« 年度末 | トップページ | 思わずおススメしたくなる瞬間 »

2008年4月 1日 (火)

黒いまな板

京セラさんが開発した「黒いまな板」がひそかなヒット商品になっているそうです。

視覚に障害のある方は、白いまな板の上の白い食材(大根やお豆腐)が見にくくて切り難いので、黒いまな板が欲しいという要望から生まれたのだそうです。
視覚障害者用の日用品などを開発販売している日本点字図書館の要請で製作され、当初は点字図書館のみの取り扱いだったのが、高齢者や一般の方からも使いたいという声が多くてキッチン用品店などにも置かれるようになり、口コミで広まって売れているそうです。

むか~しのまな板は、本物の「板」で木の色でしたが、最近家庭ではプラスチックの白いまな板が多いですね。

そのことにうさみは何の疑問も不満も持っていませんでしたが、清潔感を感じるには白がよくても、白に白が見にくいのは確かです。ならば一番白が見やすい黒い板に、という発想は当たり前のようでなかなか出て来ないグッドアイデアですね(^○^)。黒っぽい食べ物ってほとんどないので、何かが見辛くて困ることはないでしょう。

見やすい・使いやすいから、というだけでなく、黒はお洒落だから、という理由で買うお若い方々もいるそうです。

去年はRenova(ポルトガルの紙製品メーカー)の黒いトイレットペーパーが話題になっていましたね。

トイレットペーパーは白が好きですし(理由はあえて書きません(^^ゞ、耳掃除用の綿棒も、一度買ってみた黒は成果(!?)が見えていいようにも思ったのですが、何となく次に買う時は普通の白い綿棒に戻ってしまいました(^_^;)。

まな板はどうでしょう?
黒でもいいかなとは思います。今の白まな板を買い換える時は、黒も候補にして比べてみましょう(#^.^#)。

|

« 年度末 | トップページ | 思わずおススメしたくなる瞬間 »

コメント

おおっー!!ユニバーサル・デザインなまな板ですね。
確かにこれは便利かも…ん?カビは??生えない材質なのかしら?
黒いカビを見つけては、慌てて漂白している私には、最初から黒いものの場合、カビが判断できるのか心配。
いえ、こんなスタイリッシュなものを使いこなす方は、最初からカビなんぞ生やさないのでしょうね(^^;)

話しは変わりますが、先のお花の写真、ホントきれいですね〜。春風情たっぷりheart04

投稿: ジュエル | 2008年4月 2日 (水) 21時00分

>ジュエルさん
説明によると、耐熱温度が100度で熱湯消毒できて衛生的だそうです。確かに黒だと汚れが見えないのではないかと心配になりますね(^_^;)。
お花が街をいろどってくれて、楽しい季節になりました(#^.^#)

投稿: うさみ | 2008年4月 2日 (水) 21時13分

視覚障害者のためのまな板として、紹介されたのを知っておりました。
なるほどなと思いました。
でも・・・汚れが見えないから、ちょっと気になるかな。wobbly

ひところイカスミを使ったパンやパスタが流行りましたが、あまり食はすすみませんよね。

無難なところで白がいいかな。good

投稿: ぷりちゃん | 2008年4月 2日 (水) 21時41分

>ぷりちゃんさん
見えない汚れは気にしないですめばいいのでしょうけれど、なかなかそうはいきませんね(^^ゞ
いかすみパン、流行った頃食べました。割と美味しいなと思いましたが、やっぱり黒だとあまり食欲がわかないですねえ。

投稿: うさみ | 2008年4月 3日 (木) 21時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135432/40736193

この記事へのトラックバック一覧です: 黒いまな板:

« 年度末 | トップページ | 思わずおススメしたくなる瞬間 »