« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月30日 (日)

カラータイツ

9月も終わりという週末になって、急に涼しくなりました。
あまり急に気候が変わられても体がついていけませんし、着るものにも困りますね(-_-;)。

冷たい秋雨が一日中降り続き、うさみ家の近隣では行く場所がなくショッピングモールを目指した人が多かったようで、幹線道路は”○○渋滞”(○○はショッピングモールの名前で、モールの駐車場に入れる外側車線だけ、1キロくらい車の列が続く)が起きていました(^_^;)。

ショッピングモールの大きな本屋さんに本を探しに行こうと思っていたのですが、渋滞を見て取りやめ、駅前のスーパーでちょっと買物するだけにしました(^^ゞ。

20070926_p1050642 今年の秋冬は、カラータイツが流行る、と言われ、街中のショーウィンドーではもう見かけていましたが、地元スーパーでまでカラータイツの品揃えが充実していてびっくりしました。
去年までは、以外の色のタイツなんて全く置いていなかったのに、今日はスーパーのプライベートブランドのお安いタイツでさえ12色のバリエーションが揃っていました。
それにレッグファッション全盛のおかげか、秋冬物タイツの出足が早いです(#^.^#)。冷え性うさみには有難いことです。

今年的には、ダークなお洋服ヴィヴィッドなタイツをアクセントにする、というのが素敵なようですが、一歩間違うと難しい組み合わせですね(^^ゞ。

続きを読む "カラータイツ"

| | コメント (6) | トラックバック (5)

2007年9月29日 (土)

秋の歌

最近の推理小説や刑事ドラマでは、被疑者や被害者の手がかりをつかむために、自宅のパソコン内の履歴やデータを調べるシーンがよく登場します。昔でしたら、机から日記20070929_p1050652 や手紙類を押収したところでしょう。
マイPCをチェックされたら、趣味嗜好からお買物履歴、お友達関係に仕事関係まで全部明らかになってしまいます(^_^;)、他人には見られたくないものですね、恥ずかしいし・・・。

PCほどでなくても、あまり人に見られたくないのが、携帯用音楽プレイヤー(あえてiPodとは言いません・・・うさみはWIN派でウォークマン好きだから。)の音楽データだな、と今日バスでウォークマンを聞きながら思っていました。
音楽の趣味年齢層がバレバレになってしまいますから・・・(-_-;)。

うさみのネットワークウォークマンなんて、アーティスト名で検索すると、一番上に出てくるのがa-haです・・・年代がモロバレです(^^ゞ。



他に入っているのは、和洋とりどり、韓国も若干、ジャンルはポップスとサントラ、クラシックかな。

ある時期は決まったものを何度も聞いていることが多いです。
夏の間は、元気の出るZARDさんの「Golden Best ~15th Anniversary~」を聞いていました。こんなに人を勇気づけてくれる歌をたくさん作っていたのに、自分を助けてくれる歌はなかったのかな(;O;)、もう新しい歌が発表されることはないんだな、と思うと、寂しくもなりましたが・・・。



今日はいきなりとても涼しくなり、エネルギー充填よりはしっとりとバラードが聞きたいか20070929_p1050658 な、という気分で徳永英明さんの「VOCALIST3」を聞いていました。

女性ヴォーカリストの有名ナンバーのカヴァーアルバムで、男の人のかすれたような声で歌われるのが”秋”っぽい気がします。
つい外なのを忘れて一緒に♪土曜の夜と日曜の貴方がとても欲しいから~♪(恋におちて)と熱唱しそうになるので、危ない危ない(^◇^)。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年9月28日 (金)

勉強サポートシャープペン

2008年の手帳の展示(もう来年の手帳です、早~い(>_<)にひきつけられた文房具店で、面白い新製品シャープペンシルを買いました(^○^)。 20070928_p1050646_3

香りで勉強をサポートするシャープペン、「supplio」です(^_^)v。

“香りの効果で学習能力を向上させる”がコンセプト。
昔流行った「匂いつき消しゴム」は、人工甘味料かトイレの芳香剤のような、ちょっとわざとらしい匂いでしたが(^_^;)、これはちゃんとアロマテラピーの専門家が調合したそうです。

見本とお試し用のメモ紙が置いてありましたので、しゃかっと一筆書いて、くんくん匂いを嗅いでみましたが、あまり感じません(>_<)。でも確かにその商品のあたりにはアロマティックな香りが漂っていたので、お店の雑多な香りに混じっちゃっているのかもしれない、と買ってみることにしました。

リフレッシュヒーリングポジティブと3種類の香りが用意され、それぞれペンの色が違います。
癒し好きのうさみは、緑色の「ヒーリング ちょっと疲れ気味の時に」を選びました。
グリーンティサンダルウッドミントブラックペッパーの香りだそうです。

続きを読む "勉強サポートシャープペン"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年9月27日 (木)

INFOBAR2発売決定\(^o^)/

うさみの使っている携帯電話はauINFOBARというシリーズです。

これについての熱い思いは何度もブログで語っていますが(^_^;)、愛が深すぎて他の携帯に機種変更する気になれず、今度の11月で使い始めて4年、機能が古くなっても我慢して使っています。

人気に応じてINFOBAR2のコンセプトモデルが発表されたのが去年の秋、コンセプトモデルを作ったから必ず製品化されるものでもないし、製品化されるとしても2年くらいかかるかも、と覚悟していましたが、うさみの切実な願いが通じたらしく、今秋(11月下旬)発売決定しました~!!

さあ、待ちきれずにINFOBARから他の携帯に乗り換えた方、ストレート携帯好きの方、auショップへ走りましょう~!!
携帯はもうこれに決まり、というものがある方も、「au design project」シリーズはグッドデザインのプロダクトとして見応えありですよ~(^○^)。



さて、初代INFOBARはうさみの使っている和の配色・紅白と浅葱色の「NISHIKIGOI」、白黒の市松模様の「ICHIMATSU」、ダークブルーとシルバーの「BUILDING」、杏仁豆腐の白の「ANNIN」というカラーバリエーションでしたが、INFOBAR2は、「NISHIKIGOI」「SILVER」「WARM GRAY」「MIDORI」というラインナップになるそうです。

注目は「MIDORI」ですよね~。
コンセプトモデルでは、水色があったのですが、その代わりに緑色が入ってきましたね~。「MIDORI」だけ表面にシボ加工でマットな手触り、と書いてあるので、実物に触ってみたいです。

うーん、キイのところに何か他の色が使われていたら、迷ったかもしれませんが、全面同じ緑なので、うさみはやっぱり「NISHIKIGOI」がいいです!

