« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月31日 (土)

火の鳥

韓国ドラマ「火の鳥」全26話を見終わりました\(^o^)/。

毎週1話ずつアップのインターネットテレビで見ていましたので、見始めてから半年もかかりました~。よく途中で飽きてやめなかったものです(^_^;)。
本場韓国では、ドラマは週2回放映なので、気の短いあちらの方々でも大丈夫なんですよね。

火の鳥のように、愛は何度でもよみがえり消えることはない、というのがテーマ。

お金持ちのわがままなお嬢さん(亡くなった女優「ブラザーフッド」のイ・ウンジュ)と、優秀な孤児の苦学生(「チェオクの剣」のイ・ソジン)が恋をし、親の反対を押し切って結婚しますが、若いふたりには環境の違いを乗り越えられず、離別。
10年後に偶然再会したら、ヒロインは社長のお父さんを事故で亡くしてホームヘルパーで食い扶持を稼ぐ貧乏生活、苦学生はアメリカ留学で成功してセレブな婚約者と一緒に帰国、と立場が逆転していました。
経験を重ねた大人のふたりは新たに関係を築けるのか、それともこぼれた水は元に戻せないのか、それぞれの今の恋人が絡んで男女4人の愛憎が交錯する、といういかにも韓ドラなストーリーでした。

長丁場なので途中ダレそうにもなりましたが、うまく行きそうで行かない事件の連続、素直になれそうでなれないすれ違いに、何だか続きを見たくなってしまうんですよね(^^ゞ。

続きを読む "火の鳥"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月30日 (金)

バッグINバッグ

最近バッグINバッグが売れている、という話をWebで見た次の日、まさにそのブツをお店で見かけて、ひとつ買ってみました(*^_^*)。

BagINBag

「通勤バッグを替える時に、移し替えもれて、よく忘れ物をしてしまう人」
「いつもバッグの中から小物が探し出せない人」
に便利、というコンセプトはまさにうさみターゲットロックオン!なのです(^_^;)。

外側にも内側にもたくさんポケットがついていて、鍵や携帯がバッグの中で迷子にならない、という謳い文句を信じて、ここ10日ほど使っています。

最初に、家の鍵はここの小さいポケット、定期入れと会社のカードキイは外側のポケット、携帯がこっちで、手帳とお財布はここ、と決めました。

これで家のドア前まで来て鍵が見つからず、バッグ中をひっくり返しているうちに、玄関前まで迎えに来た愛犬に、ドアの向こうから「何で入って来ないんじゃ!ここで待ってるのに、どうした!?早く来い!」とワンワン催促されて焦ってしまう、なんてこともなくなるわ、と思っていました。

でも、根がものぐさな人間にはきちんと毎回同じ場所に仕舞う、ということは難題でした(@_@;)。
つい面倒くさくて今だけここに入れちゃえ、入れた場所を覚えていればいいや、と最初に決めた場所と違うところに入れては見つからない、ということの繰り返しです。探す場所が増えてしまい、せっかくたくさんついているポケットがかえって仇になってしまいます。

OLさんがお昼に外に出る時、バッグからこれだけ出して持って行けばお財布だけ持っているよりお洒落、とも書いてありましたが、バッグインバッグだけと、バッグごと持つのと、たいしてかさは変わらないような・・・(^_^;)。

持ち物は少なく、でも必要なものはちゃんと持っているのが大人だと思うのですが、うさみの場合はごそごそ大荷物で要らない物ばかり持っているか、身軽にと思って肝心な物を忘れて困るか、どちらかしかないのでした・・・(T_T)。

憧れは、昔のヒッチコックの映画で「女の大切なものはハンドバッグひとつに入っているのよ」というようなこと(台詞あやふやです(T_T)を言って、バッグからネグリジェを出したグレース・ケリーなのですが(*^。^*)。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年5月29日 (木)

加算機

会社で新品の加算機をゲットしました(*^^)v。

新しい会社に移ってから、前任者が使っていらした電卓を使っていましたが、どうも電卓だとしっくり来ませんでした(T_T)。
キイの戻り(反応)が遅いし、ジャーナル(計算結果を印刷する紙)もついていないし、何よりも加算機方式に慣れていると電卓は計算しにくいのです。

加算機って何?とお思いの方が多いでしょうか、うさみも会社で使うまでは触ったことがありませんでしたから・・・。

マニュアルの説明には

”この計算機は加算式なので「5+8-2」などの計算は、「5+8+2-」と操作します。*加算式は主に記録式計算機で使用される方式で、伝票計算などに大変便利です。”

となっています。

数字を先に押してから、その数字を計算したい計算記号を押す、と言えばいいのでしょうか。普通の電卓は、計算記号が先ですよね、何も押さないと+だと思われます。
加算機は、数字を押した後、プラスかマイナスか決められるので、たくさんの数字を足し引きする時は便利です。

そして計算結果を印刷できるので、キイを見ないで打ち込んで行って、後で検算することが出来ます。
何だか電卓屋さんの回し者みたいですね(^^ゞ。

続きを読む "加算機"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年5月28日 (水)

ベジタリアン犬?

今日、会社のアドレスに妹すまっぺから届いたメールに添付されていた画像です↓。

Kyuri_3 愛犬おうじが咥えている長い物は何でしょう??
何だかキュウリのように見えますが・・・(・_・;)?

何を持っているのか尋ねるメールを返信したところ、今度は茄子を噛んでいる画像が届きました(^_^;)。Nasu
(仕事中に何をやっているんだ<`~´>、というお咎めは、この際なしでお願いします<m(__)m>。)

キュウリもナスも噛んでみたけどすぐ飽きた。」そうです。

今日は、うさみ母が自家製の野菜をかついで遊びに来ておりました。
家庭菜園(自治体が土地を貸してくれる市民農園、父母宅からちょっと歩きますが割と広いです)で、主にうさみ父が野菜を栽培しています。キュウリ・ナス・キャベツ・ミニトマト・ジャガイモなど、二人で食べるには十分な量を収穫していて、たまにお裾分けをしてくれます。

おうじは、家族で一番自分に甘いうさみ母を、扱いやすい相手だと認識しています(^^ゞ。
うさみ父のことは、同性のよしみか、偉い人だとちょっぴり怖がりつつ敬愛していて、よく言うことを聞くようですが、うさみ母の前ではやりたい放題です。

今日もそんな感じで、持ってきた荷物を広げたところから1本奪取してみたのでしょう。

わんこは本来肉食なんですよね、おうじはお肉に一番興奮しますが、野菜も食べます。好きなのはカボチャ・ブロッコリ・サツマイモ・ジャガイモ・にんじんといった、ほこほこ実のつまった野菜で、キュウリやナス・トマトのような水っぽいものは食べません。

今日はチョロイ相手から、いいものをかっぱらって、獲物をかじって見せつけるのが楽しかったとみえます(^_^;)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月27日 (火)

カレーあれこれ

今日のお昼はカレーでした(#^.^#)。
会社の近くで美味しいと評判の、インドカレーのお店に行きました。

ランチタイムはバイキングで食べ放題なので、サラリーマン・OLさんで大混雑。インド系とお見受けするビジネスマンも結構来ています、ITはインドの方が強いですから。

生野菜のサラダに、日替わりのカレーが3種類、おかずも日替わりで2種類、サフランライスとナン、デザートのフルーツとラッシーがテーブルにど~んとのっていて好きなだけ取って食べられます。

お値段は消費税込み1,100円、昨日のキムタクの政治家ドラマで、ふつーのお昼に千円は高い!、と総裁を目指すキムタクが怒っていましたので、これは微妙なラインでしょうか(^_^;)。

とにかく大皿を持って並びましょう、さあ、今日のカレーは、何かな(#^.^#)?

