« なごむ写真本~ピンクとしゃべる犬 | トップページ | 英国現代ジュエリー展 »

2008年5月 3日 (土)

亀戸の藤

亀戸天神に藤を見に行って来ました(#^.^#)。

20080503_p1080445 東京はお昼過ぎまで雨模様でしたので、連休中にしては人出は少ないのでは、と期待していましたが、神社前には大型観光バスが何台も停まっていました。バスツアーにはお天気は関係なかったですね(^_^;)。

亀戸天神の藤まつりは6日まで、お目当ての藤は終わりが近い感じでした。
20080503_p1080433 白藤はほとんど散ってしまっていましたが、紫のはまだ何とか頑張っていて、甘い香りを漂わせていました。

人が多いのはお互い様で構わないのですが、境内中に露店が店を出して空きスペースを使い切っていたのと、本殿前でやっていたイベントの歌声(演歌20080503_p1080456歌手のプロモーションっぽかったです(^_^;)がギンギンに響きまくっていたのには、参りました(T_T)。
もっと爽やかに清々しくお花見したかったです・・・。

去年、牛島の藤を見に行ったのが、偶然ですが同じ5月3日でした。自分では全く日付など覚えていませんが、ブログの過去記事によると、そうらしいです(^◇^)。
牛島の藤花園は入場するのにお金がかかるので、花見客目20080503_p1080454 当ての露店は全て敷地外で、園内に人は多くてもわさわさした感じはありませんでした。

亀戸天神は神社ですので、誰でも入れますし、お祭りなら境内に露店は付き物ですから、しょうがないのでしょうね・・・。
でもせめて歌声はもう少し音量を下げて欲しかったです~(@_@;)、演歌とフジはうさみ的には合わないと思いました・・・。
20080503_p1080449
「かめいど」の名の通り、境内の池にはカメがいっぱい。(亀戸の由来は、亀の形に似た島だったからで、亀が住んでいたからではないらしいですが・・・(^^ゞ。
カメは万年、と言いますから、ずいぶんお年寄りなんでしょうね、このカメたちは?フジとどっちが長生きでしょう(*^_^*)?

下町情緒あふれる亀戸の商店街には、鯉のぼりがずら~っと並んでいました。
20080503_p1080458 さおに縦に並べて泳がせるのではなく、お腹にワイヤーを通して横に飾るのは、面白いですね。
風が強くても何かに巻きついたりしなくていいと思いました。

|

« なごむ写真本~ピンクとしゃべる犬 | トップページ | 英国現代ジュエリー展 »

コメント

うちも毎年亀戸天神の藤を見に行ってますが、きれいな満開状態にあたった事がありません。うさみはラッキーなほうかも。

投稿: tama | 2008年5月 5日 (月) 00時17分

>tamaちゃん
私は亀戸天神のフジは2度目なのですが、前回も散りかけでした(T_T)お花は人間の都合で咲いてくれませんものね~、なかなかいい状態で見られなくてもしょうがないか~。

投稿: うさみ | 2008年5月 5日 (月) 20時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135432/41079938

この記事へのトラックバック一覧です: 亀戸の藤:

« なごむ写真本~ピンクとしゃべる犬 | トップページ | 英国現代ジュエリー展 »