« 彼岸の頃 | トップページ | エレベーターの押し間違い »

2007年9月24日 (月)

読まず嫌い

本屋さんの平台で見かけても、装丁や帯のあおり文句から推測してあまり自分の気に入らないだろう、と手に取らない本、というのが存在します。
食わず嫌い、ならぬ読まず嫌い、とでも呼ぶのでしょうか(^^ゞ。

そのまま全く係らない本もありますが、たまに他の作家さんのインタビューや書評などで読んで「あれっ?これってあれかな?何だ、面白そうじゃない。」と読んでみると実にうさみ好み、という嬉しい再会(?)もあるのです。

最近そういう出会い方をした本がこの「ひきこもり探偵」シリーズ。

本屋さんで見かけた時に、タイトルと装丁が、推理小説というより青春小説に思えて敬遠していました。
おばさんだから青春小説は趣味に合わないと決め付けている訳ではないのですが、青春真っ只中の作家さんが書いた青春小説って、残酷なまでのむき出しの感情に読んでいるこちらがやられちゃう処があり敬遠がち・・・(^_^;)。

手に取ってみようと思ったきっかけは、本屋さんミステリの著者・大崎梢さんの小エッセイで、この本を買って忘れたのが誰か推理する、という一文が面白かったから(^◇^)。

探偵役がひきこもりのコンピュータ・プログラマで、相棒のワトソン役が幼馴染で外資系保険会社に勤めるサラリーマンです。
ひきこもりというのは、お家から一歩も出ず、仕事にも学校にも行かれない状態のことかと思っていましたが、実際はいろいろなケースがあるそうです。

この探偵さんは、家庭環境と学校でのイジメから、他人との接触を出来るだけ避けて暮らしているのですが、多方面への知識は深く、頭の回転が速くて、洞察力に優れているため、ひょんなことから係わることになる小さな謎や事件を解いて行きます。

最初はミステリとして謎解きを楽しんで読んでいましたが、主人公の心の深い所にある今も癒えない傷が現れるにつけ、いつかは彼の閉じた扉が開くことがあるのか、幼馴染とのお互いに依存した関係が変わるのか、という主人公達の物語にも目が向いていきました。

最初は主人公と幼馴染、ふたりだけの静かな生活に、事件で係わった人々がどんどん入って来て、毎日がさまざまに彩られていく様子が好きです。

ひきこもりの彼は、ネットで全国から食材や銘菓を取り寄せ、お料理がプロ級に上手なんですよね。和食でもイタリアンでも何でも来い!こんなお友達がいるといいですねえ(#^.^#)。

このシリーズの著者・坂木司さんは、素性を公表していらっしゃらない覆面作家さんです。
最近は本のカヴァーにでかでかと写真とプロフィールをのせている作家さんが多いので、へえっと思います。作品を読んでいると、主人公達のような性格の方かな、と思いますが、創作は創作で、全く違う方なのかもしれませんね(^◇^)。

|

« 彼岸の頃 | トップページ | エレベーターの押し間違い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135432/16560392

この記事へのトラックバック一覧です: 読まず嫌い:

« 彼岸の頃 | トップページ | エレベーターの押し間違い »