1つ目のお鍋は豆カレーでした(-_-;)。

うさみの、”食べられるけれど好きではない物リスト”の割と上の方に豆類がいまして(^_^;)、体にいいと言われるのでスープや煮物に入っていれば食べますが、それがメインのお料理はパスさせてもらいます<m(__)m>。

テーブルを進むと、次のカレーはマトンでした(@_@;)。

うさみにとってのマトンは、”アレルギーがあるわけではなく無理すれば食べられるけれど、美味しいと思えないし、どうしても食べなければダメな状況以外は食べない物”です(>_<)。

となると選択肢は自動的に残りのチキンカレーになりました。
チキンも美味しかったですが、野菜かエビがあればもっとよかったなあ・・・。

うさみがかなり好きで、会社帰りや休日の買い物のついでによく行っていたインドカレーのお店が、ビルの建て替えでなくなってしまいました。
あそこのジャガイモやトマトがごろんと入ったベジタブルカレーと、ナン、甘いチャツネマサラティーが一番好きだったのに残念です。

洋食屋さんのカレーも美味しいですよね、付け合せはラッキョウ希望(#^.^#)、レーズンも合いますね。

タイカレーは、グリーンでもレッドでも好きです~(^O^)。
そう言えば最近タイカレーを食べてません、地元にはインドカレーのチェーン店は出来ていますが、タイカレーのお店はまだないです。会社のそばにもありません、二駅電車に乗ればありますが、ランチタイムに電車で遠征するガッツは無いですね・・・。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年5月26日 (月)

近頃気になることがある

近頃気になることがある~♪」というのは歯磨き粉(ガードハロー)のCMでした。1974年のヒットCMだそうですから、またまた古いですね(^^ゞ。

うさみが近頃気になること、その1。

通勤時に毎朝前を通る、売り出し中の建売住宅に買い手がつくかどうか、売れなかったらどうなるのか。

その場所は、庭付一軒家があった所でした。広いお庭の木や草は、いつも綺麗に手入れされて、うさみも楽しませていただいていましたが、ある朝突然、お庭もお家も消えて更地になっていました(>_<)。20080517_p1080622

建替えなのかな、お庭の木はどこかへ移し替えたのかな、と毎日気にして通っていましたら、跡地に建売住宅が建ちました、それも3棟
一軒にしては広い敷地でしたので、2軒ならわかりますが、3軒!?長方形の敷地に横向きが1軒、縦向きが2軒です、どれも2階建てでお庭はなく、ギリギリで車1台の駐車スペースが取ってあります。長方形をどう切ったら3つの同じ大きさの長方形が出来るか、というクイズのようです(^_^;)。

これはあまりにお隣と近すぎるんじゃないのかしら、新築戸建てだからそれなりにお値段するのよね、すごくいい立地条件とも言えないし、これで売れるのかしら、と疑問でした。

縦向きの端のお家に、小さいお子さんのいるファミリーが引っ越していらしたのが今年はじめくらい、今でも残り2軒は売れ残っています
最初は週末だけ業者さんが来て内覧できるよう受付していましたが、その後「電話をもらえればいつでも内覧可能」になり、宣伝のポスターや幟に万国旗、近所に出す案内版も増えましたが、まだ2軒とも売れていません、もう電気も水道も使えるのに・・・。

このまま売れなかったら、お値段を下げて投売りになるのでしょうか?そうなったら、先に買われた方は損をしたような気にならないでしょうか・・・。
気になってしょうがありません。

続きを読む "近頃気になることがある"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年5月25日 (日)

このDVDを見ました~「タロットカード殺人事件」

ウディ・アレン監督主演の映画、「タロットカード殺人事件」のDVDを見ました(#^.^#)。

「マッチポイント」(うさみの鑑賞記はこちら)に続き、アレン監督がイギリスでメガホンを取った映画です。

日本語のタイトルは「タロットカード殺人事件」でミステリーに重きを置いていますが、原題は”SCOOP”、スクープ、特ダネ、なので、連続殺人犯をスクープすることに賭けるジャーナリスト魂を面白おかしく描きつつ、犯人探しにも引き込んで行く、小気味よいテンポのサスペンスコメディでした(^O^)。

~以下、ネタばれありです。~

続きを読む "このDVDを見ました~「タロットカード殺人事件」"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月24日 (土)

5月も終わり

雨の予報が出ていた土曜日でしたが、夕方まで何とか持ちこたえていましたので、愛犬と地元のドッグカフェにお昼を食べに行きました(#^.^#)。20080524_p1080743

今日の先客は、二組。

若いご夫婦に連れられた、今日がお出かけデビューの黒い赤ちゃんチワワさん(*^_^*)。まだ小さいのにとても人懐こく寄って来てくれ、ビビリ屋の愛犬おうじと同じ犬種とは思えません(^_^;)。
片手にのっかるくらいの大きさ(小ささ?)で、しっぽも頼りないほど細くて、壊してしまいそうです。おうじもうさみ家に来た頃は、このくらいだったんですよね、大きく元気に育ったものです、しみじみ(*^_^*)。

もう一組のお客さん、うさみと同年代のご夫婦と一緒だったのは、最近あまり見ない犬種、ジャーマンシェパードさんでした。まだ1歳にならない仔犬ちゃんだそうですが、十分大きい(^◇^)。シェパード犬協会に登録してあるという由緒正しいシェパードさんでした。

20080524_p1080745お散歩していると、「昔飼っていた」と声をかけられることはあっても、お仲間犬種にはほとんど出会わないそうです。
そうですねえ、昔は割と見かけましたが、最近は警察犬や麻薬犬などお仕事中の姿を映像などで見る以外、街中ではあまりお会いしません。とても頭が良くて従順でいろんなお仕事をしてくれる犬種ですが、きちんと躾をしないと攻撃的な面が人間に不便な方に出てしまうそうなので、気軽には飼えないのでしょうね。

昔のアメリカのTVドラマ「名犬リン・チン・チン」に憧れて飼っていたというのがちょっとご年配の世代で、今日のご夫婦は奥様が「刑事犬カール」でシェパード好きになった世代だそうです(^O^)。今時は、「アイ・アム・レジェンド」の名演技でシェパード人気がまた上がっているみたいですね。

続きを読む "5月も終わり"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008年5月23日 (金)

千の風になって

先月発売の秋川雅史さんのアルバムCD「千の風になって ~一期一会~」を買いました♪

シングル「千の風になって」は流行りましたね、いえまだ売れ続けていますね。
近頃では珍しい、”街中のあちこちで耳にして誰もが知っている歌”でしょう(#^.^#)。

最初にこの曲のCDを出したのは、英語の歌”Do not stand at my grave and weep.”から詩を訳した新井満さんだそうで、他にも歌っている方は何人もいらっしゃるようですが、一番有名なのは紅白でも歌った秋川さんですね。

「千の風になって」のマキシシングルは、ある時バーっと爆発的に売れて尻つぼみになるのではなく、じわじわと長期間に渡って売り上げを伸ばしているのが珍しいと何かで読みました。
それは購買層の年齢が高く、ネット情報でぱっと飛びついたりせず、口コミで知ったり、どこかで聞いて好きになったり、という人が多いからだろうということでした。

詩の内容が、親しい人を亡くした経験を持つ人の心にほど響くのでは、と想像します。うさみも聴けば聴くほど泣ける歌詞です・・・(;O;)。

アルバムは、日本の名曲というコンセプトだそうで、昭和から平成の流行歌カヴァー、という感じですね(#^.^#)。
昭和生まれには耳慣れたヒット曲で、じっくりと詩を聴かせる歌が選ばれていると思いました。お風呂で詠唱したいような歌、とでも言いましょうか(^O^)。

