« 服の色から | トップページ | 私の針仕事展 »

2007年9月14日 (金)

コピー取り

うさみ愛用のDlibert日めくりカレンダー(Dilbertについては以前の記事をどうぞ(^○^)、今日の3コマ漫画はコピー取りに関するものでした。



登場人物は、アリス(Alice)とトンガリ頭のボス(pointy-haired boss)。
アリスは有能なエンジニアで、ボス(ツノのようなとんがったヘアスタイルが特徴的(^◇^)は出世と自己保身ばかり考えていて、ハイテクの会社なのにPCも携帯電話もまともに使えない、どこにでもいそうな上司。

以下はうさみのナンチャッテ意訳です(^_^;)。

【1コマ目】 ボスがアリスに書類を見せています。
「ボクの秘書が休みなんだけど、これをコピーしたいんだ・・・」

【2コマ目】 アリスが怒ってボスから書類を取り上げます。
「あ~、わかりました!そういうことは、部署でただひとりの女にやらせるって決まってるんですよね!#!%$☆!!←罵詈雑言」

【3コマ目】 あっけにとられたボスの姿と、画面外でアリスがコピーを取っている怒りの音。
コピー機の場所を聞こうとしただけだったんだけど、目的は果たしたからいいか(^_^;)。)

すれ違いに笑ってしまいましたが、意地悪で部下への思いやりなど持ち合わせないボスでも、高度な技術者であるアリスにコピー取りを頼むつもりがなかったのは、ちょっと驚きでした。
一方、アリスは、自分の性別のせいで仕事上損を被っていないか、いつも神経を尖らせているんですね。いまだアメリカでも働く女性は戦っているとみえます。

かたや日本はと言うと、コピー取りは、お茶汲みと一緒で「女の子」の仕事でした・・・いや、過去形で言っていいものかどうか迷いますね・・・。

うさみのまわりですと、最近は偉い人でも1部くらいならコピーは自分で取っています。大量部数が必要な場合は、テンポラリーの方に、さもなければ新人ちゃんに頼む、という感じです。もちろん個人秘書がついているようなお偉いさんは、Dilbertのボスと同じでコピーは秘書さんまかせですが、そこまで偉い人は会社に何人もいません。
なので、女性だからコピーを頼まれるというシチュエーションは見かけない職場です。
でもきっと、世間には今でもコピーは自分で取らない(取れない?)課長さんや係長さんがいっぱいいるんだろうな~(^_^;)。

うさみも会社に入って2年ほどは、下っ端&「女の子」ということで、コピー取りは当然全てうさみのお仕事でした。

他のことで忙しい時に「これコピー取って来て。」(古いおじ様だと、「ゼロックス焼いて来て」でした(^◇^)と頼まれると、内心キーっということもありましたし、当時のコピー機にはソート機能や、両面コピー機能がなかったので、会議用のレポート30枚を20部コピーして順番通りにセットしてホチキス留めするには結構時間と手間がかかったものです(-_-;)。うっかりしていると1枚抜けてしまったり、上下逆に閉じてしまったり。

ソーター付のコピー機が導入された時には、内心快哉を叫びました。そしてソートした後ホチキスで留めてくれる機能が出来た時は、こんなことまでやってくれるんだ~、コピー機スゴイ!と感動しました(^○^)。

コピー機の性能向上を思うと、コピー取りも昔よりは楽になっていますね。それでも学校を出てやる気満々の新人さんは、コピー取りをやらされるとそんな単純作業ばっかり、とガックリするようです(^_^;)。

|

« 服の色から | トップページ | 私の針仕事展 »

コメント

ソーター付コピー機の感動を思い出しました(笑)
でも大型コピー機がある会社から遠ざかっているのでホチキス留めまでは知りませんでした。進化してるのですね~。
派遣でお仕事していた時、会議資料ではなく冊子を前頁コピーする仕事を頼まれたことがあります。コピーの傍に殆ど一日いましたっけ(^_^;)

投稿: ofuu | 2007年9月15日 (土) 16時23分

>ofuuさん
ホチキスを留める位置も選べるし、ホチキスだけじゃなく、パンチ穴あけも出来るんですよ~。昔を思うとすごい進化です(^◇^)。
冊子になったもののコピーって大変なんですよね、真ん中へんがうまくうつらなくて・・・お疲れ様でした。

投稿: うさみ | 2007年9月15日 (土) 21時18分

コピー機の進化ぶりには、目を見張る者がありますね。
スキャナ機能付きだと、PDFにしてネットワーク経由で自分のPCにも取り込めるし。

投稿: アラベスク | 2007年9月15日 (土) 22時16分

 えええええ 
 ホチキスでとめてくれるんですか!
 いいこと知りました。
 って、自分の会社ありませんが、あたらしいこと知るとうれしいです!

 

投稿: 水戸小紋 | 2007年9月16日 (日) 06時21分

私も知りませんでした!すごいんですね~。
ホチキス留めてくれるなんて!!
厚みは何枚までいけるんだろう?
芯を変えてガッツリ分厚いものでも綴じれたらすごい☆

ちなみに私から一番近いコピー機は、日に3回は詰まります。。。

投稿: ロータス★ | 2007年9月17日 (月) 02時00分

>アラベスクさん
スキャン機能もいまやオフィスに無くてはならないですね~。外部資料はPDFでメール回覧で紙が減ったようにも思いますが、その後個人個人でプリントしてるから同じかも(-_-;)

>水戸小紋さん
コンビニや図書館においてあるコピーではホチキス機能はついてないですものね。オフィス用の大型機についてます。

>ロータス★さん
大きいホチキスですが、限度は80枚くらいかな~?あまり多いとソーターの限界を超えちゃいますし。
あ~、紙詰まりの多いコピー機って嫌ですよね。自分が詰まらしたならまだしも、詰まらしたまま知らないフリをして逃げられた後に遭遇するとむかつきます。

投稿: うさみ | 2007年9月17日 (月) 20時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135432/16444923

この記事へのトラックバック一覧です: コピー取り:

« 服の色から | トップページ | 私の針仕事展 »