« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月31日 (木)

冬ぼたん

昨日は久しぶりに東京の最高気温が二桁になり、こんな暖かくて風20080130_p1060859も無くお陽様ぴかぴかの日はもうしばらくないかもしれないっ、と、会社を早引けして、上野に行って参りました。

お目当ては東照宮の冬ぼたんです(^○^)。
東照宮にはむか~し参拝した記憶がありますが、ぼたん園は入ったことがありません(ぼたん園に入るのはお金がかかるから(^_^;)。
春が待たれるこの時期、近場でお花がたくさん見られるチャンス、としっかり入園料600円を払って見て来ました(^◇^)。
→入口のこの看板が、写真でなく描いた絵でちょっと感動。

百花の王」と呼ばれる牡丹は、花の中で実はそれほどうさみ好みではありません・・・豪華で大きな花が、ともすれば騒々しくてやりすぎに感じられるんです・・・。中国原産だけあって、わびさびの和花とも、華麗な洋花とも違う、大陸風な派手さ加減があまり合わないのかもしれません。

でも、冬ぼたんはかなりうさみのツボにヒットしました(#^.^#)。

20080130_p1060827 花の少ない時期に、これでもかと咲き誇った艶やかな花は、たくさん着込んで震えている人間の心を軽やかにしてくれるようでした。
春のお花が自然に冬に咲くはずはなく、秋から手を掛けて、風が当たらないよう一株一株藁囲いをかけて丹精をこめた挙句の開花です。

40品種・600本があるそうです。
牡丹色という言葉があるくらいですので、牡20080130_p1060810丹というと赤紫色が一番ポピュラーかなと思いますが、他にも濃淡の紅ピンク20080130_p1060821  黄色のお花がちょうど盛りでした。

真昼間(ハイヌーン)」という名前の黄色い牡丹は、緑がかった黄色も芳香があるのも珍しくて、お客さんたちの人気でした。20080130_p1060815

続きを読む "冬ぼたん"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年1月30日 (水)

犬のお父さん

携帯はデザイン携帯シリーズが存続する限り、auから浮気はしない、と決めていますので(^^ゞ、携帯電話のコマーシャルにはほとんど注意していません。
でもどうしても見てしまい、次が気になってしまうのがソフトバンクホワイト家族、「白戸家の人々」シリーズ!

あの犬のお父さんは、犬好きのツボをガツンとついています~(*^。^*)。

新しいCMで、とうとうお父さんの正体(職業)がわかりましたね!
何と学校の先生!!

テレビだとすぐ終わってしまうので、Webの画像で何度も繰り返し見てしまいました(^◇^)。

教壇でアップになった時の表情が、目がキラキラして賢く頼りがいがありそうで、「先生、どこまでもついて行きます!」って感じです\(^o^)/。

先日、あの犬のお父さんの写真がついたエコバッグを提げている方を電車で見かけました。ソフトバンクモバイルの携帯を契約するともらえるノベルティらしいです。
かなり欲しくなりましたが、犬のお父さんは大好きでも、その為だけに携帯キャリアは変えられません(^^ゞ。オークションをチェックしてみたら、もらっても興味ない方はいらっしゃるようで、500円くらいから出品されていました。

あの白いわんこは、北海道犬という犬種なんだそうですね。
三角形の小さな立ち耳と、巻き尾が特徴。
北のわんこらしい、厚そうな毛皮もいいですね。お腹を触ったら、硬めの毛がほふほふしそうで、たまりません~。

撮影には、動物プロダクション所属の2頭が使われているんだそうです。プロのモデルわんこなんですね、さすが表情とか動きが自然です(*^_^*)。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年1月29日 (火)

チョコフォンデュ

ヴァレンタインの特集ページをあちこち見ていたら、チョコレートフFondue ォンデュがとても美味しそうなお店が載っていました(#^.^#)。
先日東京ミッドタウンに行った時にも、チョコフォンデュのファウンテンの前に人だかりが出来、たくさんの人が写メールを撮っていたので、今ちょっと人気のスイーツなのでしょうか。

チョコレートフォンデュに馴染みがない方のためにちょっとご説明・・・フォンデュ
卓上の鍋にチーズ白ワインを入れて熱し、長いフォークに刺したパンにからめて食べるスイス料理。また熱した油で肉などを揚げながら食べるものもある。(広辞苑)」
というお料理ですね。

今まで数えるほどしか食べたことがありませんが(うさみ家にはフォンデュ鍋などというシャレた物はありませんので、当然レストランで(^^ゞ、美味しいけれど材料はチーズとパンだけで、たくさん食べると飽きてしまいます。チーズがかなりお腹にたまることもあって、少量をいただくのがいいみたいです。

油で揚げるオイルフォンデュは、お肉だけでなくてお野菜もあるものの、やっぱりちょっとしつこいかな~?日本人うさみは、しゃぶしゃぶの方が嬉しいです、タレはポン酢でお願いしま~す(#^.^#)。

肝心のチョコレートフォンデュは、チョコを生クリームと牛乳で熱しながら溶かしたところに、フルーツやマシュマロをディップして食べるおやつ。
チョコレートファウンテンは、そのチョコが鍋に入っているのではなくて、結婚式の三段ケーキのような台を流れているもの(^◇^)、パーティーに出て来たら楽しそうです。

続きを読む "チョコフォンデュ"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年1月28日 (月)

旧暦

1月もあと3日、お年玉付郵便葉書の抽選も終わりましたし(当選番号調べはこちらでどうぞ、民営化したせいか、Wiiやルクルーゼなどちょっとお洒落な賞品ですよ(^_^)v、うさみは切手シートが3枚当たりました(#^.^#)、新年気分も消えてしまいましたが、旧暦ではこれからお正月なのですね。
今年は2月7日が元旦に当たるそうです。

先日、韓国在住日本人女性のエッセイで、韓国の人は、お誕生日がいくつもあったりして戸惑う、という話が出て来ました。
西暦でのお誕生日、旧暦でのお誕生日、戸籍上登録されている誕生日と実際に生まれた日、等々、人によってどの日を使うか違うのだそうです(^○^)。

うさみよりひとつふたつ上くらいの世代の方では、親御さんが縁起のいい日に変えて届け出たとか、本当は早生まれだけれど戸籍上は4月生まれだとかいう話も聞きましたが、最近はないですよね?
さすが韓国は何でもありの国、融通が利くと言うのでしょうか、面白いです。

旧暦がまだ暮らしの中に生きているのも興味深いです。
へえーと思って、自分が生まれた日が旧暦だと何日になるのか調べてみました

20080127_p1060764西暦ではうさみは4月生まれですが、旧暦では3月になるそうです。
弥生ですか~、4月・卯月生まれでずーっと来ていて、花の頃の4月が気に入っているので、3月 生まれと思うには何となく抵抗があります(^_^;)。
3月は年度末で、落ち着かない気分になる時期ですし・・・(^^ゞ、春の始めで光に満ちた月ではあ20080127_p1060766るのですけれども。

