« 春一番 | トップページ | 映画賞 »

2008年2月24日 (日)

香水瓶

今日も東京は大風が吹き荒れ、交通機関は大混乱でした(T_T)。20080224_p1070051
そんな中、風に飛ばされそうになりながら、うさみは銀座までお出かけして来ました。

ハウス・オブ・シセイドウで「香りと恋心 バルビエのイラストレーションと香水瓶展」を見るためでした。

20080224_p1070060アール・デコ時代のイラストレーター、ジョルジュ・バルビエのイラストレーションと、20世紀初頭のラリックやバカラの香水瓶を合わせ、「香り」と「恋心」の関係を浮かび上がらせるというテーマの展覧会で した。
香りをまとうのは、エジプトやギリシャの昔から、暮らしの中に根付いていたこと。女性にとっては、香りは装いの大切な仕上げで、自分の姿を見て欲しい誰かを想定してつけることが多かったのでしょうね。

バルビエのファッション・プレート(ファッション雑誌に収められた服飾版画、写真のない時代はファッションを視覚的に伝える重要な手段だった)は、女性のファッションも見ごたえありましたし、当時のさまざまな生活シーンも楽しめました。



香水瓶のコレクションは、繊細なガラス細工や、模様、香水の名前20080224_p1070064にちなんだデザインなど、うっとりと堪能させてもらいました(*^_^*)。
香水を選ぶ時って、中身の香りはもちろんですが、外側のボトルデザインもかなり重要なポイントですよね。ボトルにひかれて買ってしまうこともあります(^^ゞ。

展示されていたボードレールの「香水瓶」という詩が、韻文苦手なうさみにしては珍しくとても気に入りました。
廃屋の衣装箪笥に見つけた古い香水瓶の栓をあけると、残香が立ち上って昔の思い出がよみがえる、というような内容でした。
かなり長文で書き写して来られなかったので、詩集(たしか「悪の華」)を求めてみようかと思っています。



20080224_p1070061 詰め替えるのが面倒で、ほとんど香水はオリジナル瓶のままで使っていますが、香水瓶という存在には憧れます。
香水瓶に浪漫を感じるのは、何故なのでしょう。なくても暮らしていけるけれど、手にすると何となく心豊かになるような、ちいさなもの。

これは、うさみの唯一の香水瓶コレクション(#^.^#)。ロンドンの骨董店で買いました。20080224_p1070068
輪っかのところに指を通して、手のひらの中に握って持っていたのだと教わりました。貴婦人の持ち物ですね~。

会場には、資生堂が今まで手がけてきた香水も展示されていました。
20080224_p1070065 山口小夜子さんがモデルの和の香水シリーズのポスターが、今見てもモダンかつ日本風で素敵でした。
「禅」を海外用に調香した「ZEN」のムエットをもらって来ました(*^_^*)。

|

« 春一番 | トップページ | 映画賞 »

コメント

春三番?くらいまで吹きましたね!
すごかったです!
でも、飛ばされそうなくらい軽いんですね~
私はびくともしない、、、

投稿: ふくやぎ | 2008年2月24日 (日) 21時28分

 香りのおしゃれ とってもいいですね。
 めったにつけない 買わない私ですが シャネルのエゴイスト好きです。久しぶりに だしてみました。

投稿: 小紋 | 2008年2月25日 (月) 11時30分

ZENが発売された頃、たしかバレエのガラで試供品(といってもきちんとした容器に入っていましたが)を頂いた記憶があります。
どんな香りだったか、もう定かではありませんが。

投稿: アラベスク | 2008年2月25日 (月) 15時00分

>ふくやぎさん
何回分もまとめて吹き荒れていったって感じでしたね~。
いや、私も十分重いんですが、瞬間的にはそれでも飛びそうなほど強かったです(^_^;)

>小紋さん
エゴイストがお好きなのですか。エゴイストが好きな方は、性格のほうは反対にエゴイストではないとか言いますね(^◇^)。好きな香りをつけるとそれだけでちょっと気分が高揚しますよね。

>アラベスクさん
禅の初代発売は1964年、ZEN発売は2000年だそうです。オリエンタルな香りですね~。

投稿: うさみ | 2008年2月25日 (月) 21時13分

香水瓶、大好き!!
いいですねぇ、私も見たいです。
そういえばボードレールって、「色と香り」を見事に表現している詩人だなぁ…と、私も以前からちょっと気になっていました。(北原白秋の色彩表現も素晴らしいけど)
私も、「悪の華」買おうかなぁ…。

投稿: ジュエル | 2008年2月25日 (月) 22時01分

>ジュエルさん
この展覧会は3月23日までやっています。もし春休みにでも上京なさる機会がありましたら、ぜひどうそ。
香水好きにはボトルの美しさも重要ですよね。
「悪の華」堀口大學訳のを買いましたが、もっと最近の人が訳した方がよかったかも、と思い、買いなおすかもです。

投稿: うさみ | 2008年2月27日 (水) 15時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135432/40245303

この記事へのトラックバック一覧です: 香水瓶:

« 春一番 | トップページ | 映画賞 »