« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月31日 (木)

ATMと携帯

たまには通帳記帳しておこうか、とお昼休みに銀行に立ち寄りました。

←うさみ愛用通帳カバー(^O^)

ATMコーナーに30人くらいの列が出来ています(@_@;)。
あら~、お給料日でもないのに何でこんなに混んでるの・・・?そうか、今日は月末でした、今日までのお支払いが皆さんいろいろおありなのですね。
せっかく来たので並びましょう、機械は10台以上あるのでさほど待たずにすむと思われますし。

列に並んでいる間、ぼーっと人の流れを見ていますと、メールなのかインターネットなのか、携帯電話をピコピコいじっている人が多いです。

振り込め詐欺防止のため、銀行のATMコーナーを携帯圏外にするという案が出ていましたが、設備を入れるのにお金がかかるのですぐには変わらないようです。

携帯電話は振込先を伝えるだけかと思いきや、いろいろと相手を遠隔操作するそうですね・・・ご本人は還付金をもらう(入金)のつもりをこのボタンを押せと指示して送金させた20080731_p1090285 り、振込票に振込先の名前や口座が印字されないようにさせたり・・・。
後で詐欺だと気付いても、振り込んだ先の情報は残っていないし、携帯も非通知で掛けてきて番号がわからないし、あわわ、になってしまうのだとか(;O;)。

振り込め詐欺に引っかからないためは、「自分は絶対大丈夫。」という思い込みを持たないことが大切だそうです。日々新しい手口が出て来る振り込め詐欺、悪者の方が一枚も二枚も上手、と思って気を引き締めていないといけませんね。
でも、うさみの場合、詐欺に引っかかっても手元に動かせるお金が無くて振り込めないかと思います・・・(^^ゞ。何百万も振り込めと言われても、すぐに動かせるお金なんか、ありゃりゃりゃ・・・(^_^;)。

ATMコーナーで携帯が使えなくなってもうさみは全く困りませんが、困る方も結構いらっしゃるらしいです。

何故なら、振込先(詐欺ではなく普通のお振込み)の口座番号や金額、稀には自分の口座の暗証番号を携帯にメモしてあるから(^O^)。

なるほろ~、うさみは携帯のメモ機能は書くものが無い時その場しのぎにしか使っていませんが、最近の方々は携帯だけで何でもすますことが出来るんですね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年7月30日 (水)

ヘッドスパ

先日、台湾式シャンプーをしてもらった話を書きましたが、仕事帰りにシャンプーして帰るのがかなり気に入り、定期的に通ってしまいそうです(^O^)。

髪を人に洗ってもらうのが気持ちいいですし、夏はお風呂上りにドライヤーをかけているとまた暑くなってしまうのが不快、適度に涼しいお店で洗って乾かしてもらえるのが嬉しいです。20080731_p1090286

先週は台湾式シャンプーをまたやってもらい、今日は、ヘッドスパを試してみました(*^。^*)。

ヘッドスパって最近あちこちで見かけるようになりましたね、Head Spaは日本で作られた造語だそうです。髪と頭皮をケアする美容院的イメージに、「スパ」が加わると、リラ~ックスなイメージが付きますよね。頭とお顔はつながっているので、頭のデトックスはお顔にもいい影響があるらしいです(#^.^#)。

うさみがやってもらったのは、シャンプー・リンスして乾かした後、トニックをつけて頭全体をマッサージ、頭がほぐれたら肩と背中もマッサージというコースでした。

頭のマッサージが疲れた目と肩に効きました~\(^o^)/!
頭のあちこちを押す、頭皮と筋肉を持ち上げる、ほぐす、たたく・・・終わった後は頭が柔らかく軽やかになったようでした。
頭にもツボがたくさんあるんですよね、押される場所によって、もう止めて~と叫びたくなるほど痛い所もあれば、イタ気持ちいい~、もっとやって~、な所もありました。

マッサージ好きうさみは、どこを押すと気持ちいいかある程度わかっているつもりで、自らマッサージするのも結構うまいと思っているのですが、自分で自分にマッサージするのはあまり気持ちが良くないんですよね、力を上からかけられないですし(@_@;)。

この前オーガニック化粧品売り場でハンドマッサージの簡単なセミナーを受け、ひじから指先までのとても気持ちいいマッサージ法を会得(!?)したのですが、これも自分には試せません。
妹すまっぺの肩こりはたまにほぐしてあげていますが、自分で自分がほぐせれば一番簡単でお得なのに~(^_^;)。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2008年7月29日 (火)

ポケモンスタンプラリー2008

今年もJR東日本ポケモン・スタンプラリーの季節がやって参りました(#^.^#)。

20080717_p1090181 この前の土曜日26日に始まり、お盆前の8月10日まで、首都圏各駅・各路線でスタンプ帳を手に駆け回るポケモンファンのこどもたち&引率のご父兄&鉄道ファン・スタンプラリー好きの大人たちの姿が見られることでしょう。

何だか毎年書いているようですが(2006年の記事2007年の記事(-_-;)、うさみはこのポスターを見るとコレクター魂がうずくのです(^^ゞ。
一度でいいので、全駅制覇してみた~い!!

今年も全部で95駅、去年制覇した方々のブログを拝見すると、最低でまる4日必要だそうです(@_@;)。都内だけなら割と楽だと思いますが、首都圏、となるとエリアは広いですね~。

そして切符代のホリデーパスも2300x4=9,200円ですから、馬鹿になりません(^_^;)。各駅のスタンプ配置場所をチェックし、乗り継ぎ計画をたてるために、スタンプラリー用のポケモン時刻表も入手した方がいいらしいです。20080717_p1090182

スタンプを全部集めるともらえる今年の賞品は、おしゃべりピカチュウのオリジナル貯金箱・・・切符代と労力に見合うかどうかは、その方の価値観次第、ですね(^O^)。

この時期は電車を降りて改札に向かい、スタンプを押してまた階段を上ってホームに戻る、という動作1回だけで汗だくだくになってしまいます(*_*;。たまには夏でなく春か秋にやってくれればいいのに、と思いますが、こどもたちが長いお休みで、3月の年度末や年末年始のように交通機関が混まない時期、となるとやっぱり夏しかないのでしょうね・・・。

東京メトロ(地下鉄)でも只今、夏休みのスタンプラリー東京メトロスタンプラリー2008)開催中(^O^)。

20080729_p1090279 こちらはスタジオジブリ・レイアウト展が東京都現代美術館で開かれているのに合わせた企画で、確か去年もやっていました。

6駅のスタンプで記念品(ポニョのネームタグ)がもらえるので、1日でも目標達成可能ですね、でもまず一日乗車券(おとな710円)を買わないと参加出来ません。

JRのラリーは、参加自体は駅で無料のパンフレットをもらうだけ、でも全駅のスタンプを押せるスタンプ帳は6駅分スタンプを集めないともらえません。
猛暑と過剰冷房にやられ気味のうさみは、とても95駅を目指せそうにないので、ポニョを狙ってみようかな(*^。^*)。

| | コメント (6) | トラックバック (2)

2008年7月28日 (月)

地デジ

地上アナログ放送完全終了2011年7月24日)まであと3年を切り、地上デジタル放送への切り替えを呼びかけるキャンペーンが激しくなって来ましたね。

新聞とネットで見たアンケートによると、現在地上デジタル放送でテレビを見ている世帯は35%(総務省調べだと43.7%)、3年後にアナログテレビでは受信できなくなることを知らない人も、数字は忘れましたが(^_^;)、結構いました。

うさみ家では、2006年のサッカーワールドカップを機にデジタルテレビとデジタル対応DVDレコーダーを購入しました(わざわざ買い替えたのではなくて、たまたまその時期に今までのテレビが壊れたのです(>_<)。DVDレコーダーはそれまでビデオしかなかったので、一緒に買いました。)