愛犬がストーブの前から動かない日々が続いていますが、お花は春の準備を始めています。

近所の陽だまりで、白梅が開いていました。沈丁花はまだ固い蕾ですが、赤みを増してきたように思います。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年1月27日 (日)

東京マラソン

街中でこんな表示を見かけるようになりました。20080127_p1060775
東京マラソン2008まであと20日あまりですね。

去年の東京マラソンには、うさみの大ボスが市民ランナーとして参加して、悪天候の中完走したことは、このブログにも書きました

その東京マラソンを企画運営した都庁の担当者さんが書いた「東京マラソン」という本を読みました。



素人うさみでも、マラソン当日の長時間の交通規制(完走までの制限時間は7時間)や警備の大変さは想像がつきましたが、あれこれと様々な障害や考えるべきことがあったのだと驚きました。

知らなくてびっくりしたのが、ランナー達に水分以外に食べ物が提供されたことでした(^_^;)。
プロのマラソンしかテレビで見たことがないので、思ってもみませんでしたが、市民ランナーの場合はマラソンの途中でエネルギー補給のために何か食べることは当たり前なのだそうです。

続きを読む "東京マラソン"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年1月26日 (土)

高畠華宵展

20080126_p1060753 耳がちぎれそうなほど風の冷たい土曜日、弥生美術館に「生誕120周年 高畠華宵展」を見に行ってきました。

弥生美術館は、文京区弥生にある小さな美術館です。20080126_p1060757
この地から最初の弥生式土器が発掘されたので、弥生時代と命名されたという由緒ある地名(#^.^#)、昔は水戸徳川家の中屋敷があったそうですが、今は東京大学が一番有名なランドマークでしょうか。
美術館は、東大弥生門(→この画像)の向かい、竹久夢二美術館と同じ建物で入場料金も二館分になっているのが面白いです。

今までずっと興味はあったのに何故か訪れる機会がなかったのですが、高畠華宵をまとめて見たくて行って来ました。

高畠華宵(たかばたけ かしょう)は大正から昭和にかけて活躍した挿絵画家です。

20080126_p1060763精緻な美少女をたくさん描いて、当時のファッションリーダー的な役割も果たしたそうです。竹久夢二とほぼ同じ時代の人ですが、少女という時期にしかない煌きや憧れ、若さゆえの不安・残酷さ等が見えてくるような絵です。
うさみの母世代の乙女達が、雑誌の挿絵や便箋封筒などに描かれた華宵の絵を、今だったら好きな漫画のイラストを大切にするように、愛していたのでしょう。

続きを読む "高畠華宵展"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月25日 (金)

オーラと紫色

普段なら占いや性格診断テストは無料のサイトしか立ち寄らないのですが(^_^;)、新春の運試しの気持ちもあり、占いにも使えるポイントが貯まっていたので、たまには有料の占いをやってみるか~という気になりました(^◇^)。
有料なら、無料のより詳しい結果が出るでしょうし・・・。

Yahoo占いの、有料・無料ともたくさん種類がある中からひとつ選んでやってみました。

「あなたの持っているオーラとその生かし方を教えます」という「天麗五行占い」。
何だかよくわかりませんが、オーラの色にはちょっと興味があります。

うさみは「」のうち、オーラも中心の気も、「」なのだそうです。
占い結果本文はこんな感じ・・・(この後2ページくらい続いてました)。

「水」のオーラは、しなやかオーラ。自由自在に姿を変え、絶え間なく流れていく運河のイメージです。ピュアでみずみずしく、柔軟性があり、何でも吸収し受け入れる力を備えます。いわゆる「女性的な」ソフトさが、あなたを包んでいるのです。色味でいうなら、深い神秘にゆられたブラックやパープル系でしょう。

前半部分が当たっているかどうかは疑問なところですが(^^ゞ、色味にパープル系が出て来たのが、あらやっぱりそうなのね、でした。

続きを読む "オーラと紫色"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年1月24日 (木)

恵方巻きと豆まき

お寿司のチェーン店やコンビニの店頭で、「恵方巻きご予約承ります」のポスターを見かける時期になりました。

関東以北しか住んだことのないうさみは、最近ブームになるまで、「恵方巻き」という言葉も、節分の日に太巻き寿司を食べると運が開けるという話も知りませんでした。
最近はすっかり全国ブームになり、お寿司以外の食品にまで恵方巻きが広まっていますね。

今年は妹すまっぺがこんなもの(期間限定かぶりつきコロン)を買って来て、節分に1本 ずつ食べようと言っております(^○^)。Collon_2
これ1本を1度に食べないといけないんでしょうか?
26センチもあるので、コロンは好きなお菓子ですが、ちょっときつそうです(^^ゞ。

ちなみに今年の恵方は南南東だそうです。
方位磁石がないと、正しい方角が確かめられなさそうですね(@_@;)、磁石のない家はどうしたらいいのでしょう?

続きを読む "恵方巻きと豆まき"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年1月23日 (水)

水かお湯か

今週月曜日の東京大雪という予報は幸いはずれましたが、今日の予報はばっちり当たりでした(>_<)。朝方から降り出して、日中は、会社の窓から激しい風に乗って斜めに雪が降って行くのがよく見えました。

会社で、一番年の若いお嬢さまは雪が降るとわくわくする、と喜んでいましたが、おばさんは雪が降ると交通機関は遅れたり止まったりするし、道が凍って足元が危ないし、で嬉しくありません(^_^;)。
途中から雨に変わり、積もることなく終わったので助かりました。

こう寒いと、割と気になるのが洗面台のお水です。

うさみ家は集合住宅のせいか、冬でも水がそれほど冷たくないので、洗顔や歯磨きには水を使っています。洗面台の蛇口も、お湯と水が別なため、間違えることはありません。

一方、会社のビルは、蛇口がひとつの自動水栓で、洗面台のダイヤル(?)で温度を調節するようになっています。

冬時は通常、ぬるま湯の温度に設定されているので、そのつもりでふっと洗面台に手を出して、出て来たのがお水だと、ひゃっ!と飛び上がってしまいます(-_-;)。
会社ビルのお水は、家と違って結構冷たいんです・・・。20080120_p1060726

オフィスの冷暖房温度設定戦争は、永久に停戦はあり得ない、という構えで、暑がりさんが温度を下げると、寒がりさんが温度を上げるという無限ループに陥っています。クールビズやウォームビズは存在しないエコに反する会社なのですが、蛇口の温度設定もこだわりのある方は譲れないのか、ご自分が使う度に温度を冷水に下げているらしいです。

最初から水しか出ないなら諦めはつきますが、お湯が出るなら温かい方で手を洗いたいです~(@_@;)。
お湯を使うと二酸化炭素使用量が増えるとかいうエコな理由なのでしょうか、それとも手洗いは水に限る、というポリシーなのでしょうか(^^ゞ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年1月22日 (火)