早速今日の帰りに地元auショップで予約して来ました~♪
店内にはまだ何の告知も出ていなかったので、わかってもらえないかも、と心配しましたが、さすが正規auショップです(^◇^)、ちゃんと店頭のお兄さんはご存知でした。

「4色ありますがお色はどれになさいますか?」と問われて、必要も無いのに思わずバッグから携帯を出して「これと同じNISHIKIGOIでお願いします!」と力説してしまいました。
予約票を渡しながら、「予約だけなので、他のお店でお買いになっても大丈夫ですよ。」と言ってくれたのは、商売気のない人の良さゆえか、「発売11月下旬って、だいたい何日でしょうね!?」とうさみが気色ばんでいたので、入荷はもっと都心の店が早いですよ、という意味なのか・・・(^^ゞ、ここまで待ったのですから、お世話になっている地元ショップに入荷するまで待って買いますよ~。

続きを読む "INFOBAR2発売決定\(^o^)/"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年9月26日 (水)

シェイクスピア・ソナタ

久しぶりにお芝居を観に行きました。20070926_p1050643
千秋楽のチケットが取れたので、会社は半休です(^○^)。

うさみの大好きな松本幸四郎さんが現代劇の新作を上演することを目的に立ち上げた「シアターナインス」の10周年記念公演、「シェイクスピア・ソナタ」の千秋楽。

演じる側は気合が入っていらっしゃるでしょうし、最後に長いご挨拶があったりするので、楽日に観るのは特別な感があって好きです。
初日は初日でまた緊張感があっていいですね、祝い花(○○さん江、って札のついた出演者あてのお祝いのお花、スタンドだったり鉢だったりアレンジメントだったり。)も枯れてませんし(^○^)。

場所は渋谷のPARCO劇場、パルコパート1ビルの9階、渋谷駅から若者の大波小波を乗り越えてやっと辿り着ける場所です(^_^;)。
ポスターやお花の写真を撮る気満々で出かけたのですが、このビル内全体が写真撮影禁止だそうで、何も撮れませんでした(>_<)。劇場内はいけないと思いますが、入り口やロビーくらい撮らせてくれたっていいのに~。

今日はだいぶ涼しく感じられる日でしたが、劇場内はキンキンに冷房中(-_-;)。冷房に負けずに最後まで観劇出来る様に、と長袖カーディガンにレッグウオーマー、スカーフとショールを巻き付けたうさみは、かなり怪しい風体だったかも(^^ゞ。

続きを読む "シェイクスピア・ソナタ"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年9月25日 (火)

エレベーターの押し間違い

今朝、会社のビルについてエレベーターに乗り、何も考えずに止まった階で降りようとしました。

はにゃ!?エレベーターホールのインテリアが違う!?20070902_p1050531

ばっと階数を見直すと、うさみが降りるべき階の2階上(>_<)、どうやらエレベーターの階数ボタンを押し忘れたようです。
他に数人の乗客がありましたが、たまたまうさみと同じフロアの人はいなかった模様。
しょうがないのでそのまま一番上まで素知らぬフリで昇り、目的階のボタンを押して下がって来ました。
連休明けだからボケてたんですね~(^_^;)。

エレベーターでは、ぼ~っとしていることが多いので、よく押し間違い・押し忘れをやってしまいます。

下へ降りようと乗ったのに、1階ではなく自分が乗った階のボタンを押して、しばらくたっても動かないので、もう一度押そうとしてやっと間違いに気付く、というのが一番多いです(^_^.)。
パネルに向かった指がつるっと滑って一つ横を押してしまったり、会社なのに自宅の階数を押していたり。
エレベーターにも取消ボタンっていうのがあるといいなあと思っていたら、メーカーによっては目的階のボタンを2回押すとキャンセルになるんだと書いてあるサイトがありました。(本当かな~?会社のエレベーターはそのメーカーではなかったので試していませんが・・・)

あと「」と「」も並んでいて間違い易いですね~、いつも乗るエレベーターは左が「開」というように場所で覚えていますが、初めて乗る場合は戸惑います。
「開」「閉」の漢字はそっくりですし、三角マークでも眼が悪いとどちらが開くを表しているのか分かりにくい・・・走ってエレベーターに向かってくる人から「乗ります!」と合図され、閉じかけたドアを開けようとして間違えて「閉」を押しちゃうと、意地悪したんじゃありませ~ん、といたたまれない気持ちになります(-_-;)。

続きを読む "エレベーターの押し間違い"

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2007年9月24日 (月)

読まず嫌い

本屋さんの平台で見かけても、装丁や帯のあおり文句から推測してあまり自分の気に入らないだろう、と手に取らない本、というのが存在します。
食わず嫌い、ならぬ読まず嫌い、とでも呼ぶのでしょうか(^^ゞ。

そのまま全く係らない本もありますが、たまに他の作家さんのインタビューや書評などで読んで「あれっ?これってあれかな?何だ、面白そうじゃない。」と読んでみると実にうさみ好み、という嬉しい再会(?)もあるのです。

最近そういう出会い方をした本がこの「ひきこもり探偵」シリーズ。

本屋さんで見かけた時に、タイトルと装丁が、推理小説というより青春小説に思えて敬遠していました。
おばさんだから青春小説は趣味に合わないと決め付けている訳ではないのですが、青春真っ只中の作家さんが書いた青春小説って、残酷なまでのむき出しの感情に読んでいるこちらがやられちゃう処があり敬遠がち・・・(^_^;)。

手に取ってみようと思ったきっかけは、本屋さんミステリの著者・大崎梢さんの小エッセイで、この本を買って忘れたのが誰か推理する、という一文が面白かったから(^◇^)。

続きを読む "読まず嫌い"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月23日 (日)

彼岸の頃

お彼岸の連休初日の昨日、まだ冷房がきついなあ、外は暑いからしょうがないか~と諦めながら乗っていたバスの窓から、写真館を出て来る親子連れの姿を見かけました。




お父さんとお母さんに連れられた小さな女の子は、晴着に被布姿・・・ああ、七五三、三歳のお祝いかな、写真館で記念写真を撮ってもらったんだね~、微笑ましい・・・ん!?