我が家は特に電化が進んだ家でもオーディオマニアでもないので、普通な方かと思っていましたが、まだアナログテレビのご家庭が過半数なのですね~。

草薙くんの「準備お願いします。」というCMを見ても、まだまだ先で余裕でしょ~という気がしていましたが、その数字を聞くとのんびり構えてはいられないみたいです。

うさみ家は集合住宅なので、自分でアンテナを立てることはなく、テレビが届いてすぐ見られるようになりましたが、一軒家だと新しいアンテナも立てなければいけなかったり、今ま20080728_p1090267_3 で持っていた機器を使うためには設定を変えなければいけなかったり、物によっては使えなかったりと、大変なようです・・・。全国には、まだ電波が届かない地域もあるそうですし・・・。

→ 本文とは関係ありませんが、今日の夕焼けが、息を飲むほど美しかったので1枚アップしてみました(#^.^#)。

そうまでしてデジタルに変えなければいけないほど、デジタル放送って素晴らしいのか、うさみにはあまりよくわかっていません(-_-;)。

デジタル放送だと便利だと思うのは、番組表が見られることでしょうか、今日の新聞が手元にない時しか使っていませんが・・・。
画質・音質がいいという話ですが、いい画質で見たいような番組を見ていないせいか、目が悪いからか、さほどキレイと感じないんですよね・・・。
天気予報やニュースをデータで受け取れるのも、何だか画面が分かれて邪魔臭いのでめったに使っていません(^^ゞ。

お上の思惑通り、当初の期日までに買い替えと電波塔整備が進むのか、間に合わなくて期限を延ばすのか、うさみは高みの見物としゃれ込ませていただきます(^^ゞ。
とりあえず、来月の北京オリンピックを新しいテレビで見よう、という需要は増えていることでしょうね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年7月27日 (日)

涼しくなる物

天気予報で最高気温最低気温の数字を見ただけで、げっそりしてしまう日が続きます(-_-;)。

何か気持ちだけでも涼しくなる物はないでしょうか?

これはどうかな?
20080717_p1090179
週刊漫画誌の表紙企画で、冷蔵庫で冷やすと絵柄が変わるというもの(^O^)。
20080727_p1090262
物が一杯詰まった(エコに反してます・・・)冷蔵庫に、無理やり突っ込んでしばらくして出してみたら、子猫チーがびっくり目になっていました(^◇^)。→

・・・写真では違いが全然わからないですね(@_@;)、目が二重丸目になり、口が開いているのですが・・・。

暑い時に、あったかい衣服を見るとより暑くなりそうですが、先日届いた秋冬物のカタログのどんよりと薄暗い光の雰囲気で、少し秋の気分になれました(#^.^#)。

20080727_p109026020080727_p1090261
今度の週末は、冷房のきいたお店に秋冬物でも見に行きましょうか。

そして適度に冷房のきいたカフェで、あったかいミルクティーをいただきましょう。→ 家では食べられないこういうのをね(*^。^*)
20080711_p1090147
昔は、暑い時にはいっそ冷房を入れてもきかないほど熱がたまっている狭いお店に、はふはふのもんじゃ焼きを食べに行って、生ビールをガンガン飲み、最後はカキ氷で締める、というのが好きでしたが、この猛暑ではよほどパワーがないとそれは出来そうにないです(^_^;)。

涼しくなったら、もんじゃ焼きを食べに行かなきゃ~。 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月26日 (土)

愛犬は飼い主に似る!?

飼い主さんと愛犬は、似通ったところがあるとよく言われます。
体型や雰囲気、性格、仕草など・・・(^O^)。
長いこと一緒に家族として生活すれば、共通の部分が出てきてもおかしくはありませんね。

うさみ家の愛犬、おうじは、しばしば他人様から

20080726_p1090255可愛い!」
「目がおっきい~」
「大人しくていい子」(外で人間に囲まれている時は吠えないし、騒がない)

と褒めていただきますが、「飼い主さんそっくり」とはどなたもおっしゃいません(^_^;)。

うさみと妹すまっぺの共通認識では、おうじの笑った顔は、亡くなった母方の祖母にとてもよく似ています(#^.^#)。
何故笑った時だけそう思うのかわかりませんが、笑うとちょっと人間臭くなるからでしょうか。
20080726_p1090257
祖母は、目がくりっとして可愛いお婆ちゃんでした。きっと若い頃は清楚な美人だったのだと思います。残念ながら、うさみ母は顔かたちが祖母に似なかったので、その母似のうさみも、祖母とは似ていません(-_-;)。

おうじの顔は、どちらかと言うとチワワよりパピヨンに似ているかなと思います。
アップルドーム型の頭は確かにチワワですが、両目の間が離れている、というチワワ犬種の特徴からちょっとはずれています(^_^;)。



わんこに慣れない方から、「どの犬もみんな同じ顔に見えるけど、飼い主さんにはよく違いがわかるね。」と言われることがあります。
それは、西欧人には日本人は黒髪黒目で見分けがつかない、というのと同じでしょう(^O^)。黒髪黒目のアジア人、白い毛で小さい犬、という風にくくってしまえば同じでも、全く同じ顔はひとつもありません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月25日 (金)

このDVDを見ました~ 「サン・ジャックへの道」

レンタルビデオ屋さんに何を借りるか決めずに出掛け、その日の1本を選ぶ決め手になるのは、監督・出演者が好きということもあれば、解説・あらすじの内容にひかれて、ということもあります。

このDVD「サン・ジャックへの道」(Saint Jacques...La Mecque)を借りることにしたのは、ストーリーに興味があって、でした。スタッフ・キャストで名前を知っているのは監督(コリーヌ・セロー)くらいでしたし・・・。



タイトルに出て来るフランス語の地名”サン・ジャック”は、スペイン語で、”サン・ティアゴ・デ・コンポステーラ”、うさみが機会があればいつか行ってみたいと思っている場所のひとつです。十二使徒の1人、聖ヤコブ(大ヤコブ、スペイン名サン・ティアゴ)のお墓の上に教会が建てられたという伝説で、中世からローマ・エルサレムと並ぶキリスト教徒の巡礼地とされ、教会とそこへ向かう巡礼の道が世界遺産に登録されています。

吊り下げた大きな香炉(ボタフメイロ)を数人がかりで揺らし、聖堂内に集まる会衆の上を振り子のように動かす映像を見て、あの大きな香炉から降り落ちてくる乳香はどんな香りがするのか、嗅いでみたいというのが、最初に行きたいと思ったきっかけです(^^ゞ。

さて、映画は、フランスのル・ピュイからサン・ティアゴを目指す巡礼ツアーご一行の話です。
Sanjq 主人公は、母の遺言で、三人兄弟揃って歩いて巡礼すれば遺産を与える、断れば遺産は全額寄付する、と指示されてしょうがなく参加した中年の三兄弟。
長男は、成功した会社社長ですが、奥さんは自殺願望のアルコール依存症、自分もストレスで生活習慣病を抱えてボロボロ、国語教師でふたりの子供と失業中の夫を養う長女、一度もまともに働いたことがなく妻と娘にも逃げられたアルコール中毒の次男とはいずれも仲が良くありません。

他に、ガンの後遺症と離婚から立ち直ろうとしている女性、若くて元気なフランス娘ふたり、そのうちの片方が好きで一緒にいたくて参加したアラブ人の青年、彼にメッカ巡礼だと騙されて連れて来られた友達で難読症の青年、妻の浮気に悩むツアーガイド、という個性豊かなメンバーが、フランスから1500キロ、1日7時間歩いて3ヶ月かけてサン・ティアゴを目指します。

続きを読む "このDVDを見ました~ 「サン・ジャックへの道」"

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2008年7月24日 (木)

頑張れ、本屋さん!