収録曲は、
  「五月のバラ」
  「見上げてごらん夜の星を」
  「地上の星」
  「ワインレッドの心」
  「旅立ちの日に」
  「ふるさとの山に向ひて」
  「見幌峠」
  「長崎の鐘」
  「川の流れのように」
  「イヨマンテの夜」
  「鼓動」
  「昴」
  「千の風になって(2006年NHK紅白歌合戦バージョン)」

このサイトでちょっとだけ視聴出来ます。

続きを読む "千の風になって"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年5月22日 (木)

迷子帰宅する

新聞で、迷子になっていた鳥が自分で名前と住所を名乗った為、無事飼い主さんの元へ帰った、というを読みました(^◇^)。
(お名前はヨウスケ、クンだそうです(*^_^*)。保護された動物病院では歌も歌っていたそうで、芸達者ですね~。)

インコの仲間でヨウム、という鳥だと書いてあり、ヨウム?とピンと来ませんでしたが、「洋鵡」という漢字を見ればわかりました。鸚鵡(オウム)なんですね~。



オウムやインコは、鮮やかな色で南国の鳥、というイメージがあったのですが、ヨウムはアフリカ出身の南の鳥でも全体の羽は灰色、尾羽のが見えなければかなりお地味ですね(^_^;)。

ヨウムは非常に知能が高くて、人間の言葉をただ真似っこするだけでなく、意味を解していると言われているそうです。
ヨウスケ、クンも、飼い主さんに教えられた住所の意味がわかっていたのかもしれませんね(#^.^#)。(もちろん自分の名前は理解していたでしょう。)
それに、保護した動物病院と警察の方が、ヨウスケ、クンのおしゃべりを真面目に聞いて、その住所まで調べに行ってくれて良かったです。

うさみ家の愛犬は、迷子になったら、名前も名乗れないし、家の場所もどの程度わかっているかどうか・・・(^^ゞ。20080522_p1080736
いざとなればわんこの帰巣本能が頼りになるのでしょうか・・・名犬ラッシーじゃないですしねえ、遠くまでお出掛けしたことはあっても自ら長距離歩いたことはありませんし・・・(>_<)。

迷子にならないように、人間の方が十分注意いたしましょう。鳥さんと違って、飛んで逃げることはありませんからねか~(*^_^*)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年5月21日 (水)

パケ買い

お菓子を買う時、中身(味と量)のみでお選びになりますか?パッケージのデザインや色も重視なさいますか?

うさみは外見につられてしまう方です(^O^)。20080313_p1070259

入れ物の箱や缶が欲しくて”パケ買い”ばかりしてしまうのは、モールの持ち手のついたミルキーの大箱(最近のお嬢様お坊ちゃまはご存知ないでしょうね、バッグみたいに提げて持ち歩ける真っ赤な箱入りがあったのですよ。)が好きだった子供時分から変わりません。
その頃は”パケ買い”なんて言葉はもちろんありませんでしたが・・・。
→↓ 今年パケ買いしたスイーツたち(^^♪

・・・蛇足ながら・・・・ジャケットデザインにひかれてCDを買うのが”ジャケ買い”、パッケージにひかれてお菓子や化粧品を買うのが”パケ買い”(パッケージ買い)です(^O^)。

お菓子みたいに、無くても生きていける物、生活に潤いを与えてくれる品物は、綺麗でワクワクすることだけが存在意義でも許されると思います。

20080405_p1070677 昔、それでお遣い物のお菓子を選んで失敗したことがありましたっけ。
綺麗な千代紙を貼ったボール紙の小箪笥に和菓子が詰められたセット、うさみ自身はかなり素敵だと思って選んだのですが、遠慮のない小母ちゃまに「こんな入れ物にいくらお金がかかってるやら、もったいない!」と言われてしまいました(^_^;)。20080205_p1060882
うさみ母なんかはおばばでも可愛い箱だの包装紙だのが好きなので、いくつになっても女性はちまちま細かい綺麗な物を喜ぶのかと思ったけれど、そうでもないんだな、と気付いた一瞬でした。

中身重視・包装不要主義の方がいらして、世の中、パケ買い人種とのバランスが取れるのでしょう(^^ゞ。

続きを読む "パケ買い"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月20日 (火)

間違い電話

だいぶ前に、うさみの携帯留守電にアマダイ(お魚)の注文電話が入っていた(^O^)という記事を書いたことがありますが、その後はあまり面白い間違い電話はありません(^_^;)。

うさみの会社で、同じグループの女性の直通電話番号が、どこかのラジオショッピングの電話番号と酷似しているらしく、時々注文のお電話が間違って掛かって来ます。

それも、昼間ラジオを聴いていらっしゃるのはお年寄りが多いのか、ラジオ通販で何か買おうと思われるのがお年寄りなのか、お年寄りはラジオから流れる番号を聞き取るのが苦手なのか・・・とにかく掛かってくるのはお年を召した方からが多いそうです。

そして「○○下さい。」といきなり切り出されるので、その日どんな商品がラジオショッピングに出ているのかわかるんだとか(^◇^)。

今日は、彼女が何だか親しそうに長いこと電話でお話していたので、お友達からの電話なのだとばかり思っていましたら、間違い電話をかけてきた御婦人がお相手だったのだそうです(^O^)。

社名を名乗った後、お相手の反応からまた間違い電話だとわかったので、
「こちらはラジオショッピングの番号ではないんですよ。」とお伝えしたら、

「あら、○○○○番ではありません?(その番号なら確かに彼女の直通番号です(^^ゞ。ラジオで絶対そう言ったのよ。まあ、じゃあ今日は間違い電話がたくさんかかってきて大変じゃない?」

「番号が似ているらしくて、よくかかってくるんですけど、今日はそちらが初めてでしたよ。」

「そういうのあるのよね。うちも○○屋さんと間違えられて一時期よく電話が来たわ。でもそちらラジオショッピングじゃなかったのね、困ったわ~。」

「今日は何かそんなにいい物を売り出していたんですか?」20080518_p1080710

バラの実で、食べると消臭効果があるんですって!○○個で○○円。主人に欲しいと思っていたからちょうどいいと思ったの。」
(バラの実って食用?最近割とよく見かける、ローズオイルサプリのことかしら?)

・・・というような会話が続いて、なかなか電話を切るタイミングがつかめなかったそうです(^◇^)。
話を聞いて、周りの同僚と大笑いさせていただきました。
間違い電話からお友達が出来そうですね(#^.^#)。


| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年5月19日 (月)

サラリーマン川柳

先日、2008年のサラリーマン川柳の一般公募で選ばれたベスト10が発表になっていました。

堂々一位は、

「空気読め!!」 それより部下の 気持ち読め!!