先日デパートで七五三フェアを見かけたばかりだったので、違和感を覚えずスルーしてしまいましたが、今はまだ9月・・・七五三ってもとは11月15日にお祝いするものでしたよね?
最近は10・11月の週末でご家族のご都合に合わせて、のようですが、それにしてもお彼岸の週末はまだ早過ぎるのでは??

特に昨日の東京は最高気温が32度でしたので、晴着のお嬢ちゃんはさぞ汗だくだったと思います(-_-;)。
晴着セットレンタルが、早期だと割引になる、とか何かだったのでしょうか?

続きを読む "彼岸の頃"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年9月22日 (土)

このDVDを見ました~「上海の伯爵夫人」

製作時から注目していた割には、劇場公開時に見に行けなかった映画(>_<)をようやくDVDで見ました。

上海の伯爵夫人The White Countessマーチャント・アイヴォリコンビの最後の映画であり、うさみの大好きな作家カズオ・イシグロがオリジナル脚本を書いた映画です。



カズオ・イシグロ原作でマーチャント・アイヴォリフィルムで映画化された「日の名残り」をご存知の方は多いでしょう。
「日の名残り」はうさみの大好きな小説ですが、映画の方はうさみがイシグロらしいと思っているのとは違う部分にスポットライトを当てて作られ、それでヒットしたんだからいいのかもしれないけど、ぶちぶち、という複雑なファン心理がありました(-_-;)。



「上海の伯爵夫人」の方が、イシグロカラーがどっぷりと出ていると思いました。

彼の小説「わたしたちが孤児だったころ」と同じ時代の上海を舞台にしているので、公開前はこの本の映画化なのかと思っていましたが、時代背景が同じだけで全く違う登場人物と内容でした。

続きを読む "このDVDを見ました~「上海の伯爵夫人」"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年9月21日 (金)

紅い椿白い椿

日本の女性は、美しい」というキャッチコピーのCM効果もあって売れに売れ、シャンプーのシェア地図を塗り替えた資生堂のヘアケアシリーズ「TSUBAKI」に、が出ました。

「TSUBAKI」=鮮烈な赤、で印象付けられていたところに、白の登場です(^○^)。

今朝の新聞の真ん中見開きページは、赤と白のシャンプーボトルと椿の花がバンっと大きく豪華に占領して目立っていました。
CM(テレビでも流れていると思いますが、うさみはあまりテレビを見ないので資生堂のサイトで視聴しました(^_^;)では、人気女優さん達が世界のあちこち(塩田や白馬がいる高原や白いヨット)で美しい髪と白をアピールしています。

ここまで宣伝したら、きっと売れるでしょうね~。
少なくとも試しに使ってみよう、と思う人は多いでしょう。リピート買いが出るかどうかは、ダメージケアしてくれるというシャンプーの能書きがどのくらい効くかによるでしょうけれど(^◇^)。

白は清潔、病院、というイメージもあるので、髪のダメージを修復するシリーズとして白が選ばれたのでしょうか。
赤と白を並べたことで、より「日本」を強調して、和、椿、椿油黒髪という連想につながりそうです。

続きを読む "紅い椿白い椿"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年9月20日 (木)

チョコの季節

近年は溶けにくいチョコレートが出来て、夏でもコンビニや駅売店のお菓子売り場からチョコレートの姿が消えることはなくなりました。
それでも、秋の声を聞くと、どっと売り場をチョコレートが占領し、あわせて新製品も投入されるので、チョコ好きには嬉しい季節です(^○^)。

どんどん新しい商品が出て来ても、ずっと残っていく品は少ないもの、気に入っていたチョコがいつの間にか無くなってしまって寂しい思いをするのもチョコ好きの常です。
20070920_p1050621 この秋、うさみが30年以上食べ続けてきたチョコレートがリニューアルされ、姉妹品も登場しました\(^o^)/。

明治製菓の”朝摘みいちごの甘酸っぱい美味しさ”、「ストロベリーチョコレート」(昭和42年発売)、昔ながらの板チョコで、まんなかに甘酸っぱいピンク色のストロベリーミルククリームがはさまれています。20070920_p1050624

材料の配合や大きさは少しずつ変えているのだと思いますが、白地に苺がどど~んとついたパッケージも、苺のツブを感じる甘くて酸っぱいの味のバランスもずっと変わらず、懐かしいけれども古臭くはない、そんなチョコです(#^.^#)。

子供の頃は、毎週塾帰りにこれを買うのが楽しみで、定価50円のを45円で買うために、スーパーまで寄り道していました。平成19年現在の定価は120円、2.4倍ですか~(^_^;)、時の流れを感じますね~。

板チョコの欠点は、開けてしまうと途中で食べ止めづらいこと(^_^;)、ついつい1枚食べ切っちゃうんですね・・・。
チョコレートの砂糖と脂肪が胃にあまり良くないので、おやつが食べたいなら和物にしなさいとお医者さんに言われるのですが、なかなかやめられません・・・、あんこ系おやつも好きなんですが、チョコには敵わないかも・・・。

続きを読む "チョコの季節"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年9月19日 (水)

身長

「最も背の低いセクシーな男性は誰?」というonepoll.comのオンラインアンケートで、トム・クルーズ堂々一位になったそうです。



うさみもトム・クルーズって(ハリウッド俳優にしては)小さくて太目(^_^;)、と思っていましたが、やはりあちらでも身長についてはそう思われていたんですね~。
身長170cmだそうですから、日本でも大きくはないですね。