お気に入りCD

先日、久しぶりに立ち寄ったCDショップの話題のアルバムコーナーで、宣伝文句が気になって1枚のCDを買って来ました。

イギリスのオペラ歌手、ポール・ポッツPaul Potts)のデビューアルバム、”One Chance”です。

テレビのオーディション番組で優勝した時の画像がYouTubeでとても話題になっていたそうですので、ご覧になった方もあるかと思います。
36歳携帯電話のセールスマンからオペラ歌手へ、というサクセスストーリーが、世界中で感動を呼んでいるそうです。

Britain's Got Talentというオーディション番組は、アマチュアの眠れる才能を発掘して成功のチャンスを与えようという番組のようですが、歌手・ダンサー・コメディアン等と分野を分けず、年齢制限も無し、とにかく腕自慢の素人さんいらっしゃい、という形式なのが面白いですね。

続きを読む "お気に入りCD"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年1月21日 (月)

わんこのお弁当とケーキ

あちこちの観光地でわんこ用のお土産(ご当地ヴァージョンのおやつ)を売っているというのは前から聞いていましたが、わんこお土産の製造会社さんが昨秋から高速道路のサービスエリアわんこ用のお弁当を売り出して大好評なのだそうです。

その名も、「どら弁当ポチ」(^○^)。

何でわんこ用なのに、ドラえもん?ドラえもんは猫型ロボットなのに?と一瞬不思議でしたが、ドラはドライブのドラ、道楽のどら、なんだそうです(#^.^#)。(「どら弁」はちゃんと人間様用のもたくさんあって美味しそうです、「空弁」に対抗してどら弁なんでしょうね。)

小型犬用に栄養も考えられたお弁当で、地面に置いて食べる時ガタガタしないように底に両面テープを付けたり、食べた後わんこの口を拭いてあげるウエットティッシュが入っていたり、と愛犬家の意見が取り入れられて大人気だそうです。

欲しいなあ・・・でも、SAに行く用がありません・・・一番近いのは幕張か横須賀ですが・・・(^^ゞ。今度会社でスキーツアーに行く若者たちにお願いしてみようかしら(うさみはスポーツも寒いのも苦手ですから、間違ってもスキーツアーには参加しません(^_^;)。

Cakeわんこ用の食べ物も、ヴァラエティ豊かになったものですね~。

先日のおうじの誕生日には、ヒトケタお誕生日最後を祝って、数字のケーキを注文しました。ろうそくも9本届きました(^○^)。

本人も大満足でしたが、かなり大きくて、2日かけても完食は無理でした(^_^;)。

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2008年1月20日 (日)

薔薇柄の欲しい年頃

少し昔(刊行年を見たら15年以上前でした(^_^;)に、「薔薇柄の欲しい年頃」というタイト20080121_p1060735 ルの少女漫画がありました。

薔薇柄の欲しい年頃

主人公の高校教師が、教え子の高校生と、同僚教師の間で悩む20080121_p1060737 というような内容でしたが、ストーリーよりもキャラクターよりも、うさみはこのタイトルが気に入っていました。
(主人公の性格は、ちょっとイラつくほど、うじうじの乙女ちっくで、あまりうさみ好みとは言えませんでした(-_-;)。

「薔薇柄の欲しい年頃」・・・菫柄椿柄ではなくて薔薇、バラじゃなくて薔薇の柄。
好き、ではなくて欲しい、という言葉に、少女と大人の境目、憧れと現実、浪漫と憂鬱、みたいなニュアンスが伝わって好きでした。

薔薇柄でも、どういう柄が好きかで性格が出るかもしれませんね。

大きく咲き誇った花なのか、花と茎、葉までついた全体の姿なのか、花瓶に溢れて活けられた種々の薔薇なのか・・・。

うさみは絵画だったら、たくさんの薔薇や果物がこれでもかと描かれた絵が好きですね、賑やかに艶やかにたくさんの種類を楽しめるように。

お洋服の柄となると、たくさんの花が花束やアレンジメントになっている柄は、色合わせが難しいですね。本物の花ならば、どんなに多くの色が重なっても派手だとか煩いとかは感じないのに、柄にすると豪華で素敵だと思える多色使いの花が少ないのは残念です。

20080121_p1060732先日、これは!と思う薔薇柄のカットソーを見つけて、気分は春爛漫になっています(*^。 ^*)。

← この薔薇薔薇が表側だといかにも派手~ですが、こちらが後ろ、表は同じ柄のセピアがかった白黒写20080121_p1060733_2真ヴァージョンで、一見大人しそうです。 →

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月19日 (土)

歯磨き粉

歯医者さんの定期健診に行って来ました。

うさみの口腔内は、インプラントが4本、義歯は数え切れず、治療跡のない歯を捜すのが大変、というくらい、歯医者さんには貢がせていただいてます(^^ゞ。

もともと噛み合わせが合っていないのと、歯の質が弱いのに加えて、長年の歯磨きの仕方が悪くてかなりひどいことになっていたのを、2年くらいかけて綺麗に治してもらい、今は定期健診に通うだけになっています。

検診に行くと、いつも歯の磨き方がよくありません、もっとこの辺を磨いて下さい、と叱られていましたが、前回と今回は、割といい状態なようで、ダメが出ませんでした\(^o^)/。
どうやら去年の夏頃から使い始めた歯磨き粉が効いているみたいです。

唇の荒れの原因のひとつに、界面活性剤入りの歯磨きがある、とコスメにお詳しい方のブログで教えていただき、仕事場の乾燥にやられてひび割れて皮がむけてばかりいる唇対策として、界面活性剤の入っていない歯磨きを使ってみることにしたのです。

そもそも界面活性剤って名前は聞くけれど、どういうものかよくわかっていなかったのですが(^_^;)、そのままでは混じわらない水と油を混ぜる役割をするものだそうで、合成の界面活性剤は健康にも環境にも良くない、らしいです。

うさみが購入したのは、アグロナチュラのアントス歯磨きです。

普通の歯磨き粉(今の歯磨きは粉じゃないのに、いつまでも「歯磨き粉」と呼ぶのもおかしなものですね(-_-;)、でも練り歯磨きと呼ぶのも何となくしっくりしませんし・・・)より、粘り気がなくどろっとしていて、歯ブラシにつけて磨いても、泡がたちません。20080121_p1060734
これで磨けたのかな~、と頼りなく感じるほどなのですが、目に見えないながら効果は上がっていたようで、歯垢が残らず歯茎の状態もいいようです。

当初の目的だった、唇の荒れ改善も、劇的にぷるつやの唇になった、というほどではありませんが、ひどく荒れて痛むことはなくなりました(#^.^#)。

この歯磨きの欠点を1個だけ上げるとしたら、チューブが昔の歯磨きみたいに硬くて中身を出し切りにくいことですね(-_-;)。
最近の歯磨きチューブはラミネートのぷよぷよで、すっきりしっかり最後まで中身が出るようになっていますが、これはチューブをお尻から折って出して行かないといけなくて、ちょっと大変です。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2008年1月18日 (金)

ローズマリーはお好き?