うさみが働いているビルの斜め前に、もうすぐ、本屋兼レンタルビデオショップがオープンします(^O^)。20080724_p1090241

カフェ併設で朝7時から夜11時まで営業だそうで、仕事前に急ぎで本も探せれば、お昼にちょっとお茶を飲みながら昼寝も出来、帰りがけにDVDも借りられますね~。
本屋が一番の娯楽施設なうさみにとって、すごく嬉しいニュースです。

最寄駅とつながったビルの地下に小さな本屋さんがあり、よく帰りにそこで本を物色していたのですが、先月突然閉店して、後はドラッグストアになってしまいました(;O;)。
いつもそれなりにお客さんは入っていましたが、経営が厳しかったのでしょうか。今度の本屋チェーン出店の噂を聞いて、競合出来ないから早々と閉めちゃったのかもしれません・・・。

4月には、うさみの好きな本屋ベスト5に入っていた銀座の旭屋書店さんも閉店してしまいました(T_T)。

お買い物のついでや待ち合わせまでの時間つぶしに便利な場所(SONYビルの向かい)と20080721_p1090232 いうこともありますが、新刊や話題の本の展示方法、時々の特集コーナーが見やすくて好きでした・・・。
いつも人で賑わっていたのに、地代に比べて売り上げが思うように出ていなかったのかな、と失礼にも思っていましたが、来年ビル自体が建て替えになるのだそうです(-_-;)。あのへんの古くていいビルがどんどん建て替えられちゃっておばさんは悲しいです。

← これは、SONYビルで今年も始まった、沖縄から来た熱帯魚たちが泳ぐ巨大水槽、ソニーアクアリウム(^◇^)、涼しげでしょう~?
どうしたら水槽のガラスに映る物を、写真に入れないことが出来るんでしょう?いつもうまく撮れません(^^ゞ

続きを読む "頑張れ、本屋さん!"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年7月23日 (水)

扇子

朝のコンビニで、サラリーマンのお兄さんが汗をかきかき扇子を選んでいました(^◇^)。

猛暑の外出は、ハンカチ扇子が欠かせませんね。
湿気べたべたの暑い空気をかき回しても果たして気温が下がるものか疑問に思うことは20080718_p1090184 ありますが、少しでも肌に風が当たると気分的には涼しくなりますね。

うさみの今年の扇子はこちらです(#^.^#)。
ペットボトルのおまけ生茶パンダ扇子(普通のおまけは1本に1個なのに、これは2本買わないともらえなかったので、携帯マスコットなどよりは原価がお高いようですね)。20080718_p1090183

忘れんぼうさみは、扇子もよく失くすので、普段使いはオマケくらいでちょうどいいです(-_-;)。

何度か扇子を失くした中で、ひとつはっきり記憶しているのがタイに旅行中の出来事です(^^ゞ。
バンコクは蒸し暑く、日本から持参した扇子で観光中もあおいでおりました。有名なエメラルド寺院を見学中に、扇子が無いのに気付きました。
さっき、ガイドさんの説明を聞いていた時に落としちゃったかな、と戻ってみたら、座って休んでいる現地の方らしき家族連れの小さいお嬢さんが、まさにうさみの扇子をパタパタしていたのです(^O^)。

まだ新しい扇子で返してもらいたい気もありましたが、場所が場所(お寺)なだけに功徳を施したと思えばいいか、とそのままに別れました。あの子はあの扇子をお家に持ち帰ったのかなあ(^O^)?

続きを読む "扇子"

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2008年7月22日 (火)

いよいよ発売ハリポタ最終巻日本語版

明日7月23日は、ハリー・ポッターシリーズ最終巻日本語版、「ハリー・ポッターと死の秘宝」の発売日です(#^.^#)。



実のところ、うさみはすっかり忘れていました(-_-;)。

去年の英語版発売(2007.7.21)に合わせて有給休暇を取り、読書中から読了後しばらくはかなり浸っていましたが、日本語版は買う気も読む気も無かったので、明日という日付がうさみの脳内カレンダーにはチェックされていませんでした。

今朝の日経新聞に大きな広告が載っていて、そっか明日発売だった~、日経にも宣伝を載せるのか~、すごい~、と思ったのでした(^_^;)。

うーん、日経のメイン読者層、ビジネスマン諸氏はハリポタをご自分ではあまり読まれないんじゃないでしょうか?
おじ様族のお好み小説は、「愛ルケ」ですから・・・。
(愛ルケ=渡辺淳一の長編小説、「愛の流刑地」の略称、映画・ドラマ化もされましたね。今は売れていない壮年の恋愛小説家が、人妻と出会って不倫関係になり逢瀬を重ねるうちに殺してしまうという話。日経朝刊連載時にはオヤジ読者様方の希望と涙を誘っていましたが、おばさんうさみは、ヒロインの他人任せで受動的な生き方に毎朝怒ってました<(`^´)>。



ハリポタ最終巻は、あちこちの本屋さんで早朝販売をやるそうです。

早朝ってどのくらい早朝?とリストを見てみたら、一番早いのは5時、遅いと9時でした。
久世番子さんの本屋さん漫画で、ハリポタの何巻かが出た時、早朝販売を企画して5時から台を出したのに、地方の本屋さんには誰もお客さんは来てくれず、わんこの散歩の人と、朝帰りのにーちゃんしか通らなかったという笑い話(ほぼ実話でしょう(^◇^)が載っていました。



今回は、朝から買いに行く方、どのくらいいらっしゃるでしょうか~?夏休みの子供さんは行くのかしら?

翻訳者の松岡さんが魔女の格好でキャンペーンに回る店舗もあるそうです。暑いのに真っ黒な魔女スタイルでご苦労様ですね。

英語版は分厚い1冊でしたが、日本語版は上下2巻です。(分売不可のセット販売なので、3990円は2冊のお値段です。)
分冊なら、英語版のように重過ぎて寝転がって読めないということは無さそうですね?

日本語版をこれから読まれる方に、老婆心ながらご忠告。
完結編はこれまでのお話以上に、辛く哀しいシーンが続きます。涙腺が弱い方は、人前で読まないことをお勧めします、特に最後の数章!うさみはぼーぼー泣きっ放しでした(;O;)(;O;)(;O;)。

日本語版発売イベントが終わると、次の楽しみは映画ですね(^O^)。
6巻の「ハリー・ポッターと謎のプリンス」が撮影中(ロゴとダンブルドアの声だけの予告編がYouTubeにアップされてました。)、「ハリー・ポッターと死の秘宝」の映画は上下2部作になるそうです。どこで続きにするつもりなんでしょう?どこで切られても、次が出るまですっきりしない日々を送らなくちゃいけなそうですね(^^ゞ。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2008年7月21日 (月)

アイスクリームのフレーバー

この間、夏らしさに魅かれて、アイスクリームをかたどったネックレスを買いました(#^.^#)。

20080713_p1090165 コーン部分と、クリーム部分が別になっていて、自分で好きなアイスを選んで組み合わせられるようになっています。
クリームは1つでも2つでもOKで(3つ以上でもつなげられますが、バランスが悪くなるかも(^_^;)、うさみは気に入った色を組み合わせてクリームをふたつ選んだつもりでした。

ふと気付いたら、期せずしてストロベリーヴァニラ、一番好きなフレーバーの組み合わせになっていました(#^.^#)。
ちなみに他には、チョコレートミントブルーベリーストロベリーミルクマンゴーカシスのクリームがありました。

ソフトクリームは、ストロベリーとヴァニラのミックス、昔からこの組み合わせが変わらず好きです~。

子供の頃住んでいた家のそばのショッピングセンター地下に、人気のソフトクリームスタンドがあり、母の買い物に荷物持ちで付いて行くとたまに買ってもらえるのが楽しみでした。そのうちお小遣いでこっそりひとりで食べるようになりましたが(^O^)。
チョコやコーヒー、抹茶などのフレーバーがあったと思いますが、ストロベリーとヴァニラのミックス、単体だけよりミックスになった味が相乗効果で美味しいんですよね~。

続きを読む "アイスクリームのフレーバー"

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2008年7月20日 (日)

この映画を観ました~「崖の上のポニョ」

宮崎駿監督の新作アニメ映画「崖の上のポニョ」を観て来ました(#^.^#)。

Ponyo_2 公開開始の週末に観に行くなんてすごい宮崎アニメのファンみたいですが、毎月20日の地元シネコンのサービスデー(大人1000円)が今月は週末に当たったので、映画を観に行こう、と上映中の作品から選んだのがこれでした(^^ゞ。

案の定、週末のサービスデーは大混雑でした(^_^;)。チケットを求めるご家族連れが100人以上ぐるぐると列を作っていて、人いきれでコンセッションがむんむんしていました。
先週あたり、お盆の帰省列車指定券を求めて駅のみどりの窓口に並ぶ人々の列を見ても思ったのですが、ネットで予約すれば並ばなくていいのに・・・。手数料もかからないし、好きな席を選べるのにねえ・・・クレジットカードを使うのがお嫌いなのでしょうか?