他にはジェイムズ・マカヴォイ(「ナルニア国物語」でフォーンの役を演じていた俳優さん)や、サッカーのワンダーボーイ、マイケル・オーウェン、F1ドライバーのルイス・ハミルトンの名前が挙がったそうです。



これくらいの顔ぶれになれば、身長がコンプレックスや欠点になることは無いのでしょうね。

続きを読む "身長"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年9月18日 (火)

脳内メーカー

昨日、自民党総裁選関連のニュースで、麻生さんが街頭演説で触れたという「脳内メーカー」の話題が取り上げられていました。

この、名前を入れると脳の中身を表す漢字が出てくる単純なお遊びサイト、うさみの会社でもちょっと前に流行っていましたが、麻生さんの演説でマスコミでも話題沸騰、更にアクセスが増えているようです(^○^)。

まだお試しされたことのない方、お暇がおありでしたら、やってみて下さい。

占い等と違って、出て来る40種類ほどの漢字(言葉)には何の根拠も無いそうですが、結構当たっているようで笑えます。

うさみ、で入力するとこんな感じ(^◇^)。

Nounai」つきで「」と「」びが好きで「」を求めている?・・・寂しい人間ですね(-_-;)。

本名(漢字)だと、外周が「」で、真ん中は全部「」になりました。
対外的にはひたすら休みたくて、心の中ではお友達に飢えているらしいです、少しは当たってるかな?

会社の同僚では、脳内全て「」という人が一番笑いを取っていました。
金儲け一筋、と捉えるとひどいですが、ゴールドが頭いっぱいに詰まっている、と思うと御目出度いでしょうかね。

「悩」「幻」「悪」「餌」などという字が出て来るとちょっとギョッとします。「犬」も出るらしいのですが、うさみはまだ見たことがありません。

同じシリーズで、「脳内フェチメーカー」というのをやってみたら、前半分が「」で後ろ半分が「」、真ん中を区切っているのが「」でした。匂いフェチでナルシスト、特に自分の唇が好き・・・(^-^)ぷぷっ、そうなのかな?

ところで、脳内にどんな字があれば、総理にふさわしいのでしょう?
」「」「」「」あたりでしょうか?
リーダーシップを表すような漢字がリストになかったので、付け加えるとしたら「強」「率」「弁」?
」「」「」「」なんかは困りますね~(^^ゞ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年9月17日 (月)

ハナトラノオ

暑い三連休でした(T_T)。20070917_p1050616

いちど気温が下がって、ああ今年の猛暑もようやく終わりか~と、体のスイッチも「」から「」をひとつ飛ばして「」レベルにセットされてしまったので、戻って来た暑さがよりこたえます・・・(;O;)。

冬から春ですと、「寒の戻り」や「三寒四温」という、寒さと温かさが繰り返しながら春に近付くことを表す言葉があるのに、夏から秋にはそうした言葉を聞かないので、普段は段階20070823_p1050475 的に気温が下がっていくことが多かったんだったでしょうか。
異常気象が続いて、何だか昔の気候はどうだったのか、通常の気候はどういうものか、忘れてしまいそうです(-_-;)。

秋本番が心から待ち遠しいうさみの、最近お気に入りの花が、ハナトラノオ(花虎の尾)。20070823_p1050454
涼しげな色と、小さい花がたくさん重なるところが大好きです。

可愛らしい花と、虎の尾という名前が似合わないように思いますが、花のついた枝の姿全体が虎のしっぽみたいだということなんですね。
北米原産だそうで、英語の名前は”obedeience plant”(従順な植物)、茎を曲げるとそのまま戻らない習性から付いた名前だとか・・・こちらの方が少しは納得出来るような気もしますが、情緒がなくも思えます(^_^;)。

ハナ、がつかないただのトラノオは、最近マイナスイオンを出してお部屋の空気を綺麗にしてくれると人気の室内植物、サンセベリアのことだそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年9月16日 (日)

猫の腕時計

今日は用があって出かけたついでに、欲しかった腕時計を発見(*^^)v、デパートのポイントもたまっていたことだし、目出度く購入して参りました~!
20070916_p1050612
tsumori chisato猫時計です(^◇^)。
写真だとどこがネコかわからないでしょうか?フェイスに耳がついていて、ベルトの留め金具は猫足です。20070916_p1050615

前に見たお店では、しか置いてなくて(他にゴールドピンクあり)、すっごく形は好みだけれど、黒いものは必要な場合以外身に着けないことにしているので断念しました。
今日のお店でも、人気商品でこれが最後の1個だったそうです。嬉しい~♪♪

いい年をした勤め人が使うには遊びっぽすぎるかもしれませんが、これからは長袖で時計が見えなくなる季節だし、腕時計って興味の無い人はあまり目に留めないようなので、会社にも着けていくつもりです(^◇^)。

続きを読む "猫の腕時計"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年9月15日 (土)

私の針仕事展

池袋西武デパートで開かれている「第4回 私の針仕事展 和を愛20070915_p1050607_2でる心ー54人の作家による和のキルト&240点のバッグ・フェスティバル」を見て来ました。

いやいや、トップキルターの作品が集まる人気の催事だとは知っていましたが、女性ばかり、すごい人でした~。
三連休初日で、デパート自体にも相当な買い物客が出ていて、疲れました(@_@;)。

うさみは自分ではとてもキルトを作る根気と指先の細かさ・正確さが無いのですが、出来上がった作品を見るのは好きです(*^。^*)。
色と形のつながりや重なりがとても面白く、ワクワクします。

でも今日の展示でうさみが最も心魅かれたのは、現在の手芸家さんが製作した大きなキルトよりも、博物館の提供で展示されていた江戸時代から明治大正くらいまでの、針仕事作品たちです。
昔の奥様お嬢様たちの手によるお細工物たちは、時を経て色あせていましたが、それでも使うために作られた愛情と執着に心打たれました。