最近お風呂上りのマッサージに、アグロナチュラローズマリーオイルを使っています。

血行を促進し、疲労や緊張をほぐしてなめらかに整えてくれる、という効能だそうで、寒い季節に気持ちよく使えています。

ローズマリーの香りを嗅ぐと、つんつんした針葉樹っぽい葉っぱとちいさな青い花がすぐに思い浮かびます。
身近なアロマオイルでも、ラベンダーやティーツリー等は、香りと元の植物の姿はあまりつながらないのですが、ローズマリーだけはうさみの頭の中で、香りと映像が最短直線で結ばれているようです。
ローズマリーの葉っぱをぷちっともいで香りを嗅いでいるからでしょうか、お料理によく添えられているからかもしれません(^○^)。

ローズマリーには記憶力を増幅してくれる効果もあるそうですね、花言葉が「記憶・思い出」なのは昔からその効果が知られていたのでしょうか。

続きを読む "ローズマリーはお好き?"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年1月17日 (木)

特別なチョコレート

1月も半ばになると、ヴァレンタインデーに向けて街のあちこちにチョコレートが溢れて来ますね。

週末、エキナカの売店の一番目立つ場所に、このチョコレートが山になって置いてありました(^○^)。

ウォンカチョコレート、「チャーリーとチョコレート工場」に登場する、ウィリー・ウォンカの工場で作られるチョコレートですね~。
ネスレが映画とタイアップして、パッケージもそっくりに作っているものだそうです。

ちょうど先週末に「チャーリーとチョコレート工場」の映画がテレビ放送されたばかりでしたので、映画ファン+ヴァレンタイン需要を狙って大量に仕入れたとみえます(^^ゞ。

小学校の低学年くらいの女の子が興奮して、「ウォンカのチョコだよ!本当にウォンカのチョコってあるんだね!!これ買って!買って!」とお父さんにお願いしていました。

ふっ、お嬢ちゃん、これはね、ジョニー・デップのあのファンキーな工場でウンパ・ルンパ達が作ったんじゃないんだよ~、ふつーの工場でふつーの機械が作ったチョコなんだよ~、とおばさんは醒めた目で眺めてしまいましたが、チョコは美味しかったでしょうか?
それより前に、娘さんにねだられたお父さんは、「結構する(=高い)んだな、お母さんに買ってもらいなよ。」とたらい回し(?)していたので、ひょっとしてお母さんのOKが出なくて買ってもらえなかったかもしれません(^_^;)。

Choco

今年は会社の義理チョコは、どこのにしましょうかね~。

あちこちのデパートでヴァレンタイン限定のブランドが出店したり、美しい特別パッケージのセットが売り出されたりで、購買層である女性が目移りして自分用にもう1個買いたくなり、しかも気付けば自分用のほうがお値段が高いんですよね(^^ゞ。

うさみも既に自分用のスペシャルチョコだけはオーダー済みです(^○^)。
ラデュレのカメオの形をしたチョコなんですよ~、本当はマカロンチョコが欲しかったのですが、あっという間に完売御礼でした・・・(@_@;)。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年1月16日 (水)

待ちわんこ

とうに日も暮れた昨日の会社帰り、うさみは切れた電球の換えを求めて駅前商店街の100円ショップに向かっていました。

途中、大きなパチンコ屋さんの前の歩道に、青いお洋服を着た白のシーズーさんが1匹、ちんまりとつながれていました。飼い主さんはお買物かな、とそれほど気には留めずに通り過ぎました。

ところが、うさみが100円ショップで電球を買って同じ道を戻ってきても、まだ同じ場所にシーズーさんはお座りしているのです(@_@;)!
じぃっとパチンコ屋さんの出入り口を見ています。

とても大人しく、人なつこいわんこだったので、「飼い主さんはまだ戻って来ないの?ずっとひとりで黙って待ってて偉いねえ。」と話しかけながら、頭をなでたり、首の下をかいたりして遊んでもらいました(#^.^#)。
・・・それでも飼い主さんの姿は見えません。どうやらお店前に愛犬をつないで、中でパチンコをしていらっしゃるようです・・・。

お洋服を着せてあるとは言え、真冬の夜に、寒空の下でわんこをずーっと待たせてるって可哀想じゃありませんか~(;O;)?
シーズーさんはチワワほど寒がりではないかもしれませんが、室内犬ですし・・・。

それにもし、誰かにいたずらでつないだリードをはずされてわんこが道路に飛び出してしまったり、もっと悪い人がわんこを黙って連れて行ってしまったりしたらどうするのでしょう(>_<)。

続きを読む "待ちわんこ"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年1月15日 (火)

大人の赤

子供の頃、赤は可愛い色だった。
大好きだった。
何でも赤を選んだ。
今でも、赤が好きなことに変わりない。
でも、ちょっと変わった気がする。
今の私にとって、赤はアクティブな色。
カッコいい大人の色。


というナレーションのテレビCMが耳に残っています(#^.^#)。
マツダのコンパクトカー「デミオ キアラ」のCMでした。モデルの冨永愛さんを使って、都会的でカッコいい雰囲気ですね。

いつもは聞き流してしまうコマーシャルの文句がはっと耳について、まじまじと画面を見て商品名まで覚えたのは、女の子にとって赤は可愛い色なのか、と気になったからでした。

お洋服の色だとしたら、子供のうさみには赤い服は派手な服、お出掛けや発表会に着る服、というイメージでした(^_^;)。持ち物だと、赤い筆箱、赤いランドセル、赤い水筒なんかを持っていましたが、特に可愛いから、好きだから赤を選んだというより、女の子は赤、と決められていたから赤にしたような気がします。そういう時代だったのかもしれませんね、早く大きくなって自分で好きな服を選びたい、とずーっと思ってました。

CMを見ていると、女性向けとして宣伝する車が赤、って珍しいような・・・?という気もして来ました。

うさみは運転免許なし、デミオがハッチバックの2ボックスと言われても、形が想像出来ない人間のせいか、女性向け=軽自動車ピンク系パステル調オレンジ黄緑のポップ調、可愛くてファミリーでほのぼのな雰囲気、というCMしか頭に残っていません。

赤いスポーツカーというのはその昔、富の象徴みたいな憧れでしたが(巨人の星で花形満が乗ってたような(^_^;)、女性向けではなかったですよね。

続きを読む "大人の赤"

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008年1月14日 (月)

渋谷で刺繍

成人の日でお休みの今日、渋谷の東急本店で行われている「究極の刺繍 ゴールドワークとビーズ展」にお友達から誘われて、行って参りました。20080114_p1060693

興味はあった展覧会でしたが、場所が渋谷東急本店なので、誘ってもらわわなければ行かなかったことでしょう・・・(-_-;)。
うさみは渋谷の街が苦手です・・・いつも人も車も一杯で、歩きにくいことこの上ないから・・・。渋谷はおばさんの行く街じゃないだろうと言われてしまえば、返す言葉もありませんが(^_^;)、若い頃から苦手でしたから・・・。

