« 毎日マカロン | トップページ | ソニービルを好きな色に! »

2007年8月14日 (火)

香りの歴史

最近出た平田幸子さんの「香水ブランド物語」という本を読みました。

有名な香水をリストアップした本なら他にもありますが、この本はモードやファッションの歴史と香りをからめた話がとても面白かったです。

香水の始まりは治療薬(修道会から始まったサンタ・マリア・ノヴェッラはまさにそうですね。)だったそうですが、人々の生活が豊かになるに連れ、暮らしや個性の一部になっていったのですね。

そう思って振り返ると、ディオールのプワゾンが街中に香っていた頃は攻撃的なほどセクシーで女性らしさを見せ付けるような服が流行っていましたし、カルヴァン・クラインのシーケーワンをつける女性は肩に余分な力を入れずにスーツで装えるようになった世代だなあと思います。

ファッションブランドが競って香水を作るのは、高級メゾンの服を買える人は限られるけれど、香水ならより多くの人に手にしてもらえる、その為にブランドのコンセプトを体現した香りを生み出すのだ、という意味のことが書いてありました。
香水がブランドの広告塔の役割を果たしているんですね。
シャネルのスーツを着るマダムがNo5を愛用する、といのは想像出来ますが、オ・パフメでブルガリを知ったOLさんがボーナスで時計を買う、という流れは考えたことがありませんでした。
感覚に直接訴えるだけに、香りの持つインパクトは強いんだなあと思いました。

各香水ブランドの創始者や名香の紹介を読んでいて、うさみが初めてつけた香水に久しぶりに出会いました(#^.^#)。

ギ・ラロッシュの「フィジー」、1966年発売で今も売られているロングセラーです。

海外旅行のおみやげにあちこちから香水をいただいたうさみ母が、ほとんどつけることなく鏡台の奥底にしまってあったボトルを、中学生くらいのうさみが発掘して譲り受けました(^○^)。

フローラル・フレッシュ・ムスキー、南太平洋の島フィジーをイメージした新鮮でバランスの取れた香りです。
当時香りと言えば、制汗剤の人工的な香りか、匂い袋の和の香りしか知らず、何ていい匂いなんだろうと感動したものでした(*^_^*)。

学校にはつけていけませんので、お出掛け時に大切につけていました。無くなったら自分で買って、20台前半くらいまではつけていたかなあ?

同じ時に母から奪った(!?)中に、エルメスの「カレーシュ」もあったのですが、こちらはその時はあまりいい匂いだと思えませんでした。

多分、アルデハイディック・フローラルという香調に馴染みがなかったからでしょう。
何年かしてから、ああ、これ持ってたっけ、と思い出してつけてみたら、次第に変わっていく品のある知的な女らしさに圧倒されました(*^。^*)。

ニナリッチのフルールドフルールに凝っていた時期もあったし、あれもあった、これもあった、と自分の香り史を辿っていましたら、原点に戻って「フィジー」の香りが嗅ぎたくなってきました。

|

« 毎日マカロン | トップページ | ソニービルを好きな色に! »

コメント

CK One懐かしいですね。
ポワゾンの匂いは好きになれませんでしたが。
「香水」といえば、パトリック・ジューズキントの小説を思い出します。生まれたときから、周囲の人が事故死していく男の生涯のハナシですが、匂いに敏感でありながら自分に「匂い」がないことに気づき、香水師に弟子入りし、理想の香りを調合しようとする・・・
南仏の香水の聖地に修行に行くのですが、匂いを抽出する様々な方法があることをこの物語で初めて知りました。

投稿: アラベスク | 2007年8月14日 (火) 21時25分

私にとって、思い切り「ツボ」な本です〜♪
う〜ん、ぜひ読みたい!!
平田さんって、香水者の記事をよく書かれる方ですよね?
面白そうです。

年月が過ぎ、苦手だった香りを再度試すと、以外に良い香りに感じることが多いのに驚きます。
そして、年齢を重ねる事で似合う香りが増えるのも、とても嬉しい驚きです。
そういえば、カレーシュのオーデリカートは、
私のお気に入りの一つなんです(^^)
もちろん元祖カレーシュもとても素敵ですが、
こちらは私に似合ってない気が〜(汗)

投稿: ジュエル | 2007年8月14日 (火) 21時26分

>アラベスクさん
シーケーワンもプワゾンも、最近あまりつけている方いないようですね。
フランス語の先生がプワゾンをつけていて、マダム~という顔姿に似合ってました。自分でつけたい香りではありませんでしたが・・・
南仏、グラースかな?私も行ってみたいです(^◇^)

>ジュエルさん
ジュエルさんならお気に召していただけそうな本だと思います(#^.^#)
平田さん、そうです、その方です。
苦手だった香りが好きになるのって何だか嬉しいですよね、それだけ自分の幅が広がった気がします。
カレーシュのオーデリカートは試したことがありませんでした。今度ぜひ試してみます。エルメスではヴァンキャトルフォーブルが一番のお気に入りです。

投稿: うさみ | 2007年8月15日 (水) 20時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135432/16111874

この記事へのトラックバック一覧です: 香りの歴史:

» シャネルのアニマル柄トートバッグ [シャネルのバッグの新作やトートバッグならお任せ]
#トラックバック失礼します。シャネルのバッグの新作やトートバッグ、ショルダーバッグなど色々なシャネルのバッグについて紹介していきたいと思うので是非参考にしてみてください。 [続きを読む]

受信: 2007年8月15日 (水) 01時10分

» シャネルバッグとトートバッグ [シャネルバッグとトートバッグ]
シャネルバッグとトートバッグ種類、お手入れ方法など。 [続きを読む]

受信: 2007年8月15日 (水) 20時52分

» シャネル バッグ [シャネル バッグ]
シャネル バッグについて書きます。シャネル バッグはシャネルという一流ブランドの中でも1番人気がある物です。 [続きを読む]

受信: 2007年8月17日 (金) 00時42分

» チャオパニック [チャオパニック]
チャオパニック。そのコンセプトは・・決して堅苦しくない感覚 [続きを読む]

受信: 2007年8月21日 (火) 11時16分

» トミーヒルフィガー [トミーヒルフィガー]
トミーヒルフィガーのバッグや時計などの最新情報をお伝えします。歴史の長いファッションブランド、トミーヒルフィガーですけども、その人気は今も衰えてないですよねえ。 [続きを読む]

受信: 2007年8月21日 (火) 12時31分

» 心と身体に効くアロマセラピー [アロマセラピー道場]
★心と身体に効くアロマセラピー★ 日頃から健康で美しくありたい・・・それはきっと... [続きを読む]

受信: 2007年8月30日 (木) 19時00分

» NINA RICCI (ニナ リッチ) [ドゥロワー]
パリのオート・クチュール、ニナ・リッチ。香り輝くニナ・リッチをドゥロワーでどうぞ。 [続きを読む]

受信: 2007年9月12日 (水) 22時32分

« 毎日マカロン | トップページ | ソニービルを好きな色に! »