でした(^O^)。
そうですね~、空気(その場の状況)が読めない部下も困りますが、部下の気持ちを全くわかってくれない上司の下で働くのも辛いものですからね・・・。20080517_p1080618

ベスト100の中でうさみが気に入ったのは、

「忙しい」 言いつつ向かうは 喫煙所

ビルの中は全面禁煙で屋外の喫煙所でしか吸えないことが多くなりましたので、”ちょっと1本”、にも時間がかかって大変なんですよね。
あの一服タイムを生涯労働時間分で合算したら、結構な数字になると思います。
スモーカーさんは、実労働時間がノンスモーカーよりその分少ないんじゃないかな、何かずるくな~い?と思ったりもしますが、ノンスモーカーでも、あちこちで油ばかり売って長時間席をはずしている人はいますし、まるでここに住んでいるんじゃと思うほどいつ行ってもお化粧室の鏡の前でメイクを直しているお姉さんもいらっしゃいますしね(^_^;)。

喫煙所 皆が何故か 情報通

というのもありますから、一概に無駄な時間と決め付けてはいけないのでしょう(^O^)。
昔の上司が、ビルの外の喫煙所で同業他社の人と知り合いになって、有意義な情報交換をしていましたっけ。同じ会社同士でも、直接係わりの無い部署の人と気軽に話す機会になるらしいですね。

続きを読む "サラリーマン川柳"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年5月18日 (日)

オールドノリタケ

先日、オフィス街にある骨董屋さんのウィンドーに、花模様の美しいカップが飾られていました。
受け皿は楕円形で、カップが右端に置かれ、残り3分の2くらいが空いています。
NORITAKE  スナックセット」という札がついていました。

空いた所には、お茶うけのお菓子やサンドイッチを置くものだそうです。最近カフェでよくある一皿に飲物のカップも、いろんな種類のおかずもパンものっているランチプレート、あれのおやつ時ヴァージョンですね(#^.^#)。
1客2万5千円でした・・・せめてその半額だったら購入を検討したのですが・・・(-_-;)。

最近のノリタケにはこういう形の見かけない気がするなあ、色20080518_p1080696も渋派手という感じで珍しいし、そう言えば、オールドノリタケの展覧会をどこかでやってたっけ?

・・・とかすかに覚えていた展覧会、「世界に誇る和製テーブルウェア オールドノリタケと懐かしの洋食器」(東京都庭園美術館)を見に行って参りました。

明治から昭和戦前期までのわが国における洋食器文化の20080518_p1080722 定着と発展の軌跡を展観するもの”、だそうです。

ジャポニズム趣味全盛のヨーロッパに有馬や九谷の陶器が輸出されてもてはやされた時代、ヨーロッパの名窯の技術を学び西洋人の趣味に合わせたデザインの洋食器を作って輸出するようになった時代、食生活も西洋化して洋食器を使うようになった日本人のテイストに合う国内用洋食器が作られるようになった時代、それぞれの時代背景と特徴を追いながら見て行くのはとても楽しかったです。20080518_p1080724

この赤い菊文のティーセットは、戦後長らく生産ラインにのっていたそうですので、今でも 大切にお持ちの方がいらっしゃるかもしれません。鳥居のごとき緋赤に菊花の模様で、形は全く西洋のティーセット、それがとても似合っていて、西欧を和20080518_p1080723 に消化しきった洗練を感じました。

1点だけスナックセットも展示されていました(*^^)v、帆船文です。
大正から昭和初期あたりの製品だそうです。綺麗な状態で残っているものですね~。

続きを読む "オールドノリタケ"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年5月17日 (土)

チョコは大敵

それは木曜日の夜、うさみがひとりリビングでぽてぽてPCをたたいてますと、同じ部屋のどこか下のほうからクチャペチャグチャという音が聞こえてきました(-_-;)。

音の主は愛犬おうじしか考えられませんが、何だかヘンな音です・・・いつもの一人遊び(ぬいぐるみやおもちゃをかじったり引きずったり)とは違う音・・・はっ!?ひょっとして!?
いや~な予感がしたうさみがおうじをローテーブルの下から引きずり出すと・・・やっちゃってました\(◎o◎)/!

おうじが咥えている物は、チョコレートの包み紙・・・周りにちらばっているのもその残骸です!!
ローテーブルの上に置いていた一口サイズのチョコ(ナッツ入りチョコタフィー)を、本か何かと一緒に床にちょっとだけおろしてそのままにしちゃってました(@_@;)。
見つけ出して、くるんであった紙とビニールを噛み千切って中身を食べてしまったようです。

ど・ど・どーしよう!?わんこにチョコレートは有害なのに~。
吐き出させようにも口の中にはもう何もなく、食べ終わった後の包み紙を舐めている所だったのでした・・・おなかの薬を与えて一晩様子を見ていましたが、やはり翌朝、おなかの調子が悪くなってしまいました(T_T)。

わんことチョコの関係についてネットを検索しましたら、チョコレートで危険な症状が出るのは、小型犬なら板チョコ1枚全部食べちゃったくらいだとか、少量でもずっと与えて蓄積されなければ大丈夫とか、一度一口食べたくらいでは健康に悪影響は無い、等とありました。20080515_p1080616
拾い食いしたチョコ以外にも、その日は忙しくてあまりおうじの相手が出来なかった妹すまっぺが、いつもより多めにおやつをあげたそうなので、単なる食べすぎだったのかもしれません。

おかげさまで、おうじは一昼夜を経て、大過なく復活(*^_^*)、うさみはチョコの置き場所にはくれぐれも気をつけようと誓ったのでした。
→ おうじ、夜のお散歩中。白いのでよく目立ちます。

続きを読む "チョコは大敵"

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2008年5月16日 (金)

ジーンズOKな金曜日

会社を変わって最初の金曜日に、「毎週金曜日はカジュアルデーで、ジーンズもOKなんです。うさみさんも来週からジーンズで来ていいんですよ~。」と言われました。

カジュアルデーでもジーンズ(デニム)はビジネスに向かないからダメ、という会社が多いのに、珍しいことです。
今日の金曜日も、ジーパンやジージャンで出社している方が目立ちました。

でも、残念ながらうさみにはあまり関係ないのです(^^ゞ。

「あ~、すいません、私ジーンズはかないんですよ、持ってませんし。」と答えたら、相当驚かれました。
ジーンズをはかないおばさんってそんなに珍しいでしょうか(^_^;)?

パンツスタイルよりスカートが好み、というような記事を以前書きました。

パーソナルカラーのプレゼンテーション発表時に、先生に強くパンツを勧められてパンツスーツを買いましたが、実はその後全然着ていません・・・。
パンツスーツの方が人前に立つ時にインパクトがある、というお勧めの理由でしたが、いかにも気合を入れた格好って疲れますし、自分らしくない気がして落ち着きません。
もうリサイクルショップで売ってしまおうかと思っているところです(*_*;。

そしてジーンズはパンツの中でも、カッコよく着こなすのが難しい、とうさみは思います。
もともとは丈夫で汚れず作業をするために作られた服を、ファッショナブルにスマートに着込なすのはそれなりのスタイルでないといけないのでは・・・?
ジーンズが似合う有名人だと、SMAPメンバーでも最もスリムな草なぎくんとか、昔「ジーパン刑事」のあだ名で刑事ドラマに出ていた松田優作さんとか、すらりと痩せた方しか思いつきません(^_^;)。
ベストジーニスト賞の歴代受賞者を見ても、ふくよかな方はほとんどいらっしゃいませんね。

うさみも20代中ばくらいまでは人並みにジーンズを持っていましたが、だんだん下半身に肉がついて来て、体型がもろに響くデニムが恥ずかしくなると同時に、おなかやおしりを締め付ける服が辛くなり、両方の理由でジーンズは着なくなりました。
ヒップハングが流行してからは、さらに縁がなくなっています(^^ゞ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年5月15日 (木)

かた麺・柔らか麺

数日前から、なぜかはわかりませんが、「焼きそばが食べたい!」という切実な(?)願いがうさみの食欲脳のどこかに滞留していました(^^ゞ。

一昨日は、ここなら焼きそばがメニューにあるだろうと大手チェーンのラーメン屋さんに入りましたが、つけめんはあっても焼きそばはありませんでした(>_<)。
うーん、焼きそばは麺類だけれどラーメンとは微妙にジャンルが違いましたか。

今日は前に入ったことがあって、ここなら必ず焼きそばがあると20080515_p1080611わかっている中華料理チェーン店に行きました。

念願の五目焼きそばで~す(#^.^#)。
堪能して参りました。これで焼きそばが頭から離れてくれるしょう(^_^;)。

ところで、焼きそばは「かためん」と「やわらかめん」とどちらがお好きですか?