今日の渋谷なら晴着の若者を見物出来るかな、という目論みもちょっとあったのですが、思ったほどは見かけませんでした。時間帯が悪かったのかな?
ハチ公前の大スクランブル交差点で、信号が変わりそうなのも構わず、記念写真を撮りまくっていた着物の男女10人くらいのグループには呆れましたが・・・(-_-;)。

「ゴールドワークとビーズ展」はUK-Japan2008という、
芸術、科学技術、クリエイティブ産業の分野で創造性あふれる現代の英国をご紹介するとともに、日英間のコラボレーションの活性化と両国のさらなる発展をめざす催し
20080114_p1060694 のイベントのひとつ。
イギリスの著名な刺繍アーティストのハイジ・ジェンキンズさんの作品を集めた展覧会、ご本人も会場にいらして、気さくに質問に答えたりサインしたりしていらっしゃいました。

ご自分で作ることを始める前には、大学で刺繍などの歴史を学ばれていたそうで、知識のバックグラウンドがあるからこそ、様々な手法を駆使して新しいデザインを編み出す創造力が生かされるのだろうと思いました。

アクセサリーや小物、ブックカバー、バッグなど、どれも芸術品の域でした。20080114_p1060695

色使いも見事で、うさみは特に、ビーズのサンプラーという、カラービーズで5センチ角くらいの四角を作ったものを並べてつなげたものに魅入られておりました(#^.^#)。
多色で同じ形の物をどういう順番で並べるか、って簡単だけれど難しくてセンスが問われる作業だと思うのです。色でまとめるか、明るさでまとめるか・・・そのカラーサンプラーは、色ごとに並べつつ、上手に明るいもの暗いものが混じっていて、並び方が自然でとても美しかったです。うさみが並べたら、ああは出来ません~(T_T)。

渋谷までわざわざ出かけた記念(?)に、東急のハチミツ専門店20080114_p1060697ラベイユさんで、前から食べてみたかったニュージーランドのマヌカハニーを買って来ました。
体にいい高級ハチミツで、寒さを乗り切るぞ~(*^^)v

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2008年1月13日 (日)

和モード展

20080113_p1060637 懸賞で招待券をもらったサントリー美術館の新春展覧会、「和モード 日本女性、華やぎの装い」展を見て来ました(^◇^)。

日本的な装いの流行・様式を「和モード」と名づけ、今日の流行の源流を、日本女性の装いの中にたどる」と銘打った展覧会です。20080113_p1060690

風俗画や浮世絵、屏風などに描かれた女性達の姿は割と見かける機会が多いですが、着物、化粧道具・櫛など実際に女性達に使われた装身具や道具を近くで見るのがとても楽しかったです。

(かんざし)や(こうがい)は今でもありますが、やはり昔の20080113_p1060689_2 物は細工が凝っていたり、現在では使えない材料で作られていたりして、見ごたえがあります。
日本女性って平安時代以降長いこと髪をたらしていたのが、江戸時代になって髪を結うようになって、簪や笄が出て来たそうです。
髪をおろしていると邪魔なこともありますが、いつも結っているのも痛くなりそうですし、好きなように好きな髪形に出来る時代がいいです~(*^。^*)。

お化粧道具も今と全く違って面白いです(^^♪、お歯黒をつけるためのお道具一式、紅を持ち歩くための紅板紅筆、蒔絵や螺鈿などが使われた立派な工芸品でした。

お化粧のハウツー本のような本もあり、昔から女性の興味のあること・一生懸命になることって同じだったんだなあと何だか20080113_p1060691 楽しくなりました(#^.^#)。
でも江戸時代の眉化粧って今見ると怖いですね(-_-;)、自分の眉毛は全部抜いて眉墨で書くのはいいんですが、位置と長さが~、いわゆる「麻呂眉」なんですもの~。
これがヘンだと思うのは、自分の感覚が今の流行に惑わされているだけなんでしょうか?近いか遠いかの将来に、またこういう短くて額の生え際あたりに眉を書くのが流行ることもある、んでしょうかね~(@_@;)。

それから、いろんな物を作るための「ひいな形」=雛形、見本帳が面白かったです。
今の時代ならカスタムオーダーメイド、になるのでしょうか?
見本帳から好きな柄や意匠を選んで着物や装身具を作ってもらった女性達の姿が思い浮かびます。

1月は和服で来館すると入場料が半額になるということで、たくさんの和装女性がいらしていました(#^.^#)。雰囲気が華やいでお正月気分でした~\(^o^)/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月12日 (土)

こだわりロールケーキ

昨日の会社帰り、甘いものが欲しくて寄り道し、期間限定で神戸から来ていたお店でロールケーキを買いました\(^o^)/。

神戸マイスター「ボックサン」さんの「拘わり(こだわり)ロール」です。
他にモンブランや焼き菓子もあったのですが、このケーキが一番のお勧めのようで実演販売もしていたのでこれに決定~(#^.^#)。20080112_p1060612

うさみの前に並ぶお客さんは6~7人、ショーケースの中のロールケーキの箱はどう数えても3つしかありません(@_@;)、みんながロールケーキを頼んだら売り切れで、次のが出来るまで待ちになっちゃうのかな~。そしたら待ちます~って言おうっと。

そんなことを考えつつ、ガラスの向こうでロールケーキを作るパティシエさんの作業を拝見していました。
いや~、その手の早いこと早いこと!

  四角いスポンジ(カステラ)を積み上げた山から1枚取り出して台に置く
  スポンジについている薄紙をはぐ
  生クリームをスポンジ一面にのばす
  スポンジを手前から巻いてロールにしてぎゅっと押す 
  定規で測って印をつけ、長いケーキを3つに切り分ける
  ケーキを紙の台にのせる
  てっぺんに粉砂糖を振る
  ビニールでケーキの周りをくるんと巻く
  ケーキを箱に入れる

この一連の作業が数分で終わってしまうのです(^◇^)。
ほぼ、お客さんひとりが売り子さんに注文して包装して貰ってお金を払う間に1個出来上がるくらいの間隔でした~。

いつまでもぼ~っと感心して眺めていたいくらいでしたが(^^ゞ、うさみの番になりましたので、つい今しがた目の前でパティシエさんが箱詰めしてくれたロールケーキを1個いただいて参りました(*^^)v。

続きを読む "こだわりロールケーキ"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年1月11日 (金)