押し絵は今でもよく見ますが、きりばめ細工は珍しかったです。
布を切り取った箇所に、裏から同じ形に切り取った別の布をはめこんだもので、遠めには1枚の布にしか見えません。細かい曲線を縫いつなぐのに高い技術を要したのだそうです。
大きな巾着で、全体に役者絵をはめ込んだものがとても素敵でした(^◇^)。地は紫で、役者の顔や着物はそれぞれ違う布がはめ込まれて絵に見えているんです、簡単にプリントが出来る今からは考えられない繊細で手の込んだ細工!
狐忠信と静御前の巾着がすごく気に入りました。売ってくれるなら欲しい・・・(^_^;)。

続きを読む "私の針仕事展"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年9月14日 (金)

コピー取り

うさみ愛用のDlibert日めくりカレンダー(Dilbertについては以前の記事をどうぞ(^○^)、今日の3コマ漫画はコピー取りに関するものでした。



登場人物は、アリス(Alice)とトンガリ頭のボス(pointy-haired boss)。
アリスは有能なエンジニアで、ボス(ツノのようなとんがったヘアスタイルが特徴的(^◇^)は出世と自己保身ばかり考えていて、ハイテクの会社なのにPCも携帯電話もまともに使えない、どこにでもいそうな上司。

以下はうさみのナンチャッテ意訳です(^_^;)。

【1コマ目】 ボスがアリスに書類を見せています。
「ボクの秘書が休みなんだけど、これをコピーしたいんだ・・・」

【2コマ目】 アリスが怒ってボスから書類を取り上げます。
「あ~、わかりました!そういうことは、部署でただひとりの女にやらせるって決まってるんですよね!#!%$☆!!←罵詈雑言」

【3コマ目】 あっけにとられたボスの姿と、画面外でアリスがコピーを取っている怒りの音。
コピー機の場所を聞こうとしただけだったんだけど、目的は果たしたからいいか(^_^;)。)

すれ違いに笑ってしまいましたが、意地悪で部下への思いやりなど持ち合わせないボスでも、高度な技術者であるアリスにコピー取りを頼むつもりがなかったのは、ちょっと驚きでした。
一方、アリスは、自分の性別のせいで仕事上損を被っていないか、いつも神経を尖らせているんですね。いまだアメリカでも働く女性は戦っているとみえます。

続きを読む "コピー取り"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年9月13日 (木)

服の色から

街中でひとの服装を見ていて、この方はこの色が大好きなんだろうな、と微笑んでしまうことがあります(*^_^*)。

先日は、朝の電車でインディゴ(藍)の女性と乗り合わせました。

お召しになっていたシンプルなコットンシャツの色は、ブルーでもでもなく、、と呼びたい深みのある色でした。
眼鏡のメタルフレームも同じ色、鞄から取り出した携帯電話もインディゴブルーでした。

鞄や靴のように季節や装いに合わせて変えるものでなく、いつも身に着けている眼鏡と携帯の色に選ばれたのは、藍色はきっととてもこだわりのある色なのでしょう。
パンツと鞄は黒で締め、お化粧っ気もないすっきりした姿でしたが、染め出すまでにはとてつもない手間がかかる藍色への嗜好に、何かその女性の生き方のようなものを垣間見た気がしました。

また、昨日夕方の駅で見かけた女性は、蛍光ピンクのひとでした(^○^)。

白いブラウスに合わせたギャザースカートが蛍光ペンで塗りつぶしたようなまさに蛍光ピンク、抱えているトートバッグも蛍光ピンクなら、連れていた小さいお嬢さんも同じピンクの服を着ていました。
あの色のスカートは、そこらのお店に売っていなさそう・・・。社交ダンス用の衣装?とも思いましたが、それにしてはちょっと丈が短かったので、手作りなのかもしれません。

愛の色、ピンク好き女性は多いですが、特に蛍光ピンクでピンクを強調しているのは、今よりもっとたくさんの愛情を求めているのか、それとも与えたいと思っているのかな、などと考えてしまいました(^^ゞ。

続きを読む "服の色から"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年9月12日 (水)

スターウォーズよりハリポタ!?

シリーズ映画としての全世界興行収入で、ハリー・ポッターシリーズがジェームス・ボンドの007シリーズとスター・ウォーズシリーズを抜いて、歴代1位になったそうです(ワーナー・ブラザーズ発表)。



《ハリー・ポッターシリーズ》   現在計5作で44億7千万米ドル
《007シリーズ》          現在まで計22作で44億4千万米ドル
《スター・ウォーズシリーズ》   全6作で42億3千万米ドル

製作された本数や、インフレによる貨幣価値は勘案されず、単なる総収入だけで比べていますので、この結果が即、007やスター・ウォーズよりハリポタが人気がある、ということにはならないようですが、ハリポタ強し!は間違いの無いところですね(^◇^)。
これからまだあと2作が製作される予定ですので、さらに数字を伸ばすことでしょう。


う~ん、うさみの場合は、

【007】 数本しか見たことありません。
【SW】 6本全部見て、DVDボックスも持ってます。
【ハリポタ】 5本全部見ました。DVDも発売された4まで持っていて、続きも買う予定(^_^;)。

という感じです。

続きを読む "スターウォーズよりハリポタ!?"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年9月11日 (火)

ハンバーガーとエコ

マクドナルドで「月見バーガー」のポスターを見かけると、今年もこの季節が来たな~と思います(^○^)。
20070910_p1050599今年のポスターはうさぎの影絵風、ブルー黄色ですっきり和な感じです。

あまり普段卵は食べないのですが、月見バーガーは命名の妙もあり、季節感をあおられて、販売期間中に1度は食べに行きます。
昨日、この秋初の月見バーガーを食べて来ました(*^_^*)。

地元駅前のマックは、大混雑とは行かないまでも、レジ台前には列・・・うさみはもう頼むものが決まっているので(*^。^*)、ゆうゆう待っていました。
うさみの隣の列に並んでいたお兄さんが、自分の番になるや、ガバッと携帯電話をレジのお姉さんに突き付けて画面を見せていました。

おっ、ひょっとしてこれが噂の、先週環境省サーバーをダウンさせたというアレなのね!うさみの地元でも使う人がいたんだ~。

先週金曜日から始まった、エコキャンペーン「私のチャレンジ宣言」は、指定されたチームマイナス6%のサイトにアクセスし、並んだ温暖化防止メニューの中から自分でも出来そうなことをチェックして”宣言”した画面(またはプリントアウト)をマックのお店に持って行くと、ビッグマックが150円で買えるというもの。