ここのお店でも、焼きそばを注文すると「麺はかたいのと柔らかいの、どちらにしますか?」と聞かれます。

うさみはたいてかた麺を選びます(^◇^)。
揚げてかたくなった麺が、上にかけたあんでふにゃっとなり、でも芯はまだちょっと硬いね、というところが好きなのです~。

昔は焼きそばって家で作る焼きそばか、夜店の屋台やお好み焼き屋さんの焼きそばしか知らず、大人になってもその流れでずっと柔らか麺焼きそばばかり食べていました。

ある時、ランチに行った中華料理店で、この店はかた麺の焼きそばが美味しいよ、とグルメの同僚に勧められてかた麺を食べてみて、すっかりかためんの虜になりました(^O^)。

ソースが麺にべちゃべちゃにからまって、具のキャベツもしんなりした柔らか焼きそばもたまにすご~く食べたくなりますけれど・・・。

うさみは、うどんは柔らかめで表面が溶けかけるほど煮込んだ太麺が好きで(東の人なので真っ茶になるくらい濃いつゆ希望!)、パスタはちょっと固めで太さにはこだわらず、ラーメンは中太で硬さも中くらいがいいです。
日本蕎麦の良さにいまだ開眼していないのは、味覚がお子ちゃまなのでしょうか・・・。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年5月14日 (水)

清き一票(^^♪

うさみもぜひ一票を投じなきゃ、と思っていた投票をようやく済ませました(*^^)v。

20080514_p1080610 それは、東京に新しく出来る「新東京タワー」のネーミング全国投票です。

東京に新しい電波塔が出来るという話は、前から聞いていました。
高層ビルが増えたことによる電波障害、地上アナログ放送が終了してデジタル放送に変わることなどで、今の東京タワーでは用が足せなくなってしまったらしいです。20080509_p1080524

→これはうさみのオフィスから見た東京タワー。網目は窓です、近付くまでこんな網目が窓に入っているって知りませんでした(^_^;)。

今年の夏に建設が始まる用地は、東京下町、押上駅業平橋駅の間あたりです。
(東京以外にお住まいの方には耳慣れない地名でしょうけれど、さだまさしさんの古いファンなら「木根川橋」という歌に押上が出て来ますのでご存知かな~?)
浅草のそばで、隅田川花火大会の夜は、このへんまで花火客が押し寄せます。
うさみにとっては割と地元感覚エリアで(歩いては行けませんが(^^ゞ、以前このあたりで習い事をしていたこともあり、馴染み深い場所です。

駅で「新タワーネーミング全国投票開始」というポスターを見かけるたび、投票しなきゃ、6つの候補(東京EDOタワー東京スカイツリーみらいタワーゆめみやぐらライジングイーストタワーライジングタワー)の中ではうさみは絶対あれがいい、とまで思うのに、家に帰るとすっかり忘れてしまっていました。
今日は忘れないよう、ポスターの写真↑を撮って来ました(^◇^)。

どれに投票したかは内緒です(*^_^*)。
うさみの好みはいつも王道からはずれているので、多分違うものに決まるような気がしますが・・・。

決まった名前に投票した人の中から抽選で賞品が当たるそうですが、地デジ対応テレビに、この地域に本社がある企業(アサヒビール・バンダイ・ライオン)の製品、というのが目的に合ったプレゼントだな~と微笑ましく思いました。

ご興味のある方、投票は今月いっぱい受付だそうですよ~。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年5月13日 (火)

春でも格好は冬

風薫る5月、爽やかで気持ちいい天候が続くはずが、何を間違えたのか季節がまるまるひとつ逆戻りしてしまったこの2・3日です(T_T)。
20080509_p1080528 寒がりの愛犬のためにヒーターをつけなければいけなかった程の、底冷えです(@_@;)。

台風の影響で雨も降っていた今朝は、冬物のコートにウールのマフラー、ロングブーツという完全防備のOLさんを何人も見かけました(^^ゞ。
手袋をしている方までいらっしゃっいました~。

うさみは冷え性ですが、季節を逆戻りした格好をするのを何となく好みません・・・。春なのにもこもこの冬服、秋なのに涼しげな夏服を着るのは、何だか気まぐれな天候に負けているようでちょっと悔しいのです。
今日の場合は、ちょうど冬服をクリーニング&保管のお店に出してしまったところですし、ブーツもお預かりしてもらったため、着たくても着る冬物は無かったんですけどね(^_^;)。

春ものスーツにカーディガンを持ち、首にはスカーフを巻き、タイツにレッグウォーマーで防寒です(^◇^)。

20080513_p1080609 でもどうしても春っぽさを忘れたくなかったので、バッグで春を強調~!
この目にも鮮やかな緑色、春ですよね~。色が気に入って即購入した今年の春夏ものバッグです。
マゼンタピンクとこの緑の2色展開でしたが、どちらも色買い(色が気に入って買う)のお客さんが多いと聞きました(^◇^)。

そして寒い日は、街行くお嬢さんたちの足元がちょっと気になります。
上着はニットやジャケットなどと結構な厚着でも、下半身は7分丈のレギンスにスニーカーやサンダルなので、ふくらはぎから甲までがナマ足(・_・;)。



足首のあたりって一番冷やさない方がいい所だとおばさんは思いますが~、人間頭寒足熱が健康の秘訣なのよ~。
トップスは薄着でいいから、足は何か履けばいいのに~。
・・・昔、嫌がるうさみや従姉妹達に毛糸のパンツを履かせようとしていたおばあちゃんは、こんな心境だったのでしょうね(^_^;)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年5月12日 (月)

新人の季節

毎年連休明けのこの時期、巷に出回るのが「新人」です。
4月に入社した新入社員さんが、数週間の研修を経て現場に出されるのがちょうど今時になるんですね。

今年もあちこちで新人さんと遭遇しました(^_^;)。

本屋さんのレジで・・・
店員さん「カバーをおかけする物はございますか?」
うさみ(お財布からお金を出しつつ)「結構です。」
店員さん「・・・カバーをおかけする物はございますか?」
うさみ(?声が小さくて聞こえなかったのかな。さっきより大きな声で)「結構です。」
店員さん「あの、カバーをおかけする物はございますか?」
うさみ(??手を横に振りつつ)「カバーは要りません。」
店員さん「か、かしこまりました。」20080511_p1080532

・・・ひょっとして「結構です」っていうのがわからなかったのかも、日本人じゃないのかな?と思わず店員さんの顔に視線を向けましたら、「実習中」というバッジが胸元に光っていました(^O^)。
ああ、新人さんだったのか~、納得納得。
自分が発するべきセリフは何とか頭に入っていても、お客さんの返答パターンが想定外になると、そこで動きが止まってしまうらしいです(^_^;)。

他日、持ち帰りのお寿司屋さんでも、お店に出たばかりらしき店員さんがフリーズしてしまいました(^^ゞ。

「ご注文を確認いたします、○○巻き1本、○△巻き1本でよろしいでしょうか?」「○円になります、○円お預かりいたします。」「食べやすい大きさにお切りいたしますか?」「お箸は何本おつけいたしますか?」

・・・というお決まりのセリフを一言一句間違えずに唱えるだけでキャパを超えてしまったらしく、こちらの返事を聞いて対応するどころではなく、困った顔でひたすらうさみを見つめ返すだけになってしまいました(^^ゞ。

あの、もう何でも好きなようでいいから、とりあえずお寿司くれないかな~?