ほっと一息

今週はお正月明けで連休前、仕事がバタバタして落ち着かない1週間でした(>_<)。

ささくれたうさみの心をちょっと温めてくれたのが、ノルウェー版の「がけっぷち犬」が無事救助された、というニュースでした(*^。^*)。

崖っぷちで身動きが取れなくなってしまっていたのは、真っ白で大きなピレネー犬くん。

日本の崖っぷち犬くんとは違って、飼い犬でしたが、新年の花火の音に脅えてお家を逃げ出して、山の岩場にはまってしまったそうです(;O;)。

無事救出されて、飼い主さんに抱きしめられている写真からは、嬉しくて尻尾をぶんぶん振っているのがよくわかります(尻尾だけブレて写っているので(^◇^)。

写真ではどの位の山なのか、よくわかりませんが(位置的には、西岸のフィヨルドの方みたいです)、きっと発見までにも時間がかかり、救助隊のヘリコプターを出してもらうのも大 変だったのでしょう。Oji_2
大晦日にいなくなって、救出されたのが8日、とにかく無事にお家に戻れて良かったです~。

うさみ家のちびわんこは花火の音がとても苦手で、近所で花火大会があると家の中で安全な場所(少しでも音が聞こえず、隠れられる隅っこ)を探して行脚に出てしまいますが、グレート・ピレニーズ・ドッグのように大きくて、もとは牧羊犬として家畜を守って狼と戦うようなわんこでも、やっぱり花火はダメなんですね~(^_^;)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年1月10日 (木)

最近読んだ本~将棋と音楽と警官

将棋漫画にはまった影響で(^◇^)、最近棋界にちょっと興味を持って、こんな本を読みました。



将棋の子」、長く「将棋世界」の編集長だった方が書かれたノンフィクション、棋士をめざして奨励会に所属し努力しながらも、夢破れて退会していった若者達のドキュメンタリーです。

奨励会の三段リーグの過酷さ、年齢制限に阻まれて奨励会を退会していく人の話は、件の漫画にも出て来ました。

将棋は四段からプロ、三段までが奨励会、26歳の誕生日までに四段に昇段出来なければ奨励会は自動的に退会、プロ棋士になる道は絶たれる、というシステムのことは、前に聞いたことがありました。
その時は、プロになる才能がない人は若いうちに見切りをつけられる仕組みなんだな、と気軽に思ってしまいましたが、この本で実際の三段リーグの様子を読むと、そんな単純なものではないんですね・・・(>_<)。

26歳は長い人生の中では「若い」かもしれませんが、三段と四段の境目という場所は、小中学生の時から10年以上の時間をかけ、他のことを投げ出して研究に励まないとたどり着けない場所・・・そこまでの十数年を短いとは誰も言えないでしょう。

奨励会を退会後、全く別の道に進んで成功している人もいれば、挫折から立ち直れない人もいるそうです。うさみが日曜日のテレビ番組で拝見する棋士さんたちは、そういう人たちを何十人も破ってあそこにいるんだなあと、見る目を新たにしました。

こちらはちょっと分野が変わって、茂木健一郎さんの「すべては音楽から生まれる」という本。



NHKの「プロフェッショナル 仕事の流儀」のキャスターになられるまでは、茂木先生を存じ上げませんでしたが、脳科学者として著名な方なのですよね。
脳科学と聞くとうさみには何だかわからない難しい学問で、それがご専門の方々の頭の中は数字や式や物事の筋道や理論が詰まっているおかたいイメージでしたが、この本を読んだら、音楽や芸術に造詣の深い方で驚きました。

続きを読む "最近読んだ本~将棋と音楽と警官"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 9日 (水)

一瞬も一生も美しく

お正月のある新聞広告が気に入って、そのページだけ古新聞回収袋に入れずに取って20080109_p1060606 あります(^◇^)。

和服の岸恵子さんと、うーんごめんなさい、うさみはこの若いモデルさんか女優さんの名前がわかりません(>_<)、が並んで手鏡に見入っている写真が全面に大きく使われ、宣伝コピーは「一瞬も一生も美しく」だけの広告です。
椿のマークでどこの会社かすぐわかりますね、資生堂さんの企業広告でした。

お着物とお洋服、背景の色が同じ薄~いブルーグレー、何色と呼べばいいのでしょう、水浅葱、かな?この色にとっても魅かれました(#^.^#)。
存在を主張しすぎず、でも雰囲気と味のある色、朝靄にけぶる森の色のようでもあり、夕暮れの海のようでもあり・・・。

Webの画像だとわかりづらいのですが、新聞の1面広告では、物の質感までしっかり捉えられています。
岸恵子さんのお着物はつやつやの綸子、きゅっと締まった冠組(ゆるぎ)の帯締めも同じ色~♪、モデルさんの涼しげなワンピースはくしゅくしゅの楊柳、壁紙は和紙風、同じ色でも手触りが違いそうで、1色でも単調さは感じない画面です(*^。^*)。

広告のテーマは、「一瞬も一生も美しく」ですから、サクセスフルエイジング、美しく年を重ねる、いくつになっても前向きに美しくありたい女性の理想姿を現しているのでしょう。

岸恵子さんのように年が取れたら素敵ですね~。

うさみは「赤い疑惑」で百恵ちゃんの実母役だった岸恵子さんにすごく憧れていたのです~(*^。^*)。
今のうさみは当時の岸恵子さんくらいの年齢になっちゃったような気がしますが、全然素敵なマダムになれていません~(>_<)、いや比べるのもおこがましい話ですけど・・・。

うさみもこの広告の岸恵子さんのような雰囲気で、着物が着こなせたらなあと切に思います。20080109_p1060607

衿の合わせ位置と、衣紋の抜き具合に、大人の色気と貫禄が表れていますね。
嫌らしくなく、しょぼくれて見えず、すっきりと品良く首元を見せるのはとても難しいです~。
だからと言って、器具を使って補正をたくさんして苦しく着物を着るのは好みではなく、自然体で楽に着たいと思います。
まあ気ばかりあっても、ちっとも着物を着る根性が出ないのですが・・・(^_^;)。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年1月 8日 (火)

シュークリームのフタ

今日は朝からうさみの頭の中をエンドレスで回っていた歌がありました♪

  シュークリームはね フタですくって 食べるんだ
  だけど 慌てちゃいけないよ
  喉につかえて ひょっひょっひょっ てなことになるからさ
  うちへおいでよ 教えてあげるよ
  だってだってだって ぼくんち ケーキ屋なんだもん

最近のお嬢様お坊ちゃまはご存じないでしょうけれど、1970年代に大ヒットした子供向けドラマで「ケンちゃんシリーズ」というのがありました。
ケンちゃんという男の子のお家を舞台にした子供向けファミリードラマで、ケンちゃん宅のご職業を、お寿司屋さん、お蕎麦屋さん、おもちゃ屋さん等と変えて何本も放映されたんです。



この歌はそのシリーズの「ケーキ屋ケンちゃん」の主題歌でした。
ドラマの内容はほとんど覚えていませんが、歌の方は歌詞までしっかり覚えています。

冒頭の「シュークリームはフタですくって食べる」という歌詞の意味を、うさみはかなり長いこと正しく把握していませんでした(^_^;)。
子供のうさみが食べたことのあるシュークリームって、フタと本体が離れていないものばかりでしたもの(^◇^)。がぶっと丸かじりすればいいのですから、食べ方をわざわざ教えてもらわなくてもいいよ~という感じです。