うさみにはビッグマックは大きすぎて食べたことが無く知りませんでしたが、150円って定価のほぼ半額なんですね(最近マックは地域によりお値段を変えたので、全国一律いくら、とは言えません)。
そりゃあマック好きサン達は飛びつくんでしょうけど、アクセスが多すぎてサーバーをダウンさせる程、全国にマック好きがいるんですね~。

続きを読む "ハンバーガーとエコ"

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2007年9月10日 (月)

週末の図書館

先日、本屋さんの平台で見かけた表紙が気になって、子供の絵本を手に取り、そのまま最後まで立ち読みしてしまいました。

としょかんライオン」、まちの図書館にライオンが現れるお話です(^○^)。

図書館とライオン、というあり得ない取り合わせですが、お話から伝わるメッセージは、本当に大切なことの為には規則を破ってもいい時がある、それと、図書館は子供も大人もライオンも集まる楽しい場所、でした。
ほのぼのした絵とお話に心温まって、久しぶりにうさみも図書館へ行ってみたくなりました。

うさみは、図書館のおばさんになりたくて、大学で司書の免許を取りました。思うようには行かなくて全く別の職業につきましたが(^^ゞ、図書館は愛着のある場所です。

ただここのところ、大分図書館とはご無沙汰していました。
年を取るにつれて気が短くなって来て、読みたいと思った本はその時に手に入れたい、という思いが昔より強くなり、図書館で目当ての本が他の人に借りられている間を待っていられなくなりました(>_<)。
ネット書店で買った本が届くまでの1日すら待ちきれない気がする時もあるので、新刊本の予約待ちリストで数十人待ち、を待っていられるはずがありません(^_^;)。
うーん、人生の持ち時間が減ってきたから焦るのか、強欲は年寄の特権なのか・・・。

あ、それに週末お散歩のついでに寄るには、わんこが入れない、20070909_p1050590という理由もありました ね。
(ゆめゆめ、ちょっとの間なら外につないでおけば、などと言ってはいけません~。最近は人様のペットを盗んで転売する恐ろしい商売が横行しているのですから、30秒でも愛犬から目を離しちゃダメなのです。)

続きを読む "週末の図書館"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年9月 9日 (日)

流行

地元の駅前で、ゴスロリファッションの女の子を見かけました。
黒いシャツは中世の肖像画に出てくるような膨らんで切り込みのある袖、スカートは中にパニエを入れて広がらせ、靴は厚底の黒い革。



(ご存じない方もいらっしゃるかもしれないので、いちおうご説明・・・ゴスロリゴシック&ロリータの略で、ビジュアル系バンドファンの格好から広まったそうです。数年前に原宿渋谷あたりでこういうファッションを見かけるようになった頃は、聞きかじりで「ゴロスリ」かと思っていましたが、その後Gothic&Lolitaという言葉を聞いて、「ゴス+ロリ」と覚えなおしました(^^ゞ。

普通っぽそうな女の子がこのへんを普通に歩いているくらい、ゴスロリってごく限られた流行から出世(?)して市民権を得たのかあ~、とおばさんは妙に感心してしまいました(^◇^)。


流行
とは、「衣服・化粧・思想などの様式が一時的にひろく行われること。はやり。」(広辞苑)と定義されています。
一時的なはやりを経て多くの人に受け入れられ浸透しきったものは、もはや流行とは呼ばれません。(このへんカラーの授業で勉強しました(^◇^)。

うさみが今まで自分でその時代を体験して来た「流行」のファッションはたくさんありますが、へそ曲がりのせいか、その時々ですごく流行っていたものを身に着けていたことはあまり無い気がします。

何でこんなものが流行るのか全く理解に苦しむ、というのもあれば、いい(素敵/可愛い/センスがいい等)とは思うけれど自分で着たいとは思わない、センスは好みだけれど(サイズやお値段の問題で)自分では着られない、などというのもあり、でも流行遅れと言われるのも何だか悔しい、というあたりでせめぎ合っているのでした(^_^;)。

続きを読む "流行"

| | コメント (5) | トラックバック (2)

2007年9月 8日 (土)

ばさばさ、ふさふさ、くるん

8月に発売になったばかりの、日本人のまつげの欠点にあわせて特別に開発されたという、ランコムのマスカラヴィルトゥーズ」を買って来ました(*^^)v。

発売前から注目していたので、これを買おうと決めてお店に行きましたが、いちおうBAさんが片方だけつけてくれました。
おお、確かにビューラーなしでも睫毛が上向きにカールするのう~(*^。^*)。

「ではもう片方はご自分でやってみて下さい。手首を外に返すように・・・」20070908_p1050584

うう、そういう手首を外にかえすとか、力を抜くとか、誰にでも出来そうなことがうさみは何だかよくわからなくて出来ないことが多いんだけど・・・頭と体がうまく同期しないというか(-_-;)。
案の定うさみの手の動きは反対でした(T_T)。向きを指導してもらって、何とか出来ました・・・。

世にマスカラ好きお嬢さんは多いと思いますが、どういうタイプが好きかは、自分の睫の欠点や、こういう睫になりたいという希望にもよるので、それぞれなのでしょうね。

ロングタイプでばさばさの長さを求めるのか、ヴォリュームタイプでふさふさ量を増やしたいのか、カールタイプでくるんと上向き睫にしたいのか。

続きを読む "ばさばさ、ふさふさ、くるん"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年9月 7日 (金)

台風一過

台風9号は関東を通り過ぎて、北海道・東北で猛威をふるっています。20070907_p1050565
これ以上大きな被害を出さずに、小さくなって消えて欲しいものです。

うさみは今朝の交通機関ダイヤ大混乱に巻き込まれることもなく、家でぬくぬくしていました(^^ゞ。
今週は日曜日に休日出勤したことだし、風邪気味っぽいし、一日休ませてもらおう、と昨日のうちにお休みを申請しておいたのです。
同僚には申し訳なかったですが、お休みにして良かったです・・・朝、地元駅を通る線は全線運休でしたので、出勤しようと思ったら相当大変でした(T_T)。

