« 栄養ドリンク | トップページ | マニュアル »

2007年12月29日 (土)

羽織袴

天気予報通りのぐずついた土曜日。
年末で押し迫っているとはいえ、こういう天気の日はまったりのんびりと、たまった積読本でも開いて過ごそうと決めました(^_^;)。

好きな作家さんの新作をまとめ読みです(^◇^)。
20071229_p1060520
先日買ったお気に入りの漫画「少年☆周波数 王様の棋譜」、何度読み返しても、気に入っているシーンは楽しいです(*^。^*)。

主人公の高校生棋士が、初めてタイトル戦(竜王、名人、棋聖など、勝つとタイトル名が肩書きになる棋戦)に挑戦者として出ることになります。
対戦相手が挨拶に来てくれ、

着物の色を教えてくれる?かぶるとみっともないから。こちらがはずすよ。」

普通の棋戦の服装はスーツ(主人公は高校生なので、制服のこともあり)ですが、タイトル戦だけは羽織袴の和装が普通。タイトル戦が初めての主人公は、まだ和服を誂えていなくて、慌てて買いに行く、という話の流れです。

将棋のタイトル戦をテレビニュースで見たかすかな記憶を掘り起こしても、羽織袴姿は思い出せますが、対戦者がそれぞれ違う色の着物だったかな・・・?そもそも男性の着物ってそんなに色あったっけ?

過去のタイトル戦のニュース映像をチェックしたら、本当に同じ色の着物を着ているものはありませんでした。
グレー系、茶系、ベージュ系、それなりにいろいろあるものですね(#^.^#)。

最近は男性の和服も流行っているようで、初詣でも見かける機会が増えました。
和服は絶えて欲しくない大切な文化、着る人が増えるのは嬉しいことです(*^_^*)。

笑点好きの主人公が誂えた着物は、歌丸師匠の黄緑色に倣った若草色、でした。

|

« 栄養ドリンク | トップページ | マニュアル »

コメント

 松井今朝子をしったのは うさみさんの記事でした。情報がはやいので ずいぶん参考にさせていただきました。男物の着物の なんともいえない色合い 元日ハム監督大沢さんも いつもおしゃれな着物で でてますね。
 どうぞ良いお年を。

投稿: 水戸小紋 | 2007年12月30日 (日) 19時29分

>水戸小紋さん
男物の着物って、裏や羽織紐にこっていたりして、すごく通なお洒落ですよね。着物の似合う方は、腰が決まっててカッコいいなあと思います。
水戸小紋さんもどうぞよいお年をお迎え下さい。

投稿: うさみ | 2007年12月30日 (日) 21時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135432/17521002

この記事へのトラックバック一覧です: 羽織袴:

« 栄養ドリンク | トップページ | マニュアル »