続きを読む "シュークリームのフタ"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年1月 7日 (月)

アカサカサカス

そのビルは、うさみの会社からよく見える場所にありましたが、夜のライトアップに気付いたのは先月の中頃でした。

Sacasビルの窓を点灯させて文字を浮かびあがらせています。

SACAS

エスエーシーエーエスって何の略~?と会社で話題になりました(^_^;)。(写真映りが悪くてすみません。)

赤坂SACAS(サカス)、2008年の春オープンする赤坂の複合施設だそうで、そのメインとなるオフィスビルがライトアップして宣伝しているらしいです。

ああ~、赤坂のTBS会館があって、ライブハウスのBLITZとACTシアターがあった所かあ~、ずっと工事していましたっけ~。

赤坂(アカサカ)でサカス、という逆さ言葉のシャレかあ、面白いネーミング~、と笑ってしまいましたが、公式サイトによると、もっと深い意味があったようです(^^ゞ。

○ 「桜」を「咲かす」・・・河津桜・三春桜・八重桜が花を咲かせると書かれています。
そうそう、あのBLITZの裏手の坂は、すごく綺麗な桜並木があって、近くで働いていた頃のうさみの大好きなお花見場所だったんですよ~。
建物が壊される時、桜の木はどうなるのか気になっていました。同じ桜が残されたのでないとしても、あの場所にまた桜並木が繁るのは嬉しいです~(*^。^*)。

○ 「坂s」・・・歴史の古い街赤坂にはたくさんの坂があるから。
確かに~、あの辺は坂が多いですね。うさみがいつも途中で引き返したくなった三分坂、あまりの急勾配に、昔車夫さんが三分割り増しした所から名前がついたそうですが、自動車に乗っていてもずるずるバックして行きそうで怖いです(^_^;)。

○ 「AKASAKASACAS」を右から読むと「SACASAKASAKA」、サーカス(円形広場)のイメージ。
呼びやすくて覚えやすい名前はいいですね。
ライブハウスと劇場が復活するだけでなく、ギャラリーも出来ますし、レストランエリアでお食事も出来るそうです。

春になったら桜を見に行きたいものですが、混むかな~(-_-;)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 6日 (日)

当たりはずれ

庶民の夢・ジャンボ宝くじ、年末は特に運試しの気分が盛り上がって買ってみたくなりますね。

うさみは、今回の年末ジャンボ、売り出し最終日の夜、あと数十分で終わりで~す、という時にたまたま宝くじブース前を通りかかり、これはラッキーなタイミングかも(^◇^)と10枚連番で購入しました。20080107_p1060598

年明けにワクワクしつつ、抽選結果をチェックしたのですが、見事にかすりもせず全くのはずれでした(>_<)・・・連番なので1枚最低額の8等300円は当たりましたが、全然投資金額を回収出来ていません(T_T)。
会社のクリスマスパーティーでお土産代わりにもらった、バラの1枚もはずれていました。これは7等の1番違いでしたので、うさみの前か後の人が3000円当たったのでしょう(^_^;)。

もしも1等2億円が当たったら、ブログには書かず(^_^;)、友人知人にも黙ったまま、こっそり仕事を辞めて憧れの有閑マダム生活に入ろうと思っていましたのに~。残念!

宝くじが当たるのは運がいい時ではなく、悪い時だから、もらったあぶく銭は独占せずに、周りの人にご馳走してあげなくてはいけない、という説もあるようですね。
買ってから閉まっておく場所も、神棚がいいとか、風水的にはいい方角が違うとか、真面目にやろうとすると大変みたいです(^_^;)。

宝くじにはずれたのは、年末にちょっとした懸賞がふたつ続けて当たって、うさみのくじ運を使い果たしてしまったのかもしれません(^^ゞ。

Tシャツ展覧会のペアチケットをゲットしました(^_^)v。
20080107_p1060600 展覧会は自腹でも行こうと思っていたものなので、とても嬉しかったです。

それほど頻繁に懸賞応募していないのに、たまたま出したものが続けて当たったのは何かいい徴でしょうか、それともこれから悪いことが起きるから注意せよ、という戒めでしょうか。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年1月 5日 (土)

ネコでエコ、わんこでもエコ

うさみは普段はあまりテレビを見ないのですが、お正月期間中は駅伝の為かなりテレビ視聴時間が増えます(^_^;)。
同じスポンサーさんのコマーシャルを繰り返し見ることになって、覚える気がなくても歌と映像が頭にこびりついてしまいます(^^ゞ。

例年は、ビールのCMが一番印象に残っていましたが、今年はシャープのCMが妙にはまりました(*^。^*)。
「省エネ家電へ、CO2が少なくなる生活へ。エコロジークラスでいきましょう」という環境メッセージエコロジーライフ宣伝キャンペーン、ネコがエコの話をするシリーズはおなじみですね(^◇^)。

新春の駅伝に合わせて新しい3本が放映されたようですが、中でもうさみが気に入ったのは、「省エネ家電編」です。

エコな話を聞きました、ネコです。
エアコンの温度を控えめにしても、ネコを抱いていると暖かいんだって。


という、吉岡秀隆さんのほのぼのナレーションをバックに、まるまる太った猫が陽だまりでほこほこしているところや、女性の腕に抱っこされている映像が流れます。

ネコエコ、いいですね~!!
語呂もいいし、雰囲気もあったかいし。
あれだけふこふこの猫なら、きっと抱っこしていればぬくぬく暖かいことでしょう。

20080101_p1060552うさみ家には猫はいませんが、わんこならちっこいのが1匹います(*^_^*)。
お散歩では猫が怖くて逃げ回るちびわんこのおうじですが、抱っこしていると暖かいのは、ネコと同じです。
おうじが膝の上でまあるくなって寝ていると、足全体がぽこぽこしてきます。
重くはありませんが、ほっておくとずーっとそのまま寝ていることもあり、こちらが動けなくて困ります(^_^;)。

そして夜は、一緒にくっついて寝ていると、かなりお互いが暖かいです。
時々もごもご動いたり、自分が熱くなると布団から出て行ってしまったCa390268りするのが、暖房器具代わりとしては難点ですが。

犬を人間の寝床に入れてはいけないというペット本もありますが、教えた訳じゃないのに、あそこがあったかいというのを何故か知っていて入って来るようになってしまったので、しょうがない、と思っています(^^ゞ。

気温が上がると、ぴたっと来なくなるんですよね~。
まだしばらくは、おうじと共寝の日々が続きます。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年1月 4日 (金)

乗り越しとお買物

本日がうさみの仕事始めでした(*^。^*)。20080101_p1060567

朝はちゃんと寝坊せずに起きられたし、1日最後までスタミナも持ったし、まあまあの始まりじゃない(^◇^)、と気を良くした帰り道。
まだお休みの会社が多いようで、いつもより空いた電車に座って、バッグから本を出して読み始めました。それがいつの間にやら爆睡(-_-)zzz・・・ふっと目が覚めた時は、降りるべき駅から遥か遠くに来ちゃっていました。

