« 歯磨き粉 | トップページ | わんこのお弁当とケーキ »

2008年1月20日 (日)

薔薇柄の欲しい年頃

少し昔(刊行年を見たら15年以上前でした(^_^;)に、「薔薇柄の欲しい年頃」というタイト20080121_p1060735 ルの少女漫画がありました。

薔薇柄の欲しい年頃

主人公の高校教師が、教え子の高校生と、同僚教師の間で悩む20080121_p1060737 というような内容でしたが、ストーリーよりもキャラクターよりも、うさみはこのタイトルが気に入っていました。
(主人公の性格は、ちょっとイラつくほど、うじうじの乙女ちっくで、あまりうさみ好みとは言えませんでした(-_-;)。

「薔薇柄の欲しい年頃」・・・菫柄椿柄ではなくて薔薇、バラじゃなくて薔薇の柄。
好き、ではなくて欲しい、という言葉に、少女と大人の境目、憧れと現実、浪漫と憂鬱、みたいなニュアンスが伝わって好きでした。

薔薇柄でも、どういう柄が好きかで性格が出るかもしれませんね。

大きく咲き誇った花なのか、花と茎、葉までついた全体の姿なのか、花瓶に溢れて活けられた種々の薔薇なのか・・・。

うさみは絵画だったら、たくさんの薔薇や果物がこれでもかと描かれた絵が好きですね、賑やかに艶やかにたくさんの種類を楽しめるように。

お洋服の柄となると、たくさんの花が花束やアレンジメントになっている柄は、色合わせが難しいですね。本物の花ならば、どんなに多くの色が重なっても派手だとか煩いとかは感じないのに、柄にすると豪華で素敵だと思える多色使いの花が少ないのは残念です。

20080121_p1060732先日、これは!と思う薔薇柄のカットソーを見つけて、気分は春爛漫になっています(*^。 ^*)。

← この薔薇薔薇が表側だといかにも派手~ですが、こちらが後ろ、表は同じ柄のセピアがかった白黒写20080121_p1060733_2真ヴァージョンで、一見大人しそうです。 →

|

« 歯磨き粉 | トップページ | わんこのお弁当とケーキ »

コメント

フラワープリント、憧れです。
中でもやっぱり薔薇!
私は花だけでなく葉っぱや茎もデザインされたものが好き。
子供の頃作ってもらった薔薇もようのワンピース、初めての花柄ということもあってとても気に入っていました。くすんだ紫色の地に薄茶色の濃淡で描かれた薔薇の花。
子供の洋服には地味な配色だったのかもしれませんが、母の趣味でした。真っ白なセーラーカラーがお洒落でした。あの薔薇模様以上に素敵なプリントには未だかつてお目にかかったことがありません。昔の記憶って、何でも特別なんでしょうね。

投稿: aosta | 2008年1月24日 (木) 12時05分

>aostaさん
くすんだ紫に薄茶のバラって、とてもシックですね。今お召しになってもいい柄なのでは?
子供の頃思い入れのあった服って、覚えているものですよね。大人の今ほど簡単に服が手に入らなかった(買ってもらえなかった)というのがあるのかもしれませんが・・・。
私は赤毛のアンに憧れて、洋裁の上手な叔母にねだって作ってもらった、ふくらんだ袖の、茶色に白の水玉の別珍ワンピースがとても好きでした。

投稿: うさみ | 2008年1月24日 (木) 20時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135432/17773878

この記事へのトラックバック一覧です: 薔薇柄の欲しい年頃:

« 歯磨き粉 | トップページ | わんこのお弁当とケーキ »