昨日夜半から今朝にかけて、風と雨の音が大きくて心配しましたが、うさみの家周辺では、幸いなことに大きな被害は出なかったようです。
人間より音に敏感な愛犬だけが、家の中で一番音が聞こえない安全な場所を探して一晩中うろうろしていました(;O;)(;O;)。

朝になってだいぶ音が小さめになりましたので、愛犬・人間とも落ち着いてまったりと過ごしました。昨日、台風籠城になっても大丈夫なように食料とDVD・本を調達して来ましたので、DVDを見て、本を読んでだら~んと。



ホラーは苦手なうさみですが、横溝正史は好きなんですよね~。
手に入る長編作品はほとんど読みました。残虐なシーンも出てくるのですが、本当に怖いのはそういう行為を行う人間の心の方だ、というのが横溝のすごさな気がします。
映像化されたものはあまり見ていないので、1976年に大ヒットした「犬神家の一族」も見ていないと思います。テレビCMだけは記憶にありますが・・・

戦後すぐという時代背景がわかるなあと思ったのが、犬神家三姉妹のお着物でした。お金持ちの夫人なのに、いつもみんな地味な紬を着ていました。三人それぞれ色の違うものを着ているあたりにこだわりはありそうでしたが、豪奢な染めの着物や帯を持っていたとしても、人前で着るのは許されない時代だったんだな~と思いました。

モネの庭」は、モネの絵に出てくる花をイギリスの写真家が撮った写真に、モネに関する文章がのっています。
花好き、モネ好きどちらにも気軽に楽しめる、出たばかりの本です。

「くるくるシニカル」は懐かしい玖保キリコさんの漫画「シニカル・ヒステリー・アワー」の主人公たちが大人になったお話!
当時、いじわるツネコちゃんの自分の欲望そのままの行動を嫌だなと思いつつ、何だか憎めなかった人には、ぜひ、彼女がどんな主婦でお母さんになったのか、読んでみて下さい。やっぱりツネコはツネコのまま、キリコちゃんはキリコちゃんのままで、笑えます(^◇^)。

続きを読む "台風一過"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年9月 6日 (木)

アイスクリームに醤油

アイスクリームにかける醤油、というのが人気なのだそうです。


プリン
醤油を一緒に食べるとウニの味がするとか、アボガド醤油大トロだとかいう俗説はありますよね?
どちらもうさみは試したことがありませんが、そういう説がずっと伝わるってことは、きっとその気になれば似ていると思えないこともない程度なのでしょう。ウニや大トロをいつもは食べられない庶民の智恵、なのでしょうか(^○^)。

さて、最近人気だという、アイスクリームにお醤油、はどんな味になるのでしょう?

このお醤油を作った醸造所さんでは、お醤油にはワインと同じように300種類以上の香りが含まれていて、中にはバニラやフルーツの香りもあるので、アイスクリームに合うだろう、と考えたのだそうです。

みたらし団子のような甘しょっぱい味になるそうで、バニラだけでなくチョコやストロベリーアイスでもOKで、他にもトーストやカキ氷にかけたり、といろんな使い方が出来るそうです。カラメルソースみたいな味、と思えばいいのかな?

続きを読む "アイスクリームに醤油"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年9月 5日 (水)

夏の湯たんぽ

20070901_p1050523今年の猛暑も、ようやく終焉を迎えようとしています。
夏バテで苦しんだ方が多かったようですが、うさみは冷房による冷え性に悩まされました(T_T)。

会社では、自衛策のひとつとして、湯たんぽを登場させました(^○^)。
以前写真をのせましたが、取り扱いが簡単なものがよかろうと、羊の形をしたクッションのお腹に、電子レンジで温めたジェルパックを入れるタイプのものでした。

肌触りもふこふこで、なかなか重宝していたのですが、先日、何と爆発させてしまいました(@_@;)。

1度温めて完全に冷え切らないうちに、もう一度温めようとレンジに入れ、いつもと同じ時間でタイマーをセットしたら、ぱぁんっ!という破裂音が・・・(ー_ー)!!
温めすぎると爆発することがあるのでお気をつけ下さい、っていう但し書きがあったけど、ひょっとして・・・(>_<)(>_<)・・・おそるおそるレンジの扉を開けました。
ジェルパックを温める時用の外袋に入れてあったため、レンジ内にまでは飛び散っていませんでしたが、ジェルパックの口が破れて中身の何だか分からないどろどろしたものが外袋に溢れて来ていました。

うぇ~ん、まだそんなに使ってなかったのにショック(T_T)。
修復不可能ですので、ジェルパックは捨てるしかありませんでした。
外身の羊クッションは家に持って帰って、冬場ホッカイロを入れて使うことにします・・・。

ジェルパックがダメなら他のものにトライ!20070905_p1050551
今度はオーガニックの小麦をつめた枕タイプの湯たんぽ ホットウィートを買いました。

これなら布袋に余裕をもって小麦が入っているので、爆発することはないでしょう(^_^)v。万が一爆発しても小麦粒ですしね・・・。

温めると焼きたてのパンのような香ばしい穀物の香りがしますし、羊さんより一回り大きいので、温かさもちょっと長く持続します。折り曲げても平気(*^。^*)。
20070905_p1050552 今週から登場させましたが、なかなかいい感じです。

ただ、ここで想定外の問題発生・・・ジェルパックは外袋ごと温めていたので気になりませんでしたが、ホットウィートは布袋のまま温めるもの、レンジに直に入れることになります。

続きを読む "夏の湯たんぽ"

| | コメント (9) | トラックバック (1)

2007年9月 4日 (火)

朝の謎

うさみは毎朝同じ時間帯に家を出て会社に向かいます。20070823_p1050463
途中で目にする朝の風景はお馴染みのものが多いのですが、ここ何ヶ月か、その中でうさみがと~っても気になっているもの、というより、人があるのです(^^ゞ。

それは、幹線道路ぞいにあるマクドナルドの駐車場に立っている若い男性・・・

そこのマクドナルドはドライブスルーもある24時間営業の大きな店で、出入り口前が駐車場と駐輪場になっています。駐車場と外の道路を隔てる壁はないので、前を通ると、駐車場からお店までよく見渡せます。
休日のお昼時ともなれば、たくさんの家族連れや若者で満員御礼状態ですが、平日の朝はがらすきです。

そんな駐車場で、お兄さんがひとり、道路を向いて立っています。
年齢は20代中頃、背は中くらいで痩せ気味、格好はサラリーマン風(スーツ)でもなく学生風(ジーンズにTシャツ)でもなく、あえて言えばアパレルにお勤め風なシャツとパンツ。

そんなお兄さんがマックの駐車場で、からひとりで何をしていて、うさみの目に異様だと映ったのでしょうか?