乗り越し・・・とても空しいです(T_T)。
今日は、隣の県まで行く前に気付いたので、まだ良かったですが・・・

酔っ払って乗り越してとんでもない場所まで行ってしまって、終電を逃して帰れなくなった、という笑い話はよく聞きますね(^。^)、うさみは幸いそういう経験はありませんが、仕事帰りに降りる駅をひとつふたつ乗り越すことはよくやります(-_-;)。

居眠りから飛び起きて慌てて降りたらまだ降りる駅は先だったり、ちゃんと起きていたのに、ぼーっと考え事をして気付いたら地元駅でドアが閉まるところだったり(-_-;)、いろいろあります(^_^;)。
一度、ほんっと~に眠り込んで、終点近くまで行っちゃったこともありました(;O;)。

続きを読む "乗り越しとお買物"

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008年1月 3日 (木)

福袋

今日も少しだけのつもりが、大手町ゴールまで箱根駅伝を観戦してしまいました(^^ゞ。

勝ったチーム、思った結果が出せた選手・監督の歓喜を見るのは嬉しいですが、勝利の願いが叶わなかったを見るのは辛いですね・・・(;O;)。
特に途中棄権でタスキがつなげないチームは出来れば見たくないです。
トレーニング方法が発達する一方、大切にされ過ぎて精神的に弱い部分も出て来ているのか、というような解説でしたが、そういうものなんでしょうか(@_@;)?

駅伝終了後、地元ショッピングモールへ買物に出ました。

行きがけに、小さな神社に寄ってお参りしました。20080103_p1060585
実は昨日、家のすぐそばで、○○神社ってどう行くんでしょう?と聞かれて、そんな神社あったっけ??と答えられなかった、ということがあったのです(^_^;)。
家に帰ってネット地図で調べたら、そこに神社があるということは認識していましたが、あまりにちっこくて普段ひと気も無いので、そんな立派な名前がついているとは知らなかった所でした(-_-;)。今日も、だ~れもいませんでした。

ショッピングモールでは、新春の運試しで福袋がお目当てでした。

買物好きのうさみは、福袋も好きで、子供の頃からよ~く買っていました。
福袋バイヤー歴も長くなると、さすがに、福袋に自分の欲しいものが入っている確率はとても低いことを学習し、いくら安くても不必要なモノばかり増えては家も狭くなるし、エコ的にもいけない、と最近は買わないようにしています(^^ゞ。

でも今年は久しぶりに何か1個買ってみよう、という気になっていたのですが、あちこちのお店を見回っても、どうもいまひとつコレ、という福袋がありません。
中にどんなものが入っているかの見本をチェックすると、欲しい物はそのうち一つあるかないかで、購買力が沸きませんでした。

混雑したモール内をふらふらして、最後に本屋さんにたどり着きましたが、本屋さんでも福袋を作ってくれればいいのにね~。
本屋の店員さんのお勧め本を集めて、ミステリ福袋、犬好き用福袋、手作り派向け福袋、とか、面白いと思うんですけど(*^。^*)。

20080103_p1060587 スーパーのお菓子コーナーが、一足早く春が来たような、ピンクと赤の苺フェアになっていました。

自分で作るお菓子福袋(*^_^*)のつもりで、苺のお菓子を選んで来ました(*^^)v。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月 2日 (水)

初詣

お正月は駅伝シーズン、元旦の実業団ニューイヤー駅伝から、3日の箱根駅伝復路ゴールまで、気がつくとずーっとテレビを見っぱなしだったりします(^^ゞ。20080102_p1060579

うさみ自身は、とんでもない運動音痴で、走ることもとても苦手(>_<)。学生時代は短距離・長距離どちらもダメでしたが、耐え苦しまなければいけない時間が長い長距離の方が余計に嫌でした(^_^;)。それに長距離走で学校の外に出ると、知らない人たちの前で恥(いつも必ずぶっちぎりでビリでした(T_T)をさらさなければいけませんでしたし・・・。

自分が苦手なことが得意で頑張っている人を見るのが楽しいのでしょうか、駅伝やマラソンを見るのは好きです(#^.^#)。
今年は好天に恵まれて良かったですね~、箱根の山道で雨だったりすると、見ている方も辛いです。

20080102_p1060574往路5区のもうこれで決まりだな、という所まで見てから、初詣に出掛けました。

毎年恒例の浅草寺20080102_p1060569

好天のせいか、すごい人でした~!!雷門のところから仲見世を通って本堂まで、ずっと大変な人垣が出来ていて、のろのろしか進みません。

20080102_p1060572そういう場合の抜け道(^_^;)、裏道から本堂を目指しました。今までなら裏道から行っても宝蔵門前で合流出来たのですが、今年は横入りが出 来ないよう、柵であちこちがブロックされてしまっていました(@_@;)
これでは、雷門からのろのろ一本道を我慢するしかありません・・・(-_-;)。20080102_p1060578
20080102_p1060580
これを待って労力と時間を使いたくありません~、近くだからお参りはまた空いた頃に出直すことにして、人垣の向こうから気持ちだけよろしくお願いして来ました(^◇^)。

新春に浅草詣したせめての記念にと、Tenuguiふじ屋さんで、今年の暦と月々の花が描かれた「花ごよみ」を買って来ました。
ここの手拭は、いつも粋なデザインと色で、いくつも欲しくなってしまいます(*^。^*)。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年1月 1日 (火)

初春

明けましておめでとうございます<m(__)m>。
2008年が皆様にとって実り多き年になりますよう、お祈り致します。

Nezumi2
年賀状用に撮影した愛犬おうじの写真から、まあまあ良く撮れた方の画像でご挨拶してみました(#^.^#)。

子年にあわせたネズミのかぶりものフリースです。

ネズミだとわかるようにフードをかぶらせ、かつ本人(犬)の顔も見せて撮るのが難しく・・・お店の見本写真では、どのモデル犬さんも、ネズミになって撮れていたんですけどね~(^_^;)。Nezumi

全体図はこんな服です。白い犬なのに白い服にしたのが良くなかったかなあ?でもグレーではあまりにネズミで清潔感に欠けそうでしたので・・・(^_^;)


さて、うさみの2008年は、妙なと共に明けました(-_-;)。

ちょっと仕事で気になっていることがそのまま出て来て、延々と処理に追われ、ぐえ~っという感じでした(^_^;)。
シチュエーションは今なのに、上司として登場していたのが昔の上司だったという所は夢っぽかったですが、あまり現実的な夢は覚めてから一瞬状況がわからなくなってしまいます。これは吉兆なのか凶兆なのか・・・(^^ゞ。
20080101_p1060539
本物の初夢は元旦の夜に見る夢でしたね、今夜の夢と合わせて今年のうさみの行く末を判断することにしましょう(@_@;)。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »