かに犬の耳っぽい(*^。^*)、数ページをがっつりと折り畳んですぐ開けるようにしたりしています。

でも、うさみは「本は貴重なもの」という昔の教えが染み付いて取れないのか、本を折ったり汚したり破ったりすることに強い抵抗があるのです。

積んである本が何かのはずみで崩れ落ちたり、半身浴中にうっかり水中に落として水浸しにしたり、本を読んでいるうち気付かずに眠ってしまい、起きたら自分の体の下で折れ曲がっていたり、というアクシデントはままありますが(T_T)、自分の意思で折ったり汚したりするのは嫌なのです。

カバーもはずさずそのままにしておきますし、教科書以外の本には書き込みもしません。
たまに、ソフトカバーの本をあとがつくほど丸めて読んでいる人がいますが、うさみには出来ません(^_^;)。つい、出来るだけ開き跡がつかないようにしてしまいます。

愛書家というほどたいしたものではありませんが、やっぱり本という形が好きなのでしょう。音楽はダウンロードで入手しても、小説や漫画はダウンロードする気になれません。

今日買った本「配達あかずきん」は、本屋さんが舞台のミステリ短編集でした。入院中の心を慰めてくれた本を薦めてくれた店員さんを探す「六冊目のメッセージ」には、きゅんと来ました(*^。^*)

|

« 新幹線イギリスへ | トップページ | 今夏のサンダル »

コメント

しおり、、、そういえば、どこかにはさんだままで無くなっちゃいます。
でも、ページは折る気がしないなぁ!
というわけで、レシートとかポイントカードとか、なんでも動員していますね~

投稿: ふくやぎ | 2007年8月26日 (日) 23時44分

>ふくやぎさん
手元にあるものをつい挟んじゃいますよね。でも切符を挟んで忘れると後が大変なので、それはやらないようにしています。

投稿: うさみ | 2007年8月27日 (月) 16時14分

そういえば・・・しおりはたくさんあったはずなんだけれど、いま手元に何もありません。私もレシートやそこら辺にある物で間に合わせてますね。

大切な本のページを折るのは抵抗があります。雑誌の類なら別の話ですが・・・。

しおりにもいろんな種類があるのですね。
先だって、面白いのを紹介した番組を観たような記憶があります。

投稿: ぷりちゃん | 2007年8月27日 (月) 21時42分

しおりって、本に挟んでいるのを外して横に置き、そのまま本を読み終えてしまうとしおりを仕舞うのを忘れてしまいませんか?
お蔭で私の寝室には各出版社のしおりが溜まりがちになります(笑)
以前は通販カタログなどは"dog-ear"にしていましたが、お行儀が悪い行為であるらしいと知り、また折り込むと意外とわからなくなる事が多いのでこの出版社のしおりがそこで大活躍しています(^^;

旅行先などでは何となく素敵なしおりを買いたくなりますが、どのみち上記のような運命を辿るため、なかなか購入に至りません…

投稿: 眞子 | 2007年8月29日 (水) 15時17分

>ぷりちゃんさん
やはりレシートは皆さん大活用なのですね(^◇^)。
そうそう、雑誌は折ったり、必要なページだけ切り取ったりするんですけど、本は別なんですよね。

>眞子さん
最近はネットで選ぶので通販カタログを見なくなりましたが、カタログは欲しいものが多いので会社から持ってきたポストイットを貼っていました(^_^;)。

投稿: うさみ | 2007年8月29日 (水) 21時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135432/16245908

この記事へのトラックバック一覧です: しおり:

« 新幹線イギリスへ | トップページ | 今夏のサンダル »