« 6月の紫陽花 | トップページ | ジョー派vsアン派 »

2008年6月 7日 (土)

「薔薇空間」

20080607_p1080874 Bunkamuraザ・ミュージアムで開かれている展覧会、「薔薇空間 宮廷画家ルドゥーテとバラに魅せられた人々」を見て来ました。

予告ポスターを見た時から、楽しみにしていた展覧会でした(^O^)。

バラ好きとボタニカルアートファンには、ナポレオン皇帝妃ジョセフィーヌに仕え、マルメゾン庭園に集めたバラを描いた「バラ図譜」Les Rosesの作者、ピエール=ジョゼフ・ルドゥーテの名前はお馴染みかと思います。20080607_p1080873_2
名前を聞かれた覚えがない方でも、花びらの一枚一枚、棘や綿毛の一本一本まで精密に美しく描かれた彼のバラの絵はご覧になったことがあるかもしれません。

今回の展覧会は、ルドゥーテの生誕250周年を記念して、「バラ図譜」に載せられた全ての銅版画を、本からばらして額装し、バラの園芸的分類に沿って展示されています。
本の状態で展示されているのは見たことがありますが、1枚1枚全部見られてハッピーです(*^^)v



古代種・・・ギリシア・ローマの時代から
ケンティフォリア系及びモス系・・・16世紀頃出現
チャイナ系・・・18世紀中~19世紀初に中国からヨーロッパに紹介された四季咲き種
オールドローズの基本種・・・古代種やチャイナ系の交配種
ワイルドローズとその派生類・・・北半球に分布する野生種

20080607_p1080872オールドローズ」が一番古い種類ではない、というのが面白いですね。今一番よく見かける「モダンローズ」が作られる(19世紀後半)前の種だから「オールド」なのですが、ルドゥーテが生きていた時代はモダンローズよりも前、オールドローズたちの交配親となる品種が生まれてた時期だったということです。

会場のところどころで、その種類に特徴的な香りが置かれています。
ダマスク・クラシックの香り、スパイシーな香り、ティーの香り、など。香りと一緒だと、より花が現実的に感じられますね。

ルドゥーテのバラの絵は、何枚か大人のぬりえのお手本として使わせてもらいました(^^ゞ。

自分で塗っている時は思いませんでしたが、こうして全作品を一度に眺めてみると、花や蕾、葉の形・付き方は多様にあれど、今うさみが目にするバラたちに比べると花色がかなり限られているのに気付きました。
ほとんどがワインレッドピンク黄色がほんの数点。ピンクでもサーモンピンク系、オレンジ系、青みがかった色はありません。20080607_p1080865
そういうバラはルドゥーテ後に生まれた花なんだなあ~、同じバラと言っても、18世紀の人々が見ていたバラと、21世紀に見られるバラは違うんだな、と新鮮な気がしました。

18世紀にあったバラで今はもう絶えて見られなくなってしまったバラもあるでしょうが、それ以上に新しく作られて今人々を楽しませてくれているバラの数の方が多いでしょう。うさみの生きているうちには、真っ青なバラも見られるかもしれませんし、ブリーダーさんたちのご苦労と科学に感謝、ですね(#^.^#)。

ルドゥーテ以外に、イギリス人アルフレッド・パーソンズのリトグラフや、二口善雄の水彩画、齋門富士男の写真で表現されたバラたちも展示されています。

バラアイテムを身に着けて行くと入場料が100円引きになる、ということでバラ模様のお洋服をお召しの女性がたくさんいらっしゃいました(^O^)。ハンカチや20080607_p1080871アクセサリーなどでもいいそうです。
うさみはルドゥーテと比べて遜色の無いバラ柄、と考えたら手持ちの服ではダメな気がしてバラ無しで出掛けてしまいました(^_^;)。

会場外のテラスには、今を盛りの本物のバラたちが「薔薇空間」を作り出していました。
絵と本物、どちらが美しいかな~(*^_^*)。20080607_p1080867
20080607_p1080848 

|

« 6月の紫陽花 | トップページ | ジョー派vsアン派 »

コメント

私もこれ見たかったんだよね~。
来週 平日に行ってみようかな。

投稿: tama | 2008年6月 8日 (日) 00時03分

>tamaちゃん
ぜひバラアイテムと共にお出かけ下さい。おばちゃんパワーに圧倒されないようにして下さいね~。

投稿: うさみ | 2008年6月 8日 (日) 21時15分

ルドゥーテいいなぁ〜!!
すごく行きたかったんです。でもこちらではやらない…。
けれどもルドゥーテ・コーナーはデパートや本屋さんにあったりして、わくわくと本をめくったり、小物を買ったりしました。
バラアイテムを身に着けて行くと割引?!
私、たくさん持っているのに〜、残念(笑)

投稿: ジュエル | 2008年6月 8日 (日) 21時56分

 薔薇なしでいったという うさみさん いいですねえ。好きです。
 ばら いくつあってもいい花です。
 お花屋さんに 行きたくなりました。
 

投稿: 小紋小紋 | 2008年6月 9日 (月) 15時41分

>ジュエルさん
ルドゥーテの版画即売とかはたまにありますよね。「バラ図譜」もたかーい本しかありませんでしたが、展覧会に合わせて割とお手頃価格で売り出されましたね。
バラアイテムおひとりにつき100円までの割引だと思いますが、アイテムの数だけひくんだったら面白いですね~。

>小紋さん
ほーんと、バラは花びらが多いのも少ないのも、何色のも美しくて愛おしいものですね~。

投稿: うさみ | 2008年6月 9日 (月) 22時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135432/41457676

この記事へのトラックバック一覧です: 「薔薇空間」:

« 6月の紫陽花 | トップページ | ジョー派vsアン派 »