それはさておき、「崖の上のポニョ」です。
主人公は、赤いさかなの子ポニョと、海辺の町に住む5歳の男の子、宗介。ストーリーは現代版「人魚姫」物語です。


~以後、ネタバレありです。~

続きを読む "この映画を観ました~「崖の上のポニョ」"

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008年7月19日 (土)

「バウハウス・デッサウ展」

バウハウス・デッサウ展」を見て来ました。20080719_p1090207

今日の東京は、超冷え性のうさみですら冷房のきいた電車が有難く感じる猛暑でした(@_@;)。上野駅から会場の東京藝術大学美術館は、歩いて10分弱でしょうか、気候のいい時期なら公園を20080719_p1090208抜けてちょうどいいお散歩ですが、今日はかなり長い距離に感じられました。

バウハウス(Bauhaus、ドイツ語で”建築の家”)は、造形芸術学校、1919年から14年間しか存在しなかったとは思えないほど、世界の建築やデザインに与えた影響が大きい学校です。
設立されたのはヴァイマールで、その後デッサウに場所を移し、さらにベルリンに移って最後はナチスにより閉校に追い込まれました。

カンディンスキーパウル・クレーなど豪華な教授陣の授業、どんなものだったのでしょうね。
20080719_p1090211色彩論の授業で使ったという同時対比や色相環、混色の資料が展示されていましたが、うさみが教わったのと同じ~、でも全部手作り(手塗り)です、その方が体で覚えられるのでしょうね。今はPCでちょちょいと作れちゃいますが、その分忘れるのも早かったりして・・・(^_^;)。

様々な学生たちの作品が展示されていました。
一見何気ないようで、かなり考え尽くされた造形、使いやすそうなデザインの椅子や食器は、ドイツらしいなと思いました。

リアルスケールで再現された校長室が、全体から受ける印20080719_p1090212象は無骨なのですが、普通偉い人のオフィスには使わないような色が使われていたりして、面白かったです。

会期が21日で終了のせいか、連休初日のせいか、会場はかなり混雑しておりました。デザイン学校の学生っぽいお洒落な若者がたくさんいて、ファッションチェックもさせてもらえて楽しかったです(#^.^#)。
白地の浴衣に下駄のカップルはちょっとどうだろう、と思いました(-_-;)・・・うさみはオバサンなので、浴衣は夜着る物という感が抜けません。綿絽とか、濃い地ならまだいいんですが、白地でてろっとした浴衣は湯上りの温泉場みたいに見えました。

20080719_p1090214 常設展コレクションもひとまわりしました。
さすが天下の藝大、いいものお持ちですね~(*^。^*)。
伊東深水の「銀河祭り」と、黒田清輝の「婦人像(厨房)」が特にいいですね~。並べてみたら、東西ブルーグレー女性対決という感じ(^O^)?

帰りはあまりに暑くて歩く気力が出ず、藝大前から、台東区のめぐりんという循環バスで地下鉄駅まで移動しました。
どこの区でも、こういう地域内を巡る普通のバスより小さくて料金も安いコミュニティバスが運行されていて、便利ですね(#^.^#)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年7月18日 (金)

ドアが閉まりま~す

電車の車内放送を聞く度、違うデショ、と突っ込みを入れた20080708_p1090131くなるフレーズがあります。

→ 電車には関係ありませんが、「文句ある!?」という顔のにゃんこ(^◇^)

ドアが閉まりま~す。お荷物やお手を挟まれないようご注意下さい。」
閉まるドアにお気をつけ下さい。」
ドアが閉まっております。駆け込み乗車はご遠慮下さい。」

自動ドアやエレベーターのドアは、一定の時間で”閉まる”物ですが、電車のドアは、運転手さんか車掌さんが”閉める”物でしょう?
タイミングを見計らって自分(か自分の同僚)が閉めているのに、知らない力でいつの間にか閉まっているような「ドアが閉まります」という言い方は変じゃありませんか(^_^;)?

たまには「ドアを閉めます。」というアナウンスもあり、こちらなら自然に聞こえます。

今朝の車掌さんは「ドアを閉めさせていただきます。」という丁寧かつ毅然としたお知らせで、ほお、やるな(^O^)、と思いました。

全ての車両のドアを一斉に開閉するのでなく、部分的にしか開かない電車や、乗客自身がドアを開閉する電車もありますよね。

うさみの見たことがあるのだと、ホームが短い駅に停まる時、はみ出た車両はドアが開かないとか、寒い冬は駅に停車中半分のドアしか開けないとか。
20080418_p1080194 ドアを開ける取っ手が車両の外側にしかなく、降りたい時は窓を開けて外まで手を伸ばし、ガチャっとハンドルを回さなくてはいけなかったイギリスの昔の列車(ハリー・ポッターの映画に出て来るようなやつです)、古いJRの列車は似たようなのがあったとか聞きましたが、途中駅で降りる時はもたもたしていると降り損ないそうで気が抜けませんね・・・。

タクシーのドアが自動なのも日本だけ。
海外旅行でタクシーを拾うと、道端でぼーっとドアが開くのを待ってしまったり、降りる時自分で開けるだけ開けて閉めずに去ってしまいそうになります。荷物がある時や雨風の強い日は、自動で開閉してくれるとラクですね。

タクシーに乗った時、運転手さんが掛けてくれる一声は、「ドア閉めますよ?いいですか?」で「ドア閉まりますよ。」ではないですね(^^ゞ。
閉めている姿が相手に見えるかどうかの違いなのかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月17日 (木)

ナマ足と赤いスニーカーソックス

先日、会社帰りの電車で席をゲット出来たうさみは、向かいの座席に座っていたサラリーマン風スーツのお兄さんの足元が何気なく目に入るや、釘付けになってしまいました(・o・)。

スーツはダークグレーのシングルで、ワイシャツは白、ネクタイはペールピンクというごく普通のいでたちなのですが、ズボンの裾と革靴の間からのぞいているのがナマ足だったのです。

えっ!?肌色の靴下じゃないよね!?革のビジネスシューズなのに靴下を履いてないの(?_?)?

いえいえ、靴下はちゃんとお召しでした、くるぶし丈で真っ赤なスニーカーソックスを(@_@;)!
靴下の丈が短いので、あまり見えず、ナマのくるぶしと足首が目立っていたのでした・・・。

確か男のお洒落に関する本に、ビジネススーツの足元から脛やくるぶしが見えるのは厳禁、とも、ビジネス用の靴下は黒から紺のダークな色合いにすべき、とも書いてあったと思います。
今までのルールからすると二重に掟破りなのでしょう、あの靴下は・・・(^_^;)。

うむむ、商談でソファに腰掛けた男性のナマ足が見えるのと、赤い靴下がのぞくのではどちらがより×でしょう?

