« 地元で避暑 | トップページ | 歌詞とメロディー »

2007年8月20日 (月)

ザ・プレミアム カルピス

先週の「ディアボロ・ジンジャー」に続き、今週うさみの目に付いた新製品ペットボトルが、「ザ・プレミアム カルピス」です(^○^)。

ザ・プレミアム カルピス」はカルピス社創業90周年を記念した、カルピスの高級版なのだそうです。

普通高級感を演出する色は、ダークグリーンワインなどと言われていて、プレミアム○○、という商品のパッケージはそんな深めの色使いになっていますよね。

カルピス=白と青、その爽やかでお腹に良さそうなイメージはそのままに高級感を出そうとしたのが、このパッケージ。20070819_p1050436
白を多めに、水玉はクリア(透明)、文字が青とゴールドとシルバーちょっぴり、うまいな~と感心して、つい買ってしまいました。

お味の方は濃厚なカルピスでした(#^.^#)。
お口の中に白い膜のようなものがたくさん残る感じ(^^ゞ。

カルピス、昔懐かしい乳酸飲料ですね。
子供の頃は、どこのお家に遊びにいっても、たいてい冷蔵庫にカルピスの瓶が入っていたものです(^○^)。お水を混ぜて作るので、それぞれ自分好みの濃さ加減があったりしましたね。うさみは濃い目に甘く作るのが好きでした(*^^)v。

最近では、混ぜてあってすぐ飲める状態で売っているペットボトルばかり買ってしまいますが、たまには原液(?)を買って作ってみようかなあ、今は瓶じゃなくて紙パックなんですよね。

初恋の味、カルピスこども劇場、白に青い水玉の瓶(大昔は青に白の水玉だったそうですが、うさみでもそれは知りませんので、ご存知の方はいらっしゃらないでしょうね。)、帽子をかぶった黒人男性のシルエット、人気アイドルのカルピスウォーターCM・・・皆様はカルピスで何を思い出されますか?

うさみは子供時代の甘酸っぱい思い出と共に、大学の英語の先生が、カルピスCalpisという商品名について、「発音がcow piss(雌牛のおし○こ)に似ているので、英米では使わない方がいい。」と言っていたのが忘れられません(-_-;)。
多分そのせいなのでしょうけれど、アメリカでの商品名Calpicoカルピコだそうです。

カルピスという名前には、カルシウム+サルピス(サンスクリット語で熟酥(じゅくそ)、五味の最高が醍醐で、その次の意味)という高尚な意味があったんですね~、ずっと知らずに飲んでいました。
もともと、創業者さんがモンゴルで酸乳を飲んでその味と胃にいい働きに感動して開発した飲み物なんだそうです。酸乳って、以前NHKのシルクロード特集番組で見た馬乳酒みたいなものでしょうか~?

|

« 地元で避暑 | トップページ | 歌詞とメロディー »

コメント

カルピス=初恋の味かな。
そういえば・・・最近は飲んだことがありません。子供たちが小さい頃は、ビンに入っていたのを薄めて飲ませたものです。
たしか~オレンジ味もあったような気がするのですが。
頂き物が多かったような気がします。

「ザ・プレミアム カルピス」
白を強調した感があり、けばけばしくないところが好感を持てますし、高級感がありますね。さすがです。

投稿: ぷりちゃん | 2007年8月20日 (月) 21時31分

>ぷりちゃんさん
そうですね、お中元にカルピスのセット、普通の2本にフルーツ味のが1本混じっているの、よくいただきましたね~!
乳酸菌でおなかによさそう、というので子供の飲み物、だったのでしょうか。おとなでも飲んでも美味しいですけどね。

投稿: うさみ | 2007年8月21日 (火) 21時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135432/16179901

この記事へのトラックバック一覧です: ザ・プレミアム カルピス:

» ザ・プレミアムカルピス [proposeliveafulllife.]
前回の記事でカルピスのレモンソーダ割りについて書いたが、今日ちょっと食料を買いにドンキに寄ったらザ・プレミアムカルピスなるものを見かけたので試しに1本購入。従来のカルピスを直前に飲み、比較した上で飲んだ感想は「何かコクがあってカルピスというか、むしろヨ...... [続きを読む]

受信: 2007年9月 5日 (水) 20時35分

« 地元で避暑 | トップページ | 歌詞とメロディー »