漸く手が空いた先輩店員さんが助けに来てくれて、うさみも助かりました。こちらもどうしてあげていいやらわかりませんでしたので・・・。

続きを読む "新人の季節"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月11日 (日)

雨上がりのバラ園

5月、そろそろ街中にバラの花が目立って来ました。

バラ園にたくさんのバラを見に行きたいなあ、千葉の京成バラ園は素晴らしいけれど遠いし・・・・と「東京のバラ園特集」サイトをチェックしていましたら、うさみ家からごく近いところにバラ園発見!20080511_p1080597
「バラ園」というより、バラがたくさん植えられた公共の公園のようです。住所から地図を表示させますと、何とかうさみ家から自転車で行けそうです。
20080511_p1080569
日曜日の今日、昨日から降り続いた雨がお昼前に上がったので、お散歩がてら出掛けてみました。3月並みの気温ということで風も冷たく、愛犬には同行を拒否されてしまいまし20080511_p1080539 た(T_T)。

壊滅的な方向音痴うさみひとりで無事たどり着けるか心配でしたが、わかりやすい場所で迷わず到着出来ました\(^o^)/。

思っていたより広くて、バラの数も種類も豊富でした(#^.^#)。

かなり開いて今が盛りのものもありましたが、まだ固い蕾の種類もあり、あと1ヶ月近くは楽しめそうでした。20080511_p1080596
花好きさんや素人カメラマンさんが数多く訪れており、住宅地の静かな公園内にシャッター音が響いていました。

続きを読む "雨上がりのバラ園"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年5月10日 (土)

この本を読みました~「音楽遍歴」

日経プレミアシリーズ」という新書シリーズが創刊になるという広告を見て、前首相小泉さんが音楽について書いた「音楽遍歴」を楽しみにしていました。

首相退陣以来、多くの回顧録執筆依頼を固辞して来た小泉さんが、退陣後初めて出版されたのがご自分の音楽遍歴について語った本、というのが音楽好きで有名だった首相らしいですね。

うさみは以前コンサート会場と歌舞伎座で小泉首相を見かけたことがあり、趣味がちょっと似ているのかも、という気はしていましたが(^^ゞ、この本を読んで、やっぱり共通の好きな物があった~と思いました。

ひとつはヴァイオリンが好みなこと♪。

うさみは小泉さんのように自分で弾いた経験(学生時代にオーケストラで弾いていらしたそうです)もないですし、音楽への造詣の深さは及ぶべくもないのですが、ヴァイオリンが好きで、そのきっかけになった曲が”メンコン”(メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲)なのは同じです(#^.^#)。

本に出てきたお勧めのヴァイオリン曲、聴いてみたくなったものがたくさんありました。
特にポーランドのリピンスキ(パガニーニのライヴァルだったそうです)に興味を持ちました。



もうひとつは、忠臣蔵の中で好きな場面が「雪の別れ」とあったこと。

討ち入り前、大石内蔵助が内匠頭夫人に挨拶に行くのですが、スパイに情報が漏れるのを恐れて討ち入りについては口にせずはぐらかして、夫人を怒らせてしまう。
そっと同志の連判状を置いて雪の中ひとり立ち去る内蔵助、彼が去った後で連判状に気付きなじったことを悔やんで涙する夫人・・・じわじわと泣かされる場面です。

初一念を貫徹するためにはいかなる批判にも屈辱にも耐えなければならない。本心を語りたくても語れないつらさに耐えることが男の美学であることを表現した作者の作り話だろう。・・・中略・・・
日常生活ではうそはいけない。しかし劇や映画の中では、観客はうそに一番感動する。


このへん、政治家・元首相の人柄がうかがえますね。

続きを読む "この本を読みました~「音楽遍歴」"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月 9日 (金)

綴り方

今日、うさみはひとつ英語のスペルを学びました、というか勝手に思い違いをしていたスペリングが訂正されました(^_^;)。

それは「フィッシング詐欺」の「フィッシング」。
フィッシングは金融機関などのフリをしたメールやサイトで人をひっかけて偽のサイトに誘導して個人情報等を引き出そうとする詐欺だから、釣りのフィッシング=”fishing”だと何の疑問も持たず思っていました。



それが今日、どう考えてもフィッシング詐欺のことについて書いた文章にあった言葉は”phishing”でした。

ひょわ~っ、フィッシングってこんな綴り方だったんですかい!?

この言葉はうさみの辞書には英和・英英・広辞苑とも載っていませんでしたが(新しい言葉なんですね、目にするようになったのはここ2・3年でしょうか?)、ウィキペディアにはありました~。

何故こういうスペルになったかは諸説あるそうですが、語源は釣りから来ているみたいですね。
(警視庁のフィッシング詐欺にご用心というサイトにも、発音や言葉についての説明がありました。最近は警察もサイバー対策頑張ってるんですね~。)
釣り好きさんが詐欺の名前を同じ綴りで書いてほしくなくて、同音異スペルを考えたのかもね、などと思いました。

フィッシングくらい新しい言葉ですと間違えていてもそう恥ずかしくありませんが、うさみは小学生の頃、「書き方」「漢字書き取り」の勉強を軽んじていまして、正しい書き順で正しい漢字を書くことに全く自信がありません(T_T)。

すごく簡単な漢字なのに何十年も間違えたまま覚えていて、社会人になってから書類に記入した字がヘンだと指摘されて気付いたこともありました(>_<)。
(たとえば、「短」という字のつくりを豆の頭の横棒にハネをつけて「気」の構えのように書いていて、ず~っとそういう字だと思ってました(@_@;)。

最近は手書きで文字を書くことがほとんど無くなり、ますます綴り方が怪しくなって来て、日本人としてのアイデンティティの危機を感じています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年5月 8日 (木)

直帰

不真面目勤め人うさみが半休と同じくらい好きなのが、直帰です(^O^)。

直帰(出先から勤め先に戻らずそのまま帰宅すること@広辞苑)は、営業職の方なら日常茶飯事でしょうが、内勤のうさみは仕事で外出すること自体が珍しいです。
セミナーや会議、書類のお届けなどで、ごくたまに昼間外へ出ると、清々しい開放感を感じて足元も軽くなります♪
お昼時を挟んでいると、いつもと違う場所で食べられるランチも嬉し楽しです。20080508_p1080516

今日は午後から社外セミナー参加のため外出しました。
セミナーの終了予定時刻=終業時刻だったので、そのまま帰ってよいというお許しをいただき、どこに寄って帰ろうかな~等と考えながら、会場へ向かいました。
→ 会場そばのオープンカフェでいただいたランチ(#^.^#)

セミナーの内容も面白く、会場も寒すぎず(マイひざ掛けを持参していましたので、主催者の方に「寒いですか?」と心配されてしまいましたが、冷えたら困るから掛けてるだけなのでどうぞお構いなく~<m(__)m>)、休憩時間にいただいたおやつのクッキーも美味しくて満足でした。
が、進行がスムーズ過ぎたのか、何と予定時刻より30分以上も早く終わってしまいました(@_@;)。

他の参加者さんたちは当然会社に戻られるようでしたが、うさみは、戻りたくな~い、せっかく定時で帰れるチャンスなのに・・・そのために今日は朝早く出社したし午前中も巻きを入れて仕事したのに(>_<)・・・とぶつぶつ考えました。

そして結論は・・・

続きを読む "直帰"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月 7日 (水)

パーマ

長いお休み明けは、気分一新・心機一転(^O^)、ヘアスタイルが変わってご出勤という方が多いですね(*^_^*)。

短髪の男性ですとエキナカの10分バーバーで、お昼休みや外出のついでにサッと散髪終了というケースもありですが、パーマをかけたり白髪染めしたり、ということになるとそれなりにお時間がかか20080506_p1080503 ります。ゆっくりした気分でやってもらえるお休みの日にさあ行こう、となりますよね。