うさみだったらナマ足が嫌かなあ?
赤い靴下は、ネクタイに合わせてお洒落だという場合があるかもしれません(あるかな?ないかも・・・(^^ゞ。カジュアルなパンツでも(海山でのバミューダパンツでなければ)男性のナマ足は普通見えませんから、ナマ足の方がギョッと驚く度が高そうです。

最近の若者のトレンドなのかしら、とその後街中で男性の足元をさりげな~く注視していますが、座ってくれないと見えないので、あまりデータが集まりません。

夏場、普通の靴下だと蒸れるから、短いのがいいのでしょうか?
最近の抗菌消臭靴下は、メッシュになっていたりして、汗を吸ってくれて涼しいんじゃないのかな?
スニーカーソックスや、カバーソックス(女性の場合、パンプスにちょうど隠れる分だけの、靴下というよりカバー)を男性にも売ろうという靴下メーカーさんの思惑はあるらしいです。くるぶしを見せて、やんちゃでセクシーな男を演出しようというコンセプト(^◇^)。

男も女もセクシーを目指すのは結構ですが、仕事の時は、ちょっと控え気味でお願いしますね(^^ゞ。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年7月16日 (水)

キューピーちゃん

合併して名前が無くなってしまった日本興業銀行(今はみずほコーポレート銀行)のキャラクターは、キューピーちゃんでした(^O^)。

店頭には大きなキューピー人形が、季節ごとにいろんな衣装に着替えて飾られ(ペコちゃんと争えるくらい衣装持ち(*^。^*)、毎月キャンペーン日には小さいキューピー人形を来店したお客さんに配ってくれていました。手紙の封緘印もキューピーで可愛かったんですよ(#^.^#)。
法人相手がメインの銀行だったはずですが、何故かうさみ母はここの銀行に口座を作っていて、うさみもキューピー欲しさに、母の御用にくっついて行ったものです。

キューピーって天使なんですよね、背中にちゃんと小さくたたんだ羽がついています。
子供の頃はこのコブが邪魔ね、と思ってましたが(^^ゞ。

この間、ぶらぶらお散歩していたオフィス街で、

ねじキューピー完売!次回入荷は8月 中旬以降となります。」

というポスターを見かけました。

20080715_p1090171ここは金物屋さんだと思ってたけど何でキューピーを売ってるんだろう?完売っていうくらいだから人気あるのよね、こんな場所(未成年者はめったに見かけない)で誰がキューピーを買うのかな、近所のOLさん?と不思議でした。

その後しばらくして、今流行っている言葉を取り上げたサイトに、「ねじキューピー」がのっていました。

ほお、あれって本当に流行ってたのね~(^O^)。20080715_p1090172

ねじキューピーとは、そこのねじ屋さん(うさみが金物屋さんだと思っていたのはネジ専門店でした)のオリジナルの地域限定キューピーちゃんで、お店のご主人が、ねじ業界の活性化を狙った遊び心から作った携帯アクセサリーだそうです。
キューピーが、ねじのコスチュームをかぶっている、という感じですかね?

うさみには蓑虫っぽくてちょっと不気味に見えますが、大人気で、発売日には遠くから買いに来るファンで列が出来るのだそうです。
話のタネにひとつ買ってみたいのですが、会社帰りに買いに行ったのではもう売り切れでしょうか?

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2008年7月15日 (火)

身近なエコ

北海道サミットの大きなテーマが地球温暖化防止だったせいもあり、ここのところエコに関する話題が新聞やニュースを賑わしていましたね。

二酸化炭素の排出量を減らす企業努力についての特集で、うさみの働いている業界は全体として電気使用量が厖大で各社対応に苦慮しているという話題を取り上げていました(@_@;)。

20080617_p1090039 そ、そっか、この業界は反エコなワルモノだったのですね~(>_<)。

会社にあふれるPCやプリンターが年中つけっ放しな状態に慣れていましたが、普通はそれが当たり前ではないんですね?

PC
のディスプレイはひとり何台も使っていますし(うさみはあちこち見ると目が疲れるから1台(^_^;)、機械が多いのでクールビズ推進者が卒倒するような温度に冷房が設定され、それでも暑い人(体温が高いのでしょう、低体温のうさみはうらやましい・・・)は扇風機も使っていますし、空気清浄機もついてますし、の書類を減らそうとはしていてもやっぱり紙が氾濫していますし、全員一緒の昼休み時間というのがないのでお昼の間電灯を消すことも出来ませんし・・・。

↑ 電磁波を少しでもブロックしていい波動を出してもらおうと、うさみの机に置かれているトルマリンゴ、効果のほどは不明(^_^;)。

夜最後にオフィスを出る人が天井の灯りを消すはずが、忘れて(または気付かず)帰ることも多々あるようです。
月曜の朝うさみが出勤したら、誰もいないオフィスで扇風機が回っていて、金曜土曜ずーっと回っていたのか・・・、とぞっとしたこともありましたっけ(>_<)。

続きを読む "身近なエコ"

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2008年7月14日 (月)

このDVDを観ました~「ゼロ時間の謎」

アガサ・クリスティー原作のミステリ映画、「ゼロ時間の謎」、6月の発売日に届いていたDVDをようやく見ました(^O^)。

アガサ・クリスティーの奥様は名探偵」(うさみの感想記事はこちら)を撮ったフランス人パスカル・トマ監督の、クリスティ2作目になる映画です。

クリスティーの描く世界はごくごくイギリス的で、その意味ではフランスとは真逆にあるような気がしますが(^^ゞ、意外とフランス映画とクリスティは合うのかも、とこの映画を見て思いました。

前回の「アガサ・クリスティーの奥様は名探偵」は、クリスティーの人気シリーズ探偵、トミーとタペンスのおしどり夫妻が探偵役で、ふたりのキャラクターがクリスティーファンのうさみの中で譲れないものとして出来上がっていたので、何となく違和感がありました。
「ゼロ時間の謎」(原題「ゼロ時間へ」"L'heure Zero / Towards Zero")はシリーズ物ではない単発なので、殺人事件を取り巻く人間関係に焦点が当たり、他のことが気にならなかったのかもしれません。かえって「1人の男に2人の女」、という普遍的な愛憎劇が、フランス映画の倦怠感・粘着性と合っていると感じました。

~以後ネタバレありです~。

続きを読む "このDVDを観ました~「ゼロ時間の謎」"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月13日 (日)

祝発売再開バスソルト

今年も猛暑が始まり始まり、という週末でした・・・(T_T)。
20080712_p1090150
外をほんのちょっと歩くだけで汗だくだく(-_-;)、家の中で黙っていてもじんわりと汗が浮かんで来ます。
この時期、冷え性うさみは、熱に負けて熱中症にならないよう、かつ冷房病で冷え切らないよう、苦労が増えます(^_^;)。

冷え対策、疲労回復のため、夏でもシャワーだけですませず、お風呂に浸かることにしていますが、うさみお気に入りのお風呂の友が復活しました\(^o^)/。

クナイプバスソルトシリーズのうち、うさみお気に入りの3種類(オレンジ・リンデンバウムラベンダーワコルダー)が発売中止になったという記事を書いたのが去年の10月でした。
あちこちのドラッグストアを回ってあるだけ買い占めて、ちまちま使っていたバスソルトもそろそろ底を着きそう、という先日、7月からの発売再開を知らせるメールマガジンが届きました(#^.^#)。

(うさみはメーカーHPに熱烈発売再開希望書き込みをし、メールマガジンに登録しておいたのでした(^_^;)。20080713_p1090156

消えていた3種に加えて、新しい仲間も登場しています。スプルース(唐檜・トウヒ)、松の種類だそうです。

早速近所のドラッグストアをチェックしに行きましたら、入荷していました!

とりあえず発売お祝いに小袋を購入し、大瓶はお値段比較して通販でまとめ買いしました。
これで品切れを心配せず、好きな時に好きな香りが入れられます~。
(今までは発売中止の3種類は、ケチして疲れた時に限って使っていました(^_^;)。

クナイプさん、ありがとう~。
これからもよろしくお願いします<m(__)m>。

| | コメント (7) | トラックバック (1)

2008年7月12日 (土)

はまるわんこ

昨夜のニュース番組で、家と家の壁のすき間にはまって出られなくなってしまったが、消防隊の1時間の奮闘の末、無事救出されたという話題を見ました(^O^)。

(ネットで同じニュースを探したのですが、見つけられず、詳細はあやふやです。確か関西だったと思いますが・・・ すみません<m(__)m>)

わんこはヨークシャーテリアで前日から姿が見えず、飼い主さんが探していらしたのだそうです。
はまったすき間は12センチ
救出されてすぐに飼い主さんに抱かれる映像が映っていたので、多分場所はご近所なのでしょう。

人間の手は届かない奥まったところで、消防隊員さんは長い柄のマジックハンドのようなもので掴み出そうと悪戦苦闘していました。
(なかなか届かないし、届いてもうまくはさめなかったりで、1時間以上かかったそうです。)

狭い場所に入り込んだものの、向きを変えたらはさまって動けなくなってしまったのでしょう(-_-;)。
20080712_p1090152
猫はヒゲを使って自分が通ることの出来る幅を測定していると言いますが、わんこにはそういう能力はないのでしょうね。

我が家の愛犬も狭い場所が好きです。
よくこんなヘンなすき間に、と思う場所でよく寝ています。

外では一人歩きすることはないので、知らない場所にはまってしまうことは無いと思いますが、家の中で遭難(@_@;)する可能性はあるかもしれません。
12センチ幅なら、顔は通れますが、お腹がつっかえそうです(^_^;)。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年7月11日 (金)

マクロビランチ

本日のうさみのお昼ご飯はこちらでした。マクロビのお弁当です(#^.^#)。

20080711_p1090143 同僚のお友達でマクロビオティックの先生が、お料理を教えるかたわら、マクロビランチのデリバリーを始めようかというお話で、お試し作品を届けて下さいました。

マクロビ、マクロビオティック、英語ではマクロバイオティクス(macrobiotics)、辞書には”禅式長寿法、自然食の食事法”という説明がのっています。

素人は、よくわからないけど体にいいお食事でヴェジタリアン(菜食主義)の一種かな、と思っていましたが、お肉や卵を食べないだけでなく、お砂糖や化学調味料を使わないとか、その土地のものを食べるとか、お野菜や穀物も有機農法が望ましいとか、材料はまるごと使う方がいいとか、いろいろあるようです。
食物に陰と陽があってどちらかに偏ってはいけない、というのはダイエット本にものっていますし、東洋医学の見地から鍼の先生にも言われます。

最近はマクロビカフェも増えて来ましたし、デパ地下にマクロビお惣菜のお店もありますね。

採れた場所、作り方に信頼がおける材料を探すだけで大変そうで、とても作り方を習って自分でも、という気にはなれませんが、美味しくて体にいいものなら多少高くても食べたいな~とは思います(^_^;)。20080711_p1090144

今日のお弁当のメインは、見た所串カツで、食べても柔らかいお肉とネギのカツに思えましたが、車麩なのだそうです。ニンニクとお醤油で味付けするとお肉っぽくなるのだとか。

麩ってお吸い物か煮物に入っている添え物的イメージしかありませんでしたが、こんな風にすると立派なメイン料理になるんですね。

ご飯は小豆玄米、モチモチ粘り気があって固めなのでよく噛んで食べることになり、腹持ちがよかったです(#^.^#)。
20080628_p1090090
いつも体にいいものだけ食べるようにすればいいのですが、甘いものやしつこいものも大好きで止められないのでした・・・(^_^;)。

← 先日食べた「季節のショートケーキ」@Afternoon Tea Tearoom
マンゴーがめちゃうまでした(*^。^*)。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年7月10日 (木)

台湾式シャンプー

昨日は会社帰りに、前に雑誌で見て、ずっと行ってみたかったシャンプー屋さんに寄って来ました(^^♪。

このお店、シャンプー台と鏡は並んでいますが、”美容院”ではないのです。カットやパーマ、カラリングはメニューになく、専らシャンプーとトリートメント、マッサージに限られている面白いお店です。20080705_p1090121

うさみがここに行ってみたかったのは、ヘアスパメニューの中に、台湾式シャンプーがあったからです(^O^)。
台湾に旅行した時美容院でシャンプーをしてもらい、その気持ち良さにすっかり魅了され、日本でもあればいいのに~と思っていました。

台湾式シャンプー、普通のシャンプーと何が違うかと言いますと、お水を使わず椅子に腰掛けたまま洗ってもらうところです。
髪は濡らさずシャンプーをつけて頭部全体をマッサージしていきます。液が違うのか、洗い方にコツがあるのかわかりませんが、シャンプー液はたれて来ません。
YouTUBEに台湾式シャンプー中の画像がありました。面白いものをアップする方がいらっしゃるんですね(^◇^)。

肩・背中も揉みほぐし、シャンプー台で普通にお湯で流し、ブローしてくれて終わり、これで日本円数百円くらいでした。

このお値段は、現地の物価に照らし合わせてもお安いので、台湾女性はお金持ちマダム・お嬢でなくても日常的に美容院で髪を洗ってもらう人が多いと聞きました。

続きを読む "台湾式シャンプー"

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2008年7月 9日 (水)

花のゼリー

最近会社で局地的に流行っているのが、イタリアのビリー社というところのお花のゼリーGelatina con Fioriです(#^.^#)。

20080709_p1090141_2 甘い物好きな人が買って来て、お裾分けをいただいた同僚の間で好評です。

ミモザローザロッサ(紅いバラ)、ゼラニウムジャスミンヴィオラの5種類があり、それぞれのお花の自然な色がかすかについています。

イタリアのサンレモで、3代続いて無農薬のお花を栽培している会社が、着色料も保存料も使わずに作った物なのだとか。
イタリア山間部の畑で大切に育てられたバラやゼラニウムが、摘み取られてこの中に入っているのですね~。

口に入れると、なんちゃって香料でつけたのとは違う天然のお花の香りがボンっ!と来ます。お味は普通のゼリー、かな?甘過ぎないし、香りを楽しむ軽い口直しという感じです(#^.^#)。20080709_p1090142

包み紙もお洒落で捨てるのが惜しいです(^O^)。懸命にしわを伸ばしてみても、何かに使えそうにはないのですが・・・。

メーカーさんのサイトを探してみたら、イタリア語オンリーなのでさっぱり内容はわかりませんでしたが、写真がどれも綺麗でした。

お花は食べてもロマンチックなだけであまりお腹にたまらないというイメージがありますが、ビタミンが含まれていたりして、体にはいいらしいです。目と鼻では確かに楽しめますよね(#^.^#)。

以前エディブルフラワーについて記事を書いたことがありますが、ナスタチウムがサラダに入って来ると、綺麗で嬉しくはなるものの、あまりこんな味、という印象はないです。食用菊は、ちょっと春菊の葉っぱみたいな味がします、よね?
バラの花びらのジャムは、バラの香りはしますが、味は甘み、かな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月 8日 (火)

夏バテわんこと絶食

週末急に暑くなったせいか、週明け、我が家の愛犬おうじはバテておりました(>_<)。20080708_p1090135

いつもはいくら食べてももっと食べたいと要求し、あわよくばのおこぼれを狙って人間の食事中はテーブル下で待機するのに、具合が悪い時は、何も欲しがらず食べ物に寄っても来ません(-_-;)。

体が辛い時は、絶食した方が回復が早いらしいです。
今回のおうじは、日曜の夜ご飯を食べてから、今日の朝ご飯まで、まる1日半、水だけで過ごし、無事復活しました~!

そんな愛犬を見ていると、それが自然の知恵・摂理で人間もそうすればいいのだろうと思いますが、うさみなどは調子の悪い時ほどジャンクで脂っこい物が食べたくなってしまいます(^_^;)。
それは、半端に具合が悪い時、さらに体に悪い物を食べて、臨界点を超えさせてリセットしようという体の信号であるという話も読んだことがあります。

調子の悪い時は食べて元気をつけて、とは言いますが、飽食の現代日本では、普通にお食事していても、動いて消費出来るエネルギー以上に摂取してしまって、メタボ予備軍20080708_p1090132 悩む方が多いですよね・・・。

以前アーユルヴェーダの一日セミナーで、日本人の講師の先生は、毎年1回インドに断食コースを受けに行くとおっしゃっていました。
少しずつお食事の量を減らして行って、何も食べなくなって数日、そこからまた少しずつ食べて元に戻していく10日くらいのコースだそうです。
080708_14280001
体も心もすっきりして、生まれ変わったような気持ちになり、お肌もツルツルぴかぴかになるそうですが、うさみには病気でもないのに何日も何も食べないって出来そうにありません(*_*;。

せいぜいで2食抜き、ですね・・・。
たまにはプチ断食してみるのも、体にいいのでしょう、少なくとも体重は減りますね(^^ゞ。

→ おうじ、妹すまっぺに連れられてお散歩中。ちょっとお肉が減ったかな(^◇^)?

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2008年7月 7日 (月)

お茶作り

この間見ていた韓国ドラマで、刑事役の青年が恋人に自分で育てたお茶をプレゼントするというシーンがありました(#^.^#)。

お茶って素人でも手作り出来るものだったのですね!

蒸したり炒ったり焙じたり揉んだり、複雑な工程と設備が必要なのかと思っていました。
それに元は同じ葉っぱが発酵の度合いで緑茶から烏龍茶になって紅茶になるんですよね?乾かすだけで十分に熱を加えないと、酸化発酵して紅茶になっちゃったりはしないんでしょうか?
・・・とドラマの筋とはまったく関係ないことが気になってしまいました(^_^;)。

鉢植えのお茶の木から葉っぱを摘んで乾かしているシーンがまずあり、しばらくして出来たお茶を渡すシーンだったので、プレゼントしたお茶がどんな状態なのかはわかりませんでした。体にいい物を食べさせたい、という贈り物で、綺麗な茶筒に入れられていましたので、ナマのお茶ということは無いでしょう・・・。

ガス会社のサイトで見つけたお茶を手作りする方法(フライパンや中華なべを使う)によりますと、細かい作業の繰り返しでだいぶ時間がかかるようです。
ただ天日で乾かしただけでは美味しく飲めるお茶にはならないんですね(^_^;)、当たり前でしたか・・・。

ちょっと強面の刑事さんが、恋人のためにお鍋で葉っぱを炒ったり、揉んだりしたのかと思うと可愛らしいです(^O^)。

別の韓国歴史ドラマで、茶畑で見習い神官の女の子たちが茶摘みをしているのどかな春の風景があり、やっぱりお茶はどこの国でも乙女が摘むものなのかしらと思いました。
柔らかい小さい手で摘む方がいいのでしょうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月 6日 (日)

英国ロイヤル・バレエ来日公演

久しぶりにバレエ公演を東京文化会館へ観に行きました。
英国ロイヤル・バレエ団来日公演、「シルヴィア」Sylviaです(#^.^#)。20080706_p1090122

ロイヤル・バレエ団はうさみのお気に入りで、来日すると必ず観に行きます。
あれこれ比較出来るほどたくさんのバレエ団を観ている訳ではないのですが、お国柄なのでしょうか、ロイヤルバレエの舞台全体がかもし出す、さりげない品の良さが好きです。

今日の公演「シルヴィア」は、ロイヤルの創立振付家フレデリック・アシュトンの振付で40年ぶりの再演、日本では初演の演目です。
ギリシア神話の世界が舞台の3幕物で、それぞれの幕が全く違った雰囲気、演じる方は大変かもしれませんが、観る方はとても楽しかったです。

1幕の森の精が集う森は、舞台装置も衣装もグレーシルバーで全体が霧にけぶったような世界。
2幕の悪しき狩人オリオンの住処は、からし色ターコイズブルー臙脂で、アラビアンナイトのよう。
最終幕は、月の女神ダイアナの神殿前、黄金に輝いていて、集まった妖精たちの衣装はパステルで軽やか。
20080706_p1090123
ダンサーもみな素晴らしかったです。
(今日の配役は、シルヴィアがブエノスアイレス生まれのマリアネラ・ヌニェス、恋人のアミンタが来期からプリンシパルに昇格するイギリス人の正統派ハンサム、ルパート・ペネファーザー、セクシーな悪役オリオンがブラジルのティアゴ・ソレスでした。)

男性ダンサー達はギリシャ風のスカートのような足丸出しの衣装なので、やっぱり筋肉がきちんとついた足は綺麗だなあと惚れ惚れでした(^O^)。

ソリストで日本人ダンサー(蔵健太さん)が出ていて、2幕の奴隷役がなかなかうまいなと思いました。

そう言えば、今は自分のカンパニーも持っている熊川哲也さんの名前を初めて知ったのは、ロイヤルの「ラ・バヤデール」でブロンズ・アイドル(仏像)を踊った時だったな~と思い出しました。あれは今回の2つ前の来日公演だったでしょうか?
すごく目立っていて、この人何ていう名前だろうとパンフレットを見たら日本人だったので驚いたのでした(#^.^#)。

客席は満員でした。
いつも思うのですが、バレエ公演を観に来る女性達は、お洒落して素敵な方が多いのに、男性陣はお仕事そのままのスーツか、ゴルフに行かれる時と同じようなカジュアルウエアかどちらかなんですよね(-_-;)。日本人男性にはオンでもオフでもない、お出かけ着、は存在しないのでしょうか・・・。
今日は蒸し暑かったですが、お家のそばのコンビニに行くような格好(Tシャツとジーンズ)でホールにいらっしゃるのは、ちょっと考えていただきたいですね(^^ゞ。せっかく安からぬチケット代を払っていらしているのですから、ハレの雰囲気を自らも演出して下さればいいのに・・・。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年7月 5日 (土)

それでも女は化粧する

目のキワに入れるアイラインアイシャドウが、ドライアイなどの病気を引き起こす可能性が高い、という調査結果をニュースで読みました。

目に悪い例、として
「まつげとまつげの間にアイラインをひく」
「まつげの根元からマスカラを塗る」
「粘膜部分にアイシャドウを塗る」
があげられていましたが、どれも今のアイメイクなら当たり前の化粧法ですね・・・(-_-;)。

最近の若い女性は、目を強調したメイクをしている人が多いので、以前よりアイラインやアイシャドウを使う量が多いと思います。



汗や皮脂に強い、時間がたっても崩れにくい、パールやメタリックな質感・・・アイメーキャップ製品のセールスポイントになっているこうした点は、裏返せばどれも体には良くないだろうことは察せられます(^_^;)。

でもこの調査結果を聞いたから、アイメイクをしている女性達が化粧法を変えるか、と言えば、きっとほとんどの人は変えないと思います(^^ゞ。
昔々の女性達だって、白粉は鉛を含んで肌に害があると知っていても、白く見せたくて白粉を使い続けていたそうですし・・・。

かく言ううさみも、アイメイクするなら目に悪そうでもマスカラは根元から塗るし、シャドウは粘膜にもつけてしまうでしょう。
余分な物を顔にのせる以上、何らかの影響が出るのは、自分で取らなくてはいけないリスク、それが怖いなら全くメイクをしないという選択肢しかないのかも・・・。

せめて、クレンジングだけはきちんとしよう、と思うのでした(^_^;)。
アイメイクばっちりのお嬢様方、毎日丁寧にしっかりアイメイクは落としましょうね~。でないと、眼病も怖いですし、トシを取ってから色素沈着で泣くことになりますよ(T_T)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月 4日 (金)

インディゴのスカート

夏物セールでスカートを買いました(^O^)。

よく行くショッピングモールのエスカレーター脇にあるお店なので、上の階へ行く度にディスプレイを目にしますが、お店のターゲットが、”愛読誌はクロワッサン、料理上手でガーデニング好き、エコでロハスなシンプルライフを楽しんでいるジーンズの似合う女”という感じで、うさみはお呼びじゃないか~と遠巻きにしていました。
でもセールの時なら誰でもウエルカムでしょう~と入ってみました。

無地で丈が長くて、素材は綿か麻のスカート、といううさみが兼ねてから探してる条件にぴったりのスカートが1枚だけ吊るされていました(*^。^*)。

色は濃い青というには明るめで、青の奥に他の色みが沈んでいるような複雑な色でした。
これいいけど、ちょっとセール価格でも高いかな~、1枚しかないからサイズが合わないかもしれないし・・・とりあえず保留にして、他のお買物をすませることにしました。

30分かそこらして戻ってきたら、あのスカートがもうさっきの場所にありません(@_@;)。
売れちゃったのか~と思ったら、すぐそばに立っている女性がまさしく手に持っているではありませんか!

人に取られると思うと惜しくなるいじましい性格ゆえ、買うのやめて放さないかしら、とじーっとその方の動向をうかがっておりました。鏡にうつして合わせて見て何かがお気に召さなかったようで、元の場所に戻してくれました(^O^)。20080704_p1090118
うさみ、すかさずゲット!
よ~し、こうなったらサイズが合えば買おうじゃないの。試着してみたら幸いジャストサイズだったのでお買い上げしました(*^^)v。

→ 蛍光灯の下で撮影しているせいで、悲しいほど本物の色が出ませんでした(T_T)。イメージ画像にもなりません・・・

続きを読む "インディゴのスカート"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年7月 3日 (木)

玄関に花

華道を習いに通っていた頃、先生のご自宅玄関に、いつもお庭で咲いたお花がさりげなく活けてあるのに感心していました(*^_^*)。
お稽古に使う和室の床の間には、立派な花器にどーんとお花が活けてあるのですが、玄 関の下駄箱上のちょっとしたスペースや壁の小さな花瓶に、投げ入れで活けられたお花の方により心和み、こんな風にうさみも活けられるようになりたいと思っていたのでした。

玄関を綺麗にしてお花を飾ると幸運が入って来る、というのが風水にはあるそうですね(#^.^#)。20080427_p1080263
枯れたお花ではかえって運気が下がってしまうとか。
瑞々しい季節のお花が入り口で迎えてくれると、そのお家に住むご家族への好感度も上がります。

勤め先のビルで、エレベーターが停まった時にかいま見える他の会社さんの受付入り口に活けてあるお花が、最近とても気になっています(^^ゞ。

お花は定期的に新しいものに換えられているのですが、どうもいつもしっくり来ないのです・・・。
飾られているお花が、お花屋さんで買って来たままなのか、全部長い茎のままなのです。
元々人の胸くらいの高さがある受付の台に、背の高いカットグラスの花瓶が置かれています。そこに更に茎の長い花を入れると、てっぺんはかなり高い場所になって、不安定な印象です。

横に広げて活けると、近くを通る人が引っ掛けて危ないからワザと縦長に活けているのでしょうか。だったら短く切って低くしたり、長さを変えればバランスが取れるのに、あれではせっかくの生花が素敵に見えないなあ、今回はどうかしら、と気にして見ています。

経費節減でどこも厳しいご時勢に、生のお花を飾る余裕のある、いい会社なのだろうとご推察申し上げますが、それならばなお、お花が素敵に見えるよう飾れればいいのにもったいないです・・・(・_・;)。20080427_p1080380

花はただそこに咲いているだけで美しいのに、活け方で魅力が失せてしまったら悲しいですね。
花を活ける、簡単で誰にでも出来るけれど、花をより美しく見せられるように、活ける場所に合うように、見る人の心が和むように、等々を考えると奥は深く難しいです。

(写真はうさみが活けた花ではありません(^_^;)、念のため・・・。実のところ、うさみは人の活花をあれこれ批評出来るほどの腕はないのです~、すみません~。看板が泣いているでしょう(-_-;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月 2日 (水)

悲しき方向音痴

うさみの方向音痴ぶりは以前記事にした事がありますが、昨日また、自分の方向音痴加減がほとほと情けなくなる出来事がありました・・・(;O;)。

会社帰り、通勤に使っているのとは別の路線で鍼の治療院へ向かっていました。
珍しく席が空いて座れたので、いつの間にか居眠りしてしまったうさみは、どこかの駅に停車した震動ではっと目が覚め、ここだ、降りなきゃ、と下車しました。

あれ?ここ隣の駅?乗り過ごしちゃったよ~、反対方向の電車でひと駅戻らなきゃ、う~ん、でも治療院は降りる駅と隣の駅の間くらいにあるから、この駅で降りて歩いてもいっか~、まだ時間あるし~。

(寝ぼけているのと、方向音痴のせいで、正常な判断能力が著しく欠けています(@_@)。目指す場所は、降りるはずだった駅と、その1つ手前の駅の間なんです!それにうさみ、この駅では1度も降りたことがなく、未知の場所です。これだけで迷う確率98%・・・)

改札を出て、駅周辺の地図をチェック・・・あら?○○センター(治療院のすぐそばにある大きな公共施設)がのっていない?ちょうど地図の範囲が切れたあたりなのね、きっと。

(違う違う!ここでおかしいって気付かなきゃ!)

線路沿いに歩いていれば、見覚えのある場所が出て来るでしょう、そんなに駅間は長くないし。20080614_p1090020

・・・5分経過・・・

何か全然見覚えないとこが続くけど、大丈夫かな?

(大丈夫じゃない!ここで戻れば良かった!)

・・・10分経過・・・

おかしい、住居表示の町名が全然違うとこになっちゃった!何かわかんないけど間違えたんだ\(◎o◎)/!!
もうここから駅に戻っても遅くなるばかりだし、何とかここから目的地まで行かなきゃ。

でもここはどこ?\(゜ロ\)(/ロ゜)/

住居表示で住所はわかりますが、うさみの頭の中の地図上で、そこと目的地は別ページに記載されていてつながっていません。

続きを読む "悲しき方向音痴"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年7月 1日 (火)

リラックマ

最近うさみのマイ文房具ワールドには、茶色いクマの侵食率が高いです(*^_^*)。

20080701_p1090107 ただ今5周年キャンペーン中の癒し系キャラクターの、「リラックマ」。たぶん、リラックス+くま、で命名されたのだと思いますが、名は体を表す、でほよ~んと気が抜けるキャラクターですね。

うさみは長いこと、同じメーカーが出している、のほほんとたれているぱんだのキャラクター、「たれぱんだ」が好きだったのですが(PCのディスプレイにはお手玉たれぱんだが乗っていて、PCのアイコンとポインターもたれぱんだです。)、世間のお嬢様お姉様の人気が落ちてしまったらしくて、お店の棚で姿を見なくなってしまいました(T_T)。
キャラクターの流行の変遷は激しいのですよね、キティちゃんやスヌーピーのように普遍のアイドルもいますが・・・。

リラックマのキャラクターは、茶色いくまで耳が黄色、お腹が白、実はチャックがついた着ぐるみの「リラックマ」、一回り小さくてベージュで赤いボタンがついている「コリラックマ」、「キイロイトリ」の3人(3匹?)で構成されています。

先日読んだ色彩の本に、リラックマの色が人をリラックスさせてくれるうすい茶色なのも、癒しキャラとして人気が出た理由のひとつだろう、というようなことが書かれていました。
茶色のキャラクターって他にいませんでしたっけ?そうかもしれませんね、すぐに思いつく人気キャラはいないかな?

リラックマのグッズは、くまの茶色が入っているので、地がパステルイエローピンクでもラブリーになり過ぎなくて大人でもそれほど抵抗がないのかも。
お団子とホットケーキとプリン、オムライス、という好物まで20080621_p1090067色系でまとまっているのが面白いです(^◇^)。

姿も可愛らしいですが、だらだらリラックスするのが好きでいつもごろごろしているところがうさみと同じなので、より愛着がわいています(^O^)。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »