« アンリ・カルティエ=ブレッソン展 | トップページ | 7人にひとり »

2007年8月 1日 (水)

この本を読みました~「吉原手引草」

文学賞にはそれほど興味がなく、芥川賞・直木賞発表のニュースを聞いて、ふう~ん、と思うくらいなのですが、珍しく、今回の直木賞を受賞した本「吉原手引草」を買いました。



ニュースにのっていた受賞作のあらすじに興味をひかれたので・・・吉原の花魁失踪事件を扱ったミステリ風の時代小説ですが、吉原に働くさまざまな人々が登場する、というところが面白そうだと思ったのでした。

著者の松井今朝子さんの小説は今まで読んだことがないと思っていましたが、著書リストに「ぴあ歌舞伎ワンダーランド」 があってびっくり。うさみの持っている本でした(^○^)。



著者プロフィールを拝見したら、歌舞伎の企画制作や評論などのお仕事から、小説を書き始められたようです。
どうりで~、歌舞伎の舞台面が思い浮かぶ話だなあと思っていたのです。
ぱっと思い浮かんだのは「籠釣瓶花街酔醒」(かごつるべさとのえいざめ)かな?

このお芝居は花魁が身請けしようとした実直な田舎物のお客に愛想尽かしをして、恥をかかされたその男に殺されてしまう話ですが、花魁、花魁の恋人(間夫)、客、店の主人とおかみ、遣り手、新造、幇間など、登場する人たちの職業は「吉原手引草」と同じ、みな吉原の重要な構成員という訳ですね。

小説では、聞き手が自らの素性を明かさないまま、花魁「葛城」の失踪事件を調べようと、関係者に話を聞いて回ります。

一人の花魁について、立場の違うさまざまな男女が自分の見た花魁像を語って行き、最初は雲の上の天女のようだった女性の本当の姿が見えて来ます。
それと共に、話し手達の嘘も明らかになって、最後には事件の真相が暴かれますが、ミステリとして読むと、語られない事件の詳細が気にかかりそうです。

でも、タイトルの通り、この本は吉原の手引、なんだと思います。
吉原でお客さんになるにはどこにどう頼むものか、客としてどんなしきたりを守らなくてはいけないのか、花魁以外にどういう人たちが働いていて、その人たちはどんな背景を持っているのか、花魁になる女性はいくつでなぜ吉原に来て、どんな毎日を送っているのか、そうした疑問に答えをくれる「手引」でした。

ああ、そういう職業もあったんだなあ、と興味深かったのが、花魁の書いた手紙を客に届ける文使い、現代のバイク便さんみたいなものですね(^○^)。
花魁になるには、字もうまくなくてはいけなかったそうで、お客さんへしょっちゅう営業用恋文を出していたんですね。

|

« アンリ・カルティエ=ブレッソン展 | トップページ | 7人にひとり »

コメント

吉原は特殊な世界ですよね。隆慶一郎さんの吉原を舞台にした小説で不思議な場所だなと感じたことを思い出しました。「手引」として読み比べて見たいような気もします♪

投稿: ofuu | 2007年8月 2日 (木) 15時24分

 またまた新しい情報です!
 読んでみたいでーす。

投稿: 水戸小紋 | 2007年8月 2日 (木) 19時31分

>ofuuさん
本当に特殊な世界だったのだと思います。女の苦しみと悲しみを背負いつつ、華やかであでやかな不夜城・・・今の繁華街とは違う何かを感じます。

>水戸小紋さん
水戸小紋さんのお気に召しそうな話かなあ、と思っておりました。機会がありましたら、ぜひご一読下さいませ。

投稿: うさみ | 2007年8月 2日 (木) 20時56分

 この本は置いてなかったので 予約して、「家、家にあらず」を かりてきました。

投稿: 水戸小紋 | 2007年8月 4日 (土) 19時37分

>水戸小紋さん
直木賞受賞ということで読みたい方が多いでしょうね、早く回ってくるといいですね。

投稿: うさみ | 2007年8月 4日 (土) 21時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135432/15958269

この記事へのトラックバック一覧です: この本を読みました~「吉原手引草」:

» バイク便 [バイク便]
バイク便 [続きを読む]

受信: 2007年8月 2日 (木) 08時41分

« アンリ・カルティエ=ブレッソン展 | トップページ | 7人にひとり »