今日のうさみの職場では、ストレートパーマが話題でした(^◇^)。

GW中、ストレートパーマをかけるのに美容院で6時間もかかり、カラリングは同じ日に出来ないのでまた週末に行かないと~(@_@;)、と嘆いていた女性に、それよりは縮毛矯正した方が安いし持ちがいい、いや最近のデジタルパーマはね、という話題で盛り上がっておりました。

この話題、うさみはちょっと蚊帳の外です(^_^;)。

もともとうさみはわかめちゃんばりの直毛で、少女漫画に出て来るくるくるの巻き毛がずっと憧れでした。
パーマが解禁の年齢になるなり(最近は小学校にあがらないような小さい子でもパーマをかけているんですよね~、あまり小さいうちからパーマ液に浸されて髪は痛まないのかしら?)、意気込んで美容院に走りましたが、癖の無い直毛は、パーマもかかりにくかったようで、想像していたようなくりくりウエーブにはなりませんでした(T_T)。
強めの寝癖?という程度で、しかもお金返して~と思うくらい、すぐとれてしまいました(>_<)。

それでもしつこくパーマをかけ続けて来ましたが、やっぱり強くはかかりませんね~。
小池さん(@おばけのQ太郎)や、みかん家のママ(@あたしンち)のような頭にはどうやってもなれないみたいです(^^ゞ。

直毛の人は毛穴が丸くて毛根が真っ直ぐなので、生えて来る毛が真っ直ぐなのだそうです。毛根や毛穴の形は変えられませんよね、どうやってもクセっ毛にはなれないんですね~(-_-;)。

ストレートパーマ、美容院でひとさまがやっていらっしゃるのを見ていますと、器具が重くて大変そうです・・・。
以前苦労してストパーをかけていたお友達に、「天パの方が真っ直ぐより可愛いよ~。無理してストレートにしなくてもいいんじゃな~い?」と気軽に言ったら、「どうしてもまっすぐにしたいんじゃなくて、ストパーかけないと朝爆発してまとまらないの!」と怒られました(@_@;)。

うさみの直毛は、朝起きて梳かさなくてもほとんど平気なので、朝セットの苦労がわからなくてすみません・・・。
まっすぐな物を曲げるより、曲がった物をまっすぐにする方が大変なんですね・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月 6日 (火)

東山魁夷展

連休最後、快晴の昼下がり、東京国立近代美術館で開かれている「生誕100年 東山魁夷展」を見て来ました。
20080506_p1080496
うさみはそれほど東山魁夷のファンではなかったのですが、先日の「新日曜美術館」というテレビ番組でこの展覧会の特集を見て、ぜひナマで見てみたいと思ったのでした。
青は心の奥に秘められて達することのできない願望の色」という魁夷の言葉は、前にどこかで読んで印象に残っていました。番組では「青」をキーワードに魁夷の人生をたどっており、彼の描いた青い絵の数々と共に、アトリエに残された500種以上の青い岩絵の具は壮観でした。

東京会場の会期があと10日ほどなので混雑は予想してはいましたが、切符を買うのも入場も10分ほどの行列、中は人の多さで息苦しくなるほどの混みようでした(^_^;)。客層も老若男女と幅広く、東山魁夷の人気のほどがうかがえました。

展示作品は大作が多く、人の頭ごしにでも見る事が出来て助かりました(#^.^#)。20080506_p1080512

魁夷=青、森と水、白い馬、というのがうさみの少ない知識にある情報でしたが、青が使われない作品もあれば、街並みや人物が題材になることもあったのですね。

展覧会のパンフレットになっている「」は、画面の真ん中、草むらを分けるようにして太い道が通っている絵です。消失点で道も途切れているのだと思っていましたが、本物を見たら、途切れたように見える部分からも道は横に曲がってなだらかに下りながらつながっていて、空に近い部分に少しだけ姿をのぞかせていました。
20080506_p1080511
道と人の一生を重ねてしまうのは、人生折り返し点を過ぎた人間の感傷なのでしょうか。まっすぐな道、終わりが見えずに続いている道・・・単純な構図ゆえに人の心に深く問い掛けて来ます。

続きを読む "東山魁夷展"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年5月 5日 (月)

曇天の皐月

GWも残りわずかになりました。

うさみは何の気なく、明日6日もお休みなのを受け入れていましたが、どこかのサイトで、2007年から祝日法が改正された事を知っている人の割合は年齢が上がるほど高い、というのを読み、初めて明日が休日な理由を知りました(^_^;)。20080429_p1080416

5月3日は憲法記念日、4日はみどりの日、今日5日はこどもの日・・・6日は何の日でもないですし、火曜日なので今までなら振替休日にはならないはずですね。いや~、全く気付かず、ただカレンダーの赤文字だけ見て4連休~♪と思ってました。

「国民の祝日」が日曜日に当たるときは、その日後においてその日に最も近い「国民の祝日」でない日を休日とする

という条文が出来た為、4日が日曜日にあたった今年は、4日の後で祝日でない日の6日が振替でお休みになったんですね。
ああ、知らなかった~、恥ずかしい~(@_@;)、会社で言わなくてよかったです~(^^ゞ。

こどもの日の今日は、あいにくの曇り空、夕方からは天気予報通り雨が降り出してしまいました。

うさみは家でちまちまと洋服の衣替えなどしておりました。

存在すら忘れていた夏服が何着か、箪笥の奥から出て来ました(・_・;)。
ヘビーローテーションで布がへたっても何故か手にしてしまう服と、せっかく買ってもほとんど着ない服に分かれてしまうのは、うさみの買物が無計画コーディネート下手ということなんでしょうか。
似合わない色の服は着ても違和感があってあまり着ない、という理由も昔はあったのですが、最近は合わない色の物は最初から買っていないはずなんですけど・・・(-_-;)。

ちょっとお散歩兼買物に出ましたら、5月の花が曇り空に負けずに咲いていました(*^_^*)。
20080505_p1080483
ピンクが可愛い谷空木(タニウツギ)、スイカズラの仲間なんですよね、すこぉし芳香を感じました。
田植えの時期に咲くから、田植え花とも呼ばれるそうです。

昼咲月見草も、もう咲いていました(*^^)v。
何となく儚げなのは、昼時に咲いても、月見草だからでしょうか。名前も風に揺れる姿も可憐で好きです。20080505_p1080488

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年5月 4日 (日)

英国現代ジュエリー展

銀座のミキモトホールで開かれていた、「英国現代ジュエリー展」を見て来ました。

イギリスから連想されるジュエリーと言うと、ロンドン塔にあるクラウンジュエリー!
世界一のダイヤ「アフリカの星」を含め、カッティングの妙なのか大きさ故か、光の放ち方が違う~と驚いたのが忘れられません。



そして、ヴィクトリア&アルバート博物館のジュエリールーム、いくらいても飽きない垂涎のコレクションです(#^.^#)。



そういう伝統のあるお国柄ですから、今でもジュエリーアーティストの活動が盛ん、と聞いて納得ですが、「現代」「コンテンポラリー」ジュエリーとなるとどんなものだかさっぱりで、興味津々で行って参りました。

ホール内部は写真撮影禁止で、パンフレットの類は準備されておらず、今日のうさみは筆記用具を忘れてしまったため、すべてがうろ覚え情報なことをお詫びしておきます・・・<m(__)m>。20080504_p1080466_2

金属や石のようなものを材料にした、無機質で一見シンプルなデザインが多いようでしたが、付けられたタイトルを見ると、裏に深い思い入れや見立てがあるのだなと思いました。ただ造形として美しいだけではなく、アーティストの感情や意見が封じ込めてあるのが”コンテンポラリー”としての存在意義なのかもしれません。

ギャラリーで見るだけのアートならばそういうジュエリーもいいのですが、もし自分が身に着けるなら、という観点で選ぶと、パッと見て意味のわかる物になってしまいます(^_^;)。

繊細な金属で作られた桜の花と蕾・枝とピンクのゴムのようなものをつないだネックレスがそういう意味ではうさみ好みでした。
「永遠の桜の地に」、というようなタイトルがついていたかと思いますが・・・

「日本らしいものを集めて」というようなタイトルだった、ブローチには笑えました(^◇^)。
NOVAのピンクうさぎと、木の物差しを絵馬の形に切ったものが台にのっている小さなブローチ。最近海外で流行っているという”クール・ジャパン”というのは、こんなポップなイメージなんでしょうね。

ミキモトの入口、年末にいつも大きなチャリティのクリスマスツリーが飾られている場所には、母の日向けのカーネーションオブジェが設置され、道行く人がみな携帯カメラを向けていました(*^_^*)。20080504_p1080464
リボンの真ん中にミキモトのMがついていて、企業イメージアップに貢献していますね。

このカーネーションのお花は造花のようでしたが、最近カーネーションもいろんな色のものが作られて、白い花にインクを吸わせて色を着けていたのは遠い昔の話になりましたね~。
母の日プレゼント用、として街のお花屋さんで売られているカーネーションも、黄色やピンク、オレンジ、紫、茶色、緑など多彩です。

皆様は母の日のプレゼント、もうご用意なさいましたか?
うさみは風船に入ったお花のアレンジメント、バルーンフラワーを手配してみました(^◇^)。風船の中でも1週間くらいお花が持つそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月 3日 (土)

亀戸の藤

亀戸天神に藤を見に行って来ました(#^.^#)。

20080503_p1080445 東京はお昼過ぎまで雨模様でしたので、連休中にしては人出は少ないのでは、と期待していましたが、神社前には大型観光バスが何台も停まっていました。バスツアーにはお天気は関係なかったですね(^_^;)。

亀戸天神の藤まつりは6日まで、お目当ての藤は終わりが近い感じでした。
20080503_p1080433 白藤はほとんど散ってしまっていましたが、紫のはまだ何とか頑張っていて、甘い香りを漂わせていました。

人が多いのはお互い様で構わないのですが、境内中に露店が店を出して空きスペースを使い切っていたのと、本殿前でやっていたイベントの歌声(演歌20080503_p1080456歌手のプロモーションっぽかったです(^_^;)がギンギンに響きまくっていたのには、参りました(T_T)。
もっと爽やかに清々しくお花見したかったです・・・。

去年、牛島の藤を見に行ったのが、偶然ですが同じ5月3日でした。自分では全く日付など覚えていませんが、ブログの過去記事によると、そうらしいです(^◇^)。
牛島の藤花園は入場するのにお金がかかるので、花見客目20080503_p1080454 当ての露店は全て敷地外で、園内に人は多くてもわさわさした感じはありませんでした。

亀戸天神は神社ですので、誰でも入れますし、お祭りなら境内に露店は付き物ですから、しょうがないのでしょうね・・・。
でもせめて歌声はもう少し音量を下げて欲しかったです~(@_@;)、演歌とフジはうさみ的には合わないと思いました・・・。
20080503_p1080449
「かめいど」の名の通り、境内の池にはカメがいっぱい。(亀戸の由来は、亀の形に似た島だったからで、亀が住んでいたからではないらしいですが・・・(^^ゞ。
カメは万年、と言いますから、ずいぶんお年寄りなんでしょうね、このカメたちは?フジとどっちが長生きでしょう(*^_^*)?

下町情緒あふれる亀戸の商店街には、鯉のぼりがずら~っと並んでいました。
20080503_p1080458 さおに縦に並べて泳がせるのではなく、お腹にワイヤーを通して横に飾るのは、面白いですね。
風が強くても何かに巻きついたりしなくていいと思いました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月 2日 (金)

なごむ写真本~ピンクとしゃべる犬

最近買った写真本で、かなり心をなごまされています(#^.^#)。
カテゴリー的には「写真集」なのだと思いますが、「写真集」って大判で高価、という感がうさみにはありますので、小さめで文章も入っているこれらは写真本、と呼んでみました(^O^)。

1冊目は「ピンクの秘密」。


ピンクの秘密

色彩の分野で著名な野村順一先生の多数の著書から、ピンク色について書かれた文章を抜き出したものに、さまざまなピンク色のものを撮った写真を合わせた本です(^◇^)。

1冊まるごとピンクです(*^^)v、ベビーピンク、桜色、シクラメンピンク、つつじ色、サーモンピンク、コーラルピンク、灰桜、牡丹色、オーキッド、ピンクのオンパレード!
ピンク好きさんでなくても、和みたい時、優しい気持ちになりたい時にはぴったり。

扱われている写真は、お花の写真(桜・コスモス・芝桜・アカツメクサ・ロータス・アジサイ・チューリップ・菊・蘭・薔薇・トルコキキョウ)が多いですが、食べ物(キャンディー・お饅頭・こんぺいとう・ケーキ・スモークサーモン)や、貝殻、空、ガラス、赤ちゃんも出て来ます。
うさみが一番好きなのは、草むら一面に散った桜の花びらのピンクと、にゃんこの肉球のピンクです(#^.^#)。

続きを読む "なごむ写真本~ピンクとしゃべる犬"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年5月 1日 (木)

おうじの鬼門

うさみ家の愛犬おうじには、わんこなりに、好きな場所苦手な場所があるらしいです(^O^)。

好きなのは、若いお姉さんやお兄さんから「可愛い~♪」と声をかけてもらえるおしゃれな街角、昇り降りするのが大好きな階段、一番仲のいいわんこのお家に行く駅、自分の姿が写るショーウィンドー(ナルシスト犬(^_^;)、まわりの人が美味しいものを食べているカフェやレストランなどです。

苦手なのは、側溝にかぶった網状の蓋(うまく説明出来ませんが、道路にある排水溝のフタがマンホールのように閉じたものではなくて、網網で下に吸殻やごみが落ちるところ、街中によくありますよね?)・・・足が網目の間にはまりそうで怖いのでしょう、飛び越えるか、避けて通ろうとします。

そういう好悪の理由がわかりやすい場所もあれば、何故ここをいつも通りたがらないのか、お散歩でここまで来ると止まってしまうのかわからない所もあります(^_^;)。
他のわんこの匂いでもするのか、過去に何か嫌なことでもあったのか、人間にはわかりようもありませんが、何らかの基準があるようです。

そしておうじの鬼門ナンバーワンが、獣医さんに向かう道(T_T)!

運の悪いことに、おうじのお世話になっている獣医さんは、いつもお散歩やお買い物に行くのとは違う方向にあり、そちらに向かう=獣医さんに連れて行かれる、と察知してどよ~んと暗くなってしまいます。080501_11380001
飼い主孝行(●^o^●)のおうじは怪我や病気と縁無く過ごして来たので、獣医さんでさして痛い治療はされたことがないはずなのですが、優しい獣医さんでも会いたくないようです。

今日は、1年に1回のおうじのビッグデー、ワクチン注射の日でした。
お医者さん担当の妹すまっぺに、ドナドナの気分で連れて行かれました(@_@;)。
→待合室でビクビクのおうじ(^_^;)

人間だって注射は楽しくないですものね~、ちびっこいわんこは怖いのも当然、でも脱走したりお医者さんを噛んだりしないのは偉いといつも褒めて頂きます。

今日はご褒美をもらって安静に休んでいるおうじでした(*^。^*)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »