« 迷子帰宅する | トップページ | 5月も終わり »

2008年5月23日 (金)

千の風になって

先月発売の秋川雅史さんのアルバムCD「千の風になって ~一期一会~」を買いました♪

シングル「千の風になって」は流行りましたね、いえまだ売れ続けていますね。
近頃では珍しい、”街中のあちこちで耳にして誰もが知っている歌”でしょう(#^.^#)。

最初にこの曲のCDを出したのは、英語の歌”Do not stand at my grave and weep.”から詩を訳した新井満さんだそうで、他にも歌っている方は何人もいらっしゃるようですが、一番有名なのは紅白でも歌った秋川さんですね。

「千の風になって」のマキシシングルは、ある時バーっと爆発的に売れて尻つぼみになるのではなく、じわじわと長期間に渡って売り上げを伸ばしているのが珍しいと何かで読みました。
それは購買層の年齢が高く、ネット情報でぱっと飛びついたりせず、口コミで知ったり、どこかで聞いて好きになったり、という人が多いからだろうということでした。

詩の内容が、親しい人を亡くした経験を持つ人の心にほど響くのでは、と想像します。うさみも聴けば聴くほど泣ける歌詞です・・・(;O;)。

アルバムは、日本の名曲というコンセプトだそうで、昭和から平成の流行歌カヴァー、という感じですね(#^.^#)。
昭和生まれには耳慣れたヒット曲で、じっくりと詩を聴かせる歌が選ばれていると思いました。お風呂で詠唱したいような歌、とでも言いましょうか(^O^)。

収録曲は、
  「五月のバラ」
  「見上げてごらん夜の星を」
  「地上の星」
  「ワインレッドの心」
  「旅立ちの日に」
  「ふるさとの山に向ひて」
  「見幌峠」
  「長崎の鐘」
  「川の流れのように」
  「イヨマンテの夜」
  「鼓動」
  「昴」
  「千の風になって(2006年NHK紅白歌合戦バージョン)」

このサイトでちょっとだけ視聴出来ます。

1曲目の「五月のバラ」、春発売だから、季節がちょうどのこの曲を最初に持って来たのでしょうか。紅いバラは思い出のバラ♪、いかにも昭和っぽいロマンな歌詞ですねえ。

ヒットした曲のカヴァー集ということで、どれもオリジナル歌手の歌が頭に浮かびますが、同じ歌でもアレンジを変えて違う人が歌うと全く違って聴こえるものですね。

特に「地上の星」、オリジナルの中島みゆきさんの歌は、前奏からして「プロジェクトX」が思い起こされ、底深い人間のエネルギーを感じます。大好きな曲です(*^^)v。
秋川さんの「地上の星」は、古澤巌さんのヴァイオリンにのって、哀切感にあふれていました。

昭和を締めくくる美空ひばりさんの名曲、「川の流れのように」も大好きです(*^_^*)。

出来れば、パンフレットに歌詞だけではなくて、オリジナル曲の発表時期と歌手についての説明とか解説を入れて欲しかったな~。
うさみよりお若い方は絶対「イヨマンテの夜」なんてご存知ないですもの。
いや、うさみだってナマで聞いたわけじゃないですよ(^^ゞ、うさみよりちょっと上の世代の方がよくカラオケで歌われたので耳慣れているのです~(^_^;)。

|

« 迷子帰宅する | トップページ | 5月も終わり »

コメント

「地上の星」若者よりオヤジ世代にはやったようですね。ある時期カラオケで必ず(?)オヤジの歌うナンバーの一つでした。
NHK恐るべし?ですね
しかし、会社内に闇研は存在してないです。仕事しているのは開発部署なんですけど。(笑)

投稿: アラベスク | 2008年5月24日 (土) 09時46分

>アラベスクさん
やはり「地上の星」=「プロジェクトX」ですから、モーレツ社員世代には歌っていると浸っちゃうのでしょう(^_^;)。どの仕事も、真剣に取り組む人は偉大です~。

投稿: うさみ | 2008年5月25日 (日) 11時38分

「熊祭の夜」は秋川さんの良さがいちばん発揮される歌だと思います。私も先日カラオケで歌ってみましたが、とても難しいですよね。

投稿: trefoglinefan | 2008年5月26日 (月) 19時35分

>trefoglinefanさん
コメントありがとうございます。
そうですね、聞いている分にはいいですが、歌うと難しそうな歌ですね。

投稿: うさみ | 2008年5月26日 (月) 21時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135432/41297552

この記事へのトラックバック一覧です: 千の風になって:

« 迷子帰宅する | トップページ | 5月も終わり »