続きを読む "朝の謎"

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2007年9月 3日 (月)

THANK YOU★ブログ開設2周年\(^o^)/

本日、「のほほんうさみの明日は明日の風が吹く」ブログは、無事開設2周年を迎えました!!

20070902_p1050547 たまに後出し(過去日付で記事をアップ(^_^;)をしつつも、カレンダー的には1日も欠けることなく、ふたまわり致しました。
これも、ご来訪下さる皆様のおかげですありがとうございます<m(__)m>。

ブログを始める前は、一体どのくらいの人が見に来てくれるのか、くれないのか、想像もつきませんでした。
開設後はあまりアクセスが増えなくてどうすればいいのかな~と思ったこともありますが、そのうち好きなことを書いてちょっとでも面白い・楽しいと思ってくれる方がいれば、大勢が見てくれなくてもいいや~、と開き直りました(^^ゞ。
ブログを見て下さる新しいお友達も出来ましたし、あまり会う機会のないリアルお友達にはこのブログが「何とかやってるよ~」というメッセージになっているかと思います。

これからも細く長く続けていけたらいいなと思っております。

3年目の始まりに、皆様あらためてよろしくお願いします、の気持ちを込めて、自己紹介でもしてみます(^○^)。

続きを読む "THANK YOU★ブログ開設2周年\(^o^)/"

| | コメント (10) | トラックバック (1)

2007年9月 2日 (日)

日曜の庭園美術館

本日うさみはシステムのテストで休日出勤でした。
それが会社に着いて準備万端、さあ始めるぞ、となってから、システム側で環境を整えるのを忘れていて今日はテストが出来ないことが判明(ー_ー)!!

・・・うさみの貴重な日曜の朝を返して~(;O;)、いやいや、こんなことで怒ったりクサッたりし20070902_p1050527ては、自分が疲れるだけ(^^ゞ。今日は一日仕事でつぶれるはずが、朝だけで解放されたのですから、それを喜んでどこか寄って帰ることにしましょう~。

行きたいと思っていた東京庭園美術館の展覧会舞台芸術の世界 ディアギレフのロシアバレエと舞台デザイン」を見に行くことにしました。
庭園美術館は、もと朝香宮邸宅だったアール・デコ様式の建物と庭園が美しく、展覧会以外にも楽しみがあって好きです20070902_p1050529 (#^.^#)。

ディアギレフロシアバレエ団バレエ・リュス)の時代の、バレエとオペラの衣装や舞台のデザ20070902_p1050538イン画、実際使われた衣装、ダンサーたちを描いた絵や版画、公演パンフレットなど、舞台好き・ファッション好きにはとても面白い展示でした。

バレエ・リュスでうさみも知っているダンサーと言えば、ニジンスキー
バレリーノとしての才能、自ら振付けた「牧神の午後」、ディアギレフとの関係、晩年の不安定な精神状態など、話題には事欠きませんね。
残念ながら彼の踊っている動画は残っていないのだそうですが、それよりも今回展示されていたジョルジュ・バルビエやバート・モンテネグロの版画に残された彼の姿の方が、鮮やかにバレエシーンを思い描ける気がしました。

続きを読む "日曜の庭園美術館"

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2007年9月 1日 (土)

このDVDを観ました~「ナイトミュージアム」

今日から9月、少し暑さも落ち着き、ゆっくりとDVDでも観ようか、という気持ちになりました(^◇^)。

選んだのは公開時から観たいと思っていた「ナイトミュージアム」"NIGHT AT THE MUSEAM"。



何をやってもダメダメな男が、博物館の夜警に雇われ、離婚した妻に引き取られてたまにしか会えない息子にいいところを見せようと頑張るのですが、そこの博物館は夜になると展示物が動き出すとんでもない場所だった、というアドベンチャー映画です(^◇^)。


この映画の予告編を最初に見た時に、昔好きだったお話を思い出しました。
12歳の女の子が家出して、メトロポリタン美術館で夜を過ごす、というお話(#^.^#)。
これを読んだ頃は、主人公とあまり変わらない年でしたので、こういう計画的な家出ってすごいな、家出先が美術館なのは素敵だけど夜怖そうだな、と思ったものでした。
その後、ニューヨークのメトロポリタン美術館がどのような美術館か知り、贅沢な家出だなあ~とうらやましくなりました(^_^;)。

「ナイトミュージアム」が公開になってすぐの頃、うさみが購読しているあるお店のメルマガで、「ナイトミュージアム」を観て少女の頃読んだ話を思い出したけれどもタイトルがわからない、とオーナーさんが書いていらっしゃいました。

あ、これ、うさみも好きだったあれだ~!と思いましたが、うさみもタイトルは覚えていません。確か岩波だったような、とネットで探してみたら、割と簡単に見つかりました。

E・L・カニグズバーグの「クローディアの秘密」です。



うさみも映画を見たら、この本を読み直したくなりました。
(ちなみに、メルマガオーナーさんにこの本のタイトルをお知らせしたのは、うさみ含め数人いたそうです(#^.^#)。

映画の内容については、「頑張れば報われる」「みんな理解しあって友達になれる」といういかにもファミリー向けで気楽に観られました。
ルーズベルト大統領(の蝋人形)役のロビン・ウィリアムスが、いい味を出していました、この人は何をどう演じても何かいいですね~。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »